ワン イシュー 意味。 「イシュー」の意味は課題?類語、英語、「タスク」との違いも

「イシュー」の意味と用法を徹底解説!どんな仕事にも「イシュー」は存在する!?

ワン イシュー 意味

「イシュー」の意味とは 「イシュー」とは「課題」「問題」「論争点」などを意味する英語「issue」から来たビジネス用語。 ビジネス用語として使う「イシュー」には、「論じ、考えるべきテーマ」という意味があります。 ビジネスには多かれ少なかれ問題や失敗がつきものです。 ビジネスでの失敗を払しょくし、成功させるために「イシュー」という概念が非常に重要です。 なんとなく理解しているようでも、実は正しい意味をわからずに使っている場合もあるビジネス用語。 「イシュー」には、ビジネスを成功させるうえでの深い意味が込められています。 本当の意味がわかっていないと、大きな失敗に発展する可能性も。 「イシュー」の意味や使い方を理解するために、例文を交えてわかりやすく解説します。 「イシュー」も「プロブレム」も「問題」と訳せますが、ニュアンスや使い方は異なります。 「プロブレム」は直接的に害のある問題として使用され、「イシュー」は向上する余地がある問題を意味しています。 たとえば、水道管に亀裂が見つかり破裂しそうだから直さなければならないという問題は「プロブレム」、水道管をより長持ちさせるためにはどうすればいいのかという問題は「イシュー」であると考えることができます。 営業方針を定める社内ミーティングの場面などで「イシューを特定する」と、いった使い方をすることがあります。

次の

「アジェンダ」と「レジュメ」の意味とそれぞれの違い

ワン イシュー 意味

イシューの意味とは? イシューの本来の意味は問題や論争点などのこと イシューの本来の意味は、問題や論争点などのことです。 このイシューという言葉は、元々は英語であり、「issue」と書きます。 この単語は英語では、問題や論争点といった意味に限らず、多様な意味合いを持ちます。 まず、英語におけるイシューは、出版や発行などを意味しています。 また、幅広く放出や排出といった意味があります。 実はissueという単語は、由来は「外に出されたもの」です。 このことから、むしろ問題や論争点といった意味の方が、派生的意味であることがわかるのではないでしょうか。 しかし、日本語に採用される際には、そちらの方になりました。 現実には日本語の文脈でも、発行されたものという意味でイシューが使われる場合にも、たまにはあります。 ただ、どちらかといえば、問題や論争点の意味で使われる方が、日本では多いようです。 ちなみに、英語ではissueは動詞にもなります。 「出版する」「発行する」くらいの意味です。 ビジネスの文脈でのイシューとは論じ考えるべき事柄のこと ビジネスの文脈でのイシューとは、論じ考えるべき事柄のことを指します。 最近のビジネスの場では、クリティカル・シンキングが重要視されます。 ここで、クリティカル・シンキングについて取り上げます。 これは、ビジネスの場で要求されている論理思考力のことであり、問題解決の力です。 クリティカル・シンキングはこのため、ロジカル・シンキングとも呼ばれますが、ココでのイシューは「論議されるべき課題」と解釈すれば良いでしょう。 このため、「まずはイシューの特定から」という言い回しが、仕事の場ではよくされます。 つまり、問題解決のための議論が要求されます。 問題点を見つけ出し、その解決のために他者とかかわって解決へ導いていくことが、ビジネスの場面では必要になります。 このために、適切にイシューを設定することは、職場で求められる能力の一つです。 日本語には訳し切れない、イシューという概念が、企業の社員にとって重要になります。 同じ課題・問題の意味でもプロブレムとタスクとイシューとでは違う 同じ課題・問題の意味ですが、プロブレムとタスクとイシューとでは違います。 では、プロブレムという単語について説明します。 プロブレムという言葉も、ビジネスの用語として使われます。 それで、プロブレムの場合は問題の中でも、具体的な損害を企業にもたらす問題のことを指しています。 例えるなら、企業の生産する商品に不良品があることを指摘されて、なるべく早めに回収して謝罪するということが、プロブレムに当たります。 一方のイシューは、解決することで向上につながる問題のことを指します。 例えば、ライバル企業の商品と機能で差別化したいという問題がイシューです。 ここで、イシューとタスクの違いについて解説します。 イシューが解決しなければならない問題のことであり、タスクは与えられた課題を意味します。 そもそもタスクとは、「責務」という意味合いがあります。 タスクは個人に対して使われやすく、イシューは物事や企業の文脈での使用が多めです。 ワンイシューの意味は、単一のイシュー、つまり問題や課題です。 よく見かける漢字の類語としては、「単一争点」があげられます。 それから、ワンイシューはしばしば、シングルイシューとも表現されることもあります。 ワンイシューの使い方ですが、政治の文脈で使われることが非常に多いのです。 このため、ワンイシュー政党、ワンイシュー議員という言葉が出てきます。 つまり、単一争点を掲げる政党や単一争点で選挙に当選した議員という意味です。 このワンイシューは、政治の場面での評価は様々です。 このために、ワンイシューの例文として「ワンイシューではもう済まされない」といったものがあげられます。 また、「ワンイシューの政治で良いのか」という例文もあります。 ここからもわかりますように、ワンイシューは名詞として使われるのが常です。 シングルイシューも同様の使い方です。 ライツイシューとは、イシューの中でも耳慣れないものの一つですが、株主にとっては問題になるものです。 これは、新株予約権の無償割り当てのことです。 ライツの意味は権利ですが、ここでは新株予約権の意味です。 それから、ここでのイシューは、問題ではなく発行ですが、その発行の具体的意味は、無償の割り当てです。 よって、ライツイシューが新株予約権無償割り当てになります。 別名はライツ・オファリングなのがライツイシューです。 株の文脈で、名詞として使われているのが基本的な使い方です。 ライツイシューの例文としては、「ライツイシューの影響で株価が下がった」というようになります。 話が少しそれますが、株といえば、GMOクリック証券があげられますが、手数料値上げなどの情報についての記事があります。 株主優待についての解説もありますので、併せてご覧ください。 クリティカルイシューの意味は、最重要課題になります。 このクリティカルイシューは、課題の重要度を示す使い方がされます。 ここでの「クリティカル」とは、批判的ではなく、「決定的な」という意味です。 また、仕事の場面でクリティカルイシューといえば、企画の進行を揺るがすような重要な課題を指しての使い方もあります。 つまり、クリティカルイシューという単語は、最優先されるべき問題を意味しています。 ここからは、クリティカルイシューを使った例文を取り上げていこうと思います。 例えば、「システムの運用がクリティカルイシューとなって、プロジェクトが水の泡になってしまった」という具合で使われます。 クリティカルイシューを、痛恨の一撃に例える人もいます。 それだけ、クリティカルイシューを的確に見つけて解決することは、仕事の上で重要な要素なのです。 先述の通り、英語のissueは名詞としての使い方の他に、動詞としての使い方もあります。 例えば、「issue magazines」で雑誌を発行するという意味になって、本来の意味です。 ここから、課題や問題という意味でのissueの例文を紹介します。 「the issue of great importance」で、極めて重要な問題という意味になります。 また、枝葉の問題を英語でどう言うのか気になるかもしれませんが、「side issue」と表現します。 ここで、「This issue hangs on a hair」という例文もありますが、これで危機一髪の意味になるのです。 また、発行の名詞のissueの例文を紹介します。 「to be continued next issue」で「続きは次号で」という意味になります。 このissuesは複数形で、まずは課題や問題の名詞としての使い方です。 「The project finished with no issues」は、その企画は無事に終わった、です。 また、「I am interested in consumer issues」で、私は消費者問題に関心があります、の意味です。 次に、「the job which is concerned with financial issues」で、経済に関係する職業を意味します。 ここで、issuesが発行の名詞として使われている例文を取り上げます。 「Issues in circulation were 9000」で、発行部数は9000だった、の意味になります。 このように、issueという単語は、英語の場合には多様な文脈で使われています。 あらゆる仕事の場で、フィートバックが行われる機会は多いことでしょう。 ここで、フィードバックの意味について解説します。 ビジネスの場の、部下と上司の間のフィードバックとは、仕事の評価を伝えて返すことを示しています。 本来フィードバックとは、ITの用語でした。 これは、出力されたものの修正のために、送り返す行為のことです。 ここから転じて、一般企業でも仕事の成果を評価して何らかの形で反映させることを意味するようになりました。 現在の職場では、社員の訓練としてフィードバックは一般的です。 職場において改善すべきことといえば、効率性も忘れてはいけません。 業務の効率化のための方法について、まとめている記事があります。 効率性を上げることで、生産性の向上につながった例もあります。 職場に取り入れないともったいない事柄ですので、併せてご覧ください。 ニーズについては、需要を意味するビジネス用語としておなじみです。 ところで、このニーズには顕在ニーズと潜在ニーズとが存在する、ということをご存知でしたか?よって今回は、顕在ニーズと潜在ニーズの違いを説明していきます。 顕在ニーズというものは、顧客自身がはっきりと自覚できる、商品やサービスに対する需要です。 例えば美容産業に対する顕在ニーズは、「きれいになりたい」です。 一方の潜在ニーズは、顧客が無自覚な需要のことです。 この「きれいになりたい」に対して、「自信をつけたい、褒められたい」です。 サービス業の世界では、顕在ニーズから潜在ニーズを引き出すことが重要視されています。 客の顕在ニーズを聞いた時に、それはなぜかと質問して、潜在ニーズに徐々に迫っていくことです。 ちなみに、ここでニーズの理由を聞く際には、なるべく丁寧な言葉遣いを心がけることが推奨されます。 ビジネスにおいてイシューを把握することは重要なこと ビジネスに携わる人にとって、イシューを把握することは極めて大事なことです。 その中でも、最優先のイシューを上手に見つけ出すことができれば、優秀な人材です。 このために、イシューを見つける技術を磨くことが推奨できます。 また、仕事のイシューとは、他人の関係において解決されるものです。 コミュニケーションの能力が高ければ、職業上のイシューも解決しやすくなりますので、コミュニケーション能力の向上を目指せばなお良いでしょう。

次の

「イシュー」の意味とは? 正しい使い方を知ろう【スグ使えるビジネス用語集】

ワン イシュー 意味

「イシュー」の使い方 「イシュー」は主にビジネスや経営などによく使われています。 ビジネスにおいて、課題点や議題など考えるべきテーマを「イシュー」と指します。 また、イシューの中でも特に重要度の高いものを「 クリティカルイシュー」と言います。 重要な課題や問題点、また重要である案件のことを指す場合もあります。 また、ビジネス手法のひとつである「 クリティカルシンキング」においても、イシューが重要となっています。 「クリティカルシンキング」における「イシュー」は、ただの「論点、課題」ではなく「何についてどう考え、論じるか」といったものを指します。 このクリティカルシンキングは「批判的思考」と言われています。 ビジネスにおいて「最善かつ最適である」ようにするために、現在の状態や情報などを「それは果たして本当に正しいのか?」疑問を持って考察をし結論を出すことです。 その他、「イシュー」の詳しい使い方は下記の例文を参考にしてください。 「イシュー」と「タスク」の違い 「イシュー」は、「課題、問題点、議題」 「タスク」は、「一定の期間内に成すべき仕事、課題、職務」 同じ「課題」といった意味がありますが、 「イシュー」は 解決すべき課題であるのに対して、 「タスク」は 与えられた課題のことを言います。 「イシュー」は「論点、議題」といった意味を持ち、「タスク」は「任務、職務」といった意味を持っています。 どちらもビジネスで使いますが、「イシュー」は主に会社全体やプロジェクト、商品など物事に対して用いられており「タスク」は主に自分自身に対してや自分が所属するチーム・部署などに対して用いられています。 「タスク」について、詳しくは下の記事も参考にしてみてください。

次の