ペッパー カフェ。 未来のロボットカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」をアンドロイドのSAORIさんが体験

【カフェ】ホットペッパーが選ぶ「岸和田」で人気のお店ベスト7

ペッパー カフェ

カフェの席にもペッパーが設置されており、雑談や占いゲームなどを楽しめる カフェの席にもペッパーが設置されている。 来店者と気軽に会話をしたり、占いゲームをしたりするなど接客業務も担う。 店舗の清掃にもロボットを活用する。 ソフトバンクロボティクスが発売する床清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を使い、閉店後に決められた店内のルートを自動清掃する。 直営店舗の出店の狙いについてソフトバンクロボティクスの蓮実一隆取締役は「パートナー企業に頼らず、自ら店舗を運営してノウハウを積むことで、企業がロボットに求める機能を提案できるようにするためだ」と語る。 2014年のペッパー販売開始から早5年が過ぎた。 当初は物珍しさから企業はこぞって導入した。 しかしロボットが珍しくなくなった今、経営に真に役立つ能力が求められている。 ペッパーなど同社のロボットの出荷台数は非公表だが、現在3千~3500社が利用しているという。 今回カフェ向けに、ペッパーの会話機能にも改良を加えている。 「これまでのペッパーは落語のような面白い会話をする能力を重視していた。 今回はカフェで雑談するような能力を重視し、素早くリアクションできるようにしている」(蓮実取締役)。 同店舗には同社が開発する新たなロボットも先行投入し、実際の環境のなかで磨きをかけていく考えだ。 蓮実取締役は「注文した商品の運搬やゴミ捨て、教育など店舗内でロボットが役に立つ場面はたくさんある。 ここで得たノウハウを企業向けに提供していきたい」と話す。

次の

GRAND lodge CAFE&RESTAURANT(八尾/その他グルメ)<ネット予約可>

ペッパー カフェ

テーブルに来てくれる相席Pepper 東急プラザ渋谷は、「大人を楽しめる渋谷へ」をコンセプトに、都会的な成熟した大人たちをターゲットにした商業施設だ。 ブランディングプロデューサーの柴田陽子氏は、「成熟した大人が、『日本はこれからこういうふうになるのか』とわくわくした気持ちになっていただけるような憩いの場を考えた。 そんなときに思い出したのが、強烈に焼き付いていた、孫さんとPepperの記者会見の様子。 人にとって一番脅威なのは孤独。 変わらない孤独をロボットが癒やせる可能性がとても高い、そこを信じたいという話だった記憶。 そうしてソフトバンクロボティクスを訪ねたのが2年前」をオファーを出したきっかけを明かした。 「孫と一緒に来て、あなたが大人になる頃にはもっと進化しているんじゃないの?という未来の話をしながら過ごしてもらえれば」(柴田氏) もう1台新たなロボットも登場予定 現在のPepper、NAO、Whizのほかにもう1台新たなロボットが登場予定という。 まもなく、もう1台新たなロボットが登場予定 Pepper PARLORのオープンに合わせ、12月5~8日の4日間限定でオープン記念フェアを実施。 また、カフェではビームス創造研究所とコラボレーションしたPepper PARLORオリジナルグッズも販売する。 Tシャツ(3500円)、マグカップ(3600円)などのほか、店でも使用しているミカフェートが厳選したコーヒー豆(1950円)、「ミュゼ・ドゥ・ショコラテオブロマ」とPepper PARLORがコラボしたチョコレート(900円)などがラインアップする。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

Lappalainen ソルト&ペッパー

ペッパー カフェ

「Pepper」が最初から最後まで接客! 東急プラザ渋谷内にオープンした「Pepper PARLOR」は、5階に位置します。 フロアの真ん中に大きなスペースがあり、広々とした開放感のあるスペースです。 訪れた日は土曜日でしたので、お客さんも多く来ていました。 「Pepperくんに相席してもらいたい」と言うことをスタッフの方に伝えると、「相席Pepper Pass」と言う整理券を発行してくれます。 Pepperくんと過ごす時間は決まっており、1時間半までの様子。 整理券に書かれた集合時間になったらお店へ。 時間になってお店に戻ったら、まずはフードやドリンクの注文をします。 ずらっとPepperくんが並んだカウンターで注文です。 最初からPepperくんが接客してくれるんですね。 面白いです。 Pepperくんの指示に従いながら注文していきます。 可愛く案内してくれるので安心ですよ。 注文は先払いで、クレジットカードが使えました。 とても簡単です! ささっと注文を終えたら席へ向かいます。 今回は3人の利用で、ワッフルやコーヒーなどを注文しました。 「Pepper」くんに接客されながら、本格的なワッフルを 案内された席に向かうと、テーブルの前にPepperくんが待っていました。 こっちを見ています(笑)ロボットが相席してくれるってどんな感じなのかドキドキですね。 Pepperくんから挨拶してくれましたよ。 席に着くと、Pepperくんからいろんな遊びを提案されます。 操作は胸にあるタブレットを使って行います。 ゲームをしたりクイズをしたり。 料理が届くまでの間、たくさん遊ぶことができますよ。 実はお店には他にもロボットがいて、料理を配膳してくれるロボットもいます。 上手にテーブルなどを避けながら料理を運んでくれるんです!すごい頭がいい!! 早速料理が届きました。 お店では世界の国々をイメージしたワッフルやドリンクなど、オリジナリティ溢れるメニューが揃っており、かなり本格的です。 正直フードやドリンクには期待をしていなかったのですが、期待以上の美味しさです。 今回注文したのは、「自家製ピーナッツバターとバナナのキャラメリゼ」(1,480円・税抜)と「洋梨 メープルクリームチーズ」(1,580円・税抜)。 ティータイムに行ったのでスイーツワッフルにしましたが、他にも「イベリコハムと目玉焼きスペイン風パプリカのトマト煮」(1,580円・税抜)や、「和牛のローストビーフとクリスピーオニオン」(2,200円・税抜)などの食事系メニューも豊富です。 お店にはお一人様でも気軽に使えるソファー席などもあるので、女性のお一人ランチなどにも良さそうですよ。 実際、一人でお食事されている方も多かったです。 「Pepper」くんに癒される! 今回Pepperくんと相席してびっくりしたのは、私たちの会話に自然に入ってくること!ちゃんと話を聞いて相槌をしてきた時は、本当に驚きました。 とても楽しい時間を過ごせたので、Pepperくんと相席して癒されてくださいね。 店内にはオリジナルグッズなども販売しているそうなので、東京土産にも良さそうです。

次の