エアコン 鼻 づまり。 エアコンによる鼻水はいったい何が原因?解決法とともにお答えします|生活110番ニュース

エアコン掃除が簡単にできる! 効率的な方法と道具をプロが解説

エアコン 鼻 づまり

2017年もまもなく年末を迎えようとしています。 これからの季節、徐々に空気が乾燥し、気温が下がって来ます。 こうなると怖いのが、急な温度の変化によって引いてしまう風邪ですよね。 風邪は空気中のウイルスが人の鼻や喉などの粘膜に付着し増殖することで引き起こされます。 空気が乾燥してくる秋~冬は、湿度の高い夏と違い、空気の中に含まれるウイルスの数が圧倒的に増えます。 特に人混みは風邪引きの人と遭遇する機会も多くなるため、風邪予防のために冬場はなるべく人混みを避けるように気をつけている方もいます。 しかし、風邪のリスクは屋外にだけ存在してるわけではないこと、ご存知でしたか?? 実は外から室内に持ち込まれたウイルスは、そのまま室内に留まり続けるため、部屋の中であっても風邪を引くことがあるんです。 特に部屋の空気と一緒にハウスダストも本体の中に吸い込んでいるエアコンの内部には、風邪の原因となるウイルスもたくさん存在します。 今回の記事では、エアコンから出る風が原因と思われる体調不良を解消するための、家庭でもできる簡単なエアコンクリーニング方法をご紹介いたします。 エアコンが体調不良を引き起こす要因としては、以下の要素が挙げられます。 ・空気を乾燥させる ・ウイルスが含まれる空気をまきあげる ・ウイルスが含まれる空気を内部に取り込んでいる ・冷やしすぎ、温めすぎによる外気との寒暖差 まず「空気を乾燥させる」ですが、エアコンは室内の空気を内部に取り込んだあと、熱交換器と呼ばれる機会で設定温度まで空調して排出しています。 熱交換器は冷房のときは冷たく、暖房のときは熱くなる仕組みになっています。 したがって、冷房のときは水蒸気が水となって排出されてしまい、暖房のときは蒸発してしまいます。 そのためエアコンから出る風は常に乾燥しているのです。 エアコンをつけっぱなしにして寝てしまい、翌日鼻や喉の調子が変、なんて経験ありませんか?? あれは、エアコンから出る乾いた風を吸入し続けた結果、喉や鼻の粘膜が乾燥し、本来これらの粘膜がもつ免疫力か大幅に低下したところへ風邪の原因となるウイルスが付着、増加して喉や鼻の調子が悪くなっているのです。 つづいて「ウイルスが含まれる空気をまきあげる」ですが、ウイルスはとても軽いとはいえ、空気よりは重い性質がありますので、無風状態の空間では地面に落ちてしまい、空気中を飛ぶことはありません。 しかし、エアコンは室内の空気を循環させる機械ですので、エアコンから出た風が地面に落ちているウイルスをまきあげ、さらにそのウイルスが含まれる空気を内部に取り込み、吹き出し口から排出するため、エアコンをつけた室内にはウイルスがどうしても飛散してしまいます。 最後に「冷やしすぎ、温めすぎによる外気との寒暖差」ですが、外気温と室内の温度の差が出てしまうと、急激な温度変化による体温調節に身体がついていけなくなり、免疫力が低下してしまいます。 具体的にいうと、室内と外での寒暖差で身体がショックを受けないよう、寒暖差に慣れさせるため交感神経が稼働するのですが、この寒暖差が大きいとそれだけ交感神経がたくさん働かなければならなくなるため、身体や脳が疲れてしまい結果として免疫力が低下する、というメカニズムになっています。 エアコンの設定温度の上げすぎ、下げ過ぎは体調不良を招く一因となるため、体調を崩しやすい季節の変わり目などは注意が必要です。 エアコンから出る風をクリーンな状態に保つには エアコンから出る風には風邪などの疾病の原因となるウイルスが含まれていることは先ほどの項でご説明した通りです。 逆に言えば、エアコンを常に綺麗な状態に保つことが出来れば、吸入する空気の中に潜むウイルスの数を大幅に減らすことができるため、風邪にかかるリスクも減る、ということです。 この項では、エアコンの内部を綺麗な状態に保つために必要なメンテナンス、お手入れ方法についてご説明したいと思います。 2-1. エアコンフィルターを掃除する エアコンが吸い込んでいる風は、エアコンの前面についているエアコンフィルターで一度濾過され、内部に吸入されています。 このエアコンフィルターには濾過されて残ったカビの胞子やホコリ、ウイルス、建材などのハウスダストが付着し、溜まっていきます。 溜まったハウスダストはそのうちフィルターから脱落し、エアコン内部に吸い込まれて熱交換器などが汚れていきますので、定期的にお掃除してあげる必要があります。 エアコンの前面パネルを跳ねあげると、中にエアコンフィルターが入っています。 エアコンフィルターは持ち手を持って上方向に押し上げると外れます。 汚れているフィルターからはホコリなどが散りますのでエアコンの下に新聞紙などを敷いてから作業すると良いでしょう。 はずしたエアコンフィルターは掃除機でゴミを吸います。 掃除機についているブラシ付きのノズルなどでゴミを掻き出しながら吸ってあげると効率よく作業できます。 このとき、かならず表側からゴミを吸うようにしてください。 裏側から掃除機をかけると、フィルターの目にゴミが詰まってしまい、そうなると後々綺麗にするのが面倒になりますので必ず表側から吸って下さい。 エアコンフィルターは水洗いできます。 ひどく汚れている場合は水洗いしましょう。 使用する道具は、ブラシ 使い古した歯ブラシなどでもOK 、中性洗剤 バスマジックリンなど です。 エアコンフィルターを水洗いするとゴミが散りますので、お風呂場などゴミが散っても良い環境で作業することをオススメします。 エアコンフィルターの裏側から水、またはお湯をかけ、全体のゴミを流していきます。 取りきれなかったゴミは古ブラシをかけながら水洗いしましょう。 フィルターに黒い点々がついている場合、それはカビですので、洗剤を使用して綺麗にしましょう。 洗剤をかけたらブラシで擦り、網目に入り込んだカビまでしっかり洗剤を浸透させます。 表側からだけでなく、裏側からも洗剤をかけてブラシで擦りましょう。 最後にたっぷりの水で洗い流します。 洗剤が残ったままフィルターを取り付けてしまうと、洗剤に含まれるあまり人体にとって良いとは言えない化学物質がエアコンから出ることになりますので、念入りに流しましょう。 水洗いしたエアコンフィルターはすぐに取り付けせず、風通しの良い場所で1時間程度陰干し、しっかり水分を乾かしてから取り付けましょう。 濡れている状態で取り付けるとカビなどがまた繁殖するリスクが高まります。 エアコンフィルターは月に一度は掃除機がけをし、半年に一度は水洗いをするようにしましょう。 2-2. 吹き出し口を掃除する エアコンは前面パネルから空気を吸入し、熱交換器内で空調したのち、本体下部の吹き出し口から風を送り出しているのですが、この吹き出し口が汚れていると出てくる風にも当然カビやウイルスなどが混じってしまいますので、吹き出し口も綺麗にしておかないと風邪にかかるリスクが高まります。 吹き出し口のお掃除の際は、まずエアコンの運転を必ず停止しましょう。 運転中に作業すると、故障のリスクが高まるだけでなく、回転するファンで指などを怪我する危険性もあります。 必ず運転が停止していることを確認してから作業するようにしてください。 使用する道具は ・割り箸などの先の細い棒 ・ブラシ ・雑巾 です。 汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤 食器洗い用洗剤など を使用しましょう。 風向ルーバーを開き、水に浸した雑巾を割り箸などで奥へ突き込み、吹き出し口を拭いていきます。 吹き出し口の奥や風向ルーバーの隙間は狭いので、なるべく薄い雑巾 手ぬぐいなどが望ましい を使用するようにしましょう。 ルーバーの破損に注意しながら、慎重に吹き出し口を吹きます。 汚れが落ちない場合は、食器洗い用洗剤などを10倍くらいに薄めたものに雑巾を浸し、再度拭いていきましょう。 雑巾を浸す水は温度が高いほど汚れが浮き上がりやすいので、お湯を使用するのも良いでしょう。 洗剤水を汚れに垂らし、ブラシで擦ってあげるのも効果的です。 洗剤を使用した場合は、作業後に綺麗な雑巾をゆるく絞ったもので水拭きして洗剤を取り除くようにしましょう。 最後に綺麗な雑巾で乾拭きをして終了です。 3,汚れがひどい場合はプロにおまかせ ヤニ汚れ、カビ汚れ、油汚れなどがひどいエアコンは、ご家庭で綺麗にするには限界がありますので、気になる方はプロに依頼するのも手です。 プロのエアコンクリーニングは、家庭では難しいエアコンパーツの取り外し、専用洗剤の塗布・汚れの分解、高圧水による洗浄、取り外したパーツの洗浄などをやってくれます。 時間も壁掛けタイプの小型のものであれば1台1時間程度で終わらせてくれますので、それほど手間のかかるものではありません。 プロに綺麗にしてもらったその後は上記した方法で定期的にメンテナンスしてあげれば、驚くほど長い期間エアコンを綺麗な状態のまま維持できますよ。 おそうじ革命でもエアコンクリーニングを請け負っておりますので、お困りの方はぜひ一度ご連絡下さい。 お客様のご自宅に伺うスタッフも、400時間を超える研修と現場経験を積んだ精鋭たちばかりです。 ぜひ一度、おそうじ革命のエアコンクリーニングをお試し下さい! エアコンクリーニングの効果1 4. まとめ ・エアコンは空気中のウイルスやカビ、ハウスダストなどを吸い込んでいる ・エアコンが送り出している空気は、風邪などを引き起こすリスクがある ・エアコンフィルターは月に一度掃除機で吸う、半年に一度水洗いするなどして綺麗する ・エアコンの吹き出し口は先の細い割り箸などの棒で雑巾を突っ込み、綺麗する ・ヤニ汚れや油汚れがひどい場合はプロに掃除してもらうという手もある いかがでしたでしょうか?? 人が直接吸い込む風を送り出しているエアコン、綺麗な状態をキープしたいですよね。 今回書きました方法で定期的にお掃除してあげれば、夏場や冬場、エアコンをフル稼働する時期でも風邪にかかるリスクを軽減できますよ。 ぜひ実践してみてください。 それではまた次回!

次の

エアコンによる鼻水はいったい何が原因?解決法とともにお答えします|生活110番ニュース

エアコン 鼻 づまり

湿度をあげるとなぜ鼻づまりが解消されるの? つらい 鼻づまりを治すには 湿度をあげると解消されます。 その理由としては、2つの鼻づまりの原因から考えてみましょう。 一つ目の理由は花粉やウイルスなどが湿度をあげることによって、 減少するからです。 花粉やウイルスが多いと感じた時には鼻の中の空気の通り道を狭くして、通りにくくするのです。 湿度をあげるとこれらの悪さをする物質が減っていくので、 鼻の通り道が広がって鼻詰まりが解消されるのです。 また、もう一つは、周りの温度が低いと人間の身体は体温を上げようと血流が活発になります。 そのため、血管が膨れて鼻の穴の中も通り道が狭くなってしまうのです。 湿度を含んだ空気は暖かさをともなっているので、血管も元にもどり、鼻詰まりが解消されます。 お風呂に入ったときに鼻詰まりが解消されるのもこれが理由です。 平日はドラッグストアに行く時間も限られるし…。 そんなときには加湿器をつかったり、 お風呂に入ったりして 湿度をコントロールすることで、鼻づまり解消が期待できるのです! 逆に湿度が高いと鼻が詰まるのはなぜ? 反対に湿度が低いと鼻が詰まりやすくなるのは、 さきほど書いたこと 湿度UPで鼻づまり解消 と反対の条件であるということに加えて、 乾燥すると鼻水がいっぱいでてしまうからです。 乾燥して鼻水がいっぱいでる?どういうこと? 鼻から吸い込んだ空気は「気温37度、湿度100%」の状態にされて体内に送り込まれます。 その湿度を上げるのに一役買っているのが鼻水です。 乾燥した空気には、 たくさんの鼻水を使って「 湿度100%」にあげなければならないのですね。 そのため、鼻水がいっぱい鼻の中でつくられて、それが鼻づまりの原因にもなるのです。 室内なら湿度を上げられますが、外出先ならどうしたらよいの? その場合は、 マスクをして、マスク内の空気の湿度をアップしましょう。 メガネをかけた方が、マスクをしているとたまにメガネが曇りますよね。 これって、口から吐き出された空気に湿度がたっぷりと含まれているからなんです。 マスクをした状態で、鼻から吸って口から出す呼吸をすれば、湿度をアップさせることができるのです。 鼻水が出る・鼻が詰まる仕組み 鼻水は体内に入る空気の湿度を上げるために出ています。 そのため、空気が乾燥していると身体は体内に入る空気の 湿度を保つために、 鼻水をいっぱい出すのですね。 また、鼻水にはもう一つ役目があって、 鼻から体内に悪いものが入ってこないようにするために、体外に出す働きも兼ねています。 くしゃみも同じ原理ですね。 花粉や空気中のごみが多いと鼻水も増えていくわけです。 また、鼻がつまる原因は鼻水が多いことも原因になりますが、 もともと鼻は左右の鼻が交互に詰まっています。 身体に空気が入りすぎないように、左右の鼻の穴の奥が交代でわざと腫れることによって、 鼻を詰まらせて空気の量をコントロールしているのです。 鼻の穴が2つある理由がわかりましたね。 また鼻水が出ていたりしているわけではないのになぜか、 片方だけ鼻が詰まっていると感じることはありませんか? それってこれが原因なのですね。 鼻水や鼻づまりにはマイナスなイメージを抱きがちですが、身体を守る大事な仕事をしてくれていたのですね。 エアコンで鼻がつまる2つの原因 エアコンで 鼻が詰まる原因は2つ考えられます。 1つは 冷やし過ぎによる 血管の拡張。 先ほども少し触れましたが、急激に気温が下がったりすると 身体は体温をUPさせようとして、血流をよくします。 それは血管の拡張を引き起こすので、 鼻の穴の中の血管も膨らんで、空気の通り道が狭くなってしまうのですね。 2つ目はエアコンが排出している空気にあります。 エアコンは室内の空気を循環させて温めるので、室内の チリや ほこりを巻き起こします。 それが体内に入らないようにするために人間の身体は鼻の穴狭くするので、 鼻づまりの原因にもなります。 また、エアコン自体が カビを繁殖させてしまったりしていると最悪です。 カビもほこりと同じように鼻づまりの原因にもなるので、注意が必要です。 鼻づまりについてはこちらの記事もご参考に! エアコンでの鼻づまりの対処法は? 定期的なエアコンの メンテナンスが必要です。 仕事などで疲れて帰ってきて、ゆっくり休んだりしているときに、 身体をリラックスさせるためのエアコンが、 ストレスのもとになる鼻づまりを引き起こしてはイヤですよね。 女性一人でエアコンを掃除したり、フィルターの掃除をするのは難しいと思うので、 力持ちの男性に頼むか、本格的なエアコン掃除を業者に頼むとよいでしょう。 毎日働いて忙しい方にとってもアマゾンなどでも買うことができる商品を選んでみました。 ナザール• 強制的に鼻の穴の中の通り道を広げることでおなじみの商品。 あまり人前にでることは難しいですが…。 就寝時には効果抜群です! ブリーズライトすげぇ。 一瞬じゃないか。 鼻づまり一瞬じゃないか。 ブリーズライトすげぇ。 ストレスを適度に 解消し、食生活も バランスのよい食事を心がけましょう。 また、冷えには要注意ですね。 特にエアコンの温度は 28度前後に設定し、 体温の急激な低下を防ぎましょう。 職場でエアコンの温度を管理できない、彼氏が暑がるので温度を上げられない、 といった方はマスクをして鼻だけでも、体温が下がらないようにしましょう。 さらに鼻に余分な悪いものの侵入を防いでくれるので、よいと思います。 まとめ• 鼻詰まりは入浴や 湿度を上げることで解消される• 逆に 乾燥していると鼻が詰まりやすくなる• 鼻水が出る、鼻がつまるというのは実は 身体を守るシステム• エアコンの 冷やし過ぎ、エアコンによる 空気汚れは鼻づまりを引き起こす• どうしても早く鼻づまりを治したい!という方は市販薬も活用しましょう! つらくてストレスの原因にもなる鼻づまり。 でも今回ご紹介したことを少しづつ実践していただければ、解消されそうな気がしませんか? これでみなさんもイライラから解放されすっきりとした毎日を送れるようにと願っています!.

次の

夜寝る時に鼻がつまる原因・鼻づまり解消法3つ

エアコン 鼻 づまり

エアコンをつけると鼻水が止まらない原因は? エアコンをつけると鼻水が止まらなくなる原因は、主に三つ考えられます。 エアコン本体のほこり・カビ エアコンを一年以上前から使っている場合は、エアコンのフィルターや内部にほこりやカビがたまっていて、エアコンをつけることでそれらが噴き出してくることが考えられます。 室内のほこり・カビ・ハウスダスト エアコンは部屋の空気を循環させてますので、床や家具の上のほこりやハウスダストが舞い上がってしまいます。 寒暖差アレルギー 気温差や刺激物が原因となって起こるアレルギーに似た症状で「血管運動性鼻炎」と呼ばれます。 鼻水・鼻づまり・くしゃみが主な症状ですが、検査をしてもアレルゲンが特定されないのが特徴です。 エアコンをつけた時だけ鼻水がひどい症状は、エアコンをとめれば治ってしまうのもよくある特徴です。 ハウスダストやカビなどのアレルギーが原因であることが多いのですが、「過敏性肺炎」など他の病気が隠れていることもあります。 アレルギーを持っている人も持っていない人も、エアコンで鼻水がひどくなる時には一度病院で検査を受けてみるようにしましょう。 エアコンで鼻水 新品なのにどうして? 掃除もしっかりしているし、エアコンも新品なのに鼻水が止まらない場合もありますね。 こちらも考えられる原因は主に三つです。 室内のハウスダウト・カビなどがエアコンで舞い上げられている。 掃除をきちんとしていても、ハウスダストやカビを完全に取り除くことはむずかしいものです。 寒暖差アレルギー 温度差や室内のアレルゲンが原因となっている可能性があります。 エアコンの塗料などの化学成分に反応している。 新品の電化製品の何かの成分が原因になっている可能性があります。 新品のエアコンであれば、エアコン本体の汚れということは考えにくいので、別のところに原因があると言えます。 エアコンで鼻水が止まらなくなる原因は、エアコン本体の汚れだけではないんですね。 エアコンで鼻水が出る時の対策は? エアコンで鼻水が出る時の対策は、まずは体質やアレルゲンを特定することがポイントです。 その上で、原因となるものに対策をとっていくようにしましょう。 エアコン本体が原因の場合 フィルターはこまめに掃除するようにします。 内部のフィンやシロッコファンにもカビや汚れがついています。 フィンはフィルターを外すとみえるアルミの網状の部分ですので、市販の洗浄剤を使うことができます。 特に汚れがひどいのがシロッコファンですが、こちらの掃除はなかなか大変です。 自分で養生してコツコツやることもできなくはなさそうですが、業者に頼んでしまった方が確実だと思います。 専門のエアコンクリーニングは2~4年に一回を目安に頼んだ方がいいようです。 汚れがたまってきているようであれば、健康のためにも一度クリーニングを依頼してみることをおすすめします。 室内のハウスダスト・カビが原因の場合 室内の掃除はもちろんですが、換気をすることがポイントです。 エアコンのつけ始めに窓を開けて換気するようにすると、室内のアレルゲン等を減らすことができます。 新品のエアコンの場合は、換気をしながら風量最大でスイングモードにすることで、においなどもとばすことができます。 寒暖差アレルギーの場合 寒暖差アレルギーの原因ははっきりとはわかっていませんが、気候の変化や刺激物への反応以外にも、自律神経の乱れが一つの原因ではないかと言われています。 自律神経を整えることで、症状を緩和する効果が期待できます。 規則正しい生活、バランスのとれた食事、軽い運動などで体調を整えるようにしましょう。 寒暖差アレルギーの治療は、内服薬や点鼻薬、ひどい場合にはレーザー治療や粘膜切除などの手術が行われることもあります。 寒暖差アレルギーは耳鼻咽喉科で検査や治療を受けることができます。 アレルゲンがわからない時には、耳鼻咽喉科で診てもらうことをおすすめします。 終わりに エアコンをつけると鼻水が止まらない時の原因と対策についてご紹介してきました。 暑いのもつらいけど、鼻水がひどいのもつらいものです。 病院で検査を受けて適切な対策をとることで、暑い夏をエアコンで少しでも快適に過ごせるといいですね。 好きなことは、字を読むこととたくさん寝ること。 活字中毒&スマホ中毒を活かして、いろいろな情報を徹底的に調査・発信していきます! 最近の人気記事一覧• カテゴリー• 最近のコメント• に まみこ より• に 零 より• に まみこ より• に すごい漢 より• に まみこ より メタ情報•

次の