エクセル 外部参照 自動更新。 エクセルで参照しているデータを常に最新の状態にしたい 【OKWAVE】

【Excel】ブックを開くと表示される警告の正体は?エクセルで「リンクの自動更新が無効にされました」と表示された時の対処法

エクセル 外部参照 自動更新

Excelで外部参照リンクを解除する方法です。 ビジネスでは Excel ファイルが添付されているメールのやり取りが頻繁に発生します。 特に影響のない Excel ファイルならいいのですが、たまに 外部参照リンクされたファイルが添付されてくることがあります。 そのファイルを開くと、「 このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 」のメッセージが表示され、驚かれる方も多いのではないでしょうか? このブックには更新できないリンクが 1 つ以上含まれています。 ・リンク元を変更するか、再度値の更新を試す場合は、「リンクの編集」 をクリックしてください。 ・リンクをそのままにするには、[続行] をクリックしてください。 ここでは 外部参照リンクの解除方法 を紹介します。 Sponsored Links 上記のメッセージが出た場合は リンクの編集 を選択します。 下図の画面が出たら リンクの解除 を選択します。 すると「 リンクを解除すると、既存の値への外部参照と数式が変更されて元に戻すことはできません。 このバージョンを保持するには、新しい名前を付けてファイルを保存して再度リンクの解除を実行してください。 今リンクを解除しますか?」のメッセージが表示されます。 解除してよい場合は リンクの解除 を選択しましょう。 リンクを解除 をすると、そのリンク元ブックの値を使用する数式は、すべて現在の値に変換されます。 リンクを解除 をした後では元に戻せないので、必要に応じて転送先ファイルを保存しておくことをおすすめします。 メッセージをキャンセルした後にリンクの解除をするには、「データ」タブの リンクの編集 を選択します。 リンクされたデータがない場合には「リンクの編集」ボタンは利用不可となっています。 リンクの編集画面が表示されたら、上述と同じ方法で リンクの解除 を選択します。 以下のように「 このブックには、ほかのデータ ソースへのリンクが含まれています。 」のメッセージが表示された場合は 更新しない を選択しましょう。 リンク先ファイルの場所がわかっていて、ネットワーク上に存在するのであれば 更新する を選択しても構いません。 しかし、このようなファイルを受け取った時は、たいてい更新できないので 更新しない でいいと思います。 「更新する」を押下するとブックを探しにいくので時間がかかります。 定義された名前がリンクで使用されていた場合、その名前は自動的には削除されません。 必要に応じて名前も削除しましょう。 名前を削除するには「数式」タブで 名前の管理 をクリックします。 名前の管理画面で削除したい名前を選んで 削除 ボタンを押下します。 「OK」ボタンを押下すれば削除されます。 Sponsored Links.

次の

エクセルで参照しているデータを常に最新の状態にしたい 【OKWAVE】

エクセル 外部参照 自動更新

Excelで毎日毎日同じ作業を繰り返しているという方… そろそろ マクロを使ってみませんか? マクロデビューしたいならこの記事! マクロのイロハが3分でわかります。 まずは「マクロの凄さ」をお伝えするために動画をご用意しましたのでご覧ください。 まばたき厳禁ですよ。 いかがでしたか?複雑なデータ抽出も、「ポチ」で瞬間完了でしたね。 「でも、マクロって難しいんでしょ?」そう思われている方も多いですが、実はマクロは大きく分けて2種類あります。 ・簡単マクロ: リボン操作だけでできる、手軽なマクロ ・複雑マクロ: VBAというプログラム言語を自分で入力する、専門性の高いマクロ 先程の動画も、使ったのは 「簡単マクロ」のみ!簡単ですが、威力は抜群でしたよね。 というわけで今回は「簡単マクロ入門」として、前後編の2回に渡ってお届けします。 前編の今回はリボン操作でできる マクロの基本的な使い方、次回の後編では動画のような マクロボタンを作成する超便利ワザをご紹介しますよ。 ここが便利!決まりきった操作はマクロで自動化! 例えばデータベースの操作。 毎日、毎月、同じ項目でデータを抽出する…なんていうときに、決まりきった同じ操作を毎回繰り返すのは、 あなたの貴重な労力のムダ遣いです。 こんな場面で非常に便利なのがマクロ! マクロとは「エクセルの複数の操作を記録して、自動的に実行させる」という機能です。 どういうことか…下記の例でご説明します。 【やりたいこと:データを「男性」で絞り込んで、年齢の若い順に並べ替えたい】 いかがですか?同じ操作を毎回するなら、マクロに記録しておくだけで大幅な効率アップです。 しかも!今回ご紹介するのは「簡単マクロ」、つまりリボン操作だけでできるので、すぐに使うことができますよ。 では、早速マクロの使い方をご紹介しましょう。 マクロの基本的な使い方 マクロの基本的な使い方の流れは、 たったの3ステップです。 ここでは例として、「データを『男性』で絞り込み、若い順に並べ替える」マクロを作成します。 【ポイント】最後に先頭セルを選択して終了! 必要な操作を記録したら、最後に先頭セルなどの 見やすいセルを選択してから記録を終了するようにしましょう。 これはマクロを実行すると、記録の最後に選択されたセルがアクティブセルとなるためです。 セル範囲を選択した状態で記録を終了すると、マクロ実行時にセル範囲が選択された状態になります。 ステップ3.記録したマクロを実行 マクロを記録したら、いよいよ実行してみましょう。 マクロの実行は非常に簡単!これで、決まりきった同じ操作を自動化することができますよ。 【ポイント】保存のときは、ファイルの種類を「マクロ有効ブック」に マクロを含むブックは、 「マクロ有効ブック」という形式で保存する必要があります。 「名前をつけて保存」をして、ファイルの種類を「マクロ有効ブック」にして保存しましょう。 ちなみに、「マクロ有効ブック」で保存したファイルを開くと、下記のように「セキュリティの警告」バーが画面上部に表示されます。 このバーの「コンテンツの有効化」をクリックすることで、ブックのマクロを有効化できますよ。 おまけ:気遣い抜群のマクロ技!マクロは「解除」とセットで作るべし! 簡単マクロの操作はたったこれだけ…ですが、最後にひとつ 必ず覚えておきたい極意があります。 実は、マクロで実行した操作は、 「元に戻す」ボタンでは操作を戻すことができません。 せっかくマクロで瞬間的にデータを抽出しても、元に戻すのに1つ1つ設定を解除…なんてナンセンスですよね。 しかしご安心を!こんなときのための「極意」がこちらです。 【マクロの極意】 マクロを元に戻すには、 「解除用」のマクロを用意すべし! マクロを作るときは、 「操作を解除するマクロ」もセットで作る。 この極意さえ覚えておけば、「なんて気が利いているんだ!」とあなたの仕事の評価がアップすること間違いありませんよ。 いかがでしたか?毎日の同じ操作は「マクロで実行」、これさえできるようになれば、業務の効率は驚くほどアップします。 これだけでも十分便利ですが…「マクロの実行」がもっと簡単にできるようになれば嬉しくありませんか? というわけで次回の後編では、「マクロの実行」が文字通りワンクリックで操作できる、 「マクロボタン」の作成方法をご紹介します。 マクロボタンがあれば、自分だけでなく、 マクロを知らない人でも簡単にマクロが実行できるので、業務でマクロを使うなら必見のワザですよ!お楽しみに。 Excelをある程度使いこなせるかどうかは、ある意味その人材の生産性を決めることになります。 例えば、Excelを使いこなせるスタッフなら数分で、しかも正確に終わる業務でも、Excelを使いこなせないスタッフがやった場合、数時間かかった上に間違いだらけ!!!なんてことになりかねません。 つまり、スタッフがExcelを使いこなせるかどうかは、企業全体の生産性に大きく関わる問題なのです。 人材育成のツールとして、 是非お役立てください。

次の

Excelのリンクエラーに負けるな!更新出来ないリンク元の探し方と解除の方法

エクセル 外部参照 自動更新

外部リンクは他のワークブックを参照するリンクです。 グラフやワークシートを別のワークブックに移動やコピーしたりすると、「このブックには、ほかのデータソースへのリンクが設定されています。 」と予期しないリンクが発生することがあります。 リンク元がないことを知っても、元のリンク元を探す役には全く立たないので、これから行方不明のリンクに対応する方法をいくつか紹介していきます。 「数式」に潜む外部へのリンク まず、忘れてしまっているが実在する外部リンクがあるかどうかを確認する必要があります。 まだ外部リンク元が存在しているかどうか不確かな時は、最も分かり易い場所である「数式」から見ていきましょう。 数式リンクを見つけたら、数式を修正するか、削除します。 「名前」に潜む外部へのリンク 数式にリンクが含まれていないことを確認したら、リンク元がないリンクが他の場所に潜んでいないかを確認する必要があります。 次に見る場所は、「名前」です。 設定されている名前の「参照範囲」を確認して、他のワークブックを参照している「名前」がないかどうかを確認します。 他のワークブックを参照する名前を見つけたら、参照範囲を変更したり、そのままにしたり判断しましょう。 「グラフ」に潜む外部へのリンク 他に外部へのリンクが含まれているとすれば、グラフの中でしょうか。 グラフも外部へのリンクを持ち、そのリンク元が行方不明になっているケースによく出くわします。 データ範囲と項目軸ラベル、グラフの名前でがオブのワークブックを参照していないかどうかを確認してみましょう。 そして、そのリンクが正しいものかどうかを確認して下さい。 「オブジェクト」に潜む外部へのリンク オブジェクトにリンクが潜んでいることもあります。 例えば、テキストボックスやオートシェイプなどです。 オブジェクトも外部のワークブックを参照することができます。 「ジャンプ」機能で、「セル選択」をクリックし、「オブジェクト」を選択します。 これでワークシート上の全ての「オブジェクト」を選択することが出来ます。 全てのオブジェクトを選択したまま、削除したり、保存したりして、問題が取り除けるかどうか試して下さい。 「隠しワークシート」に潜む外部へのリンク 最後にリンクがないかどうかをチェックする場所は、最も分かり難い場所、「非表示にしたワークシート」です。 上手く非表示にしたので、そのワークシートの存在をすっかり忘れてしまうことはありがちです。 もし、「再表示」の文字がグレーになっていれば、それは隠された「非表示ワークシート」が無い、ということです。 やっぱり、最後には「リンクの解除」 これで、外部ワークシートへのリンクの可能性をシラミつぶしに調べてみました。 次は、リンク元のないリンクを取り去っていきます。 そして、状態が不明となっているなっているリンクを選択し、「リンクの解除」をクリックします。 これでリンク元が不明だったリンクがなくなり、リンクの更新を求められることもなくなります。

次の