永平寺 火事。 福井県永平寺町の繊維工場『豊島繊維』で火事!2人重体で意識不明?

豊島繊維火災で常務「申し訳ない」 4人死亡、現場に献花台設置

永平寺 火事

歴史 [ ] 道元の求法 [ ] 曹洞宗の宗祖道元は2年()に生まれた。 父はの流れをくむ名門のであるとするのが通説だが、これには異説もある。 幼時に父母を亡くした道元は仏教への志が深く、14歳で当時の仏教の最高学府である(総本山)に上り、仏門に入った。 道元には「天台の教えでは、人は皆生まれながらにして、本来悟っている()はずなのに、なぜ厳しい修行をしなければが得られないのか」という強い疑問があった。 道元は日本の宗祖であるのに教えを請いたいと思ったが、栄西は道元がした2年後に、既に世を去っていた。 比叡山を下りた道元は、5年()に建仁寺へ入り、栄西の直弟子であるに師事した。 しかし、ここでも道元の疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには()で学ぶしかないと道元は考えた。 師の明全も同じ考えであり、彼ら2人は師弟ともども2年()に渡宋する。 道元はのに入門し、修行した。 如浄の禅風はひたすらに打ち込む「只管打坐(しかんたざ)」を強調したものであり、道元の思想もその影響を受けている。 道元は如浄の法を嗣ぐことを許され、4年あまりの滞在を終えて帰国した。 なお、一緒に渡宋した明全は渡航2年後に現地で病に倒れ、2度と日本の地を踏むことはできなかった。 日本へ戻った道元は初め建仁寺に住し、のちには(現在は)にを建立して説法と著述に励んだが、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に遭う。 越前下向 [ ] 旧仏教側の迫害を避け新たな道場を築くため、道元は信徒の1人であった(福井県)の土豪・の請いにより、興聖寺を去って、義重の領地のある越前国志比庄に向かうことになる。 元年()のことであった。 当初、義重は道元を吉峰寺へ招いた。 この寺はに関連する天台寺院で、現在の永平寺より奥まった雪深い山中にあり、道元はここで一冬を過ごすが、翌寛元2年()には吉峰寺よりも里に近い土地に 傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)を建立する。 これが永平寺の開創であり、寛元4年()に山号寺号を吉祥山永平寺と改めている。 寺号の由来は中国に初めて仏法が伝来したのときの「」からであり、意味は「永久の和平」である。 道元以降 [ ] その後の永平寺は、2世、3世の下で整備が進められた。 義介がで下山し、4世の晋住後は外護者波多野氏の援助も弱まり寺勢は急激に衰えた。 一時は廃寺同然まで衰微したが、5世義雲が再興して現在に至る基礎を固めた。 義雲から19世祚玖まで と、22世の常智祚天は派の住持であった。 3年()には兵火で伽藍が焼失、の最中の5年()でも焼失した。 その後も火災に見舞われ、現存の諸堂は全て近世以降のものである。 5年()、より「日本曹洞第一道場」の・を受ける。 8年()、より「日本曹洞第一出世道場」の綸旨を受ける。 19年()、より「日本曹洞の本寺並びに出世道場」の綸旨を受ける。 元年()、より法度が出され總持寺と並び大本山となる。 伽藍 [ ] 境内配置図 1. 山門、2. 仏殿、3. 法堂、4. 僧堂、5. 大庫院、6. 浴室、7. 東司、8. 承陽殿、9. 鐘楼堂、10. 勅使門、11. 祠堂殿、12. 中雀門、13. 傘松閣、14. 吉祥閣 文化財については• 勅使門 - 10年(1839年)の建築。 山門 - 2年(1749年)の建築。 重層の門で、階上には釈迦如来像、像などを安置する。 中雀門• 通用門• 円通門• 仏殿 - 35年(1902年)の建築。 本尊の久遠実成の釈迦・方便の釈迦・無量寿の釈迦(阿弥陀如来)の三世仏(過去・現在・未来を表す)の他、禅宗初祖の像、道元の師である如浄禅師像などを安置する。 (はっとう) - 14年(1843年)の建築。 (しょうかんのん)像を安置する。 大庫院 - 5年(1930年)の建築。 地上3階地下1階の近代木造建築で、台所兼事務所の役を果たす。 建築当時のが現存しており、これは稼動中のものとしては日本最古といわれる。 承陽殿 - 明治14年(1881年)の建築。 開山道元の廟で、道元以下第5世までのの像を安置する。 僧堂 - 明治35年(1902年)の建築。 僧堂は坐禅修行のための建物である。 傘松閣(さんしょうかく) - 昭和5年(1930年)の二祖国師・650回忌を記念して建築。 道元禅師と永平寺の名は、永平寺最初の山号「傘松峰」に由来。 222畳敷きの大広間があり、天井画はらの尽力により、、、、、、、、、、など計144名の画家によって描かれた。 吉祥閣 - 昭和46年(1971年)の建築。 地上5階地下1階の宿泊研修施設で、曹洞宗に限らず参禅研修を希望する人を広く受け入れている。 浴室 - 昭和55年(1980年)の改築• 真陽閣• 光明蔵• 不老閣• 一華蔵• 孤雲閣• 瑠璃聖宝閣• 五葉関• 祠堂殿• 第1世 (佛性傳東国師、承陽大師)1200 - 1253• 第2世 (道光普照国師)1198 - 1280• 第3世 1219 - 1309• 第4世? - 1314• 第5世 1253 - 1333• 第6世? - 1363• 第7世? - 1388• 第8世? - 1401• 第9世 1343 - 1406• 第10世? - 1440• 第11世? - 1445• 第12世? - 1457• 第13世? - 1469• 第14世 1415 - 1474• 第15世? - 1493• 第16世? - 1522• 第17世? - 1540• 第18世? - 1560• 第19世? - 1610• 第20世? - 1615• 第21世 (智光大通禅師)? - 1622• 第22世 (大説常智禅師)? - 1631• 第23世 (佛山徳照禅師)? - 1641• 第24世 (日照孤峰禅師)? - 1644• 第25世 (鐵面癡頑禅師)1586 - 1648• 第26世 (萬斛大鐘禅師)? - 1650• 第27世 (萬照高國禅師)1589 - 1674• 第28世 (普照北州禅師)? - 1660• 第29世 (大覺佛海禅師)? - 1664• 第30世 (慧輪永明禅師)1610 - 1670• 第31世 (芳山月洲禅師)1609 - 1683• 第32世 (因光大了禅師)1613 - 1687• 第33世 (覺海智圓禅師)? - 1700• 第34世 (大仙國光禅師)? - 1688• 第35世 (應安萬圓禅師)1627 - 1693• 第36世 (大證無得禅師)? - 1700• 第37世 (本然圓明禅師)1638 - 1714• 第38世 (清了大安禅師)? - 1716• 第39世 (大清撫國禅師)1655 - 1744• 第40世 (圓成實性禅師)1661 - 1744• 第41世 (圓満覺性禅師)1671 - 1740• 第42世 (大智慧光禅師)1694 - 1750• 第43世 (廊然大行禅師)? - 1761• 第44世 (正法保國禅師)? - 1756• 第45世 (大珍慧鏡禅師)1690 - 1771• 第46世 (真空妙有禅師)1696 - 1771• 第47世 (金毛全威禅師)? - 1786• 第48世 (佛鎮護國禅師)? - 1792• 第49世 (圓觀正覺禅師)? - 1793• 第50世 (洞宗宏振禅師)1729 - 1807• 第51世 1718 - 1809• 第52世 (廣壽妙濟禅師)? - 1835• 第53世 (昭化理宗禅師)1742 - 1818• 第54世 (大運法乘禅師)? - 1821• 第55世 (天臨高長禅師)1763 - 1826• 第56世 1757 - 1827• 第57世 (宏濟慈國禅師)? - 1845• 第58世? - 1844• 第59世 (慈航真濟禅師)? - 1848• 第60世 (大晃明覺禅師)1796 - 1870• 第61世 (環溪密雲 絶學天真禅師)1817 - 1884• 第62世 (鐵肝雪鴻 圓應道鑑禅師)1832 - 1885• 第63世 (魯山琢宗 真晃断際禅師)1836 - 1897• 第64世 (大休悟由 性海慈船禅師)1834 - 1915• 第65世 (壽硯默堂 慧光玄照禅師)1841 - 1916• 第66世 (維室默仙 明鑑道機禅師)1837 - 1920• 第67世 (大夤元峰 圓證明修禅師)1842 - 1933• 第68世 (默道慧昭 大規正信禅師)1862 - 1944• 第69世 (白龍天山 密傳慈性禅師)1863 - 1941• 第70世 (活龍禪戒)1871 - 1947• 第71世 (玉堂瓏仙 大鑑道光禅師)1876 - 1968• 第72世 (訓山玄彝)1866 - 1944• 第73世 (祖學泰禪 大光圓心禅師)1873 - 1968• 第74世 (博裔泰舜 直指圓性禅師)1890 - 1975• 第75世 (鷲峰靈林 佛真宏照禅師)1889 - 1980• 第76世 (明峰慧玉 慈眼福海禅師)1896 - 1985• 第77世 (瑞岳廉芳 慈光圓海禅師)1905 - 1993• 第78世 (栴崖奕保 默照天心禅師)1901 - 2008• 第79世 (絶学諦法 慈航玄徳禅師)1932 -• 副貫首 文化財 [ ] 普勧坐禅儀(巻頭部分) 国宝 [ ]• 普勧坐禅儀(附 普勧坐禅儀撰述記) 重要文化財 [ ]• 高祖嗣書 1幅 紙本墨書 時代• 明全戒牒 1巻 金銀絵料紙墨書• 正法眼蔵仏性第三 1冊 紙本墨書 孤雲懐弉筆 鎌倉時代• 鎌倉時代 2年(1327年)• 永平寺(建造物)19棟• 中雀門• 大庫院• 大光明蔵• 監院寮• 廻廊 5棟(山門東方、山門西方、中雀門東方、中雀門西方、仏殿東方)• 承陽殿本殿及び拝殿• 承陽門• 松平家廟所門• 舎利殿及び祠堂殿• 勅使門 典拠:2000年(平成12年)までに指定の国宝・重要文化財については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(、2000年)による。 福井県指定有形文化財 [ ]• 絹本著色三像• 絹本著色永平寺歴代祖師像 9幅 交通 [ ]• から「永平寺」行乗車、終点下車。 から「永平寺門前」行乗車、終点下車。 から直通バス「永平寺おでかけ号」(全便予約制)。 最寄りのは(永平寺大野道路)。 最寄りのは、方面からは、方面からは。 諏訪間からにて約5km。 中部縦貫自動車道(永平寺大野道路)は福井北JCTでに直結。 北東部方面から等を経由して向かう場合、福井北ICが北陸道方面のみの出入口となるため、中部縦貫自動車道(永平寺大野道路)を利用する際は隣のを利用することになる。 福井市南東部方面から向かう場合は、(バイパスを通らないルート)、国道364号(かつてが管理していた永平寺有料道路)を通るルートもある。 このルート上には北陸自動車道がある。 は下から途中の上中地区のまで勝山街道を通って、追分からはを越えて永平寺に向かう道が一般的なであった。 この道沿いには今も多くの道標や石仏が数多く残されている。 またや中部縦貫自動車道(永平寺大野道路)は古来のの追分から永平寺町京善までの区間にほぼ沿っている。 有料の町営駐車場が3箇所ある。 第1駐車場と第2駐車場は門前からあまり離れていないが、第3駐車場は国道364号から永平寺川を橋で渡った先にあり、未舗装である。 門前再構築事業と宿泊施設 [ ] 永平寺は「準」と位置付けるの再構築を福井県や永平寺町と進めている。 運営をに委託する宿泊施設「永平寺 親禅の宿 柏樹関」(はくじゅかん)が2019年に開業した。 参考文献 [ ]• 、佐和隆研監修、、峯岸応哉著『古寺巡礼東国5 永平寺』、1982年• 大本山永平寺編集・発刊 『道元禅師と永平寺の宝物展』 1994年3月2日• 『百科 日本の国宝』84号(ほか)、、1998年• 『道元禅師と永平寺』CD版()、2001年5月• 福井県立美術館編集・発行『永平寺所蔵絵画調査報告書』 2004年3月 辞典類• 『 福井県の地名』• 『 福井県』• 『新永平寺事典』、2002年、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 、 - の名前に由来する「ふげん」、「もんじゅ」の命名に永平寺が関わった。 一方、これはまったくの誤情報であるとの見解も出ており、永平寺機関誌『傘松』第630号(1996年3月)ではこの命名伝説を訂正している。 「もんじゅ」の命名は、他の新型動力炉「常陽」「ふげん」とともに副理事長の清成迪が発案したものであるが、その発案に当たっては、当時の仏教学会や国文学会の首脳とも相談したということが当時の広報室長の証言で判明している。 仏教学会では、国文学ではの名前が挙げられている。 - 当寺の門前まで乗り入れていたが、2001年のの影響により廃線。 - 登場人物の旅僧の出身が越前永平寺の托善という名前。 (ちょうこくじ) - 永平寺の東京別院。 - 長年にわたり、同局のの映像に使用している。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 「第一章第七節 二 道元と永平寺 義雲の中興と寂円派」『福井県史 通史編2 中世』、1994年。 馬来田愛岳監修 永平寺祖山傘松会編集『傘松閣天井絵』大本山永平寺 宮崎奕保、1983年12月。 元年9月30日告示第71号• (サイト、2019年5月17日発表)• 藤田観光プレスリリース. 2017年5月28日閲覧。 (2020年2月24日閲覧)• 外部リンク [ ]• (日本語) (英語) - 永平寺の公式サイト。 末に公式ホームページを開設。 6月には英語版も併設した。 - 曹洞宗大本山永平寺の紹介をはじめ、永平寺町の観光について紹介している• - 「禅の里」まちづくり実行委員会(永平寺と門前町による地域振興活動を行う協議体)• - 永平寺派の有志サイト• - 公益社団法人福井県観光連盟.

次の

禅の里・永平寺! 厳かな雰囲気を味わいに行こう!|寺|趣味時間

永平寺 火事

現在系で語られているので、現在に準じて語ります。 現在、どちらも今の日本の仏教の中心ではありません。 信徒の数も資本力も最弱です。 追記 大事なことを書き忘れたので、追記します。 高野山真言宗を始めた空海は「あかさたなはまやらわ」を発明した天才で、当時の世界(インドから中国まで)の密教の正統な後継者でした。 しかし日本の密教を体系化したのは比叡山天台宗を始めた最澄でした。 ですので、天台宗が日本の密教を引っ張ることになりました。 しかし空海が密教の正統な後継者でしたので、最澄は空海から教えを乞わねばなりませんでした。 現在、日本の仏教界は信徒からの寄付金を投資に使い、かなりの損失を出してます。 最も信徒が少ない、従って最も資本力のない高野山真言宗が最も痛手を被っています。 次は比叡山天台宗の番でしょう。

次の

永平寺の建築

永平寺 火事

福井県永平寺町の豊島繊維で20日、火災があった。 同社はスポーツやアウドドア向けの超軽量・高密度織物などの生産でトップクラスの技術を持つ有力企業。 永平寺町消防本部によると110番通報があったのは20日午後2時6分。 工場6棟のうちの3棟と事務所の計4棟が全焼し、それ以外の延焼や出火原因などは調査中。 同日午後9時16分に鎮火し、敷地内で4人の遺体が見つかった。 豊島繊維はスポーツ、アウトドア向けの超軽量・高密度タフタやニット生地の高付加価値品で定評がある。 素材メーカーや商社などとの取り組みが強く、同社を頼りにする企業が多いだけに代替品への切り替えが可能かなど様々な影響が出そうだ。 今後の影響などについて三井物産アイ・ファッションは、「間接的だが『パーテックス』の主要取引先の一つ。 特に高付加価値品の生産を委託している。 状況確認中だが、生産のピークは過ぎたものの今後も相当な量の出荷を控える。 他の代替生産先を日本と中国で検討するが、非常に質の高い生地を作っていたため簡単ではない。 状況は深刻だ」とする。 旭化成アドバンスはスポーツウェア用織物の主要生産委託先の一つ。 状況確認中で生地供給への影響や今後の対応は未定。 豊通ファッションエスクプレスは透湿防水素材「ゼラノッツ」などの生機を豊島繊維から仕入れている。 影響を最小限に抑えるべく、他社への切り替えなど対応策を検討する。 東洋紡STCは、「ダウン側地に使われるナイロン高密度織物の製造を委託し、『シルファイン』の主力生産先。 被害状況や出荷への影響を調査中でわかり次第、対策を検討する」。 東レは大きな取引はなく、影響は軽微だという。

次の