オ アンダ ジャパン mt4。 MT4が使えるおすすめの国内FX業者一覧|FX

OANDA Japan(オアンダジャパン)のメリットとデメリット

オ アンダ ジャパン mt4

そのあたりも説明していくわよ~! 国内FX業者の登竜門オアンダジャパンとは? OANDAは世界的な知名度で言うとおそらくナンバーワンの国内業者でございます。 世界中にサービスを展開していますし、オアンダの顧客の注文状況を表示するオープンオーダーはとても使い勝手が良いです。 ほかのFX業者さんもオープンオーダーを表示できるところがありますが、基本的に表示されるのは その会社内の顧客のオーダーのみなので母数が少なく、オアンダくらいの規模にならないと信用できません。 また、OANDAはNDD方式を採用していますので、MT4の利用はもちろんOKで、スキャルピングなども禁止してはいませんし、約定能力の高さはすべての業者の中でもトップクラスです。 スプレッドをとても狭くして一見取引コストを安く見せている業者はたくさんいますが、実際に取引してみると遅延が起きたりスプレッドが大きく開いたりと安定していません。 スプレッド0. 3銭で低コスト!なんて言っている業者も、トレードで勝てるようになりますと滑ったり遅延やらリクオート連発するようになりますので年間平均で見るとスプレッド1. 0銭くらいあった。 なんていうのはザラにあります。 そのあたりはわざと見えなくしているのでトレードを始めたばかりの方たちは騙されないようにしなければいけません。 あくまで自社の顧客ですがOANDAレベルになるとたくさんの顧客を抱えていますのでそれなりに信用できる情報です。 特に逆指値注文は、ロスカットを巻き込むポイントがわかり、そこで相場が走ったりしますので決まるととてもおもしろいですね。 他の国内業者ですとヒロセ通商や外為どっとコムさんも注文状況を公開していますが、OANDAのオープンブックと比べると全然違う数値をだしていまして、てばこさんは3社を検証してみましたがやはりOANDAが一番信用できる数値をだしていました。 4 pips 0. 8 pips スプレッド方式 原則固定 原則固定 原則固定 オアンダには3つのコースがあります。 ご自分のスタイルにあわせて変更できるのは便利ですね。 ちなみにMT4が利用できるのは東京サーバーコースとプロコースですね。 普通に日本でMT4を動かすのでしたらスプレッドの狭い東京サーバーコースで問題ないかと思います。 多通貨を触りたいのでしたらプロコース(NYサーバー)がおすすめです。 ちなみに、 EAやミラートレードなどはプロコースのNYサーバーでしかできませんのでご注意下さい。 これはDD取引業者ですと思いっきり稼ぎどころなのでこんな宣言は絶対にしません。 その時点でだいぶ信用できます。 一部の業者で、約定遅延を利用して顧客の損失を意図的に拡大させたりする事件もありましたから、こういった宣言があるのは心強いです。 トルコリラはもちろん、メキシコペソやデンマーク、ノルウェー、スェーデン、ハンガリー、香港、チェコ、インド、ポーランド、サウジ、タイなどのマイナー通貨も取り扱っています。 ですので昔はアービトラージEAを走らせている人はOANDAで頑張っている人が多かったですね。 ちなみにOANDAのオープンオーダーはこちらで紹介しているマイナー通貨ではイマイチ効きが悪く信憑性が低いのでご注意下さい。 やはりある程度流動性がないといけませんね。 OANDA Japanの注意点 一部DD取引を採用している これはオアンダのHPにも記載されているのですが、オアンダは流動性が枯渇した時に、マーケットメイカーになると宣言しています。 これはつまり顧客の注文を呑むということですが、NDD取引の場合、流動性が無い時は注文が滑りやすくなったり約定が通らなかったりします。 この弱点を自社が呑み込むDD方式でカバーするという意味ですね。 一部このように取引に不透明な部分も見えますが、流動性確保のためのDDの使い方は悪くはないと言えますね。 国内DD業者は顧客から巻き上げることばかりにDD取引形態を利用しますが、オアンダは現時点では顧客よりの業者とも言えます。 OANDA JapanのTwitterでの評判 OANDAオープンオーダーとオープンポジション。 ポジション持つ前に見ようとおもいつつ、後回しになってます。 ダメですね。 (ただし流通量の多い通貨に限る) 半年以上ぶりにPython触ったけどもう覚えてないね。 OANDA APIって凄く便利よ。 市場閉まってるから値が更新できないのが残念。 — Yuichiro Ikebata YuichiroIkebata OANDAは開発される方には非常にありがたい業者さんです オアンダからまた本届いたべよ。 おすすめの国内FX業者 OANDA JAPAN まとめ.

次の

OANDA Japanの評判まとめ!3つのコースの違いを徹底解説

オ アンダ ジャパン mt4

Contents• OANDA Japanの基本スペック 会社名 コース ベーシックコース 東京サーバーコース プロコース 取引種別 OTC NDD OTC 取引通貨ペア 71通貨ペア 25通貨ペア 71通貨ペア ドル円スプレッド 0. 3 pips 0. oj5k もしくは. oj1m -a01 約定サーバー設置場所 アメリカ 日本 アメリカ OANDA Japanの6つの特徴 【特徴1】 取引量に応じて3つのコースから選べる オアンダジャパンでは ベーシックコース、東京サーバーコース、プロコースの3つのコースが用意されています。 東京サーバーコースは2016年に追加された新しいコースです。 ベーシックコース・プロコースはニューヨークに、東京サーバーコースは東京に約定サーバーがあります。 また、取引通貨ペア、最大取引数量、スプレッドに違いがあります。 詳細は上記のスペック表をご確認ください。 【特徴2】 国内MT4業者最狭水準のスプレッド FX取引コストの大部分であるスプレッド。 狭ければ狭いほどいいですよね。 オアンダジャパンは日本国内の MT4採用業者の中でもトップクラスにスプレッドが狭いです。 通貨ペア スプレッド ベーシックコース USDJPY 0. 3 pips EURUSD 0. 5 pips GBPUSD 1. 1 pips AUDUSD 1. 1 pips EURJPY 0. 7 pips GBPJPY 1. 【特徴3】 約定スピードは超高速 例えスプレッドが狭かったとしても、約定が遅ければスリッページが発生して、狭いスプレッドも全く意味がありません。 オアンダジャパンは 発注からオーダー完了までのレスポンスがとにかく早いです。 オアンダジャパンは約定拒否なし、リクオートなしを全社的に掲げており、オーダーは即約定されます。 日本から取引する場合は、東京サーバーコースの約定サーバーは物理的に近いので、 約定もより早くなっています。 【特徴4】 MT4業者では国内最多!豊富な通貨ペア オアンダジャパンでは 71通貨ペアの取引が可能です。 ユーロ• ポンド• オーストラリアドル• スイスフラン• カナダドル• ニュージーランドドル といったメジャー通貨の各クロスはもちろん取り扱っています。 さらにトルコリラやハンガリーフォリント、そして メキシコペソを取引できる国内でも数少ない会社の1つです。 トランプ政権になってから激アツなメキシコペソまで取引できます。 短期トレーダーのみならず、相場テーマでポジションを持つスイングトレーダーにとっても大変嬉しいサービスとなっています。 【特徴5】 初心者にもやさしい。 1通貨から取引可能! 1000通貨からとか10,000通貨からの業者が多い中、オアンダジャパンでは 1通貨から取引ができます。 特に、FXを始めたばかりの人は、大きなロットを張るべきではありません。 「かといってデモでやるのも…」という方にはピッタリ。 自分にあったのポジションサイズで無理なくトレードをはじめることができます 2つのツールと最低取引単位の違い オアンダジャパンではfxTradeとMT4の2つのツールが用意されています。 fxTradeで取引する場合は1通貨からトレードができますが、MT4で取引する場合は1000通貨が最低取引単位となっています。 【特徴6】 グローバルにFX事業を展開 世界規模でFX事業を展開 オアンダは1995年にカナダで祖業され、世界の投資家に愛用されているFXブローカーです。 このオアンダの日本支社にあたるのがオアンダジャパンです。 全世界で高レベルの取引環境を提供しており、世界のユーザーから信頼を得ているサービスです。 数々の賞を受賞 オアンダのサービスは数多くの賞を受賞しています。 2016年だけでも下記のような賞を受賞しています。 2016 Singapore ShareInvestor Awards 「 Most Preferred Forex Provider」• 2016 Singapore ShareInvestor Awards 「 Most Preferred CFD Provider」• 2016 US FX Report 「 Highest Overall Client Satisfaction」• 2016 US FX Report 「 Best Value for Money」 オアンダは世界レベルで高品質なサービスを提供しています。 OANDA Japanの注意点 【注意点1】一度に25万通貨以上を取引するなら東京サーバーコースかプロコース ベーシックコースはスプレッドが狭いですが、1回のトレードで25万通貨までしか取引できません。 25万通貨以上の取引をするには東京サーバーコースかプロコースを使う必要があります。 正直、プロコースのスプレッドは広いです。 ドル円が0. 8pips、ユーロドルが0. 8pips、ユーロ円は1. 【注意点2】固定スプレッドの通貨は一部のみ ベーシックコースはドル円、ユーロ円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル、オーストラリア円などのスプレッドは固定されていますが、 それ以外は変動スプレッドです。 固定スプレッドで取引したい人は注意しましょう。 【注意点3】東京サーバーコースは口座開設後に追加口座から作成できる 東京サーバーコースは口座開設時に選ぶことができません。 ベーシックコースもしくはプロコースで口座開設後、追加口座として開く必要があるため、注意しましょう。 オアンダのオープンオーダー 通称: 糞ポジチェッカー は有名ですが、これがチャート上で見れるんです。 こんなかんじ。 何がいいかって、圧倒的に見やすい。 そして、毎日見てるとどの辺にオーダーが溜まってくるかがわかるようになってくるんです。 口座開設してみようと思った方は下記バナーからどうぞ。 というわけでオアンダジャパンのレビューでした。

次の

正統派のおすすめ国内業者「オアンダ・ジャパン」|てばFX 手羽その先へ

オ アンダ ジャパン mt4

には大きく分けると以下のように3種類のアカウントがあります。 プライマリー(Primary):デフォルトで存在するアカウント、取引ツールはオアンダ独自の「fxTrade」• NYサーバー:口座開設後に自分で作成するアカウント、取引ツールは「MT4(MetaTrader4)」• 東京サーバー:口座開設後に自分で作成するアカウント、取引ツールは「MT4(MetaTrader4)」 この構成は管理画面のトップページを見てもらうと分かりやすいと思います。 「Oanda Japan(オアンダジャパン)」で世界標準の取引ツール「MT4(MetaTrader4)」を使うには、口座開設後に「NYサーバー」か「東京サーバー」のアカウントを自分で作成する必要があります。 「MT4(MetaTrader4)」でトレードするなら、「プライマリー(Primary)アカウント」は無視で構いません。 「Oanda Japan(オアンダジャパン)」ではデフォルトで存在する「プライマリー(Primary)アカウント」に対して、自分で作成する「NYサーバー」や「東京サーバー」は「サブアカウント(サブ口座)」という位置づけになっています。 私の場合、口座開設してすぐに「NYサーバー」と「東京サーバー」のアカウントを両方作りました。 アカウントを作成すること自体は、上の画像のように管理画面トップページの下段メニューからサクッと簡単にできます。 アカウント作成後は、そのアカウントに「MT4(MetaTrader4)」をインストールし、入金すればトレードできるようになります。 最初はNYサーバーを使い、その後、東京サーバーに移行 私は「NYサーバー」と「東京サーバー」の両方のアカウントを作成しましたが、最初は「NYサーバー」でトレード開始しました。 2017年2月のことです。 なんとなく「為替と言えばニューヨークの方がメジャーだよな・・・」と思い、「NYサーバー」に入金し、その後は「NYサーバー」をメインとして使っていました。 しかし、どの通貨でも「東京サーバー」の方がスプレッドが狭い(=手数料が安い)ことに気づき、2018年10月から「東京サーバー」をメインに使うことにしました。 (といっても、メジャー通貨ではスプレッド差は微小ですが。 ) ただし、「NYサーバー」と「東京サーバー」では、サーバーの場所やスプレッドだけでなく、他にもいくつか違う点があります。 私は「東京サーバー」をメインに使うことにしましたが、人によっては「NYサーバー」の方が向いている場合もあります。 そこで、両者の違いをここでまとめたいと思います。 主要通貨のスプレッド (原則固定) ドル円:0. 4 ユーロドル:0. 5 ユーロ円:0. 7 オーストラリア円:1. 0 ランド円:1. 3〜2. 1 トルコリラ円:8. 0〜17. 2 ドル円:0. 3 ユーロドル:0. 4 ユーロ円:0. 4 オーストラリア円:0. 6〜0. 7 ランド円:1. 0〜1. 3 トルコリラ円:1. 9〜12. 01ロット)〜25万通貨(2. 5ロット) 1000通貨(0. 01ロット)単位 1万通貨(0. 1ロット)〜100万通貨(10. 0ロット) 1000通貨(0. 詳細はこの表の下部にて。 有効証拠金が必要証拠金を下回ることとなった場合ロスカットが発生すると損失の大きい建玉から決済される。 SELLを多様するデイトレユーザーからの評判があまり良くなかったという背景があるようです。 (1日保有しなくてもマイナスのスワップが引かれるので) BUYが多い私としては、毎日スワップポイントが受け取れる「Second by second swap」はオアンダならではの仕様と思っていて、どちらかと言うと高評価だったのですが。 ただ、確かに数分保有しただけで、マイナスのスワップポイントが発生するのは、SELLを多様するトレーダーからするとあまり良い印象はないかもしれません。 木曜日午前7時(夏時間採用時は午前6時)にポジションを保有している場合、週末の土日分を含めた3日分のスワップポイントを口座残高に加減。 (ただし、翌週月曜日等が休場の場合にはその日数に応じて調整する場合があります。 ) 私はどちらのサーバーも利用しましたが、この両者の違いで一番注目すべき点は「1回の最大取引数量」だと思います。 NYサーバーは1000通貨(0. 01ロット)から取引可能ですが、東京サーバーは1万通貨(0. 1ロット)からになります。 私が思うに、 これからFXデビューする全くの初心者なら1000通貨(0. 01ロット)で1ヶ月は練習するべきだと思います。 実際、私は最初、1000通貨(0. 01ロット)で練習しまくりました。 というのも、まずは「MT4(MetaTrader4)」という取引ツールの使い方に慣れる必要があるからです。 まれに、デモサーバーから始める人がいますが、ほとんど意味ないと個人的には思います。 なぜなら、人は実践からしか学べないからです。 1000通貨(0. 01ロット)だと、ロットが小さすぎるので、ほとんど儲からないし、ほとんど損しません。 数十円、多くても数百円の勝負になります。 そのため、全くの初心者の練習にはちょうどいいと思っています。 ただし、ある程度慣れてくると、1000通貨(0. 01ロット)だと物足りなくなってきます。 数十円、数百円儲かってもしょうがないので、なんのためにFXをやり始めたのか分からなくなっていきます。 慣れてきて物足りなさを感じてきたら、5000通貨(0. 05ロット)に増やし、その後は1万通貨(0. 1ロット)に増やせばいいと思います。 私はそうやって徐々にロットを大きくしていき、現在は3万通貨(0. 3ロット)で取引しています。 よって、全くの初心者なら1000通貨(0. 01ロット)から取引できる「NYサーバー」から始めるというのは最初の選択肢になると思います。 そして、慣れてきたら私のように、NYサーバーから東京サーバーに資金移動して、東京サーバーで取引するという選択肢もあります。 面倒だったら、最初から東京サーバーから初めてのOKです。 1万通貨(0. 1ロット)もFXのロットとしてはそれほど大きくないですから。 私は現在、 レバレッジ最大888倍の「」でFXトレードをしています。 XM(エックスエム)は海外のFX業者なので、日本のレバレッジ25倍までの規制に縛られることなく、ハイレバレッジでFXトレードが可能です。 強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが(私は300万円入金していました)、 レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分です。 つまり、 レバレッジが大きい方が拘束される資金(=口座に入金する資金)も少なくて済むということです。 「FXに挑戦したいけど十分なお金がない... お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。 いま現在、手元に現金がなくても クレジットカード入金も可能です。 さらに、XM(エックスエム)なら 世界標準のFX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」をデフォルトで利用できます。 「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「 MT4で取引するだけで勝率が上がる」と言う人もいますし、「 MT4じゃなと勝てない」と言う人もいるくらいの高性能な取引ツールです。 世界ではFX取引ツールと言えば「MT4」なのです。 さらに、 XM(エックスエム)なら口座開設で3000円受け取れ、さらに入金するごとにボーナスクレジットというトレードに使える資金を受け取れます。 私は10万円を入金して63,509円のボーナスクレジットを受け取り、163,509円からスタートしました。 海外の証券会社ですが、 日本語でのサポートも充実しています。 私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。 XM(エックスエム)の口座開設や入金方法、入金ボーナスに関しては以下の記事で詳しく説明しています。 今すぐXM(エックスエム)でFX取引したい人は、 「リアル口座」「MT4(MT5よりMT4の方が安定していて優秀)」「スタンダード口座」で口座開設することをオススメします。 口座開設に1〜2日、入金は銀行振込でもクレジットカード入金でも数分で完了するので、最短で2日後にはトレード開始できます。 日本の証券会社でFXをやりたいと考えている人なら、MT4が使える「」がオススメです。 私も以前、ここでトレードしていました。 広告にはあまり費用を使わない会社なので、日本での知名度はそれほど高くありませんが、実力&歴史ともに兼ね備えた信頼度の高いFX業者です。 ただし、レバレッジが25倍なのでそれなりの資金を入金しないと強制ロスカットにかかる確率が高くなってしまいます。 (これは日本のどのFX業者にも言えることです) 私は300万円入金してトレードしていました。 2019年にマンションを購入して頭金の支払いにまとまった資金を入れたため、FXに100万円以上の資金を入れるのは難しいので、XM(エックスエム)に20万円だけ入金してトレード技術を磨いています。 寝ている間に為替レートが大きく動いて、仮に強制ロスカットされたとしても20万円の損失で済むので、心のゆとりを持ちながらトレードと向き合えています。

次の