うんこ ちゃん ニコニコ。 ニコニコ動画で活躍している、うんこちゃん改め加藤純一って借金完済したんです...

UNKチャンネル(うんこちゃん)

うんこ ちゃん ニコニコ

うんこちゃんMADとは、 (め)のが加工されたである。 概要 界は、他の、にべての、が盛んである。 これには、自身が稀有な自己を常日頃から持っていることが関係しており、本人も自分自身のをよく見るということを言している。 さらに(停止中)やなどのを本人が開催するため、に一自分の作品を見てもらおうと、に着手するやも少なくない。 自身が掴みどころのない感性を持ち合わせていることもあり、 編集にかけた時間や手間がの評価に直結しない、という点も大きな要因となっている。 しかし近年は、"観 者 "や 者 といった高い編集を持った者も登場し、実際にからば抜けて高く評価を受けている。 うんこちゃんMADの特徴 うんこちゃんMADは独自のを遂げており、一般的なとは一線を画す部分が存在する。 MAD素材 でもには、()の放送を録画したがほぼ全てと言っていいほど残され続けており、放送内でを匂わせる発言や行動があった際には「」とよくされるほどにに、やの認知度は高い。 ではとめ、顔を出す放送が増えたために、以前のような特徴的なの量やトーン を加工するだけでなく、全身や顔を切り貼りするようなも増加している。 魔作 うんこちゃんMADでは、独創性が重視され、その最たる例が魔作である。 魔作とは、とんでもない独創性(の域に達しているものも多々ある)を持ち、またそれを全面に押し出している作品のことをす。 も「」「こわい」としか批評できないようなものから、稀にに合致したのか極めて高い評価を受けるものまで様々である。 なお、「魔作」という単は第一回に応募されたがとなっており、では全体に大きく浸透している。 全盛期と氷河期 うんこちゃんMADには、大量にがされると、そのによって起こるがある。 近年に引き起こされたとしては、 の魔作「」があり、その驚異的なとから、(通称)において、同の「」が度々出没するという「」が起こった。 その後万博と同時期に開催された では、が20を下回る作品から再生数が000を上回る作品まで、多種多様ながされ、界においても、視できないほどに一躍となった。 、が終了したのを皮切りに、者もてしまったのか、不作時代()が始まった(面い作品はを通すと存在するので見て頂きたい)。 では開催されていないにおいても、大量のがされる現が起こったが、の循環の如く、とが繰り返されることで、として繁栄してきたと言える。 関連動画 関連コミュニティ 関連項目•

次の

知り合いから、うんこちゃん(加藤純一)さんが面白いと聞き実況や...

うんこ ちゃん ニコニコ

とは、 ・ が同作品の配信において同作品内に存在する敵の名前を取って命名したである。 内の敵のについてはへ 概要 配信上にて、作中の年1週から4年2週までの間に存命し、の配信において彼の最後のとして使命を全うした。 配信上では「 ボョク ラン」「 オレ ナ マグワウ」などといった、片言でありながらも狂気をんだ言葉を喋るとして付けされた。 攻撃の命中率を犠牲としつつもその驚異的な威をとし、体の高い敵も必殺のやルによって圧倒していく。 しかし、命中率というのは犠牲として決して安いものではなく、圧倒的なを得意としていたも段々との勝手の悪さや命中率の低さに苦しめられていくようになる。 命中率を高めるようするたちととの間に生じた轢も段々と深まっていき、配信はどんどんイのへと踏み込んでいく。 しかし、長きにる苦難を乗り越えたはついにの「 ヤマ落とし」を習得。 の消費がしいことから発動可回数は2回に限られ、両方とも回避されれば自身のが決定してしまう決死のでもあるが、生まれ変わったはこれをにあらゆる敵を一撃で打ち負かし、多くの大会でを勝ち取っていく。 しかし、次に立ちはだかった最大の敵はであった。 はが近くまで迫る極限の状態でも決して諦めず次々と強敵を一撃で打ち負かしていく。 そうした死闘の中で、やがてはS大会に出場し、次の大会を翌日に控える中で「拳を高く突き上げ絶命する」というにも雄々しい最期を遂げていった。 あまりにも劇的な展開を見せていったであったため、今でもの配信史においてから高い支持を受けている。 こういったことから、の配信を代表するとして「」ではの体が名をりを飾っている他、を題材にしてされた作品でも登場することが非常に多い。 経歴 出会い がまだ「ひやぞー」というをとして配信していた際、 CUPにて運命の出会いを果たす。 ひやぞーは敵の攻撃を避け続けるだったが、の圧倒的なを前にはその攻撃を回避することもわず、なんとものを喫してしまう。 の末にを収めたが、その「」という圧倒的な存在はの裏に強な印を焼き付けていった。 その後パレパャンにて「」と名乗ると思しきが現れたことによりは衝撃を受けるが、以降がひやぞーの前に姿を現すことは二度となかったのであった・・・ オクレイマンの誕生 ひやぞーとのから十日。 がひやぞーに代わる新たなを探していた時のこと。 のを用いた石再生の儀によりの再会を果たす。 命名「」。 く、のから預かったとのこと。 好きなものは寝ること、嫌いなものはという食べ物だった。 「 オレモ・・・イク・・・! 」 「 アナザーが今、始まる 」 Eランク その並はずれたにより、初の戦で軽々と4連勝。 そして残す最後の一戦にて、ついに敵のと対峙する。 「記録にも記憶にも残るになる、は。 を倒してな・・・おめばぶっ倒してなぁ!!」と気迫を見せ、どちらが本物のかを勝敗によって決めようとする。 懸命に努するが、努は報われなかった。 Dランク 2大対抗戦への出場を賭けたドD選抜大会に向け、 「デル」と一言に出場の意思を固めただったが、結果は敗退。 4年後の大会でのを心に誓った。 ルという強な技を修得し、戦では全勝によってを修め、Cへと駒を進めるのであった。 Cランク 、1歳を迎える。 気のせいか、大きくなっているように思えた。 C初の戦第2試合、・ レックネンと拳を交える。 結局、惜しくもという結果となってしまった。 一度はを逃した戦だったが、により新技・ を引っ提げ再チャ。 再び・ レックネンと戦うが・・・。 また、今大会もという結果。 さらなる技をめ、は過酷なに身を投じるのであった。 の末、 ロー逆を会得し、体も強化されたは見事3度にして戦を飾った。 が、そこにはの姿はなかった・・・。 Bランク ここで、2歳のを迎える。 またその直後、により ルを修得。 「命中が低くても当てればいい」というをし始める。 戦でもそのポリ通りの戦いを見せたのだった。 「A行こう。 Bとか弱すぎるわ」 Aランク へとに赴く。 そこに待ち構えるは姿を消した の霊であった。 新技・ を駆使し、事にその魂はしたのであった。 そんな折出場した戦だったが、あえなく敗退。 はAの洗礼を受ける。 「、オレニ タリナイ モノハ チカラ」 3歳になり、成長期によりグングン成長する。 ただひたすら純に、だけをめる姿がそこにあった。 その後2回の戦敗退を経て、最終義・ ヤマ落としを修得し、足りなかった最後のピースがった。 「うーん・・・・・・」「 どうも最近が悪いみたいなんだ」「ちょっとのことも考えてみないとね・・・」 「そんな悲しいこと言うんじゃねえよ!!まだやれるんだよ!!!」 「絶対は殺さない・・・!」 ヤマ落としの圧倒的攻撃でAは一掃。 はへと突入する。 2大大陸対抗戦~Sランク は遂に4歳を迎える。 4年越しの・2大対抗戦への出場を考えるが、のは残りわずか。 はを提案するが、は頑なに拒否。 その想い通じてか、は事に選抜大会に出場。 ヤマ落としによる一撃必殺はSでも健在。 全勝でS代表に選抜される。 対抗戦、2勝2敗で命運は・に託された。 対戦相手はと名高いレールだったが・・・ 「、オレ イケル」 2大対抗戦も終わり、はS戦を最後のにすることを決意。 そこに・ オルドーフが待ち構えているとも知らずに・・・。 「、レハ デナイ」 は最後のきを見せた。 別れ 「、来週だからな!」 を開けるとそこにあったのは死してなおングをとり続けるの姿だった。 4歳7カ。 「・・・クイイ・・・!」 当初彼の好きなものは「寝ること」だったが、いつしか「 」に変わっていた。 最績は 勝・ 敗・ 、 Sであった。 関連動画 関連項目•

次の

ゲーム実況者“うんこちゃん=加藤純一”はなぜ人気なのか? 視聴者を巻きこむ魅力の源泉を探る|Real Sound|リアルサウンド テック

うんこ ちゃん ニコニコ

ここはニコニコ生放送、YouTubeなどで活動している『 うんこちゃん(本名:加藤純一)』のwikiです。 当wikiでは、配信履歴を中心にうんこちゃんに関連する様々な情報をまとめています。 TOPページ以外は誰でも自由に編集することができます。 みんなでまとめていきましょう。 初見さんは最初に『 』を見ると分かりやすいです。 過去の生放送の録画や実況動画は『 』や『 』にまとめてあります。 詳しい配信の内容はメニュー欄の『 配信詳細まとめ』からどうぞ。 現在の主な信者衛門交流場所は『 』です。 に参加することでご利用可能です。 うんこちゃんの連絡先など 外配信などのスマホ配信で使われる。 隔週水曜日放送。 配信履歴は から。 今後の生放送はこちらからも確認できます。 『 』『 』.

次の