暗号 子供向け。 【なぞなぞ】子供のやさしいなぞなぞ(幼稚園・小学生)180問! pl.metrostav.cz

暗号文の作り方をマスターして子ども達と宝探しをしよう!!

暗号 子供向け

あ 好 ヒント:雪の降る地域でよく売られています。 積雪地域の方ならスキーウエアという単語になじみがあるので分かりやすいでしょう。 そうじゃない方は、 「すきうえ」くらいまで出てきても、一瞬スルーしてしまったかもしれません。 答えがややマイナーな単語というのも、なかなか難しいものです。 終わりに いかがでしたでしょうか。 暗号は比較的パターンが決まっているものが多いので 「こういう考え方をすればいい」というのがなんとなく分かると 一気に正答率が上昇するジャンルのクイズと言えます。 逆を言えば、 コツをつかむまでなかなか容易に解けないのが暗号クイズの難しさ。 慣れない方は難しかったかもしれません。 トモブログのクイズ記事でした。 国民的人気アニメに関するクイズを 4択形式で 全部で9問用意しました。 是非お気軽にチャレンジしてみてください。 全9問 一般正解率が5%以下の 相当難しい雑学クイズを8問用意しました。 ラストの1問は正解率1%です。 全部ノーヒントですので 心 社会的マナー・礼儀作法についてのクイズを 全部で11問用意しました。 ヒント付きで、比較的簡単なとんち問題を、 全部で9問用意しました。 難易度は、初級~中級程度。 問題だけ見てわからない人は 全10問の「どこの都道府県か」を当てるクイズを用意しました。 けっこう簡単な問題が多めなので 小学校高学年の人から、ご年配の方まで 僕が今までやってきたクイズの中で 「これは面白い」と思ったものを 6つ厳選して紹介します。 ちゃんと考えれば分かる問題ですけど、 ハロウィンは大人から子供まで楽しめるイベントですね。 日本ではそこまで馴染みはなかったですが、近年は仮装行列が出来たり、かなりイベントが浸透し 日本史に関するやや難しめの雑学4択問題を 全部で9問用意しました。 選択形式ですし、専門知識は必要ありませんので、 どなたでもチャ 昭和に関するマルバツクイズを9問用意しました。 高齢者の方はもちろん、どなたでも気軽に解いてください。 昔を覚えている方は、あああん ポケットモンスターの 赤緑青ピカチュウ版と、無印編のアニメに関するクイズを 全部で14問作りました。 難易度はかなり高めに設定して 七夕に関するマルバツクイズを、全部で10問用意しました。 深夜アニメ・夕方アニメを中心とした4択問題を 全部で8問用意しました。 特にアニメの中身の専門的な話を問う問題ではないので ライト 小学生・中学生から大人まで楽しめるような 歴史の4択クイズを 全部で10問紹介します。 選択形式ですので 何かしら答えを作って進 大人が楽しめるようなかなり難しめの雑学クイズを 全部で12問出題します。 正解率は6~12%と、かなり難易度の高い問題です。 頑張 幼児でも解ける すごく簡単な食べ物の名前を当てるクイズを 全部で40問用意しました。 前半20問は食べ物名 後半20問は料理名を 日常でよく使われる英語の穴埋めクイズを 15問用意しました。 前半10問は4択形式 後半5問は選択なしの穴埋めです。 単語自 超難問のなぞなぞを、 全部で10問用意しました。 ヒントも用意していますが ノーヒントだと全問正答率20%以下、 ラスト3問は正 ハロウィンに関する、ちょっと難しめのマルバツクイズを、全部で8個用意しました。 大人でも全問正解は難しいかも?大人も高齢者の方も、みんなで楽し 中級~上級レベルのやや日本地理の問題を 9問、 おまけで世界地理に関するクイズを1問用意しました。 4択形式ですので、 そこまで ドラえもんに関する4択クイズを 全部で10問用意しました。 簡単なものばかりではありませんが そこまで上級な問題は無いので 是非.

次の

名探偵気分で、暗号・推理・パズルゲームetc.にチャレンジ! 子ども向け謎解き問題5問

暗号 子供向け

暗号化が何故大事なのか? 暗号化が必要な場合は色々あります。 簡単な例をいくつか挙げてみます。 通信自体を暗号化する必要がある場合 インターネット使ってると問い合わせフォームで 個人情報送信したりユーザーログイン画面で メールアドレスとパスワード送信したりしますよね。 この時に自分の端末と閲覧してるサイトとの間に悪意のある人間や、悪意のある人間が設定した端末がなければ全く問題ないのですが、公共WiFi使ってたり、怪しいネットワークを使ってたとしたら、送信した個人情報を覗き見されている可能性があったりします。 具体的に図で説明します。 図にするとインターネットの接続はこんな感じです。 これが通信を暗号化しないといけない理由です。 通信の暗号化はSSLなどと呼ばれています。 SSL非対応のサイトは通信を盗まれる可能性があるので、個人情報を送る時は気をつけたほうがいいです。 大事な情報を知らないネットワークから送る時はSSLであることことを確認しましょう。 こんな風にブラウザのアドレスバーが緑色になっていればSSL対応で安全です。 ちなみに当サイトもしましたが、サイトを作る人が導入したり設定したりする必要があるわけで、ちょっと手間がかかったりお金がかかったりします。 余談ですがGoogleもSSL対応をSEOの評価要素に入れたみたいですので、SEO的にもSSL対応しておいた方が多少有利ということになります。 パスワードは暗号化して保存しないといけない 通信が暗号化できたとしたらサーバーまではメールアドレスやパスワードを安心して送れるようになったわけですが、保存するサーバー側も開発者がパスワードを暗号化してデーベースに保存しておかないとまずいです。 ユーザーログインに必要なメールアドレスとパスワードが漏れたら他人にログインされてしまう可能性が出てきますよね。 ユーザーは パスワードの管理を厳重にしておくべきなのと同時に、ウェブサイトを作ってる人も実は パスワードなどの重要な情報はできるだけ預かりたくないと思っています。 もしサーバーをクラックされたらみんなのパスワード流出したりして責任問われちゃいますしね。。 なので、サーバー管理者はユーザーから送られてきた パスワードを必ず暗号化して保存します。 そもそもパスワードはどこに保存されているのか? そもそもウェブサイトに使うメールアドレスとパスワードはどこに保存されているのでしょうか? 大抵の場合は、サーバー内の データベースに保存されてます。 データベースというのはExcelを少しシンプルにしたようなもので、上から順番にレコードが保存されていくアプリみたいなもんです。 com tanakapass 山本さん yamamoto example. com yamamotopass 鈴木さん suzuki example. com suzukipass 佐藤さんsatoh example. com satohpass もしメールアドレスがtanaka example. com パスワードがtanakapassで送信された場合、1行目の田中さんがヒットするにで、田中さんでログインといった仕組みです。 パスワードを暗号化してみる さっきの表だとパスワードを暗号化せず保存した場合ですが、暗号化するとこんな感じになります。 名前 メールアドレスパスワード 田中さん tanaka example. com be13ce956417a24515ae27c9cc1b327b 山本さん yamamoto example. com 57307a5a5d3c215af845c7ebe527e04a 鈴木さん suzuki example. com e806b8ecb310fa55aa2f1664450c221f 佐藤さん satoh example. com 4c90b9904e5ce55fd3974375726b705a 元々の tanakapass が be13ce956417a24515ae27c9cc1b327b になりましたね。 暗号化された文字列からは元のパスワードに戻せないようになっています。 これが非可逆暗号化ってやつです。 これでユーザーとしてもウェブサイトの管理者にパスワードを知られることはないし安心だし、ウェブサイトの管理者側も万が一個人情報を流出させてしまったとしても、パスワードが暗号化されているので安心? ということです。 ちなみに今回の暗号化アルゴリズムはMD5といいます。 下のフォームで試せるようにしてみました。 暗号化の実験: 結果: パスワードを平文保存しているサイトは結構ある そんなわけで、ウェブサービスを作るなら パスワードは絶対に平文保存しないというのが基本となるわけですが、実は大手のサイトなどでもパスワードを平文保存してるサイトって結構あるんですよね。 パスワードを平文保存しているかどうか、どうやって判断するかと言うと、パスワードリマインダーの機能があるかどうかで判断できます。 暗号化してたら、その文字列は非可逆なので、元の文字列は絶対にわからないからです。 ちなみに、はてなブログでこういう記事があるので参考にして下さい。 暗号化の仕組みってそもそもどうなってるの? さて、暗号化の重要性は先程説明したとおりですが、暗号化ってどういう仕組になっているのか基本的な考え方を書いておきます。 暗号の歴史って結構古く、紀元前のエジプトから暗号の仕組みはあるみたいです。 当時の暗号化っていうのはスキュレーター暗号ってやつで、こんな感じに布やら紙と、棒をセットにして巻きつけると文章ができるってやつです。 時代が進んで、紀元前1世紀にローマで発明された暗号技術がシーザー暗号です。 これはアルファベットなどの規則的な文字配列を、 ある規則のとおりにずらすって考え方です。 下記の例は、全ての文字を3つ手前にずらす感じですね。 DならAでEならBですね。 このずらす基準のことを鍵と言ったりして、お互いに鍵を知っていれば一見ランダムな文字列も、文書に変換することができるわけです。 シーザー暗号あたりからが現代で使われる暗号化の基礎な感じになってきます。 最近の暗号化技術 シーザー暗号は共通鍵を利用するシンプルな暗号化の方法です。 「3つずらす」と決めたらお互いが「3」という数字を覚えておくことになります。 シンプルなんですが、致命的な欠点がありましてこの「共通鍵をそもそも最初に 相手に教える方法がない」んです。 アナログに直接伝えるなら良いとしても、インターネット上の場合はそういうわけにもいかないし、教える時、暗号化せずに教えてしまったらそれ自体が流出するし意味がないんですよね。。 共通鍵の問題を解決したのがRSA暗号 RAS暗号は公開鍵と秘密鍵を持ちます。 片方の鍵Aを使って暗号化した暗号文は、その鍵では復号することができず、もう片方の鍵Bでしか復号できないという仕組みです。 同じく、逆にもう一方の鍵Bで暗号化した文字列は、もう一方の鍵Aでしか復号できないという考え方なのです。 ところで、このRSAという暗号方法は素因数分解の仕組みを使ってるらしいです。 例で言うとこんな感じです。 11と3を使って33という公開鍵を作成します。 この33は公開鍵なので見せてもOKです。 やりとりするときは33という数字で暗号化します。 33という鍵がバレたとしても、33から11と3は割り出せないので暗号化成立というわけです。 実際小さい数字だと11と3は割り出せてしまいますが、これが巨大な数字だった場合、 巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的なアルゴリズムがないので安心ということになっています。 8635844967113809みたいなデカい数字だと、何と何の掛け算でできた数字かわからないんですよね。 素因数分解で妄想してみる 巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的な方法は見つかってません。 世界中の偉い人が頑張って研究しててもまだ見つかってないのです。 もし、あなたがもの凄い天才で、巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的な方法を思いついたとします。 そして、その方法を論文で発表しようとしたとします。 でも、その方法が公になったら今ある暗号化の技術は無効になるので色んな人が困るし、社会の仕組みを壊すことになるわけです。 論文発表前にNSA的な組織に拉致られて殺される• 論文発表前にNASA的な組織に拉致られて宇宙開発とかやらされる• 暗号化のまとめ 暗号化やセキュリティーってトラブルになるまで重要性に気が付かないですが、トラブルになってからでは遅いので早めに対策しておくべきです。 未だにもあったりするので気をつけましょう。

次の

【なぞなぞ】子供のやさしいなぞなぞ(幼稚園・小学生)180問! pl.metrostav.cz

暗号 子供向け

暗号化が何故大事なのか? 暗号化が必要な場合は色々あります。 簡単な例をいくつか挙げてみます。 通信自体を暗号化する必要がある場合 インターネット使ってると問い合わせフォームで 個人情報送信したりユーザーログイン画面で メールアドレスとパスワード送信したりしますよね。 この時に自分の端末と閲覧してるサイトとの間に悪意のある人間や、悪意のある人間が設定した端末がなければ全く問題ないのですが、公共WiFi使ってたり、怪しいネットワークを使ってたとしたら、送信した個人情報を覗き見されている可能性があったりします。 具体的に図で説明します。 図にするとインターネットの接続はこんな感じです。 これが通信を暗号化しないといけない理由です。 通信の暗号化はSSLなどと呼ばれています。 SSL非対応のサイトは通信を盗まれる可能性があるので、個人情報を送る時は気をつけたほうがいいです。 大事な情報を知らないネットワークから送る時はSSLであることことを確認しましょう。 こんな風にブラウザのアドレスバーが緑色になっていればSSL対応で安全です。 ちなみに当サイトもしましたが、サイトを作る人が導入したり設定したりする必要があるわけで、ちょっと手間がかかったりお金がかかったりします。 余談ですがGoogleもSSL対応をSEOの評価要素に入れたみたいですので、SEO的にもSSL対応しておいた方が多少有利ということになります。 パスワードは暗号化して保存しないといけない 通信が暗号化できたとしたらサーバーまではメールアドレスやパスワードを安心して送れるようになったわけですが、保存するサーバー側も開発者がパスワードを暗号化してデーベースに保存しておかないとまずいです。 ユーザーログインに必要なメールアドレスとパスワードが漏れたら他人にログインされてしまう可能性が出てきますよね。 ユーザーは パスワードの管理を厳重にしておくべきなのと同時に、ウェブサイトを作ってる人も実は パスワードなどの重要な情報はできるだけ預かりたくないと思っています。 もしサーバーをクラックされたらみんなのパスワード流出したりして責任問われちゃいますしね。。 なので、サーバー管理者はユーザーから送られてきた パスワードを必ず暗号化して保存します。 そもそもパスワードはどこに保存されているのか? そもそもウェブサイトに使うメールアドレスとパスワードはどこに保存されているのでしょうか? 大抵の場合は、サーバー内の データベースに保存されてます。 データベースというのはExcelを少しシンプルにしたようなもので、上から順番にレコードが保存されていくアプリみたいなもんです。 com tanakapass 山本さん yamamoto example. com yamamotopass 鈴木さん suzuki example. com suzukipass 佐藤さんsatoh example. com satohpass もしメールアドレスがtanaka example. com パスワードがtanakapassで送信された場合、1行目の田中さんがヒットするにで、田中さんでログインといった仕組みです。 パスワードを暗号化してみる さっきの表だとパスワードを暗号化せず保存した場合ですが、暗号化するとこんな感じになります。 名前 メールアドレスパスワード 田中さん tanaka example. com be13ce956417a24515ae27c9cc1b327b 山本さん yamamoto example. com 57307a5a5d3c215af845c7ebe527e04a 鈴木さん suzuki example. com e806b8ecb310fa55aa2f1664450c221f 佐藤さん satoh example. com 4c90b9904e5ce55fd3974375726b705a 元々の tanakapass が be13ce956417a24515ae27c9cc1b327b になりましたね。 暗号化された文字列からは元のパスワードに戻せないようになっています。 これが非可逆暗号化ってやつです。 これでユーザーとしてもウェブサイトの管理者にパスワードを知られることはないし安心だし、ウェブサイトの管理者側も万が一個人情報を流出させてしまったとしても、パスワードが暗号化されているので安心? ということです。 ちなみに今回の暗号化アルゴリズムはMD5といいます。 下のフォームで試せるようにしてみました。 暗号化の実験: 結果: パスワードを平文保存しているサイトは結構ある そんなわけで、ウェブサービスを作るなら パスワードは絶対に平文保存しないというのが基本となるわけですが、実は大手のサイトなどでもパスワードを平文保存してるサイトって結構あるんですよね。 パスワードを平文保存しているかどうか、どうやって判断するかと言うと、パスワードリマインダーの機能があるかどうかで判断できます。 暗号化してたら、その文字列は非可逆なので、元の文字列は絶対にわからないからです。 ちなみに、はてなブログでこういう記事があるので参考にして下さい。 暗号化の仕組みってそもそもどうなってるの? さて、暗号化の重要性は先程説明したとおりですが、暗号化ってどういう仕組になっているのか基本的な考え方を書いておきます。 暗号の歴史って結構古く、紀元前のエジプトから暗号の仕組みはあるみたいです。 当時の暗号化っていうのはスキュレーター暗号ってやつで、こんな感じに布やら紙と、棒をセットにして巻きつけると文章ができるってやつです。 時代が進んで、紀元前1世紀にローマで発明された暗号技術がシーザー暗号です。 これはアルファベットなどの規則的な文字配列を、 ある規則のとおりにずらすって考え方です。 下記の例は、全ての文字を3つ手前にずらす感じですね。 DならAでEならBですね。 このずらす基準のことを鍵と言ったりして、お互いに鍵を知っていれば一見ランダムな文字列も、文書に変換することができるわけです。 シーザー暗号あたりからが現代で使われる暗号化の基礎な感じになってきます。 最近の暗号化技術 シーザー暗号は共通鍵を利用するシンプルな暗号化の方法です。 「3つずらす」と決めたらお互いが「3」という数字を覚えておくことになります。 シンプルなんですが、致命的な欠点がありましてこの「共通鍵をそもそも最初に 相手に教える方法がない」んです。 アナログに直接伝えるなら良いとしても、インターネット上の場合はそういうわけにもいかないし、教える時、暗号化せずに教えてしまったらそれ自体が流出するし意味がないんですよね。。 共通鍵の問題を解決したのがRSA暗号 RAS暗号は公開鍵と秘密鍵を持ちます。 片方の鍵Aを使って暗号化した暗号文は、その鍵では復号することができず、もう片方の鍵Bでしか復号できないという仕組みです。 同じく、逆にもう一方の鍵Bで暗号化した文字列は、もう一方の鍵Aでしか復号できないという考え方なのです。 ところで、このRSAという暗号方法は素因数分解の仕組みを使ってるらしいです。 例で言うとこんな感じです。 11と3を使って33という公開鍵を作成します。 この33は公開鍵なので見せてもOKです。 やりとりするときは33という数字で暗号化します。 33という鍵がバレたとしても、33から11と3は割り出せないので暗号化成立というわけです。 実際小さい数字だと11と3は割り出せてしまいますが、これが巨大な数字だった場合、 巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的なアルゴリズムがないので安心ということになっています。 8635844967113809みたいなデカい数字だと、何と何の掛け算でできた数字かわからないんですよね。 素因数分解で妄想してみる 巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的な方法は見つかってません。 世界中の偉い人が頑張って研究しててもまだ見つかってないのです。 もし、あなたがもの凄い天才で、巨大な二つの素数を掛け合わせた数を素因数分解できる効率的な方法を思いついたとします。 そして、その方法を論文で発表しようとしたとします。 でも、その方法が公になったら今ある暗号化の技術は無効になるので色んな人が困るし、社会の仕組みを壊すことになるわけです。 論文発表前にNSA的な組織に拉致られて殺される• 論文発表前にNASA的な組織に拉致られて宇宙開発とかやらされる• 暗号化のまとめ 暗号化やセキュリティーってトラブルになるまで重要性に気が付かないですが、トラブルになってからでは遅いので早めに対策しておくべきです。 未だにもあったりするので気をつけましょう。

次の