イブ クイック 成分。 バファリンとイブの違いや効果についてわかりやすく解説

イブクイック頭痛薬DX

イブ クイック 成分

イブとは(イブプロフェン)とは イブは抗炎症成分「イブプロフェン」を含むOTC医薬品です。 イブプロフェンは 頭痛や生理痛、歯痛など「痛み」を和らげる時によく用いられる成分で、リングルアイビーやノーシンピュア、ナロンエースなどにも含まれています。 解熱鎮痛薬イブにもっとも近いのが <イブメルト>です。 イブメルトにもイブプロフェンが含まれ、その一回量の成分の違いは イブ(2錠中):イブプロフェン 150mg イブメルト(1錠中):イブプロフェン 200mg イブメルトの方が1回量のイブプロフェンの量が多く、一回あたりの効き目が強いです。 また イブメルトはレモンライム味で飲みやすい特徴があります。 ただし、一日の用法・用量については イブは1日3回(合計450mg) イブメルトは1日2回(合計400mg) となっており、1日単位で見るとイブが劣っているというわけでもありません。 「1回あたりの効果を強めたい」 「飲みやすさを重視したい」 場合にはイブよりイブメルトの方が良いですね。 さらに、イブA錠EXとイブA錠の違いは イブA錠:イブプロフェン 150mg イブA錠EX:イブプロフェン 200mg イブA錠EXの方が痛みをしずめる成分の量が多く、より効き目が強くなっています。 イブに補助成分を足したものがイブA錠。 イブメルトに補助成分を足したものがイブA錠EX。 という違いです。 先発医薬品とジェネリック医薬品の関係ですね。 イブとイブクイック頭痛薬DXの違い イブクイック頭痛薬のイブA錠との違いは イブプロフェンの吸収を早めて、胃粘膜を 保護する成分(酸化マグネシウム)が含まれていることです。 イブクイック頭痛薬DXとイブクイック頭痛薬の違いは痛みを抑える主成分(イブプロフェン)の量で イブクイック頭痛薬DX:イブプロフェン200mg イブクイック頭痛薬:イブプロフェン150mg DXの方が痛みを抑える成分(イブプロフェン)が多く含まれています。 他の成分(酸化マグネシウム、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン)の量に違いはありません。 これまでを振り返ると、 1 イブよりイブメルトの方が一回あたりの効き目は強い。 2 イブメルトよりイブA錠EXの方が痛みを和らげる補助成分が含まれより効き目が強い。 3 イブA錠EXよりイブクイック頭痛薬DXの方がより効きが早く、胃にもやさしい。 もちろん、個人差はありますが、効き目重視か、値段重視か、胃にやさしいもの重視かによって選び方が異なってきます。 「とにかく、全部そろっているものが良い」という場合には「イブクイック頭痛薬DX」がぴったりですね。

次の

イブクイックとイブAとイブの違い

イブ クイック 成分

詳しい薬理作用 体内で炎症や痛み、熱などを引きおこす物質にプロスタグランジン(PG)というものがある。 体内でPGはアラキドン酸という物質からシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の作用などによって生成される。 PGは炎症や痛みを引き起こす要因となる他、脳の視床下部にある体温調節中枢に指令を伝え、この指令を受け取った体温調節中枢は身体各部に体温を上げるように指示を出す。 これにより発熱が生じる。 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、発熱などを抑える作用をあらわす。 () イブプロフェンはNSAIDsの薬剤の一つでPG生成を抑えることで、抗炎症作用、解熱鎮痛作用などをあらわす。 主な副作用や注意点• 消化器症状(主に内服薬)• 胃部不快感、食欲不振、腹痛、吐き気などがあらわれる場合がある• 皮膚症状• 頻度は稀だが、かゆみ、発疹などがあらわれる場合がある• 喘息発作(アスピリン喘息など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀だが、気管支収縮作用などにより咳などの呼吸器症状があらわれる可能性がある• 息をするときゼーゼー・ヒューヒュー鳴る、息苦しい、息苦しいなどの症状がみられる場合はすみやかに医師に連絡する• 腎機能障害(急性腎障害など)(主に内服薬)• 頻度は非常に稀である• 尿量が少なくなる、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるいなどの症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する イブ(市販薬・内服薬)• イブシリーズの多くはイブプロフェンを主な有効成分とする製剤• イブシリーズの製剤例• イブ:有効成分としてイブプロフェン単独を含む製剤• イブA錠:有効成分としてイブプロフェンに加え解熱鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した製剤• イブA錠EX:「イブA錠」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤• イブクイック頭痛薬:「イブA錠」に含まれる3種の有効成分に加え、胃粘膜保護及びイブプロフェンの吸収促進成分の酸化マグネシウムを配合し、頭痛によりしっかり効くように設計された製剤• イブクイック頭痛薬EX:「イブクイック頭痛薬」に含まれるイブプロフェンの1回量(150mg)を1回量200mgに増量した製剤 メンソレータムアクネス25メディカルクリームb(市販薬・外用薬) ペアアクネクリームW(市販薬・外用薬) など• イブプロフェンを元に造られたイブプロフェンピコノールを主な有効成分とする外用薬(塗り薬)• 主な用途• ニキビ(尋常性ざ瘡)・イブプロフェンピコノールはニキビの原因菌(アクネ菌)による面ぽうの生成を抑え、抗炎症作用により赤いニキビを抑える作用などをあらわす• イブプロフェンピコノールとイソプロピルメチルフェノール(ニキビの原因となるアクネ菌などに対する殺菌作用をあらわす)の配合製剤の例• メンソレータムアクネス25メディカルクリームb• ペアアクネクリームW• モアファイン アクネ•

次の

【EVEシリーズ】イブ?イブA?イブシリーズ全種の違いを解説

イブ クイック 成分

目次 次にイブA錠の主な成分をみてみましょう。 イブプロフェン イブプロフェンは、イブA錠の痛み止め効果のメインとなる成分です。 「非ステロイド系解熱鎮痛剤(NSAIDs)」というグループに属する解熱鎮痛成分で、生理痛の痛みの原因になるプロスタグランジンという物質の産生を抑制します。 鎮痛作用のほか、解熱作用、消炎作用(炎症を抑える作用)があります。 非ステロイド系鎮痛剤(NSAIDs)の代表的な副作用には「胃腸を荒らすことでの腹痛」や「口内炎」がありますが、イブプロフェンは他のNSAIDsと比べ、胃腸への負担などの副作用が起こりにくいといわれています。 そのため、市販の生理痛の薬や頭痛薬や風邪薬に広く使われています。 痛み止めの作用の他、筋肉の緊張をほぐす効果もある程度期待できるので、生理痛だけでなく肩こりや首こりなどの筋肉のコリからくる頭痛などにも効果が期待できます。 いまでも「ブルフェン」という薬などがイブプロフェン製剤として医療の現場でも使用されています。 アリルイソプロピルアセチル尿素 生理痛に伴うイライラやだるさ、むくみの緩和に効果的です。 イブプロフェンの鎮痛作用を高める鎮静成分です。 アリルイソプロピルアセチル尿素の代表的な副作用には眠気があります。 ですので、イブA錠を使った場合は眠気がでる可能性がありますので、服用後は機械操作や運転や注意が必要な作業を避けるなど注意すると良いでしょう。 無水カフェイン イブA錠に含まれる無水カフェインもイブプロフェンの鎮痛作用を高めることを目的に配合されていますが、無水カフェインは生理痛のときの疲労感や頭の重い感じを和らげる作用があります。 血管の拡張を抑えイブプロフェンの鎮痛効果を助けてくれます。 イブA錠の効能・効果 ・月経痛(生理痛)・頭痛・歯痛・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛 ・悪寒・発熱時の解熱 イブA錠の用法・用量 ・1回量 2錠(2錠でイブプロフェン150mg) 1日3回を限度とし、なるべく空腹時を避けて多めの水、またはぬるま湯で飲んでください。 出産予定日12週以内の方、15歳未満の方、風邪薬や解熱剤でアレルギー反応や喘息を起こしたことがある方は重篤な副作用が出る恐れがあるので服用が禁止されています。 また、妊娠中の方は基本的には使用を避け、婦人科・産婦人科に相談しながら処方薬を処方してもらうようにしましょう。 イブA錠の効果時間は公開されていませんが、主成分であるイブプロフェンの効果時間から予測をしてみましょう。 イブA錠の主成分であるイブプロフェン製剤であるプルフェン(イブプロフェン200mgタイプ)では薬を服用した後、血中の濃度が最高になる時間(最高血漿中濃度到達時間)は2. 1時間となっています。 また、血中のイブプロフェンが半減するのにかかる時間(血漿中濃度半減期)は1. 8時間となっています。 服用後30〜1時間以内には血中にしっかりと届いて効果を痛み止めなどの効果を発揮し、4〜8時間ほどは痛み止めの効果が続くことが期待できます。 なお、1回あたりのイブA錠に含まれるイブプロフェンは150mgのため、あくまでも参考値となります。 イブA錠は薬ですので、副作用があります。 次のような副作用は発生頻度がそれなりにある代表的な副作用になります。 通常はイブA錠の効果時間である4〜8時間の経過とともになくなっていきますが、症状が続いたりひどい時は服用を停止して医療機関に相談しましょう。 ・腹痛をはじめとした胃腸の症状、眠気、めまい、 ・皮膚:発疹(ブツブツができる)、発赤(赤くなる)、かゆみ、青あざができる ・呼吸器・循環器:息切れ 次の副作用が起こるのはごく稀ですが、万が一症状が起きた時は服用を停止して至急医療機関に相談しましょう。 ・アナフィラキシーショック:全身のかゆみ、じんましん、息苦しさ、冷や汗、顔が青ざめる ・スティーブンスジョンソン症候群:高熱、ただれ、のどのひどい痛み、皮膚のひどい痛みやひどい発心 ・喘息:呼吸がぜーぜー、ヒューヒューとなる。 もともと喘息持ちの方は念のため注意してください。 そのほか、違和感がある時は早めに医療機関に相談しましょう。 また、長期間にわたって服用している場合は、定期的に血液検査による検診を行うことをお勧めします。 薬の使用有無に関わらず定期的な健康診断による血液検査などはしておきましょう。 メーカーの希望小売価格は、次のようになっています。 イブA錠は、ドラッグストアや薬局・インターネットで購入できます。 なお、セルフメディケーション税制対象商品となっています。

次の