チャーハン の 作り方。 驚き!?パラパラなチャーハンの作り方【科学調理】

美味しいパラパラチャーハンの作り方。5つの裏技を試してみて、一番良かったのはコレでした!【まとめ】

チャーハン の 作り方

おはようございます、samuraiです。 さて、皆さんはご家庭でチャーハンを作る時に気をつけているポイントはありますでしょうか? 最近では、お店のようなパラパラチャーハンが人気で、各レシピサイトでも数多く紹介されています。 ただ、チャーハンの作り方はわかっていても、肝心の ご飯をパラパラにさせるのが難しいみたいですね。 実は、そのコツというのはとても簡単で、以下の 3つのポイントをおさえておけば大丈夫なんです。 その 3つのポイントとは 1. ご飯は 炊きたてを使う 冷めている場合は電子レンジで 加熱する 2. 炒める前に ご飯と一緒に卵を先に混ぜておく 3. ご飯と卵は 混ぜ過ぎない へらで数回軽く混ぜる程度でOK 以上となります。 全然難しくないですよね。 この3つのポイントさえ守れば、 誰でも手軽に美味しいチャーハンを作れますよ。 では、早速その作り方について詳しくみていきましょう。 卵を先に混ぜて作る本格的なパラパラチャーハンの作り方 それでは、家でも簡単に作れるパラパラチャーハンの作り方について、紹介させて頂きます。 ご飯 温かいもの ・・・400g 卵・・・2個 エビ・・・50g 焼豚 チャーシュー ・・・100g ネギ・・・50g 塩・・・適量 こしょう・・・適量 しょうゆ・・・大さじ1 サラダ油・・・適量 1. エビ・焼豚・ネギを食べやすい大きさにカットする 2. 先に具材を炒めるためにフライパンに油をひく 3. エビ・焼豚・ネギを入れて軽く炒める 4. ボウルにご飯を入れて、その上から溶き卵をかけて軽く混ぜ合わせる 5. 具材を炒めたフライパンに油をひく 6. 卵ご飯を入れてから、具材を入れて素早く炒める 7. 塩・こしょうで味付けをする 8. 最後にしょうゆを鍋の中央から入れて、更に炒めて完成です どうでしょうか。 実際に、筆者もこの通りに作ってみましたが、 結構簡単に出来ますよ。 先程も紹介しましたが、チャーハンをパラパラにする 3つのポイントをしっかりおさえておけば失敗する事もないでしょう。 ここで、もう一度おさらいしておくと 1. ご飯は炊きたてを使う 冷めている場合は電子レンジで加熱する 2. 炒める前にご飯と一緒に卵を先に混ぜておく 3. ご飯と卵は混ぜ過ぎない へらで数回軽く混ぜる程度でOK そして、皆さんがよく疑問に思われるのは、チャーハンってご飯を炒めるものだから 冷やご飯の方が適しているのではないかという点です。 ただ、これにも理由がありまして、チャーハンをパラパラにする上で一番重要なのが フライパンの中の温度が下がらないようにする事なんです。 なので、少しでも 温かいご飯を使う事で温度低下も防げますし、 炒めているうちにご飯の水分も飛んでよりパラパラになるというのがポイントですね。 また、温度を下げないために、 フライパンを振らないのも重要です。 よく、中華の達人が中華鍋を振っているイメージがあるので何回も振る方もいると思いますが、 フライパンを火から離す事でも温度低下につながりますので、絶対に フライパンを持つ手は動かさないようにしましょう。 それから、最後に入れる香りづけのしょうゆについてですが、こちらは フライパンの中央から入れて下さい。 もし、鍋肌 なべはだ から入れてしまうと、 しょうゆが焦げやすくなり苦みがチャーハンに移る可能性があるのです。 ですので、この点も頭に入れておいて下さいね。 味付けに鰹節を使って作るチャーハンとはどういうものか? ここでは、近年話題となっている 鰹節を使ったチャーハンについても、そのレシピを簡単に紹介していきたいと思います。 ご飯・・・300g 豚挽き肉・・・100g 卵・・・1個 ネギ・・・50g 鰹節・・・5g しょうゆ・・・大さじ1 ごま油・・・適量 1. ネギをみじん切りにする 2. 温かいご飯に卵を入れて軽く混ぜ合わせる 3. フライパンにごま油をひく 4. 豚挽き肉を入れて炒める 5. 火が通ったら鰹節を入れて挽き肉に絡める 6. しょうゆを入れて香りを立たせる 7. 先程混ぜ合わせた卵ご飯を入れて炒める 8. 最後にネギを入れて軽く炒めて完成です いかがでしょうか。 とても簡単ですよね。 こちらも、筆者が実際に作ってみましたが、非常に美味しく出来ました。 それと、作る前は 鰹節としょうゆだけの味付けだけでは足りないのではないかと思いましたが、十分 香ばしいチャーハンが出来上がりますよ。 また、先述したように しょうゆは鍋肌から入れると焦げてしまい苦みが残ってしまいますので、 フライパンの真ん中から入れるようにして下さいね。 パラパラチャーハンの作るコツとレシピについて-まとめ- 今回は、 パラパラのチャーハンを作るために卵を先に入れる方法と、 鰹節を使ったチャーハンのレシピについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 とにかく、パラパラのチャーハンにするには 3つのポイントをおさえておけば大丈夫ですので、是非皆さんも試してみて下さいね。 また、鰹節のチャーハンって初めての方にはなかなか想像出来ないかもしれませんが、今までより 香ばしいものが完成しますので、こちらも併せて作ってみてはどうでしょうか。 今回の記事は以上となります。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の

美味しいパラパラチャーハンの作り方。5つの裏技を試してみて、一番良かったのはコレでした!【まとめ】

チャーハン の 作り方

卵・マヨネーズ・バター・油を、炒める前にそれぞれご飯と混ぜ合わせた結果、いちばんチャーハンがパラパラになった方法は? 各レシピのメリット・デメリットも解説します。 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よくいわれているのは、ご飯と生卵を混ぜてから炒める方法で、これは確かにパラパラになります。 それでは「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるでしょう。 色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 4パターン共通の作り方・手順全ての作り方に共通する手順です。 長ねぎは粗みじん切りにし、ハムは5mm角に切る。 調味料は、共通なのが塩、こしょう、オイスターソース(または醤油)。 使っても使わなくてもいいのが、ニンニクとごま油。 ご飯は温かいものが良く、冷凍ご飯や冷やご飯なら、レンジで温めて軽くほぐしておく。 ご飯と卵を混ぜて、パラパラチャーハンを作るご飯と卵を混ぜる方法です。 卵を溶きほぐし、温かいご飯に加え、ざっくりと混ぜる。 中華鍋をよく熱し、油を大さじ1入れ、ねぎとハムを入れて炒めて香りを出す。 卵ご飯を入れ、ヘラかフライ返しで大きく返しながら、焼き炒めする。 卵にだいたい火が通ったら、酒をふりかけ、鍋を振って炒めてパラパラにする。 塩ひとつまみ、こしょう少々をふって炒め、オイスターソースを回し入れて炒める。 お玉ですくって皿にあけると、パラパラすぎてまとまらない。 技要らずでパラパラになり、冷めてもパラパラ。 作り方は最も簡単。 チャーハン全体が同じ味で同じ色あい。 小さいお子さんは食べ散らかしてしまうかも。 ご飯とマヨネーズを混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯とマヨネーズを混ぜる方法です。 ご飯にマヨネーズ10gを混ぜる。 油小さじ1で具を炒める。 ご飯を入れて炒めて寄せ、空いた場所に溶き卵を流し入れて軽く炒め、ご飯と炒め合わせる。 酒をふりかけてパラパラにし、塩少々とコショウで調味し、オイスターソースを回し入れて炒める。 ご飯にしっかりと下味がついているため、旨味が増し、冷めても味が良い。 マヨネーズに塩味がついてる分、塩を加減する必要がある。 旨味が増す分、食べ飽きることも考えられる。 ご飯とバターを混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯とバターを混ぜる方法です。 温かいご飯に、バター10gをのせて溶かし、まぶしつけるように混ぜる。 中華鍋を熱して油小さじ1を入れ、具を炒める。 バターご飯を入れて炒めて寄せ、空いた場所でざっくりとした煎り卵を作り、ご飯と合わせて炒める。 酒をふり入れてパラパラにし、塩コショウ、オイスターソースで味付ける。 パラパラというよりもホクホク。 ご飯をバターで炒めると焦げやすいのだが、このやり方なら大丈夫そう。 バターが固形なため、ご飯と混ぜる時に、若干の時間を要する。 ご飯と油を混ぜてパラパラチャーハンを作るご飯と油を混ぜる方法です。 酒をふりかけてパラパラにし、塩コショウし、最後にオイスターソースを加えて炒め合わせる。 油を混ぜると、パラパラになるというよりも、鍋にくっつきづらくなるように感じる。 最もパラパラになったのは卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると(冷めたらもう一度炒めるということ)パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

美味しいチャーハンの作り方【簡単】|お料理まとめ

チャーハン の 作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の