生理前 眠い 対策。 眠さに打ち勝つ!生理前のどうしようもない眠気とだるさ対策

【医師監修】生理前眠いのはどうして? 眠い時の対策も知っておこう|ウーマンエキサイト(1/2)

生理前 眠い 対策

この記事の目次• 生理前に眠気を感じる原因 まずは、どういったことが原因で眠たくなってしまうのか原因を知りましょう。 生理前は、プロゲステロンの分泌量が一時的に増加する時期です。 プロゲステロンが増加すると、体の温度が高くなるという働きが作用します。 人間は睡眠をする際に、体の温度を下げることで眠りへと誘導しています。 しかし、プロゲステロンの作用により、体の温度が高い状態のまま保たれてしまうという事が起きてしまいます。 そうなると、なかなか体の温度を下げることができなくなって、入眠時間が長くなってしまうことで、質の高い睡眠を確保することができなくなります。 いつもであれば、十分な時間の睡眠量でも睡眠の質自体が下がってしまうと、眠気が日中に現れてしまうのです。 これが生理前に眠気を感じてしまう原因に繋がってしまうのです。 月経前症候群の症状の一つに、強い眠気があります。 これは、プロゲステロンが分解されることにより発生する「アロプロゲステロン」というホルモンの作用なのです。 アロプロゲステロンには、強力な催眠効果があります。 この催眠効果は個人差はありますが、しっかりとした睡眠を取っても眠くなってしまうことはあります。 もちろん生理が始まれば自然と元の体調に戻る場合が多いのであまり不安になる必要はないでしょう。 それにより、体が大きなストレスを感じてしまうことで日中の眠気を感じてしまう場合があります。 ストレスを抱え込んだ体は、質の良い睡眠を確保しづらくなるのです。 自律神経が乱れてしまうことで、交感神経が優位の時間が続いてしまい、入眠時間が長くなります。 また、睡眠中もレム睡眠の割合が多くなってしまうことで、十分な睡眠をとることができなくなります。 寝不足な状態が続くことに対して、ストレスを感じてしまうという負の連鎖が起きることもあります。 そうなると、どんどん眠気は強くなってしまいます。 生理前にイライラしてしまう女性は多いですが、あまりストレスをためないようにしてください。 生理前の眠気の対策方法 眠たくなってしまうのを事前に防ぐのは難しいかと思います。 眠気を感じた際に、どのようにすれば良いかを紹介するので、ぜひ試してみてください。 生理前にぜひとも摂取したい成分は、月経前症候群を緩和する働きのある 「ビタミンB6」睡眠の質を上げるセロトニンを作成する 「トリプトファン」ホルモンバランスを安定させる 「大豆イソフラボン」イライラするのを軽減できる 「カルシウム」の4つの成分です。 「ビタミンB6」 レバー・ニンニク・干し椎茸・かつおetc 「トリプトファン」 牛乳・まぐろ・たまご・アーモンドetc 「大豆イソフラボン」 豆腐・納豆・豆乳・みそ・おからetc 「カルシウム」 えんどう豆・煮干し・ごま・干しえびetc 以上が代表的な食品です。 これらを偏ることなく、バランスよく摂取することを心がけてください。 食事で注意してほしいのが、眠たいからといってカフェインを過剰に摂取することは避けてください。 あまりの眠たさにコーヒーを何本も飲んだりしてはいませんか? カフェインは月経前症候群を悪化させる恐れがあります。 また、日中飲んでしまったコーヒーにより、夜の睡眠を邪魔している可能性があります。 なるべく飲まないようにしましょう。 まず、運動をすることで体が程よい疲労感を得ることができます。 それにより入眠時間を短くすることができます。 また、運動することで血行を促進することができるので、新陳代謝がアップして睡眠の質を高くすることができます。 運動するタイミングは、眠りに入る3時間くらい前がベストだといえます。 夕食後、消化のために1時間置いてから運動を行うのが良いでしょう。 運動をして一時的に体温を高め、ちょうど体温が下がってくるころにベッドに入るようにしましょう。 まず、寝る時間と起きる時間を常に一定にしましょう。 休みの日や、疲れているからといって、就寝する時間や起きる時間がバラバラだと眠気を解消するのは難しいといえます。 また寝る前に携帯電話やスマートフォンをいじるのは避けてください。 スマホに含まれるブルーライトには脳を活性化させる作用があるので、興奮状態のまま眠りにつくことになり、睡眠の質を低下させる原因になります。 さらに、早起きをして太陽の光を浴びることを意識しましょう。 太陽の光にはセロトニンの分泌を活発にする働きがあります。 セロトニンは体内時計を調整する働きがあり、睡眠の質を高めてくれる効果があります。 早起きすることは、睡眠にとっては非常に重要なことだといえるのです。 入浴をすることで、体温の上げ下げをスムーズに行うことができるので、眠りに入る時間を短くすることができます。 さらに、リラックス効果もあり、ストレスの発散もできるので、寝ているときもレム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく行うことができます。 そうすることで、交感神経優位の状態から、副交感神経が優位な状態になるので、体が休もうとして質の高い睡眠を得ることができるのです。 また、入浴には体の疲れを取り除く役割もあります。 疲労が蓄積していると、日中に眠気を感じる原因になります。 こういった面から、生理前の眠気は対策として入浴は高い効果を得ることができるといえます。 眠たいからといってシャワーだけで済ませて早く寝るよりも、しっかり湯船につかることを意識しましょう。 眠気を解消する効果のあるツボを紹介します。 ・百会(ひゃくえ) 頭の真上部分にあるツボです。 脳の血行を促進する効果があり、眠気を解消してくれます。 ・風池(ふうち) うなじ付近の出っ張った骨のくぼみに位置するツボです。 こちらも頭の血行を活性化する効果があるので、脳の働きを活発にしてくれます。 以上が眠気に効果のあるツボです。 眠たいと思ったら定期的に押してみましょう! まとめ 生理前に眠気を感じる原因 ・体温の変化により、入眠時間が長くなり寝不足になっている ・アロプロゲステロンの分泌による催眠効果 ・ストレスにより睡眠の質が低下している 生理前の眠気対策 ・食事により睡眠の質を高める ・運動をして入眠時間を短くする ・睡眠の質を高めるようにする ・入浴することで、体温調整をスムーズに行えるようにする ・眠たいときはツボを押す 以上が今回の記事のまとめになります。 生理前の眠気は、アロプロゲステロンの分泌と、睡眠の質が低下することが主な原因です。 睡眠の質が低下するのは、様々な対策によって改善することができます。 普段の生活の中で、自分が取り入れやすい方法を試してみましょう。

次の

生理前のだるい・眠い症状を緩和する4つの対策法

生理前 眠い 対策

見出し• 仕方ないけど・・・生理前は眠い・・・・ 生理前になるとやってくる眠気!しっかりと寝ているはずなのに眠くてたまらない・・・。 そしてカラダも、なにかだるい感じがする!こんな生理前になると必ずやってくる眠気はどれだけ寝ても寝たりないものです。 またカラダがだるいだけでなく、心の不調からイライラしやすい上に人によっては、吐き気までする人もいます。 そしてとくに眠気を感じる人はじつに80%以上の人が眠気を感じることもわかっています。 一体これはどういうことなんでしょう!! 生理前って、どうして眠くなるの?! 生理前になると睡眠の状態に変化を生じる人はかなりの女性に現れる特徴です。 こういった強い眠気に悩まされることを「月経関連過眠症」といいます。 この月経関連過眠症によって41%の女性が月経に関連して睡眠に変化をおこしています。 またそれだけでなく、心身に不調をきたす月経前症候群(PMS)がある人は30%~80%もいることがわかっています。 このことからも分かるとおり、かなりの女性が月経による悩みを抱えていることがわかると思います。 女性ホルモンと睡眠の関係性って! 月経の周期には「卵胞期」と「黄体期」の2つに分けることができます。 月経から排卵までを卵胞期と呼び、排卵から月経までを黄体期と呼びます。 そして睡眠と深く関わるところが黄体期にあり、黄体期には女性ホルモン(プロゲステロン)が血液中の濃度が高くなります。 普段私たちのカラダは睡眠に入ると体温が下がり、日中は活動するために体温が上がります。 つまり夜になるにつれて人は体温が下がり眠る準備をするわけです。 しかしプロゲステロンの働きには、体温を上げる働きがあり、1日をとおして体温の変化が小さくなり、睡眠と活動のメリハリがなくなってくるのです。 つまり一日の中での体温の変化が少ないとこで、夜に寝ようと思っても中々思うような睡眠を摂ることができなくなるのです。 夜の睡眠の質が大きく低下することを意味するということです。 これが昼の間でも眠気がとれない原因になっているのです。 またプロゲステロンには催眠効果もあります。 夜に質の悪い睡眠によって日中の眠気を感じやすいだけでなく、そもそも プロゲステロンには催眠作用もあるために余計に眠くなってしまうのです。 血糖値も眠気の原因に?生理前に気をつけること! 生理前になると眠たくなると思いますが、その眠気に関係していることには、普段の食事で上がる血糖値も関係しています。 これは生理前や生理中と関係なく眠気がくるもので、食事をしたことによって血糖値が急激に上昇します。 この上昇した血糖値がそのあとに急激に下がる状態になることで、いわゆる低血糖になることが眠気に繋がることもわかっています。 つまり血糖値の 急激な乱高下を予防できれば眠気を抑えることができるのです。 その血糖値の乱高下を防ぐためには 糖質制限をすることです。 とくに日中の活動しなければならないような時間帯では、炭水化物などの糖質をできるかぎり制限をすることが望ましいです。 また急激な血糖値の上昇を予防するためには、食事の中で食べる順番を意識して変えることも必要です。 そのために 糖質の吸収を緩やかにする方法は野菜から食べることです。 また特に朝食を食べない人も多いかもしれませんが、朝食を抜くことで、昼食を食べると血糖値の上がり方はわかりやすいほど上昇していきます。 ここに野菜から食べることで緩やかにはできますが、 朝食から野菜を先に食べることで昼の食事、夜の食事と血糖値の上がり方が大きく変わり緩やかにすることができます。 そして糖質はなるべく制限をすることです。 眠さが発生する時期はいつから そもそも眠気がいつごろから発生しているのか気になりませんか?!漠然とした答えには生理前からというのが正しいことですが、この眠さが発生する時期は体温が高くなる時期から低くなる時期に眠くなります。 その時期というのが生理2日~7日前になります。 眠気を起こすプロゲステロンというホルモンが排卵後から生理前にかけて分泌量が増えます。 この排卵後から生理前に眠気を始め月経前症候群の不調がでやすい時期でもあります。 月経前症候群(PMS)の主な症状は? 【カラダに出る不調】• 肌荒れなどのニキビ• 体重増加• 眠気や不眠• のぼせ• むくみ• だるさ• 胸のハリ・痛み 【ココロに出る不調】• イライラする• 集中力の低下• 人にあたる• 情緒不安定になる• 落ち着かない• 怒りっぽい みんなが試した眠気対策!効果はあるの? ここでは生理前の眠さになんとか対応しようとした女性たちが行った軽減策を紹介します。 またここで紹介した方法に効果があったのかどうかも紹介します。 エナジードリンク エナジードリンクを飲むことで仕事や家事、その他の1日をなんとかして乗り切りたいものです。 しかしエナジードリンクにも効果のあるものとそうでないものとがあります。 まず眠気を覚ましてシャキッとさせたいためにカフェイン入りのエナジードリンクを飲みたいところですが、これはかえって 生理痛を悪化させる事態を招きます。 その原因には女性の生理痛がひどい人に多いのが身体の冷えだからです。 カラダの冷えと生理痛の関係性にはプロスタグランジンというホルモンが関係しています。 プロスタグランジンの役割には、血管を拡張させたり、筋肉を収縮させる働きがあります。 つまり 生理がスムーズにいくように働きかけるためのホルモンです。 しかしカフェインにはカラダを冷やす作用があるために、カフェインを摂ることでカラダが冷えると、血管の拡張や筋肉の収縮運動をうまくコントロールしにくくなります。 そうすることでプロスタグランジンホルモンは作用させようと活性化します。 この活性化によって痛みを感じやすくなり生理痛を悪化させてしまうのです。 そしてもう一つはカフェインは神経を刺激させることがわかっています。 つまり生理前からイライラすることに追い打ちをかけるはめになってしまうため、カフェインが含まれたエナジードリンクはやめておいた方がいいでしょう。 もし エナジードリンクを飲むのであれば、「ビタミンB6」「ビタミンE」が含まれたものでノンカフェインであるものを選ぶことです。 ビタミンB6にリラックスさせる働きとビタミンEには血流を促す作用があります。 この2つの成分が含まれるものを選ぶとよいです。 コーヒーを飲む コーヒーを飲むことで一時的に効果はあるようですが、あくまで一時的なものでしかありません。 また絵ねジードリンクほどカフェインは含まれていませんが、摂りすぎることで冷えを招くことにもなるためにおすすめはできません。 諦めて寝る じつにシンプルでわかりやすいことですが、これをしている人がかなり多いということがわかっています。 特にちょっとした合間に少しの時間だけでも寝ることで頭がすっきりすることもあるようです。 カラダを動かす 生理前からカラダに不調を感じるようなPMS症状がでていれば、軽い運動をすることは効果的です。 ただ、カラダに不調がでているのに動きたくもないと感じるかもしれませんが代謝を促すことにも繋がり、また気分転換にもなります。 また中にはカラダに刺激を与えたり、歌を歌ったりをする人もいますが、それよりもカラダを動かすほうが効果はあります。 ストレッチするだけでも十分ですし、散歩やヨガといった軽めの運動でもれフレッシュと緩和をすることができます。 生理前の眠さを解消する方法は 仮眠をとる 生理前の眠気をいくら我慢しても眠たいものはかわりません。 そんな時は思い切って仮眠することも一つの手段です。 特に 眠気を解消させる意味での 仮眠は15分~20分程度の仮眠をすることです。 たとえば昼寝をした時に寝過ぎたことがあると思います。 ついつい寝過ぎたがために起きた時にカラダがだるいと感じる経験をした人も多いと思います。 こうしただるさを感じるのは、仮眠ではなくただ深い眠りにはいっただけなのです。 眠気を解消させる目的での仮眠であれば生理前の眠気を解消することができます。 またどうしても仮眠が摂れない状況の場合には、ただ 目をつむりカラダを休ませる静かな環境を作るだけでも違います。 こうすることで脳に休息を与えることができ、仮眠ほどではないにしても眠気を改善することもできるようになります。 ただ仮眠で気をつけなければならないのは仮眠をとる時間帯です。 夕方の時間帯でとくに 17時以降に仮眠をしてしまうと、夜の睡眠自体にも質の悪い睡眠になってしまい悪循環になります。 17時以降の仮眠はしないようにしてください。 ガムをかむ 眠気覚ましにガムは定番かもしれません。 しかしそれだけ効果のある証拠でもあります。 とくに生理前に対してもガムをかむことは効果的です。 ガムをかむことで脳が刺激され、脳の血流もよくなることから目をさましてくれます。 またガムでも特におすすめしたいガムは メントールが含まれているような刺激できるガムで覚醒効果も狙えます。 またガムも長時間かんでいると味がなくなってくるために、味が長続きするタイプのものを選ぶ事とガムの中でも食感がしっかりとしているものを選ぶとよいです。 ただ気をつけなければならないのは、カフェインが含まれるようなガムはPMSを悪化させることになるので控えておいてください。 手を水で冷やす プロゲステロンの働きによってカラダの体温が上がると、どうしても眠たくなってしまいます。 普段でも眠気がくると体温は自然と上がるように生理前も同じことが言えます。 つまりカラダが眠りに入ろうとしているためにカラダもリラックスした状態にあります。 こういった時には冷やすことで眠気を解消することができます。 手を水で冷やすこともそうですが、首に冷たいものを巻いておくことでも冷やすことはできます。 そうすることで眠気をとばすことができます。 ストレッチをする ストレッチをすることで眠気だけでなくPMS症状を緩和することもできます。 ストレッチにやり方はとくに決まりはありませんが、外出先で中々ストレッチが難しい場合には、ただ背伸びをするだけでも十分です。 また大きく深呼吸をするだけでも眠気覚ましには効果的です。 またPMS症状を緩和する目的でも腰回りを動かすストレッチも有効な方法です。 参考動画はこちらを確認してください。 また就寝前にストレッチをすることも質の高い睡眠を摂るためにも必要なことです。 就寝前にするストレッチにはダイエットにも美容にも繋がる効果があります。 ツボをおす 眠気を抑えるために効果的なツボがいくつかあります。 fukurow. jp 合谷はいわゆる万能ツボと呼ばれるツボで眠気覚ましはもちろんのこと、頭やカラダの血行をよくするツボでもあります。 そもそもは全身の痛みをやわらげる効果があることからもおすすめです。 ツボの位置は親指と人差し指の骨が重なる部分よりもやや人差し指側の骨の下に位置しています。 眠気を覚ますだけでなく、イライラ感を和らげてもくれるツボです。 位置は中指の爪の付け根より、2cm~3cmほど人差し指に移動したところにあります。 眠気を抑える飲み物を飲む まず眠気を抑えたいがためにカフェインを摂ることは、これまでにもお話ししてきたとおりNGとなります。 そのかわりの眠気を覚まさせるためにも特におすすめしたい飲み物は ハーブティーです。 カフェインは生理痛を悪化させるだけでなく、夜の睡眠の妨げにもなります。 とくにカフェインと聞くとコーヒーをイメージする人もいますが、日常的にもコーヒーはよく飲まれるものです。 しかしカフェインの摂り過ぎはよくありません。 また夕方以降に飲むことも同じように夜の睡眠にも関わってくるために気をつけなけれななりません。 それに比べてハーブティーにはカフェインが含まれていないために、こういった心配もなく夜の睡眠を妨げるようなことにはなりません。 またカフェインが含まれていない分、飲みすぎる心配もなく、また時間にも左右されないために、いつでも手軽に飲むことができるのでおすすめです。 その中でもおすすめできるハーブティーは レモングラス、ペパーミント、ジャスミンです。 ハーブティーに含まれるさわやかな香りによって眠気を解消しリフレッシュさせてくれます。 生理前の眠気!改善する生活習慣とは 夜によく眠るためのアロマ 生理前はホルモンの関係で夜の睡眠の質が浅くなり、しかkりとした質の高い睡眠を摂ることが難しくなります。 そんな時には眠りをよくするアロマを活用するとよいです。 とくに睡眠に関わるためには安眠効果のあるアロマやリラックス効果のあるアロマを嗅ぐことで眠りにつきやすくしてくれます。 その中でもおすすめできるアロマが ラベンダーの香りと オレンジやネロリの香りです。 また眠りやすくするためにもアロマ以外にも 部屋の照明を暗めにすることも眠りに関係するメラトニン物質が分泌されやすくなり寝つきをよくしてくれます。 テレビやスマホは控える 人は自然と夜になるにつれて、メラトニンという物質が分泌されることによって夜に眠りやすくなります。 このメラトニンは睡眠ホルモンの一種で、このメラトニンによって体内時計が正常に機能しているのです。 しかし、睡眠を摂る時間帯に寝るまでテレビやスマホといったものを見続けていると、メラトニンが分泌されずに中々眠りにつくことができなくなります。 このスマホの照明やテレビの明るさに関係しているのがブルーライトです。 ブルーライトは夜に長時間目に入ることでメラトニンの分泌を抑制させてしまうことがわかっています。 つまり体内時計が狂い睡眠の質が落ちてしまうのです。 これは ブルーライトが太陽の光と近い性質をもっているからなのです。 つまり夜の時間に太陽の光を浴びているようなもので、これが「今は寝る時間ではない」と脳が間違って判断してしまうことで夜に中々寝付くことができなくなるのです。 生活リズムは正しく 生活リズムを正しくするためということは睡眠と深く関係しています。 とくに質の高い睡眠を摂れている人ほど生活リズムも整っていることがわかています。 とくに就寝時間が毎日ほぼ同じの人ほど眠りも質の高さがあります。 とくに睡眠に関してはゴールデンタイムにしっかりと寝ていることが重要です。 1日の仕事の疲れや運動などによって疲労がたまったものをこのゴールデンタイムにしっかりと寝ていることで解消することができます。 またとくに生理前からPMS症状が出る人にとっても症状が緩和することもわかっています。 生理前はどうしてもプロゲステロンの働きによって眠りが浅くなりがちです。 しかし体内時計を保つためにも質の高い睡眠を摂らなければなりません。 22時~2時の時間帯こそしっかりと睡眠の入るためには欠かせない時間帯です。 太陽の光を浴びる 生活のリズムを整えるためにも太陽の光を浴びることは非常に重要なことです。 人の生活のリズムは体内時計によって調整されています。 そしてこの体内時計は太陽の光を浴びることによってリセットされ、毎日の生活のリズムを作ってくれています。 太陽の光と聞くと、どうしても紫外線によるシミやシワと肌にとっては困ったものとしか感じることができないかもしれませんが、太陽の光は毎日しっかりと起床後に浴びることが大切です。 朝日を浴びると言う事は夜の睡眠の質を大きく左右します。 これは朝日を浴びてから14時間~16時間後にメラトニンという睡眠に関わるホルモンが分泌されることで、その日の夜の入眠時間が決まってきます。 逆に夜寝る前にスマホやテレビを控えなければならないと言われているのはこの為なのです。 ストレスを解消させる 生理前からイライラしやすい女性は多いと思います。 とくにPMS症状のある場合は、ストレスによる影響はかなり大きいといえます。 ストレスによって自律神経が乱れることで心身に様々な症状が現れることにもなるために自分にあったストレスを解消する方法を見つけることが大切です。 そのためには、まずは家の中を自分好みな香りで包み込む空間作りをすることもいいでしょう。 こういったリラックスできる環境を変えてみることから始めるのもいいかもしれません。 また食事の中からはイライラを落ち着かせる食材を取り入れたメニューを食べることも必要です。 【生理前のイライラを落ち着かせる食材】• ひじき・ブロッコリー・さつまいも・さといも・バナナ・アボカド・グレープフルーツ• 青魚・アマニ油・豆腐・納豆・玄米・ホウレンソウなど またとくにおすすめなものが豆乳です。 豆乳には生理痛を緩和させる働きだけではなく、美容やダイエットにも役立つ効果がたくさんあります。 鉄分を摂る 生理前や生理中にイライラしたりする原因の一つに貧血があります。 生理前になると貧血になりやすくなるのには、血管が子宮に集まることで、脳にいくはずの血液分までが子宮に集まることで、脳へ血液が供給する量が減ることで貧血になります。 実際にはこの量では貧血にはならないはずですが、毎月の生理による出血であったり、食事のバランスの悪さ、ダイエットによって鉄分不足になりやすいことがわかっています。 そうならないためにも日頃から貧血を意識して食生活にも注意することが必要です。 ただ貧血だから鉄分を補えばよいということにはなりません。 食事はバランスよく摂ることで鉄分の吸収も上がります。 運動をする 生理前の運動はちょっとすすまないと思うかもしれません。 しかし生理前だからこそ運動は生理による症状を緩和することもできます。 また生理前は不快な症状に見舞われる時期ですが、そんな中でもできる運動をすることでイライラを解消したりリラックスできたりとすることができます。 生理前にできる運動となると限られてきますが、その中でもおすすめなのは 軽い運動です。 ストレッチを始めとし、ウォーキングや軽いジョギング、ヨガなどがおすすめです。 ポイントは無理せずに疲れがでない程度の運動量ということです。 こういったことに共通する運動として 有酸素運動になります。 生理前になるとセロトニンの量が減少することでイライラしたり様々な心身の症状を引き起こします。 しかし軽い運動をすることでセロトニンを作りだすことができます。 また外に出ることで太陽の光を浴びることもできます。 外に出て有酸素運動をすることで緩和できます。 これが生理前の症状を緩和してくれる理由です。 また特に排卵日付近での運動が効果的だといわれています。 これは生理前になるとカラダの代謝機能が低下していきますが、逆に排卵日付近では男性ホルモンが最大に分泌される時期でもあり、この時期に運動をすることで筋力をアップさせることができ、代謝を上げやすくできるのです。 カフェインは控える これまでにもお伝えしてきたとおり、カフェインは眠気をさましてくれる反面、生理前にはあまり摂らない方がいいものでもあります。 カフェインは冷えを招くだけでなく、貧血を招き、ビタミンやミネラルの吸収を妨げることもわかっています。 カフェインは生理前の症状を悪化させるため、カフェインの摂取は控えておいた方がよいでしょう。 生理が始まったけど眠気が治まらない! 生理前から眠気が続き、ようやく生理が終わった!ですが生理後になってもまだ眠気が続いている場合にはいくつか原因があります。 妊娠初期の可能性も!? 生理前は眠気が強く様々な症状をもたらしますが、その中でも眠気に関しては生理が始めると眠気の原因にもなっているブロゲステロンの分泌が減っていくために眠気は治まるはずです。 しかし、その後も眠気がおさまらずに続く場合で 2週間以上続くような時は、妊娠をしている可能性も考えられます。 妊娠をすると高温期が続くので体温を測って確認するか、妊娠検査薬や婦人科への受診も考えなければなりません。 過眠症かも?! 過眠症とは夜にしっかりと睡眠を摂っているにも関わらず、日中に強い眠気が生じてしまい起きていることも辛い状態になることを言います。 生理開始後からも眠気がおさまらない場合には睡眠障害も考えられるために一度受診することも考えておいたほうがいいかもしれません。 この過眠症の特徴には、いくつか種類があり難しいところもありますが、眠気と居眠りを繰り返す事と居眠りをすると長くても30分以内の短い時間で眠る場合や1時間以上眠り続けても、しっかりと覚醒することができない場合があります。 過眠症の原因にもいくつかあり、個人で判断することはまず不可能だと思ってください。 生理後からも眠気が変わらないようであれば受診を検討することが改善するもっとも近道になります。 まとめ 生理前に起こる眠気にもただ生理なのか、病気が関係しているかにもよりますが、普段の生理前にくる眠気であれば、普段の生活から見直すことも大切なことです。 生活習慣を見直すことを基盤として日常生活を見直すことが肝心です。 そしてみんなが試した眠気対策の嘘と本当のところからも正しいことがわかるようになると思います。 そして正しい生理前の眠気の対策法を知ることで大きく改善し、解消することもできるようになるかもしれません。 まずはできる範囲から改善していくことで、少しずつ生理前の眠気対策ができてくると思います。 そして同時に生理前の症状とうまく付き合い、向き合いながら進めていってみてください。

次の

生理前に眠くなるのはどうして?自分でできる対策紹介!

生理前 眠い 対策

PMSの自分のタイプを知っておきましょう! From Getty Image 生理開始の約3~10日前から始まる心と体の不調で、生理開始とともに消失する症状がPMS(月経前症候群)です。 あなたのPMSのタイプがわかります。 体、心、行動の中で合計が6点以上なら、そこが強く出やすいタイプです。 タイプによって対処法を変えてみます。 体のトラブルタイプは、運動と休息、食の改善が効果的。 心のトラブルタイプは、リフレッシュ、栄養が大切。 行動のトラブルタイプは、ゆったりモードでストレスフリーが大事です。 【体のトラブルが多い人】 適度な運動をして、休息もきちんととることが大切です。 体を動かして汗をかいて、湯船につかって、早く寝ます。 食事は、朝食抜き、おやつの食べすぎに気をつけます。 バランスのいい食事をできるだけ1日3食摂るように心がけて。 PMS期には、ビタミンとミネラルが不足しがち。 ビタミン、ミネラルを上手にとって、塩分や刺激物を控えた食事に変えることで、むくみや肌荒れの解消につながります。 意識してリフレッシュ&リラックスを心がけて。 完璧にこなそうとせずに、つらいときは肩の力を抜いて自分を甘やかして。 仕事中、気持ちのリフレッシュを意識的に行ったり、家ではリラックスして好きなことをして過ごす時間をとるようにしましょう。 睡眠不足は大敵です。 PMSの時期だけでも、ゆったりモードでストレスを溜めこまずに、なるべく気楽に過ごすようにしましょう。 大切な仕事は、後回しにしたり、旅行や出張の時期を生理後のスケジュールに入れ替えるなど、無理をしないように。 周りの人に理解してもらえるよう、不調を伝えるのも大切です。

次の