ありがとう ござい ます 敬語。 「どういたしまして」はNG?「ありがとう」への敬語マナー

感謝を伝える敬語表現|メールで感謝を伝える敬語例文・フレーズ

ありがとう ござい ます 敬語

「心配してくれてありがとう」を尊敬語で言うと「ご心配くださりありがとうございます」となります。 「ご心配くださり」は「相手が心配してくれていること」という動作に敬意を表していますので、尊敬語となります。 敬語は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類あります。 「尊敬語」とは、相手や相手の動作に対して敬意を表す言い方です。 一方「謙譲語」とは、自分や自分の動作をへりくだることで相手に敬意を表す言い方です。 謙譲語の場合は「ご心配いただき」となります。 「相手に心配をしていただいている」という自分の動作をへりくだることで相手に敬意を表す言い方です。 どちらも相手に対する敬意を表し、使い方としては間違っていませんが、相手の動作に敬意を表すことに重点を置くという意味では「心配してくださり」を使うほうが無難とも言われます。 心配をしてもらっていたけど、自分の状況が解決に向かい、心配をしてくれたこと自体にお礼を伝えたいときがあります。 そんなときの「心配してくれてありがとう」の尊敬語の例文として、「ご心配くださりありがとうございました」「ご心配くださりましたこと感謝いたします」などです。 ありがとうございます、から、ありがとうございました、と過去形になっていることから大丈夫になったことが伝わりやすくなります。 謙譲語を使った例文は「ご心配いただきありがとうございました」「ご心配いただきましたこと感謝いたします」などです。 また、上記いずれの例文も心配事が解決していてもしていなくても使える表現でもあります。 まだ解決はしていないけれど、一旦相手が自分に対し心配をしてくれたことに感謝を伝えることが大切です。 では、あなたが実際に何かの心配事の真っ最中なときに気遣って言葉をかけてくれた目上の人への「心配してくれてありがとう」と伝える言い回しはどうでしょうか。 心配事の最中ですので、そのまま相手の気持ちに対しシンプルに感謝を伝えるのが良いでしょう。 「心配してくれてありがとう」を、尊敬語では「ご心配くださりありがとうございます」謙譲語では「ご心配いただきありがとうございます」。 「ご心配いただき恐縮です」「ご心配いただき恐縮いたしております」などは「心配をかけたことに申し訳ない」という意味合いを持っています。 「恐縮です」は、謙譲語ではありませんが、謙遜を表す堅い表現になっており、ビジネスのシーンなどで目上の人に対して使います。 目上の人が心配してくれたときに「心配してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝える敬語表現で「心配してくれて」を、尊敬語で「心配してくださり」、謙譲語で「心配していただき」のほかにも「心遣い」という言葉があります。 「心遣い」は敬語の種類は尊敬語で、接頭語に「お」をつけて丁寧な表現にしています。 相手の気持ちに寄り添い思いやる事なので、コミュニケーションの中で自分に向けて配慮や心配りを向けてくれたことへの感謝を伝えます。 「心配してくれてありがとう」の「お心遣い」を使う例文として「お心遣いありがとうございます」お心遣いくださり(いただき)ありがとうございます」「お心遣いに感謝いたします」などあり、身に付けておくと便利です。 あなたが病気やケガで職場を休んだり、体調悪いことを知って配慮してくれた相手へ「心配してくれてありがとう」と感謝の気持ち伝える場合、 「ご心配くださり(いただき)ありがとうございます」の他に「ご配慮くださり(いただき)ありがとうございます」があります。 「配慮」は相手が自分に対して心をくばってくれることに対する敬意を表します。 また、病気やケガを克服した後、あなたの体調を配慮してくれた相手へ「心配してくれてありがとう」と伝える場合、「ご心配くださり(いただき)誠にありがとうございました」「ご配慮くださり(いただき)ありがとうございます」などが相応しい表現でしょう。 「配慮」は「気配り」「心遣い」と同じような意味ですが、「配慮」のほうがビジネス文書や、論文などで使いやすい言葉です。

次の

「大変ありがとうございます」の意味と使い方・敬語・ビジネス

ありがとう ござい ます 敬語

「ありがとうございます」は、感謝の気持ちを述べる「ありがとう」と「ある」の丁寧語の「ございます」が組み合わさった丁寧語です。 「ございます」をさらに分解すると尊敬語の「ござる」と助動詞の「ます」を付けた言葉です。 そのため「ありがとうございます」も尊敬語としても使用されます。 「ありがとうございます」単独だと目上の人に使う尊敬語としては、物足りないので「ありがとうございます」の前に他の語を加えて尊敬語として使用されます。 最上級の表現は? 「ありがとうございます」の敬語表現で最上級の表現は「誠にありがとうございます」です。 「誠に」は、心底からという意味で「誠にありがとうございます」は、「心底からありがとうございます」という意味の敬語で上司や尊敬する人に使用する敬語です。 同じ意味でも、「まことにありがとうございます」とひらがなで表現するのは、少しくだけた敬語で親しい方の礼状に向いています。 「ありがとうございます」の敬語での使い方は? 「ありがとうございます」の敬語の使い方は、相手のしてもらった好意に対して感謝し、御礼を述べる言葉なので、言葉だけでなく体全体で感謝の気持ちを告げることが大事です。 とびきりの笑顔で感謝の気持ちを表しましょう。 メールでの使い方は? メールでの「ありがとうございました」の敬語の使い方も、相手にしてもらった好意に対して感謝し、御礼を述べる文章になります。 メールでは、御礼を述べる文章以外に「いつもありがとうございます」のように挨拶文としても使用します。 また、ビジネスメールでは、「どうもありがとうございます」や「本当にありがとうございます」「大変ありがとうございます」の表現は、軽い感じになってしまうので使用しないほうがいいでしょう。 ビジネスでは? ビジネスにおいて「ありがとうございます」の敬語は、重要な役割を果たしています。 相手に何かをしてもらったときに、自然に笑顔で「ありがとうございます」がいえる人は、他の人から信頼されやすいです。 ビジネスでの「ありがとうございます」の使い方として、仕事などで相手に配慮してもらったときに「ご配慮ありがとうございます」、スケジュールなどを調整してもらったときに「ご調整ありがとうございます」、相手に教えてもらったとき、「ご教示ありがとうございます」などのように「ありがとうございます」の前に何についてありがとうございますかを述べます。 また、日常会話で「どうもありがとうございます」を「どうも」だけで使ってしまう人をよく見かけますが、「どうも」だけでは、正しい敬語でも日本語でもないので特にビジネスでは、使わないように気をつけましょう。 「ありがとうございます」を敬語表現するときの例文は? 返信では? 「返信ありがとうございます」は、メールや手紙を送った内容について返信してくれた相手に対して、感謝の気持ちを伝えて御礼を述べます。 ・返信ありがとうございます。 お会いできるのを楽しみにしています。 ・連絡お待ちしていました。 ご返信ありがとうございます。 ・返信ありがとうございます。 明日の18時で承知しました。 こちらこそ楽しみにしています。 わざわざでは? 「わざわざありがとうございます」は、普通ならそこまでしない状況で、特別にやってもらったときに、相手に感謝の気持ちを込めて御礼を述べます。 ・よくぞ遠いところご足労いただきました。 わざわざありがとうございます。 ・わざわざ重い荷物をお運びいただき誠にありがとうございます。 助言では? 「助言ありがとうございます」は、助言してもらったときに相手に感謝の気持ちを込めて御礼を述べます。 ・助言ありがとうございます。 おかげでうまくいきました。 ・助言ありがとうございます。 わたしには思い浮かばない発想でした。 ・助言ありがとうございます。 参考にいたします。 応援では? 「応援ありがとうございます」は、さまざまな形での応援に対して、感謝の気持ちを込めて御礼の言葉を述べます。 ・応援ありがとうございます。 これから国民のために尽力していきたいと思います。 ・応援ありがとうございます。 皆様の応援する声が力を与えてくれました。 ・応援ありがとうございます。 力及ばず負けましたが悔いはありません。 お気遣いでは? 「お気遣いありがとうございます」は、気遣ってくれた相手に対して、感謝の気持ちを込めて御礼の言葉を述べます。 ・お気遣いありがとうございます。 とてもうれしいです。 ・お気遣いありがとうございます。 いい買い物ができました。 ・お気遣いありがとうございます。 また買いにきます。 回答では? 「回答ありがとうございます」は、回答してもらった相手に対して、感謝の気持ちを込めて御礼の言葉を述べます。 ・回答ありがとうございます。 早速実行にかかります。 ・回答ありがとうございます。 これでやっと解決の糸口が見えました。 ・回答ありがとうございます。 この方法は全く頭になく、目から鱗でした。 お心遣いでは? 「お心遣いありがとうございます」は、思いやりを示してくれた相手に対して、感謝の気持ちを込めて御礼の言葉を述べます。 「お心遣い」と「お気遣い」の違いは、「お心遣い」が「相手が自分に思いやりのある行為をしてくれること」で「お気遣い」は、「相手が自分に配慮や心配をしてくれること」です。 ・お心遣いありがとうございます。 とてもうれしいです。 ・お心遣いありがとうございます。 おかげで少し持ち直しました。 ・お心遣いありがとうございます。 涙が出そうです。 「ありがとうございます」の別の敬語表現例は? 「ありがとうございます」は、感謝の気持ちを込めて相手に伝える最良の言葉です。 相手に「ありがとうございます」といわれたら、誰も悪い気持ちはしないでしょう。 しかし、実際に相手にいうときは、慣れていないとなかなか素直に口に出しにくい言葉です。 また、「ありがとうございます」を使うときは、表情や態度で感謝を表すことも大事です。 態度が悪かったり、表情が暗かったりするとせっかくの感謝の気持ちも相手に十分伝えることはありません。 微笑み方や頭を下げる角度まで鏡などを見ながら日頃から練習しておくといいでしょう。 「ありがとうございます」が体にしみこんで、相手に好意をうけたとき自然に出るようになれば、ビジネスにも役立つでしょう。

次の

読んでくれてありがとうの敬語表現は?お読み頂き/いただきまして

ありがとう ござい ます 敬語

もとになる語「報告」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「ご報告いただく」という敬語になります。 したがって意味は「報告してもらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「報告してもらい、ありがとう」• ご報告いただき =「報告してもらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご報告いただきありがとうございます」の意味は… 「報告してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご報告いただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「ご報告いただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「ご報告いただく」であれば「(上司なり目上に)報告してもらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「報告していただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「報告してもらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「ご報告 賜りありがとうございます」• 「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語ですが、よりカチッとした言い回しは「賜る」のほうです。 とくにビジネス文書や手紙・公式な挨拶シーンで使われることの多い敬語フレーズ。 丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 ご報告+恐縮(申し訳なく思うこと) 「ご報告いただき誠に恐縮です」 「ご報告いただきまして誠に恐縮でございます」 「ご報告くださいまして誠に恐縮でございます」• ご報告+恐れ入る(申し訳なく思う) 「ご報告いただき大変恐れ入ります」 「ご報告いただきまして誠に恐れ入ります」 「ご報告くださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「ご報告」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「ご報告いただき感謝申し上げます」• 例文「ご報告頂きお礼申し上げます」• 例文「ご報告頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「ご報告」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご報告いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご報告いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご報告〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 人事部・ノマドです。 ご報告いただきありがとうございます。 貴部署の状況につき理解いたしました。 今後、部員の申請と実態に乖離のないよう周知徹底をお願い致します。 お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。 (株)転職・ノマドでございます。 早々にご報告いただき誠にありがとうございます。 発生要因・防止策などにつき承知いたしました。 一点お願いですが、今回の報告書を生産部にも共有いたしたく、書類にご署名いただいた上で送付いただければと存じます。 たびたび恐れ入りますが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「ご報告」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご報告いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご報告いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご報告〜」• 「 ご報告いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご報告くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 ご報告いただきありがとうございます 意味は「報告して もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 ご報告くださいましてありがとうございます 意味は「報告して くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご報告いただく=報告していただく」なのか「ご報告くださる=報告してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご報告いただきありがとうございます」「 ご報告くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「ご報告いただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の