広州 地下鉄 路線 図。 広州地下鉄の乗り方 : 近代文化遺産見学案内所

1日票や3日票がお得

広州 地下鉄 路線 図

広州地下鉄 広州地下鉄 郊外の地上区間を行く広州地下鉄1号線の電車。 広州は1997年に地下鉄が開通し、北京・天津・上海に次いで、中国本土で4番目に地下鉄が開業した都市である。 1997年に1号線、2002年に2号線(現:2号線・8号線)、2005年に3号線・4号線、2009年に5号線、2010年に広仏線・APM線が開通し、現在は8路線236km(2012年現在)の地下鉄路線を有する。 運営は広州市地下鉄道総公司。 運賃は対距離区間制で、初乗りは2元(4kmまで)。 乗車券の有効時間は入場から240分以内と定められている。 なお、APM線のみ独立運賃で、2元均一である(APM線に乗車する場合は、別途乗車券を購入する必要がある)。 2010年11月12日〜27日に広州で開催されたアジア競技大会に併せて、路線網の整備が大きく進展した。 同競技大会の開催期間を含む2010年11月1日〜同年12月21日は全路線で運賃を無料とする計画であったが、無料措置による乗客殺到により、無料期間は2010年11月1日〜同年11月7日に短縮された。 4号線は、川崎重工業の技術供与により、中国で初めてリニア地下鉄(鉄輪式リニアモーターカー)方式を採用した。 また、後に開業した5号線も同様のシステムを採用している。 2012年現在、6号線・9号線・仏山線延伸区間の建設工事が進んでいる。 2040年頃までに総延長が500kmを超える地下鉄路線網となる予定である。 入場時は改札機にタッチし、出場時は改札機の投入口に入れて回収される。 (APM線は仕様が異なる).

次の

深セン地下鉄路線図|各駅始発・終電一覧表

広州 地下鉄 路線 図

5つの主な北南HSR線 北京—上海線(全区間運行中)• 路線名:京沪高速鉄道• 総距離:1433キロメートル• 路線駅:北京南、廊坊、天津西、滄州西、徳州東、済南西、泰安、滕州東、棗荘、徐州東、蚌埠南、定遠、ジョ州、南京南、鎮江南、丹陽北、常州北、無錫東、昆山南と上海虹橋。 D317はすべての駅で停車します。 大部分のG列車は一部の駅のみ停車で8時間50分で都市間を繋ぎます。 最速のG3は、4時間48分で南京南駅のみ停車します。 北京—広州—深セン—香港線(全区間運行中)• 路線名:京広深港高速鉄道• 距離:2260キロメートル• 路線駅:北京西、保定東、石家荘、邯鄲東、鶴壁東、鄭州東、駐馬店西、孝感北、武漢、岳陽東、長沙南、恒山西、衡陽東、莱陽西、チン州西、広州南と深セン北。 世界最大の乗客専用路線であり、北京-石家荘HSR線、石家荘-武漢HSR線、武漢-広州HSR線、広州-深センHSR線、深セン—香港HSR線からなります。 この路線が、北南HSR線の主要路線であり、北中国と中部中国、南中国を繋いでいます。 3つのG列車の運行路線はG71、G79、G81です。 G71は、各駅停車です。 G79とG81は、広州南まで一部の駅のみ停車です。 北京-広州間を走る最速のG79は、所要時間8時間であり、石家荘、鄭州東、武漢、長沙南に停車します。 2018年9月23日に 京広深港高速鉄道が正式開通になり、香港と広州、深せい、北京、上海、桂林、福州、南昌,長沙、貴陽など人気な都市と結びます。 ただいま、 弊社AraChinaでこちらの列車チケットを予約できます。 弊社はお客様の切符を購入するため最善を尽くします。 お客様は旅行日と乗客情報とをメールで送るだけです。 残りの仕事は弊社にお任せ下さい。 北京—ハルビン線(全区間運行中)• 路線名:京哈高速鉄道• 距離:1700キロメートル• 路線駅:北京、唐山北、北戴河、山海関、綏中北、錦州南、瀋陽北、鉄嶺西、開遠西、四平東、長春西、双城北、、ハルビン西。 この路線は、北東中国を首都北京とを繋いでいます。 この路線には、2本の支線があります。 すなわち、瀋陽-大連線と、盤錦-営口線です。 D25は各駅停車です。 所要時間8時間12分です。 この路線を走る他3つの高速の電車の所要時間は7時間50分でD29、D101、D27からなり、11の駅で停まります。 杭州—福州—深セン線(全区間運行中)• 路線名:杭深高速鉄道• 距離:1600キロメートル• 路線駅:杭州東、上虞北北、寧波東、寧海、臨海、泰州、温嶺、雁蕩山、温州南、瑞安、鰲江、蒼南、福鼎、太姥山、霞浦、寧徳、福州南、福清、ホ田、泉州、晋江と厦門北。 この路線は、杭州—寧波HSR線、寧波—台州—温州HSR線、温州—福州HSR線、福州—厦門HSR線と廈門—深センHSR線(2013年から運行中です)からなります。 揚子江デルタと珠江デルタをつなぎます。 D3209は各駅停車です。 所要時間は7時間29分です。 最速列車であるD3117はD3209より5駅だけ少ない駅に停車し、所要時間は6時間53分です。 他のD電車は、D3209より1から5の駅だけ少ない駅に停車し、所要時間は約7時間です。 ハルビンー上海(全区間運行中)• 路線名:哈沪高速鉄道• 距離:2421キロ• 経由駅:ハルビン西、扶余北、長春西、昌図西、鉄嶺西、瀋陽北、錦州南,绥中北,山海関、北戴河、唐山、天津、天津西、沧州西、済南西、曲阜東、枣庄、徐州東、蚌埠南、南京南、镇江南、常州北、无锡東、苏州北、上海虹橋 哈沪線はハルビンと上海を結ぶ高鉄路線です。 この路線のおかげで、両市の運行時間が32時間から13時間に短縮され、春節期間の移動難題が大きく改善されたほか、多くの旅客がより便利になりました。 世界で最も長い直行便の一つとして、長さが2,421キロにも及んでいます。 黒龍江、吉林、遼寧、河北、天津、山東、安徽、江蘇、上海の七つの省と二つの直轄市を結び、24の駅に停車します。 4本の東-西HSR線 青島—太原線(一部区間のみ建設中)• 路線名:青太高速鉄道• 距離:770キロメートル• 現在、最速のG196に乗ればイ坊駅で停車するのみで青島から済南まで1時間半で旅行することができます。 石家荘から太原までの直行列車G91とD2009の所要時間1時間17分です。 上海—武漢—成都(全区間運行中)• 路線名:沪汉蓉高速鉄道• 距離:1600キロメートル• 経由駅:上海虹橋、昆山南、蘇州、無錫、常州、丹陽、鎮江、南京南、全椒、合肥、六安、金寨、麻城北、漢口(武漢)、天門南、潜江、荊州、宜昌東 上海—成都HSR線は、上海—南京HSR線、南京—合肥HSR線、合肥—武漢HSR線、武漢(漢口)—宜昌HSR線、宜昌—万州 HSR線、利川—重慶HSR線、重慶—遂寧HSR線と遂寧—成都HSR線からなります。 利川-重慶HSR線は、上海から宜昌までの旅行や、重慶から成都までの旅行をサポートします。 風景を楽しむ時間があれば、重慶-宜昌間では三峡見物や長江クルーズを楽しむこともできます。 2つの高速列車が毎日、上海-宜昌間で運行しています。 D3072(各駅停車で所要時間8時間15分)とD3006(13の駅に停車し所要時間7時間48分)です。 2時間以内で、あなたは重慶から成都まで旅行することができます。 この路線では、1~2時間の間隔で17の高速列車が運行しています。 徐州—蘭州(一部区間のみ運行中)• 路線名:徐兰高速鉄道• 想定時速: 250—350 kph• 距離:1400キロメートル• 主要な停車駅:徐州東,連云港,鄭州,西安北,宝鶏,兰州 鄭州-西安のみ運行中であり、残りは工事中です。 徐州-鄭州間は2016年12月に、西安—宝鶏間と宝鶏—蘭州間が2017年に開通しました。 26GとD列車が、1時間おきに運行しています。 最速の直通列車G97は鄭州-西安間を2時間で繋いでいます。 他のG列車とD列車での所要時間は2時間半から3時間です。 上海—昆明(全区間運行中)• 路線名:沪昆高速鉄道• 距離:2080キロメートル• 主要な停車駅:上海虹橋、杭州東、南昌西,長沙南,贵陽北,昆明南 上海—昆明HSR線は、上海-杭州までの区間で現在運行中です。 杭州—長沙線は2014年開通されました。 長沙—昆明線は2017年に開通予定です。 この路線が完成すると、東中国と中部中国とを南西中国で繋ぐことになります。 66GとD列車は、10分~1時間の間隔で毎日、上海-杭州間を運行しています。 最速のG電車での所要時間は47分です。 G7535とG7509は嘉興南駅のみ停車し、G7555は海寧西駅のみ停車します。 八縦八横ー中国高速鉄路網の発展 「八縦八横」は中国高速鉄路網の短期的な目標です。 2016年7月、国家の発展改革委員会、交通運輸部、中国鉄路会社が共同で「中長期鉄路網企劃」を発表し、新しい時期の「八縦八横」高速鉄路網の目標を発表しました。 「八縦八横」高速鉄路網は「四縦四横」を基にして、中国沿海部と北京上海などを結ぶとともに、内陸部まで延長する計画です。 「八縦八横」は都市間を鉄路で結びます。 隣接している大都市間なら1~4時間、都市圏内なら0.5~2時間での往来が実現されました。 八縦 路線名 着工日 全線開通日 経由都市 沿海通道 1999年(秦皇岛~瀋陽区間) 待定 大連(丹東)~秦皇岛~天津~東营~潍坊~青岛(烟台)~連云港~盐城~南通~上海~宁波~福州~厦门~ 深セン~湛江~北海(防城港)。 東部沿海地区を繋ぎ,そして、京津冀、辽中南、山東半岛、东陇海、長三角、海峡西岸、珠三角、北部湾などの都市グループに貫通します。 京沪通道 2008年 主線が2011年に開通 支線(扬州経由)待定 北京~天津~済南~南京~上海(杭州)高速鉄路,南京~杭州、蚌埠~合肥~杭州高速铁路を含め,または北京~天津~東营~潍坊~临沂~淮安~扬州~南通~上海に経由します。 华北、华東地区を繋ぎ,そして、京津冀、长三角など都市グループを貫通します。 京港(台)通道 待定 北京~衡水~菏泽~商丘~阜阳~合肥(黄冈)~九江~南昌~赣州~深圳~香港(九龙)高速铁路;支線は合肥~福州~台北高速铁路になり,南昌~福州(莆田)に経由します。 华北、华中、华東、华南地区を繋ぎ,そして、京津冀、長江中游、海峡西岸、珠三角など都市グループを貫通します。 京哈~京港澳通道 2005年(武汉~广州区間 主線2019年 北京-瀋陽区間 支線 マカオまで)待定 ハルビン~长春~沈阳~北京~石家庄~鄭州~武漢~長沙~広州~深せい~香港高速鉄路,広州~珠海~マカオ高速鉄路を含めます。 東北、华北、华中、华南、港澳地区を繋ぎ,そして、哈長、辽中南、京津冀、中原、长江中游、珠三角など都市 グループを貫通します。 呼南通道 2009年 待定 フフホト~大同~太原~長治~晋城~焦作~鄭州~襄阳~常德~益阳~娄底~邵阳~永州~桂林~南宁に経由します。 华北、中原、华中、华南地区を繋ぎ, そして、呼包鄂榆、山西中部、中原、長江中游、北部湾など都市 グループを貫通します。 京昆通道 待定 北京~石家庄~太原~西安~成都(重慶)~昆明高速鉄路,北京~张家口~大同~太原高速铁路を含めます。 华北、西北、西南地区を繋ぎ, そして、京津冀、太原、关中平原、成渝、滇中など都市グループを貫通します。 包(银)海通道 待定 包頭~延安~西安~重慶~贵陽~南宁~湛江~海口(三亚)高速鉄路,银川~西安および海南环岛高速鉄路を含めます。 西北、西南、华南地区を繋ぎ,そして、呼包鄂、宁夏沿黄、关中平原、成渝、黔中、北部湾など都市グループを貫通します。 兰(西)广通道 待定 兰州(西宁)~临夏市~合作市~绵陽市(安州区)~広漢市~成都市~眉山市~楽山市~宜宾市~毕节市~贵陽市~都匀市~桂林市~贺州市~佛山市~広州に経由します。 西北、西南、华南地区を繋ぎ,そして、兰西、成渝、黔中、珠三角など都市グループに貫通します。 八横 路線名 着工日 全線開通日 経由都市 绥满通道 待定 绥芬河~牡丹江~ハルビン~チチハル~海拉尔~满洲里に経由します。 黑龍江および蒙東地区に結びます。 京兰通道 待定 北京~フフホト~銀川~兰州に経由します。 华北、西北地区を結び,そして、京津冀、呼包鄂、宁夏沿黄、兰西など都市グループに貫通します。 厦渝通道 2017年 待定 厦门~龍岩~赣州~長沙~常德~張家界~黔江~重庆高速鉄路(厦门から赣州までの区間は龙厦鉄路と赣龙鉄路 を利用,常德から黔江までは黔張常鉄路を利用します)。 海峡西岸、中南、西南地区を結び,そして、海峡西岸、长江中游、成渝など都市グループを貫通します。 青银通道 2005年 2017年12月(済南-石家庄区間) 青岛~済南~石家庄~太原~银川高速铁路(绥德から银川までは太中银鉄路を利用します)。 华東、华北、西北地区を結び,そして、山東半岛、京津冀、太原、宁夏沿黄など都市グループに貫通します。 福银通道 2007年 2022年 銀川 ~吴忠 ~慶陽 ~咸陽 ~西安 ~商洛 ~十堰 ~襄陽 ~随州 ~孝感 ~武漢 ~鄂州 ~黄石 ~九江 ~南昌 ~抚州 ~三明 ~南平 ~福州 ~厦门 ~台北など都市グループに結びます。 陆桥通道 2005年 待定(徐州~兰州区間は2017年に完工) 連云港~徐州~鄭州~西安~兰州~西宁~ウルムチ高速鉄路。 华東、华中、西北地区を結び,そして、東陇海、中原、关中平原、兰西、天山北坡など都市グループに貫通します。 沿江通道 2018年 2023年 上海~南京~合肥~武漢~重慶~成都高速铁路,南京~安庆~九江~武汉~宜昌~重庆と万州~达州~遂宁~成都高速鉄路(成都から遂宁までは达成鉄路を利用します)を含めます,华東、华中、西南地区を結び、そして、长三角、长江中游、成渝など都市グループに貫通します。 沪昆通道 2009年 2016年12月28日 上海~杭州~南昌~長沙~贵陽~昆明高速鉄路。 华東、华中、西南地区を結び,そして、长三角、长江中游、黔中、滇中など都市グループを貫通します。 都市間新幹線(城際新幹線) 地域間インターシティHSRは、都市間や同じ州間を繋ぐ乗客専用の近距離高速列車の路線です。 現在利用可能な都市間のHSR路線の一覧を下に記載しておきます。 上海市役所によって運営されています。 中国の他の全ての高速列車は、中国鉄路総公司によって運営されています。 15~20分の間隔で、上海浦東国際空港と上海の竜陽路駅間を走ります。 約8分の運行時間で、片道切符は50元です。

次の

中国新幹線路線図|中国高速鉄道路線図

広州 地下鉄 路線 図

広州の路線バスの乗り方 では広州の路線バスの乗り方をご紹介します。 おそらく中国の大体の都市では同じ様な乗り方であろうと思います。 ちなみに中国語で路線バスは「公交车」と言います。 簡単に紹介するとこんな感じの流れです。 バス停を見つけるぞ!• 行き先とバスの番号を確認• バスに乗るぞ!• 目的地までしばし揺られ〜• 到着後バスから降りるぞ! では順番にご紹介します! 広州でバス停を見つける まずはじめに バス停を見つけましょう! こんな感じのものがバス停です。 写真は大きい方ですが、大なり小なり広州市内はこの様な感じのバス停です。 広州中心部の主要道路には 1kmから500mの間隔でバス停があるでしょう。 後述しますが、中国の地図アプリ「百度地图」で最寄りのバス停も確認できます。 行き先とバスの番号を確認 日本のバスと同じ様に、中国のバスにも路線ごとに番号(191とかA8とか)が振られています。 つまり自分の 行き先の調べ、 目的地に何番のバスが行くか確認し乗車すれば良いわけです。 じゃあそれを どこで確認すれば良いのか?ですが、1つは バス停、もう1つは 地図アプリという方法があります。 まずバス停に行くと、その バス停に停車するバスの路線図が書かれています。 もし行きたい場所の名前が事前に分かっているなら、バス停で行き先を確認し目的にバスの番号を確認できます。 例えば、「小北」に行きたいとします。 一番最寄りにバス停に行き、路線図を確認し「小北」があるか確認します。 そして 自分が乗るべきバスが何番か確認します。 オススメ・最短時間・歩行短いの順番 検索の時は、 キーボードに「中国北京語 手書き」を入れておくと読み方がわからなくても感じ検索できます。 バスに乗るぞ! いよいよバスに乗ります。 しばらく目当ての番号のバスが来るのをバス停で待ちましょう。 写真でははっきり写っていませんが、バスのフロント(おでこにあたる部分)に路線バス番号が表示されています。 バスの横面にも表示があります。 バスが着くと、 前から乗車します。 中国では先払いで大抵どの路線も一律2元です。 お釣りは出ません、乗車前に用意しておきましょう。 「早く乗れ!」と後ろから小突かれることもありますが、落ち着いて運賃箱に2元を投入しましょう。 もし交通ICカードを持っているなら、ICカードを読み取り部分にタッチします。 「ピーッ」と鳴れば支払い完了です。 目的地までしばし揺られる〜 目的地までしばし揺られます〜 と書くと穏やかなバスの時間が流れる様な気がしますが、日本のバスと比べると 運転が荒く感じるのでご注意ください。 皆んなが運転荒い訳ではないですが、 運転が荒い運転手はとことん荒いのでしっかり掴まっておきましょう。 一番良いのは、座席の確保です! またバスの車内にも路線図があるので、あと何駅か確認できます。

次の