キャシー中島娘。 キャシー中島

キャシー中島と勝野洋に孫!娘(次女)の雅奈恵が出産も長女は肺がんで死去

キャシー中島娘

キャシー中島の長女・勝野七奈美の壮絶肺がん死!自身が患った病気とは? キャシー中島の長女・勝野七奈美は小細胞肺がんで死去!29歳の壮絶な最期 キャシー中島は、ハワイアンキルトの第一人者として活躍するハワイ出身のタレント。 俳優・勝野洋との再婚でもうけた1男2女は、全員芸能界デビューしています。 長女・勝野七奈美もまた、19歳からモデル、ジュエリーデザイナー、シンガーソングライターと芸能活動をしてきましたが、29歳という若さで、肺がんによる壮絶な死を遂げました。 勝野七奈美は、亡くなる8カ月前に、ヒップホップダンサー猪田健と結婚した頃には、特に自覚症状はなかったそうです。 その時の処方薬を持って、キャシー中島の故郷であるハワイ・マウイ島での新婚旅行を楽しんだ勝野七奈美でしたが、帰国後に咳が悪化し、大学病院で診断されたのは肺炎。 抗生物質も全く効かず、別の病院へ検査入院し、肺がんの中でも悪性度が最も高い小細胞がんと宣告されました。 手術も適応されることなく、それからわずか4カ月後の2009年7月7日に、入院先の国立がんセンターで、勝野七奈美は亡くなってしまいました。 キャシー中島の消えぬ長女・勝野七奈美への思い!今度は自分が皮膚がんに キャシー中島は、長女・勝野七奈美の死後、「浮かんでくるのは苦しむ表情だけ」と、その悲痛な思いをブログに綴っています。 喉の痛みに呻く勝野七奈美が、最期に口にしたのは、ピオーネ1粒半。 もっと早く肺がんを発見できていれば、しかし、手術も追いつかないほど、極めて進行の速い小細胞がんに対して成す術があったのか……。 葛藤するキャシー中島は、勝野七奈美が大好きだった、オレンジを基調とするキルト作品「サンシャインガール」を制作することで、前向きな人生を取り戻していきます。 ところが2016年1月、今度は、キャシー中島自身が皮膚がんに侵されていることが発覚。 異変を感じて1年半が経っていたことと、部位が右目下だったことから、病院に行くのをためらったそうですが、家族に背中を押されて受診したことで、幸いにも早期に手術切除することができました。 深く、大きく切除した傷跡が顔に残されても、「どんなことがあっても、前を向いて生きて行く」と明るく話すキャシー中島。 その胸の中には、オレンジを愛した、明るく元気な勝野七奈美が常にいます。 キャシー中島はハワイアンキルト教室展開中!次女・勝野雅奈美の現在は? キャシー中島のハワイアンキルト教室、キルト展が大人気!モデルからの華麗なる転身 キャシー中島は、現在、銀座、横浜、鎌倉、京都、神戸など8カ所のスタジオを持ち、ハワイアンキルト教室を展開しています。 教室には、キャシー中島本人による直接指導、および認定講師による指導を受けるため、全国から、数千人の生徒が集まります。 また、毎年全国各地で開催される展示会や、常設の御殿場キルトミュージアムは、観光スポットとしても高い人気。 幼い頃から手芸が好きだったキャシー中島は、ロサンゼルスで出会ったキルト作品に感銘を受け、すぐさま教本を手に取って学び始めたといいます。 17歳で、当時はまだ10数名しかいなかったモデルになり、ちやほやされてきたはずのキャシー中島ですが、今では、自ら経営するキルト教室の指導者としてだけではなく、アーティストとして、世界的な権威を誇るように。 キャシー中島のキルト教室では、このキャリアアップ術にも学ぶべきことがありそうです。 キャシー中島の次女・勝野雅奈美は現在妊娠中!ハワイアンキルトが繋ぐ家族の絆 キャシー中島の次女・勝野雅奈美は、1982年1月11日生まれの現在34歳。 1998年に、長女・勝野七奈美と共に芸能界デビューを果たし、女優だけではなく、フラダンサーとしても活躍中です。 なかなか結婚とは縁遠かった勝野雅奈美ですが、ウエディングキルトを制作して待ち望んだキャシー中島の願いかなって、2015年2月8日についに結婚。 その後も、フラダンスの海外公演など精力的に活動してきましたが、2016年現在は、第一子妊娠のため休業中です。 勝野雅奈美がハワイのフラダンスに興味を持つようになったのは、ハワイアンキルトに没頭していたキャシー中島の影響でした。 また、俳優の長男・勝野洋輔は、パリの刺繍学校に通い、キャシー中島のハワイアンキルト作品とコラボ制作することもしばしば。 キャシー中島が熱中してきたハワイアンキルトは、勝野七奈美が肺がんで他界して以降も、家族を繋ぐ固い絆となっていたのです。 キャシー中島「愛を綴るキルト展」絶賛開催中!パワフルな人生に自己プロデュース力あり! キャシー中島がハワイアンキルト作家になって、2017年で45周年を迎えます。 それに先駆け、2016年7月20日~8月1日には、日本橋高島屋で、「キャシー中島~愛を綴るキルト展」を開催。 これまでの代表作や、最新作、長男・勝野洋輔の作品を展示すると共に、彼女自身のパワフルな人生を写真や、エッセイなどを紹介しています。 1952年2月6日、ハワイ・マウイ島生まれのキャシー中島は、アメリカ軍人の父と日本人の母を持つハーフとして、日本に渡ってからは、例にもれず、好奇の目に晒されました。 思春期になると、派手な身なりで、横浜界隈を遊び回る不良少女に。 しかし、街で偶然会ったスタイリストに、「痩せれば売れる、モデルになれる」とスカウトされたのをきっかけに、20kgのダイエットを経て、モデルデビューを果たします。 キャシー中島が、突出した自己プロデュース能力を発揮するのはここから。 モデル事務所の電話番をして、「かわいい子がいる」と、自らを売り込み、たちまち人気モデルとなりました。 実はキャシー中島には、19歳の時に、モデル仲間との結婚を、短期間で破たんさせてしまった過去がありました。 テレビで見かけた現夫・勝野洋に、「こんな真面目な人と結婚したい!」とターゲットを絞ると、知人に出没スポットをリサーチ。 偶然を装って、運命を感じさせ、交際に漕ぎつけてから、1カ月で婚約発表させているのです。 まだ日本では一般的ではなかったハワイアンキルトにおいても、スケジュール調整がつかなかった勝野洋の代役として出演した「笑っていいとも」のテレフォンショッキングで徹底アピールし、それが今日の大成功の一端となりました。 今もなお、常に前向きな姿勢を忘れないキャシー中島。 若くして亡くなった長女・勝野七奈美にとっても、誇り高い母親でしょう。

次の

キャシー中島の病気は皮膚癌だった!長女・次女の娘や夫の今現在は?【徹子の部屋】

キャシー中島娘

プロフィール 名前:キャシー中島(きゃしーなかじま) 本名:勝野 八千代(かつの やちよ) 生年月日:1952年2月6日(65歳) 出身地:アメリカ・ハワイ 身長:165cm 血液型:B型 所属:株式会社スタジオ・ケイグループ ・1969年:モデルとしてデビューする。 ・1972年:「ぎんざNOW! 」に出演する。 ・1979年:俳優の勝野洋と結婚する。 長女の勝野奈七美を出産する。 ・1982年:次女の勝野雅奈恵を出産する。 ・1983年:勝野洋輔を出産する。 ・2016年:皮膚がんの手術を受ける。 キャシー中島の娘のななみの壮絶な闘病生活がヤバイ!? キャシー中島さんはハーフタレントとして様々な番組に出演していますよね。 若い頃からモデル、タレントとして活躍するなど人気でした。 そんなキャシー中島さんなのですが、娘のななみさんの闘病生活が話題になっているそうです。 では、キャシー中島さんの娘のななみさんの闘病生活とは、一体、どのような感じだったのでしょうか。 そこで調べてみると、2009年にキャシー中島さんの長女の七奈美さんが肺がんで亡くなっているそうです。 キャシー中島さんは1979年に俳優の勝野洋さんと結婚をしていて一男二女をもうけているのですが、七奈美さんは勝野洋さんとキャシー中島さんの長女でモデル、ジュエリーデザイナーとして活躍していたのだそうです。 そして、七奈美さんは2008年にヒップホップダンサーの猪田武さんと結婚をしたのですが、2009年の2月に咳が止まらないなどの体の不調を感じて病院で検査を受けたのだそうです。 ただ、その時は肺炎と診断をされたので海外に旅行に行くなどしていたのだとか。 スポンサーリンク しかし、一向に肺の調子が良くならないので鎌倉の病院で再検査をしたところ、肺がんが見つかってすぐに入院をしたそうです。 そんな七奈美さんが患った肺がんとは 「肺に発生する上皮細胞由来の悪性腫瘍。 」 (Wikipediaより) というものなのだとか そして、七奈美さんはそのまま肺がんの治療をしていたのですが、肺がんの中でも悪性ながんとして知られる小細胞がんだったので抗がん剤なども効かずにそれから4か月後の2009年の7月7日に亡くなってしまったのだそうです。 肺がんが見つかってからかなり早く亡くなってしまったのですが、手術が追い付かないほどがんの進行が早かったのだとか。 闘病中の七奈美さんの様子についてキャシー中島さんは 「浮かんでくるのは苦しむ表情だけ」 と語っているそうなのですが最期はのどの痛みがひどく、それを和らげるためにピオーネ1粒半を口にして亡くなってしまったのだそうです。 若い事もあってがんの進行が早くてどうすることもできなかったそうなのですが、キャシー中島さんの娘のななみさんの壮絶な闘病生活がヤバイですよね。 七奈美さんが亡くなった後にキャシー中島さんはキルト作品などを作ることに没頭して悲しみを乗り越えたそうなのですが、キャシー中島さんが作るキルト作品には七奈美さんへの鎮魂の想いも込められているのかもしれません。 スポンサーリンク キャシー中島の次女と旦那の驚きの馴れ初めとは!? キャシー中島さんは三人のお子さんがいることが知られていますよね。 長女の七奈美さんは亡くなってしまったのですが、家族四人で暮らしています。 そんなキャシー中島さんなのですが、次女と旦那さんの馴れ初めに注目が集まっているそうです。 では、キャシー中島さんの次女と旦那さんの馴れ初めとは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、キャシー中島さんの次女は勝野雅奈恵さんといい、女優、フラダンサーとして活動しているそうです。 そして、雅奈恵さんは2015年にスイス人の男性と結婚をしているのだとか。 雅奈恵さんの旦那さんはスイス人男性のリカルドさんなのですが、2013年に知人の紹介で知り合ったそうです。 二人はリカルドさんが日本を旅していた時に雅奈恵さんが声をかけて親しくなったと言われているのだとか。 そして、知り合いになった二人は、雅奈恵さんが留学をしているパリにリカルドさんが行って結婚を前提にプロポーズをして交際をスタートさせたのだそうです。 スポンサーリンク 2013年の7月にはリカルドさんが雅奈恵さんと共に父親の勝野洋さんとキャシー中島さんに会いに来たそうなのですが、リカルドさんは日本語で 「スイスからやってきた者です。 お嬢さんと真剣にお付き合いさせていただいています。 」 と挨拶をしたのだとか。 そんなリカルドさんに誠意を感じた勝野さんはリカルドさんと30秒も握手をして二人の交際と結婚を認めたそうなのですが、母親のキャシー中島さんもリカルドさんとの交際、結婚には賛成だったそうです。 キャシー中島さんがハーフなので雅奈恵さんはクォーターになるのですが、旦那のリカルドさんはスイス人ということでかなり国際色豊かなファミリーですよね。 雅奈恵さんはクォーターということに加えて海外留学をするなどしていたので、日本に来ていたリカルドさんともすぐに打ち解けることができたようなのですが、キャシー中島さんの次女と旦那さんの驚きの馴れ初めですよね。 さらに、リカルドさんはトムクルーズに似ているとも言われているそうなのですが、スイス人ということもあって整った顔立ちをしているのでそのように言われるのも納得ですよね。 そんな雅奈恵さんとリカルドさんの間には2016年に第一子が生まれているそうです。 なので、今後もキャシー中島さんは雅奈恵さんやリカルドさん、さらに生まれたばかりの赤ちゃんと一緒に家族仲良く暮らしていきそうです。 長女の奈七美さんが壮絶な闘病の末に肺がんで亡くなり、その闘病生活が話題になったキャシー中島さんなのですが、次女の雅奈恵さんは日本でスイス人のリカルドさんと知り合って結婚をするなどその馴れ初めも注目されていて、今後もそんなキャシー中島さんに注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

キャシー中島の昔が衝撃的!若い頃の美貌とナイスバディに釘付け

キャシー中島娘

これがきっかけで、女優の道はやめちゃったそうよ。 杉田さんもどうかとは思うけど(笑)他人に言われて辞めちゃうくらいだから、きっと自分でも薄々自覚があったのね。 キャシー中島が昔抱いていた将来の夢は「手芸屋さん」ひとり遊びが好きで芸能界なんて考えてなかった 10代からモデルとして芸能界で活躍していたという過去からすれば、小さい頃からモデルやタレントになるのが夢だったのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、キャシー中島さんは子供の頃、モデルやタレントとは全くかけ離れた夢を抱いていたのです。 小学4年のときには、手芸クラブに入っていました。 スウェーデン刺繍(ししゅう)なんかをやっていましたね。 小学校の卒業作文に書いた将来の夢も「手芸屋さん」。 モデルやタレントになるなんて、一切考えていませんでした。 これは意外ね。 そもそも何で手芸が好きになったのかしら。 米国人の父と日本人の母の間に生まれたハーフです。 しかし、5歳の時に離婚しました。 母子家庭で、 独り遊びをしている時間が圧倒的に長かったそうです。 独り遊びで待っているほか、なかったんですね。 その頃から小さなものを切って張って集めたり、針で縫ったりしていました。 父母が離婚した後には、横浜の石川町で育ち、10歳頃まで住んでいたのですが、近所にシャツを縫う内職をやっているおうちがあり、材木屋さんがあり、クリーニング屋さんがあり、といった感じで。 シャツの切れ端をもらったり、木目のきれいな材木の切れ端をもらったり。 だからそういう遊びができるものが、何となく家にあったんですね。 独りで遊んでいても、みんなに声をかけられて、地域で育った感じでした。 その当時はどこもそうだったんですよね。 だから寂しくはありませんでした。 手芸の才能は、幼少時代に身に着けたものだったのですね。 モデル・タレントを経て、一時芸能活動を休止、そして現在は一周まわってハワイアンキルトで大成功しています。 若い頃に本当に好きだったものがようやく開花したのですね。 ハーフが嫌で反抗期を迎えた若い頃のキャシー中島、何をしても注目される…どうにもならない周囲の目 心の中にモヤモヤするものが生まれたんですね。 何をしていても注目度が高いんです。 みんなと瞳の色が違うし、髪の毛の色も違うから。 目立つから、何をしても怒られて。 それに対して反発心が芽生えてきたんです。 母には「それはあなたが思うだけで、(ハーフであることは)持って生まれたものなんだから、素晴らしいことなのよ」と言われたんですが、実際にみんなの私に対する態度は違っていたんです。 それで母にも反発するようになって、同い年ぐらいの仲間と遊ぶようになったんです。 ただ、母のことは愛していましたので、学校にはちゃんと行くんですよ。 それでも学校から帰って、着替えて遊びに出ては、夜の11時や12時まで遊んでいましたね。 一般的な日本人の大人からすれば、ハーフというのは女性だったら美人だし、男性だったらカッコイイわけで、羨ましいと感じる人も多いかもしれません。 しかし、それが思春期時代となれば、当の本人は周囲と自分とのどうしようもない違いに悩まされる大きな原因になってしまうこともあります。 キャシー中島さんは昔、特に中学時代にこのことに悩まされていたようですね。 現代では、より容姿には寛容になってきましたが、 昔の時代の人は少しでも周りとちがうと除け者にしたり、イジメの対象にしたり、逸脱した他人に厳しかったはずです。 若い頃のキャシー中島さんは、そういった好奇の目に晒されることにも傷ついていたのでしょう。 横浜繁華街で遊ぶ日々、とある人物との出会い「あなた、もうちょっと痩せたらモデルで使いたいのね」 反抗期もあって、夜な夜な横浜に遊びに行っていたキャシー中島さん。 そんなキャシー中島さんに目を止め、話しかけてきた人物がいました。 それが 堀切ミロさんでした。 堀切ミロさん。 スタイリストの草分けのような方ですが、その人にスカウトされたんです。 「あなたさあ、かわいいのに。 もうちょっと痩せたらモデルで使いたいのね」と言われたのを今でもよく覚えています。 これがモデル業界へ入るきっかけ、そして芸能界への入り口でした。 まさに運命の出会いですね。 私は自分で言った言葉も鮮明に覚えているんですが、「モデルになったら、お金いくらもらえるんですか?」と聞いたんです。 「そうねえ、あなただったら月に3万から5万になるわ」と。 おそらく大卒の初任給が2万円か3万円ぐらいの時代だったと思います。 母が大変なのを知っていましたから、助けられたらいいなと思って、モデルの世界に入ったんです。 そこで、モデルになることを決意したキャシー中島さんは猛烈なダイエットを敢行します。 今では考えられませんが、昔はかなり大変な思いをしていたんですね。 本人いわく、今が本当の体型で、モデルの時の体型の方が無理して痩せていたから偽物なんだそうな(笑) 3ヶ月で20キロも落としたそうで、少し心配になるレベルのダイエットの仕方です。 食べないで、下剤を飲む。 そんなやり方をしていました。 若い10代という昔の時代だからこそできた方法かもしれませんね。 痩せられた段階で、再び堀切ミロさんに会いにいき「どうですか」と聞いたそうです。 そしたらOKが出て、モデルの仕事を振ってもらえるようになったのでした。 ちなみに、キャシー中島さんの現在の体型は、しっかりとふくよかになっております。 キャシー中島さんの公式ブログに 「昔とはすっかり変わってしまったけれど」という記事タイトルで、投稿されていたのを見かけました(笑) 笑いに変えていく姿勢がとってもチャーミングですよね!w 若い頃はボーカルグループ「カサノバ7」に参画していたキャシー中島! 歌手としての活動も、行ってきました。 イタリア人男性5人と日本人女性2人の7人組グループ、カサノヴァ7 セッテ。 バックコーラスとそのソフトな演奏が、イタリアの雰囲気を醸し出すポップな演歌調歌謡曲。 編曲のブルーノ・ダラポッサは、ヒデとロザンナのロザンナ・ザンボンの叔父。 メンバーのなかにロザンナの兄のフラビアーノ・ザンボンも在籍していたらしい。 二人の女性のうち、ひとりは若き日のキャシー中島。 ただしレコーディングには参加していなかったよう。 セルフプロデュースが上手だったのと、明るい性格で一緒に仕事をする人たちにもどんどん覚えてもらって、そんな中でどんどん売れだしたキャシー中島さん。 キャシー中島がキルトに出会ったのは約40年も昔のことだった モデル時代の後半に、現在に続くパッチワーク・キルトに出会いました。 昔のこの出会いが今のキャシー中島さんにつながっているんですね。 モデル時代の終わり頃に、仕事でロサンゼルスに行ったときに出合ったんです。 もともと子供の頃から大好きな世界でしたから、夢中になって。 作り方の本と、生地と、ちょっとした縫い方も教わって帰ってきました。 ただモデル時代には、今ほどモデルさんがいなくて。 名前のある人は10人か15人ぐらいだったかな。 だから1日3~4本も平気で掛け持ちするんです。 赤坂スタジオに行って、青山スタジオに寄って、広尾スタジオで終わりとか。 化粧も毎回してもらうので、いつもスッピン。 Tシャツ、ジーンズ姿で、靴だけは自前だったので大きなかばんに靴をいっぱい入れて駆け回っていました。 現場でも待ち時間がなくて。 メークをしてもらったらすぐに撮影。 だから大好きな手芸やキルトをする時間はモデル時代はほとんどなかったんです。 まあ青春なので、デートする時間だけは確保していたんですけどね(笑)。 「キャシーと仕事すると楽しいよね」と言われるようになり、モデル界も戦いが厳しくなってきたということもあいまって、20歳の時にタレントに転身しました。 そして、ついに大型番組の司会に抜擢。 それが『ぎんざNOW! 』でした。 しかし、この初代アシスタントという超おいしい話も、3ヶ月で降板になります。 エメロンシャンプーのCMにオーディションで合格し、そっちの仕事がやりたいってことで辞めちゃったんですよね。 すごいな(笑) 1年かけて世界中で撮影する、というものだったので両立ができないってことだったんですが、なかなかの決断力です。 しかも、この撮影が終わって帰ってきたときには、番組プロデューサーに挨拶しにいって「また番組やりたいです」とか平気で言っちゃったそうなので(笑) そういう天真爛漫さが芸能界で生き延びられた大きな理由のひとつかもしれません。 キャシー中島と勝野洋が再婚した昔の話!専業主婦として芸能活動休止|手芸本は60冊出版 26歳の終わりでもあり、そろそろ結婚しようかな、という思いがありました。 実は19歳のときに、モデル仲間と1度結婚しています。 ただ本当に短い結婚生活で、「同棲(どうせい)だけでよかったのになんで籍入れちゃったの?」とみんなに言われるような結婚でした。 なので2度目は失敗したくない。 できれば長く一緒にいられる人と、と思って。 そんなときに、たまたまテレビを見ていたら、そこに勝野さんが出ていて。 こういう真面目な人と結婚したらいいんじゃないかと思って、結婚することを決めたんです。 さらっといってますけど、テレビで見かけた勝野さんと勝手に結婚することを決めているあたり、超すごいですよね(笑) しかも、このあとなんだかんだで超戦略的に勝野さんを落としているので、先天的にキャシー中島さんって賢いんだなと感じました。 それから知り合いや友達に、「勝野洋、知らない?」と聞いて回りました。 何人かが、勝野さんがよく行く店を知っていて。 私の親友、清水クーコさん(故人)と一緒にその店で張ってて。 最初に会ったのは10月。 すごく酔っ払ってて。 それから一緒に飲むようになって、12月に「うちにかわいいネコがいるから、来ない?」と言ったら「行くよ」と。 12月4日に付き合い始めて、婚約発表が年明けの1月11日でした。 あんまり考えるスキを与えるのもまずいかなと思って(笑)。 実は年末に勝野さんが、小野寺昭さんや石原裕次郎さんらと一緒にハワイに行くと言っていたので、旅行代理店の友達に電話して、ハワイ行きのチケットを取ってもらいました。 (当時、リポーターで出演していた)「独占!女の60分」の年内最後の放送が終わってから、勝野さんに「偶然なんだけど、私もハワイに行くの」と連絡しました。 「え? 前から決まってたの?」と聞かれたから「そうよ、ほんとにびっくりしちゃうよね」と言って、ハワイで会ったんです。 そうしたら「こんなに偶然が重なるなら、この女かな」と思って、結婚しようと決めたんですって。 女はそのぐらいでいいんです、幸せになるためなら、たくらんでいいんです(笑) 欲しいものを貪欲に手に入れようとする姿勢は見習いたいわね。 40年間でキルトの書籍はなんと60冊も出版してしまうなど、アウトプットの物量が圧倒的ですね。 最初は「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」に、勝野にお話が来たんですよ。 だけどスケジュールがつかなくて、「じゃあキャシーさん、出てよ」ということになって。 全然テレビに出ていないと言ったら、タモリさんも「いいじゃん!」って。 自分の宣伝もしていいと言うので「これがアメリカンパッチワークというキルトですよ」とキルトの宣伝もしたんです。 そうしたら急にまたテレビのお話が来るようになって。 それが縁で小堺一機さんの「ライオンのいただきます」にレギュラーで出るようになりました。 ただ、当時は長男が幼稚園だったので、お昼の番組なら幼稚園が終わるまでに帰れると引き受けました。 どんなに遅くても4時には帰れると。 復帰の話が来ても、しっかり自分の幸せとのバランスを取っているんですね。 生き方が上手だなと思わされます。 キャシー中島さんの昔の経歴から、現在の成功に至るまでの歴史をまとめてみました。 きちんと自分で決断し、行動してきた大人ってカッコイイですよね!.

次の