三井住友カード デメリット。 三井住友カードのデメリット

三井住友カード アミティエのメリットとデメリット

三井住友カード デメリット

三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル!変更点とメリット、デメリットを解説! 三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントが2020年6月1日に「Vポイント」リニューアルされました。 これまで、1,000円につき1ポイント貯めることができましたが、新プログラムでは200円につき1ポイント貯まるようになります。 また、この変更は、ANAカードの「マイレージ移行コース」にも影響も与えます。 当記事では、変更点とメリット、デメリットをまとめてご紹介していきたいと思います。 更新履歴(2020年6月1日):新ポイントの名称が「Vポイント」になりました。 6月1日から既に適用スタートになっています。 三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル:変更の概要 三井住友カードのポイントプログラムが「ワールドプレゼント」から「Vポイント」にリニューアルされました。 2020年6月1日から既に利用可能となっています。 変更点の主な概要は以下になります。 これまで、 「1,000円につき1ポイント」貯まっていたのが、 「200円につき1ポイント」貯められるようになります。 また、 貯めたポイントは「1ポイントにつき1円相当」の価値で利用することができます。 <変更点の概要>• ご利用金額の合計 200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。 ワールドプレゼントのポイントは、ご利用金額の合計1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まります。 1ポイントにつき、 1円相当で交換いただけます。 ワールドプレゼントのポイントは、1ポイントにつき5円相当で交換いただけます。 三井住友銀行のお取引で貯まるポイントと合算できます。 ポイントサービスの違いを表でまとめると以下にようになります。 <ポイントサービスの比較> リニューアル前 リニューアル後 ポイント名称 ワールドプレゼント Vポイント 対象カード ・個人カード(一部の提携カードは除く) ・一部のビジネスカード、コーポレートカード ・個人カード(一部の提携カードは除く) ・三井住友ビジネスカード for Owners ・三井住友コーポレートカード(個人システム型) 有効期限 ・プラチナ:ポイント獲得月から4年間 ・ゴールド:ポイント獲得月から3年間 ・上記以外のカード:ポイント獲得月から2年間 1ポイント獲得するために必要なカード利用金額(税込) 1,000円 200円 交換できる景品などの金額(1ポイントあたり) 5円相当 1円相当 スポンサーリンク 三井住友カードのポイントが「Vポイント」にリニューアル:メリットとデメリット リニューアルのメリット 今回のリニューアルにより、ポイントを貯められる単位が「1,000円ごと」から「200円ごと」というように小さくなりました。 これまでは、例えば「800円」の支払いの場合、貯められるポイントは「0ポイント」でしたらが、これからは「4ポイント」貯められるようになります。 つまり、 リニューアルによる変更により、ポイントを貯めやすくなったと言えます。 一方で、 ポイント還元率については変更ありません。 これまでは、「1,000円につき=1ポイント=5円」という計算式でポイント還元率は「0. 5%」でした。 これからは、「200円につき=1ポイント=1円」という計算式で、こちらもポイント還元率は「0. 5%」のままと変わりません。 ただし、 「1ポイントの価値が1円」となったことで、覚えやすくなったとは言えますね。 今回のリニューアルのメリットをまとめると以下のよういなります。 <メリット>• ポイントを貯められる 単位が小さくなり貯めやすくなった• 1,000円つき1ポイントから、200円につき1ポイントに• ポイント価値が わかりやすくなった• 1ポイント=5円から、1ポイント=1円に リニューアルのデメリット 今回のリニューアルでは「ポイント還元率」の変更はありません。 また、次でご紹介しますが「マイル還元率」についても変更はありません。 そのため、 今回のリニューアルによるデメリットはありません。 <デメリット>• なし ただし、今回のリニューアルにより、 これまで保有していたポイントについては、2020年6月1日以降に「5倍」のポイント数となって反映されます。 これに伴い、 2020年5月16日(土)から5月31日(日)の期間はポイント交換ができなくなっていますのでご注意ください。 今回のリニューアルの詳細については、公式ウェブサイトも合わせてご参照ください。 スポンサーリンク 「Vポイント」へのリニューアル:ANAカード「マイレージ移行コース」への影響 「ワールドプレゼント」ポイントは、三井住友カード発行の「ANAカード」でも採用されています。 そのため、今回のポイント制度のリニューアルは、 ANAカードの「マイレージ移行コース」にも影響を与えます。 リニューアルの影響を受ける 対象のカードは以下になります。 基本、三井住友カード発行の全てのANAカードが影響を受けます。 <対象カード>• ANA VISAカード/ANAマスターカード、ANA銀聯カード会員• ANA VISAプラチナ プレミアムカード• ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード• ワイドゴールド• スーパーフライヤーズゴールド• 一般・ワイド・学生・スーパーフライヤーズ・ANA VISA Suicaカード・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード・ANA VISA nimocaカード• ANA銀聯カード 今回のリニューアルでは。 ポイントの名称が変更になります。 これまで、クレジットカード決済で貯められるポイントを「獲得ポイント」と呼んでいましたが、これが 「ANAマイル移行可能ポイント」に変更になります。 また、それ以外のマイペイすリボの手数料発生などで得られたポイントは「ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント)」と呼んでいましたが、これが「 「ANAマイル移行可能ポイント」以外のポイント」というように変更になります。 <ポイント名称の変更> リニューアル前 リニューアル後 クレジットカード決済で得られるポイント 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント 上記以外のマイペイすリボの手数料発生などで得られるポイント ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント) 「ANAマイル移行可能ポイント」以外のポイント また、 マイル移行コースの名称も変更になります。 「5マイルコース」「10マイルコース」「15マイルコース」と呼ばれていたものが 「1倍コース」「2倍コース」「3倍コース」と変更になります。 <マイル移行コースの名称変更> リニューアル前 リニューアル後 マイル還元率 5マイルコース(1ポイント=5マイル) 1倍コース(1ポイント=1マイル) 0. 5% 10マイルコース(1ポイント=5マイル) 2倍コース(1ポイント=2マイル) 1. 0% 15マイルコース(1ポイント=5マイル) 2倍コース(1ポイント=3マイル) 1. 5% ただし、 マイル移行コースについても名称は変更になりますが、一番重要である「マイル還元率」については変更ありません。 例えば、10マイルコースを例にすると、これまでは「1,000円につき=1ポイント=10マイル」で、マイル還元率が「1%」となっていたものが、これからは「200円につき=1ポイント=2マイル」で、マイル還元率は同じ「1%」となります。 関係式は異なりますが、1,000円単位で得られるのは共に10マイルということで、結果としてのマイル還元率は同じということですね。 また、 ボーナスポイント(もしくはプレミアムポイント)についても同等で、関係式は異なりますが、マイル還元率は「0. 3%」のままとなります。 リニューアル後は5ポイント単位となっており、マイル還元率は変わらないものの、表記としてはちょっとわかりづらくなっていますね。 5% 各コースごとの変更点をまとめると以下のようになります。 6マイル) ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位 5ポイント以上5ポイント単位 移行方式 応募方式 応募方式 三井住友カードは年会費割引制度の変更に注意 三井住友カードでは 「マイ・ペイすリボの登録+利用で年会費割引」で年会費割引が受けられていました。 しかしながら、 2021年2月支払い分から、年1回以上リボ払い手数料を発生させることが条件に変更されます。 <特典の適用条件>• 改定前:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のご利用がある• 改定後:「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、 年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある(毎月のお支払い・臨時のお支払い) 陸マイラーに人気の「ANA VISAワイドゴールドカード」では、この特典により「3,850円(税込)」と大きな額の割引を受けられていますので、保有している方は注意が必要です。 「ANA VISAワイドゴールドカード」の改悪の詳細については以下の記事をご参照ください。 スポンサーリンク まとめ:リニューアルにより効率よくポイントやマイルを貯められるのがメリット!デメリットはなし! 今回は、2020年6月1日に予定されている、三井住友カードの「ワールドプレゼント」ポイントのリニューアルについて、変更点とメリット、デメリットをまとめてご紹介しました。 リニューアル後は、200円につき1ポイント貯まるようになり、これまでよりも効率良くポイントが貯められるのがメリットとなっています。 また、「ポイント」や「ANAマイル移行コース」の名称は変更になりますが、「ポイント還元率」および「マイル還元率」に変更はありません。 リニューアルというと「改悪」を想像しますが、今回のリニューアルによるデメリットがなく安心できます。 早く、新しい名称に慣れないとですね。 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

使って分かった三井住友カードのメリットとデメリット

三井住友カード デメリット

この記事を読んで分かること ・三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの基本情報 ・三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersのポイント ・三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersのサービス・付帯特典や付帯保険 三井住友ビジネスカードにはクラシックカード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類があり、その中でも最上位クラスである 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersには、他のグレードにはないさまざまな特典が多数用意されています。 今回は三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの基本的な情報はもちろん、豪華な特典と充実した補償サービスを踏まえながら、所有するメリットやデメリット、口コミ情報なども含めてたっぷりとご紹介していきます。 ビジネス用のクレジットカードを検討している方は、ぜひ最後まで読んだ上で参考にしてみてください。 まずは三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの基本情報から確認していきましょう。 三井住友ビジネスカード for Ownersは クラシック、ゴールド、プラチナの3つのランクが設定されています。 なかでも今回ご紹介するプラチナカードは最も上位グレードに位置しているクレジットカード。 クラシック、ゴールドに比べて圧倒的に優位な利用枠と旅行傷害保険などが魅力ですが、申込条件や年会費なども異なります。 また、三井住友ビジネスカードfor Ownersは個人事業主やフリーランス、経営者 個人を対象としたクレジットカードでもあり、法人を対象とした一般的なビジネスカードに比べて異なる点もあります。 三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの発行会社と国際ブランドは以下の通りです。 セカンドオピニオン 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersならではの付帯サービスとして、名医による セカンドオピニオンサービスも用意されています。 健康上の不安や気になる症状がある場合は、それに合わせた専門医を紹介してもらえるサービスが用意されているため、体が資本の経営者にとっては心強い味方になってくれるはずです。 この他にもプラチナ会員オリジナルの特典が多数用意されており、所有しているだけでもワンランク上のステータスを実感できる1枚となっています。 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの加入特典 2019年3月29日までに三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの申込をいただき、4月30日までにカードを発行いただいた方に限り、最大で 12,000円相当の三井住友カードVJAギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施しています。 キャンペーンの条件 ・新規入会と同時に2ヶ月後までに20万円以上の利用で 9,000円相当の三井住友カードVJAギフトカードをプレゼント ・「マイ・ペイすリボ」を設定いただき、カード入会2ヶ月後までに20万円以上の利用で 2,000円相当の三井住友カードVJAギフトカードをプレゼント ・電子マネーの「iD」に同時入会するか、Apple Payの新規設定をいただき、カード入会2ヶ月後までに20万円以上の利用で 1,000円相当の三井住友カードVJAギフトカードをプレゼント いずれの条件においても「2ヶ月後までに20万円の利用」がカギになってきます。 ビジネスにおいて移動や経費精算として活用することによって、このハードルは決して難しいものではないはずです。 新規加入時にのみ受けられる特典のため、ぜひ計画的かつ効率的に活用しギフトカードを手に入れましょう。 三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの申し込み資格 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの申込資格はグレードによって異なります。 クラシック、ゴールド、プラチナとありますが、それぞれの申込資格について詳しく見ていきましょう。 まず年齢についてですが、クラシックとゴールドは20歳以上が対象となり、もっとも上級グレードであるプラチナは 30歳以上が対象と定められています。 年齢以外の部分において重要なポイントとしては、法人名義での入会申込ができないという点です。 一般的なビジネスカードは法人として契約するものが多いですが、三井住友ビジネスカードfor Ownersは個人事業主やフリーランス、会社経営者を対象としたカード。 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersと比較対象となる三井住友ビジネスプラチナカードを比べてみましょう。 名称が非常に似ている両者ですが、さまざまな点において決定的に違う部分が多くあります。 両者の違いをしっかりと把握しながら、自分自身のビジネスや用途にどちらが合っているのか確認していきましょう。 比較1:申込対象者の違い 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersは、その名の通り企業の経営者(オーナー)や個人事業主、フリーランスなどの 個人を対象としたクレジットカードです。 これに対して三井住友ビジネスプラチナカードは「Owners」の文言がないことからも分かるように、 法人を対象としています。 個人でなければ申込ができない三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersと、法人でなければ申込ができない三井住友ビジネスプラチナカードは、そもそも対象としているユーザーが全く異なることが分かります。 比較2:支払い方法の違い 個人名義を前提とした三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersは、決済口座についても 個人名義であることが条件となります。 反対に三井住友ビジネスプラチナカードの場合は法人名義の口座を届け出る必要があります。 そしてもっとも大きな違いが、支払い方法の違いにあります。 個人名義となる三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersの場合、 分割支払いや リボ払い、 ボーナス一括払いなど多様な支払いに対応している一方、法人名義となる三井住友ビジネスプラチナカードの場合は一括払いのみとなります。 特に事業を立ち上げた直後は収益も不安定になりがちです。 そんな中でも臨機応変に対応できるよう分割払いやリボ払いなどを選択できるのは大きな強みといえるのではないでしょうか。 比較3:ポイントの仕組みの違い 選べる特典 ・海外の空港でラウンジが利用できるプライオリティ・パス ・名医によるセカンドオピニオン ・食の逸品プレゼント サービス・付帯特典5:カードご利用プレゼント 過去半年間のカード利用金額が50万円以上であった場合、支払い額の 0. 1年のうちで最大2回プレゼント対象となり、 最高30,000円までの支給となります。 通常のポイント還元率が0. ビジネス用のクレジットカードとして1. 利用すればするほどお得にポイントが貯まり、ギフトカードも手に入れられます。 サービス・付帯特典6:コンシェルジュサービス 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersは多彩な特典と充実した保険が魅力のカードですが、デメリットはないのでしょうか。 メリットと併せて詳しく見ていきましょう。 メリット1:プラチナ会員ならではの特典が充実 三井住友ビジネスカードfor Ownersにはクラシック会員とゴールド会員も存在しますが、なかでもプラチナ会員は特典の充実度が圧倒的です。 プラチナ会員であるだけでゴルフトーナメントに招待されたり、高級ホテルが割引価格で利用できたりと、他のグレード会員にはないものばかり。 特典自体の内容もひとつ上をいく高級感のあるものが多いため、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。 メリット2:利用枠の高さ 口コミ情報をもとに、ユーザーの声を拾ってみました。 評価の良い口コミ 三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownersのユーザーの中では、やはり充実した特典をメリットとして挙げる声が多いです。 ゴルフやグルメ、エンタメや各種サポートまで、プラチナ会員でなければ受けることができない特典が多数存在します。 限られた人だけに提供される上質なサービスや特典は、それだけで 高いステータスを実感できるものです。 また、ラウンジをはじめとした空港でのサービスやホテル予約などの特典が充実しているのもビジネスカードらしいメリット。 移動にかかる交通費や宿泊費をクレジットカードで支払うことでポイントも貯まりやすく、 経費削減に役立っているという声もありました。 評価のあまり良くない口コミ 最大500万円という利用枠を謳ってはいるものの、実際には個人としての利用枠が限度となるため、借り入れがあったり他社のクレジットカードの契約状況によっては想像以上に利用枠が少なかったという声もあります。 法人名義ではなく個人名義での契約となる以上は仕方のないことではありますが、実際にビジネスに活用しようと考えたときに使い勝手に悩むユーザーも多いようです。 ただし、あまりにも利用枠だけを増やしても返済しきれなくなる危険性もあることから、決して悪いポイントであると断言できるものでもないでしょう。

次の

三井住友カード プラチナの全て2020最新!メリット・デメリットまとめ!

三井住友カード デメリット

インターネット決済専用のクレジットカード• マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費無料に• 利用限度額は10万円固定• 第三者に悪用されても、その金額が補償される• ショッピング保険付帯 還元率 0. 5~0. VISAの使えるお店で使うことができますが、 インターネット決済専用のクレジットカードになります。 なので、普通のお店では使うことができません。 また、 利用限度額が10万円に固定されています。 さらに、第三者に不正利用された場合、 利用枠の範囲で 使われてしまった金額を補償してくれます。 これら3つの特長があるのと、 セキュリティにはかなり力を入れている三井住友ブランドなので、 何かと不安のあるインターネットでの利用でも、 安心して利用することができます。 ネットでクレジットカードを使うのに抵抗がある人におすすめです。 マイ・ペイすリボについて 以降、マイ・ペイすリボがよく出てくるので、 最初に内容を把握しておきます。 マイ・ペイすリボとは、 ショッピング利用した支払いが自動でリボ払いになるサービスです。 つまり、1回払いにしてもリボ払いになってしまいます。 リボ払いだと金利手数料がかかるから嫌だ…と思うかもしれませんが、 マイ・ペイすリボでは金利手数料をかけずに、 ほぼ1回払いと同じ使い方ができます。 マイ・ペイすリボは初回の金利手数料が掛からないので、 毎月のリボ払い金額を全額にしておけば、 金利手数料はかからなくなります。 マイ・ペイすリボに登録することで 年会費が無料になる等のメリットがいくつかあるので、 クレ活ではマイ・ペイすリボの登録を推奨します。 ただ、マイ・ペイすリボの設定を間違えてしまうと、 リボ手数料が発生することがあるので、ここだけは注意してください。 きちんと設定をすれば、ノーリスクでメリットを受けられます。 還元率 バーチャルカードでも、還元率は通常の三井住友カードと同じです。 還元率は0. 200円につき1ポイント付きます。 それと、前年度(2月~翌年1月)の年間利用額によって、 以下表のように還元率がアップします。 ただ、バーチャルカードは利用限度額が10万円に制限されているので、 上のステージにはなりにくいです。 年会費 年会費は300円+税です。 初年度無料です。 マイ・ペイすリボに登録し、年1回以上リボ払い手数料の支払いで、 年会費が無料になります。 家族カードの年会費は300円+税です。 初年度の1人目は無料です。 つまり、初年度の2人以降、翌年度以降は年会費がかかります。 ただ、3回以上の利用で翌年度の年会費が無料になります。 ETCカードはありません。 ポイントの使いやすさ ポイントプログラムは、「Vポイント」になります。 有効期限は2年間で、 色々なポイントや商品券などに交換できるので、使いやすいです。 交換先によって還元率が多少変わります。 還元率0. iDバリュー• 三井住友カードWAON• ベルメゾン・ポイント• 楽天スーパーポイント• dポイント• WALLET ポイント 国際ブランド 国際ブランドは、VISAのみとなります。 バーチャルカードは、 ロゴが券面に書いてありませんがVISAになります。 付帯保険 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険はありません。 ショッピング保険は、最高100万円が付帯します。 ただし、海外、リボ払い、分割払いのみが対象です。 マイ・ペイすリボを登録している場合は、国内利用でも適用されます。 デメリット 三井住友VISAバーチャルカードは、 メリットでもあるけど、デメリットでもある項目がいくつかあります。 まず、インターネット決済専用なので、普通のお店では使えません。 もし普通のお店で使いたい場合は、 「」などと併用し、 普通のお店は、三井住友カード、 インターネットでは、バーチャルカード、を使い分ければ良いと思います。 次に、年会費がかかります。 ただ、かなり安い年会費であることや、 マイ・ペイすリボに登録することで無料にできます。 また、マイ・ペイすリボに登録しておけば、 ショッピング保険も国内で有効となるので、 クレ活としてはマイ・ペイすリボ登録をおすすめしています。 そして、利用限度額が10万円であることです。 これは安心できる一方、10万円以上のものが買えないということになります。 良い家電だと簡単に10万円は超えてしまうので、ちょっと不便です。 こういった場合は、 カード利用枠を一時的に引き上げることが可能です。 事前に連絡すれば、審査のうえで利用枠を引き上げてくれます。 総合評価 三井住友VISAバーチャルカードは、 インターネットでクレジットカードを使うのに抵抗のある人におすすめ! インターネットでの買物は、銀行振込や代引きなど別の決済手段もありますが、 手数料がかかったり、手間がかかったりと何かと不便です。 また、お店によってはクレジットカードしか受け付けていないお店もあります。 そういう場合にこういったバーチャルカードがおすすめです。 三井住友VISAバーチャルカードには、以下のような特長があります。 インターネット決済専用のクレジットカード• 利用限度額も10万円と低額• 悪用されても補償サービス• ショッピング保険も付帯• 三井住友ブランド まさにインターネット用のクレジットカードと言えます。 これだけ安心の材料があれば、 インターネット上でクレジットカードを使うのに抵抗がある人でも、 安心して使えるんじゃないでしょうか? インターネット上でより安心してクレジットカードを使いたい人におすすめのカードです。 基本情報 還元率 0. 5~0.

次の