いし あ たま な ちょう こく。 大阪市:天王寺区 町名一覧 (…>大阪市の紹介>プロフィール、歴史、市政年表)

プテラ育成論

いし あ たま な ちょう こく

あおやま• あかおちょう• あかねちょう• あきばだい• あさひ• あさひがおか• あのう• あらかわ• あわづちょう• いかだちかみざいじちょう• いかだちかみりゅうげちょう• いかだちきたざいじちょう• いかだちしもざいじちょう• いかだちしもりゅうげちょう• いかだちとちゅうちょう• いかだちなまづちょう• いかだちみなみしょうちょう• いかだちむかいざいじちょう• いけのさと• いしずえ• いしば• いしやまうちはたちょう• いしやませんちょう• いしやまそとはたちょう• いしやまてらべちょう• いしやまでら• いしやまなんごうちょう• いしやまひらつちょう• いちりやま• いなづ• いなばだい• いまかたた• うちではま• うめばやし• うめばやしちょう• おいわけちょう• おうさか• おうじがおか• おおいしおだわら• おおいしおだわらちょう• おおいしそつか• おおいしそつかちょう• おおいしとみかわ• おおいしとみかわちょう• おおいしなか• おおいしなかちょう• おおいしひがし• おおいしひがしちょう• おおいしよど• おおいしよどちょう• おおいしりゅうもん• おおいしりゅうもんちょう• おおえ• おおがや• おおぎ• おおぎちょう• おおぎのさと• おおぎのさとひがし• おおたにちょう• おおどりい• おおひら• おごと• おごときた• おとわだい• おばながわ• おんじょうじちょう か行• かがみがはま• かすがちょう• かたた• かつらがわうめのきちょう• かつらがわきどぐちちょう• かつらがわさかしたちょう• かつらがわなかむらちょう• かつらがわぬくいちょう• かつらがわほそかわちょう• かつらがわぼうむらちょう• かつらがわまちいちょう• かみたなかみおおどりいちょう• かみたなかみきりゅうちょう• かみたなかみしばはらちょう• かみたなかみしんめちょう• かみたなかみどうちょう• かみたなかみなかのちょう• かみたなかみひらのちょう• かみたなかみまきちょう• かみでひらきまち• かやのうら• からさき• からはしちょう• かんがく• かんのんじ• きたおおじ• きたこまつ• きたひら• きぬがわ• きのしたちょう• きょうまち• きりゅう• くりはら• くりばやしちょう• くろづ• こうようちょう• こくぶ• こじょうがおか• こせい• こぜきちょう• このおかちょう• ごてんはま• ごりょうちょう さ行• さいがわ• さかえまち• さかもと• さかもとほんまち• さがみちょう• さくらのちょう• さんだいじ• しがさと• しがさとちょうおつ• しがさとちょうこう• しばはら• しまのせき• しもさかもと• しょうよう• しょうわちょう• しんめ• じんぐうちょう• じんりょう• すいめい• すえひろちょう• すぎうらちょう• せいふうちょう• せいらん• せいわちょう• せきのつ• せたおおえちょう• せたじんりょうちょう• せたつきのわちょう• せたはしもとちょう• せたみなみおおがやちょう• せんごくだい• せんちょう• ぜぜいけのうちちょう• ぜぜかみべっぽちょう• ぜぜひばりがおかちょう• ぜぜひらおちょう• そのやま.

次の

讃岐漆芸について|高松市美術館公式サイト

いし あ たま な ちょう こく

浄国寺(じょうこくじ)石燈籠 浄国寺(じょうこくじ)〈奈良県橿原市一町 (かずちょう) 1204〉 石燈籠は鎌倉時代後期 正和五年(1316)の在銘で、四角型在銘石燈籠では一番ふるいもの。 浄国寺 (じょうこくじ) 石燈籠(重要美術品、鎌倉時代後期 正和五年 1316年、花崗岩、高さ 190Cm 宝珠・請花、 宝珠・請花は別物で、一石からなる。 四角型石燈籠は、本堂に向かって右側手前、参道脇に立つ。 火袋、 別物で、四角型。 火口二面、丸窓 二面の構成。 笠 笠の軒は薄く、水平にのび、両端で反らせ、屋根に桧皮葺状の作り出しを設ける。 笠 中 台 中台は、上端に薄い二段の請座、側面は二区に分け格狭間をつくる。 下端は、覆輪付単弁の蓮弁を刻出する。 竿(さお) は、角柱で一面に「正和五年 (1316)丙辰四月日」 の刻銘があり、在銘の四角型石燈籠としては最もふるい。 四角型石燈籠は鎌倉時代後期に出現し、南北朝から室町時代にかけて流行した。 鎌倉時代末期 の代表的四角型石燈籠に(元亨三年 1323年)がある。 南北朝時代のものは、(建武五年 1338年)、 ( 延文三年 1358年)、 ( 永和元年 1375年)等がある。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 基 礎 基礎上端は複弁反花、側面は二区に分け、それぞれ格狭間をつくる。 浄国寺(じょうこくじ)本堂 (浄土宗) *JR・近鉄 橿原神宮駅西口から奈良交通バス 近鉄御所駅行きに乗車、「一町(かずちょう)バス停」下車、東北東方向へ 徒歩 約6分。 近鉄南大阪線「坊城駅」下車、南南東方向へ徒歩 約35分。 撮影:平成23年12月22日).

次の

大阪市:天王寺区 町名一覧 (…>大阪市の紹介>プロフィール、歴史、市政年表)

いし あ たま な ちょう こく

国の税金は、が自ら税務署へ所得などの申告を行うことで納税額が確定し、この確定した税額を自分で納税する「」を採っている。 個人やが納税すべき税額を確定するために行う申告手続きが確定申告であり、個人と法人によって、手続き内容などが異なる。 確定申告が必要なのは、個人の収入に課せられる所得税、法人の所得に課せられる、消費税、贈与税や相続税である。 まず、個人の場合は、その年の1月1日から12月31日までの期間のすべての所得を計算し、所得税を算出する。 その際に、すでに税金が徴収されている場合や前の納税額をにその年の税額を推定する予定納税などで税金を払いすぎている場合には、精算して還付を受ける場合もある。 など者は毎月の給料から所得税が天引きされているが、で精算し調整しているので、確定申告をする必要はない。 ただ、年末調整では精算できない医療費や家の新築・増改築、やの被害、会社の退職などがあれば給与所得者でも確定申告が必要になり、払いすぎた税金の還付を受けることができる。 所得税の確定申告が必要なケースは、 1 給与の収入金額が2千万円以上の人 2 不動産収入や、などの副収入が年間20万円以上ある人 3 2つ以上の会社から給料をもらっている人 4 退職所得がある人 5 年ので退職して、年末調整が受けられない人 などである。 なお、個人事業主は、のうち、収入からを差し引いた所得が38万円以上の場合に確定申告をする必要がある。 また、給与所得者で、払いすぎた税金が戻ってくるができるのは、災害や盗難などで被害を受けた場合の雑損控除、一家の医療費が年間10万円以上払った場合の、住宅をローンで購入した場合の住宅ローン控除や耐震のためのリフォームなどをした場合の住宅耐震改修控除などがある。 公的年金など雑所得だけの人は、社会保険料控除が受けられる。 個人の確定申告は、1月1日~12月31日までの所得を、翌年の2月16日~3月15日までに申告する。 法人税は、確定申告の対象期間を事業年度とし、事業年度終了日の翌日から2カ以内に申告する。 また消費税は、個人の場合は1月1日~12月31日までの分を、翌年の3月31日までに、法人の場合は事業年度終了日から2カ月以内に申告する。 贈与税は贈与を受けた年の翌年2月1日~3月15日まで、相続税は相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内が申告期限である。 確定申告は、税務署から連絡があるわけではないので、期限内に忘れずに申告しないといけない。 金廻寿美子 ライター / 2009年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 申告納税制度をとっている租税(所得税,法人税,贈与税,法人事業税など)の期間税について,課税期間経過後,納税者がその期間の実績に基づいて所得と税額を計算し申告すること。 これにより税額が確定される。 個人所得税の場合,年間(1月1日〜12月31日)の所得税額の確定をするために,居住地の税務署に提出する。 提出期間は翌年の2月16日〜3月15日。 通常,給与所得者はによって税額が確定しているため,その必要はないが,給与所得以外の所得が20万円を超える場合,または総が2000万円を超える場合は確定申告が必要となる。 また,医療費控除,住宅ローン控除などの還付を受ける場合も確定申告が必要となる。 法人税の場合は,各事業年度終了の日の翌日から2月以内に確定した決算に基づいて申告を行う。 給与所得者(サラリーマン)のは、源泉徴収が行われ「年末調整」により所得税が精算されるので確定申告をする必要はないが、株式や等(「上場株式等」という。 )のによりを得た場合は確定申告をしなければならない。 つまり、投資家は年間を通じたを行わなければならないが、その手続きを簡単に済ませるサービスとして、証券会社等が代行してくれる「」という仕組みがある。 特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があるが、「源泉徴収あり」を選択すれば、確定申告をしなくてもよい。 「源泉徴収なし」の特定口座を選択した場合は、証券会社等がを計算した「年間取引報告書」を発行してくれるので、その報告書を利用して簡単に確定申告を済ませることができる。 なお、確定申告は医療費控除など、税金の還付を受けたい場合も必要となるが、この場合の申告は2月15日以前であっても手続きを行うことができる。 出典 投資信託の用語集について の解説 1月1日から12月31日までの1年間で得た所得にかかる所得税や復興特別所得税などの税金の総額を計算し、過不足なく納税するために税務署に申告する手続きのこと。 会社員は事業主が年末調整で税金の計算や手続きを行うが、給与収入が2000万円を超える場合や、やなどの所得が20万円を超える場合などには自分で申告しなければならない。 自営業などの個人事業主や、400万円を超える公的年金を受け取った場合なども申告手続きが必要となる。 また、医療費が10万円を超えたり、災害・盗難などの被害にあったりした場合などに申告をすると、控除を受けることができる。 申告は、指定のに必要を記入してや控除を受けたい項目の証明書類などを用意したうえで管轄の税務署に出向くか、で行う。 また、に関するオンラインサービスの に事前申請すると、インターネットを利用して自宅で行うことができる。 2019年度からはスマートフォンでも申告できるようになった。 2020-2-27 出典 知恵蔵miniについて の解説 所得と所得にかかる税金を税務署に申告する手続き。 ・事業・資産・年金などによって得た収入から控除や経費を差し引いたと,それにかかるの金額を納税者がみずから算出し申告・納付する制度に基づく。 手続きは 1月1日から 12月31日までの所得分について,翌年の 2月16日から 3月15日の期間に行なう。 控除額をこえる所得がある個人事業主,・給料・・・などの給与所得が年間 2000万円をこえる者,2社以上の会社などから給与を受け取っている者,給与所得がある者で副業や年金,配当などの収入が 20万円をこえる者などは申告をしなくてはならない。 申告しなかったり,申告期限を過ぎてから申告するとやが課される。 また,を受ける者,住宅借入金等特別控除を初めて受ける者,退職したためにを受けていない者などは還付申告ができる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 申告納税制度をとる租税(所得税、法人税など)において、課税標準および税額を確定するために納税義務者が行う申告をいう。 所得税とか法人税のような、ある一定期間にわたって発生する課税標準に対する課税の場合には、納税義務はその期間の経過によって成立することになるが、具体的な納税義務は確定申告によって確定する。 所得税の場合は、1月1日から12月31日までに得た総合所得を、次の年の2月16日から3月15日までに申告書に記入して税務署に提出する。 源泉徴収や予定納税によってすでに納付している税額は、この確定申告によって清算される。 すなわち確定税額より既納税額が少なければ足りない分を納付し、既納税額が多ければその分の還付を受けるわけである。 法人税の場合には、事業年度終了の日から2か月以内に、確定した決算に基づき課税標準である所得金額または欠損金額、法人税の額などを記載した確定申告書を税務署に提出し、税額を納付する。 なお、事業年度が6か月を超える法人は、6か月を経過した日から2か月以内に中間申告をしなければならない。 [林 正寿].

次の