数珠 が 切れ たら。 すべてわかる!「数珠」の意味、持ち方、選び方

数珠が切れたらどう処理すればいいのですか?

数珠 が 切れ たら

葬儀・葬式で数珠は必要なのか 数珠について考えるタイミングは葬式に参列することになった時だけだと思います。 通夜・告別式に参加するときの服装や持ち物を考える流れで、数珠についてもその必要の有無が気になります。 結論から言えば、 数珠は必ずなければいけないものではありません。 実際に葬儀に参加しても、数珠を持っている人持っていない人とで分かれます。 そして、数珠を持ってきている人であっても、しっかりと宗教的な意味を重んじて持ってきているというよりは 「とりあえず必要そうだから一応用意している」くらいの感覚の人が過半数でしょう。 数珠を持っていないからといって、苦言を言われるということはないかと思いますが、念の為一つ持っておくのは悪くありません。 やはり、 合掌や焼香のときは数珠があったほうが様(さま)になります。 一つ購入しておけば、ほぼ一生使えるものですし保管の場所に困るものでもありません。 せっかく数珠が必要になった機会ですので、もし持っていない人は自分用に購入を検討してみると良いと思います。 数珠のマナー基礎知識 数珠を用意する前の参考にしてください。 まずは宗派を確認する 数珠の購入や使い方を考える前に、 まずは自分の宗派を確認する必要があります。 それは 数珠の種類や持ち方などが各宗派ごとに異なるからです。 もしも正式な数珠を選んだり、使い方を学びたいのであれば自分の宗派を確認しましょう。 宗派がわからなければ、親族に尋ねたり、仏壇の仏具やお世話になっているお寺を確認することで知ることができます。 ただ、一般的にはそこまで数珠にこだわる人は少数派だと思います。 最低限、「日本の葬儀に参列できるくらいの形を取れたらいい」のであれば必ずしも宗派がわからなくても問題はありません。 数珠の由来 数珠は念珠(ねんじゅ)とも言います。 正式な数珠は粒が108つで出来ています。 煩悩の数と同じですね。 数珠が生まれたところまでさかのぼってしまうと諸説あって正確な情報がわかりませんが、 仏具としての使われ方としては数を数えるための道具です。 数珠を一つずつずらしながら念仏を唱えることで、108回まで数えることが出来ます。 現代では実際に108回まで念仏を唱えることはほぼありませんが、もともとはそういった使われ方をしていた仏具です。 数珠は本連と略式とがある 珠(たま)が108個ある数珠はとても長いので、輪を二重にして持つことから二連と言います。 これが本連です。 これが略式。 一連です。 特別、家系的に宗教にこだわりがあるなど理由がない限りは略式の数珠で大丈夫です。 少なくともこのページを読んでいただいている状況であれば、本連を使う必要はないでしょう。 もし、そういった本格的な家系に育っているのであれば、既にいろいろと知識を叩き込まれているはずですから。 数珠の値段はピンキリ 数珠の値段は本当に安いものから高価なものまで様々です。 アクセサリーや宝石などと一緒で使われている材料に値段が左右されます。 プラスチック製の1000円以内で買えるものから、貴重な石・木材でできた数十万円するものまであります。 日常的に使ったり身につけたりするものではありませんので、 相場というものが存在しません。 最低限 明らかに安っぽく見えるものを避ければ問題ないでしょう。 実際に、他の人が持っている数珠を見ても安いのか高いのかわかりませんよね。 男性用・女性用の違いは珠の大きさ 石の種類とか宗教とかわからない初心者(ほぼ全ての日本国民)にでもわかるので、男性用と女性用です。 単純に珠のサイズが異なります。 男性の方がちょっと大きくて、女性用の方が少し小さい。 数珠を購入するときは男性用・女性用に分かれているので、どちらを購入すればいいかは簡単にわかります。 数珠はどこで購入すればいいか 数珠が購入できる場所を紹介。 理想は仏具店での購入 数珠は仏具店で購入できます。 仏具の専門店もありますし、百貨店の中に入っていることもあります。 数珠だけでなく仏壇とかその他もろもろの関連商品が置いている店ですね。 仏具店で購入するメリットは販売員に相談しながら選べること 人生において仏具を購入する機会はなかなかありませんので、 宗教や予算などを考慮して相談しながら購入できるのは安心です。 デメリットとしては意外と品揃えが多くないこと 実際にいくつか仏具店を見て回ったのですが、 そこまでの種類・数は置いてません。 仏具という特性上、なんでもかんでも置いていて売れるわけではないので仕方がないことだと思います。 意外だったのが、仏具店でも本連(正式)の108珠の数珠が置いてませんでした。 数十種類くらいの数珠はありましたが、全て一連の略式。 こういった状況をみても、基本的には略式の数珠しか使う人はいないので、購入するにしても略式で問題ありません。 どうしても正式な本連の数珠が必要であれば、お世話になっているお寺などと相談の上、注文して取り寄せる形になると思います。 仏具のオンラインショップ 近くに仏具店が無い場合や、買いに行く余裕がなければ数珠専門のオンラインショップもあります。 宗教だけでなく、誕生石や石の意味合いでカテゴライズされているのでもしかしたら実店舗より選びやすいかもしれません。 オンラインショップでも電話などで数珠の購入に関して相談できます。 しっかりした数珠を一つ持っておきたいという人は見てみてください。 仏具店に行くより品揃えも多いです。 Amazonや楽天でも買える Amazonや楽天などのECショップでも購入できます。 特にそれほどこだわりが無いのであればECショップで購入するのもアリです。 普段使っているショップであれば買いやすいですね。 専門家の意見が得られないデメリットはありますが、参考になる購入者の口コミも見られます。 安価なものから高価なものまで数多く揃っています。 どんな数珠でもいいなら100円均一 とりあえず形だけ持ってれば何でもいいという人は百均でも置いてます。 数珠は残念ながらコンビニでは置いてません。 ただし、 どうしても安っぽく見えますし、壊れたりするリスクを考えると最終手段です。 数珠が壊れるとしたら、珠をつないでいる紐が切れてしまう可能性が一番高いです。 もし、葬儀中に紐が切れて数珠の珠がバラバラになることを想像すると結構危険ですよね。 100均はあくまでも一時的な利用に限定して、余裕がある時にそれなりにまともなものを用意しておくことをおすすめします。 数珠はすべての宗派で使えるものが人気 参列する葬儀の宗派を確認して、複数の数珠を使い回す準備はなかなかできません。 略式の数珠であり、デザイン的にもすべての宗教で使い回せる数珠が人気です。 Amazonで売れ筋ランキングの高いものの一例を紹介します。 男性用の数珠 数珠の取扱い注意点 忘れた場合も数珠の貸し借りはしない 数珠の貸し借りはNGとされています。 葬儀中、数珠を持っている人と持っていない人と混在しているので、基本的には無くても問題ありません。 ただ、焼香の時だけは一人ずつ席を立って焼香に向かいますので、そのタイミングで一時的に数珠を借りようとしてしまう人がいます。 これはNGです。 明確に貸し借りを禁止するようなルールがあるわけではありませんが、仏教的な思想や慣習を考慮して総合的な判断で 「数珠の貸し借りはマナー違反」と見られます。 根拠はないかもしれませんが、現実的に数珠の貸し借りはNGと考える人が多いのでやらない方がいいでしょう。 貸し借りをするのであれば、数珠を持たずに参列・焼香をした方がいいです。 取り扱いは丁寧に、袱紗に包んで 数珠はその取扱い、持ち運び方には気を使うべきとされます。 実際に手に持っているときでなく、持ち運びの時なども気を使わないと、そういう部分に詳しい人・細かい人に悪い印象を持たれる可能性があります。 基本的に注意すべきは2つ。 袱紗(ふくさ)に包んで持ち運ぶ• 床などに直に置かない とりあえずは袱紗を使って丁寧に扱ってます感を出しておけば大丈夫です。 数珠を購入する時に袱紗がセットになっているものもありますし、なければ一つ持っておいてもいいでしょう。 数珠だけでなく不祝儀袋を包んだりにも使います。 慶事用(結婚式など)と弔事用(葬儀など)はデザインが異なるので注意。 厳密には宗派別で数珠の種類や扱い方・持ち方が異なります。 ただ、実際のところは気にする人は少数でしょう。 というのも、葬儀はだいたいが親族や近親者が集まります。 ということは、集まった人達はみな同じような宗派に属しているわけです。 つまり、 葬儀に参列している人を見て同じ持ち方をすれば問題ないということですよね。 もしあなたが数珠や宗教についてよくわからないというのであれば、他の参列者も一緒です。 基本的には親指にかける形で持てば問題ありません。 もし、 本連(108珠の長い数珠)を使うのであれば、各宗派で決められている持ち方を覚える必要がでてくるかと思いますが、一般的には必要のない知識です。 葬儀の数珠まとめ 日常では基本的に触れる機会の無い数珠です。 使う機会が少ないからといって、安価なものを用意するのは仏具として礼節にかける気もします。 何度も購入するものではありませんので、最低限さまになるくらいの数珠を一つ持っておいてもいいでしょう。 一度用意すれば今後困ることはなくなります。

次の

葬式に数珠は必要か?購入前に知りたい数珠の知識と持ち方・使い方のマナー

数珠 が 切れ たら

数珠が切れるのは自分の身代わりになったから? 数珠や念珠はもともと念仏を唱える回数を数える道具でしたが、いつしか魔除け、お守りとしての役割を持つようになりました。 正式なものは人間の煩悩と同じ108個の珠で出来ていて、お坊さんは珠を数えながら念仏を唱えています。 数珠は弔事に使うことが多いように想われがちですが、地域によっては幸せを願うお守りとして、結婚祝いや嫁入り道具にも使われることがあります。 この数珠が切れるとすごく不吉に感じてしまいがちですが、実は「自分の身代わりになって、不幸を受けとめてくれた!!」考えるべきなのです。 ミサンガやパワーストーンのブレスレットが切れた時は、願いが成就したと考えますよね。 数珠が切れるのも、ある意味ラッキーなことで、自分に降りかかる不幸を数珠が代わりに受けとめてくれたのです。 また、「数珠つなぎ」という言葉があるように、数珠は人や物事の繋がり、「縁」をイメージさせるものです。 僕は父方の祖父が亡くなったとき、葬儀の途中に父の数珠が切れてしまい、「え・・・」と空気が凍ったことがあります。 その数日後、父方の叔父も亡くなってしまい、家族全員固まってしまったんですよね。。。 昔、死者は埋葬され、その土を踏んだ草履をそのまま履いて帰ると、「けがれ」を持ち帰ってしまうという考えがありました。 そこで草履の鼻緒を切って草履を置いて帰ったそうなのです。 どうやらその鼻緒を切ることが「縁起が悪い」の由来のようです。 本来は「けがれ」を持ち帰らないために鼻緒を切ったのに、鼻緒が切れると縁起が悪い、靴紐が切れると不幸が起こるなどと意味が逆になってしまい、一般的に紐などが切れると縁起が悪いというイメージが定着してしまったようですね。 僕自身、お坊さんに切れた数珠のことを聞いてみたのですが、実際に言われたのは「(お坊さんは)毎日数珠を使うので、切れてしまうことはしょっちゅう」とのことです。 普段使っていない数珠でも、経年劣化により切れてしまうことは十分ありますし、それも何の意味合いを持たないものです。 それから、数珠の素材によっては通しているヒモが切れやすい場合もあります。 数珠は水晶などの鉱物や桜などの木材、菩提樹などの木の実など、さまざまな素材で作られ、穴を空けて、ヒモを通したものです。 この穴が滑らかに空けられていない場合があり、鋭い角があったり、表面にざらつきがあったり、面取り加工がされていないと、ヒモが切れやすくなってしまいますよね。 スポンサーリンク 数珠が切れた場合の処分方法はどうしたらいい? もし、数珠が切れた時に球がこぼれてしまったら、拾っておいて、仏具店などで修理が可能です。 数珠が切れたことは不吉でも何でもないと言われても、新しい物に買い替えたいという気持ちになる方も多いでしょう。 その場合は、切れた数珠は寺院などに必ず返納してください。 僕がお世話になっているお坊さんも、「ウチに持ってきてください」とおっしゃってましたね。 仏具店や仏壇屋さんによっては、不要になった数珠を引き取ってくれて、まとめて供養に出してくれるところもあります。 数珠はお守りのようなもので、たくさんの念が込められた仏具ですから、安易にゴミ箱に入れないでくださいね。 どうしても自分で処分したい場合、本当は焼却がいいのですが、昨今はなかなか庭で焼却など出来ません。 木製以外の数珠は燃えませんから、般若心経などお経を唱えてから、お清めの塩を振り、封筒などに数珠を入れてゴミとして処分してください。 ゴミの分別は数珠の素材によって変わりますが、多くは燃えないゴミの分類になるのではないでしょうか。

次の

葬式に数珠は必要か?購入前に知りたい数珠の知識と持ち方・使い方のマナー

数珠 が 切れ たら

こんにちは。 中本葬祭で、良く「数珠が切れてしまったので修理して欲しい」というご依頼を頂きます。 数珠だけでなく、パワーストーンのブレスレットなどの修理も承っていますが、皆さん数珠が切れると「何か良くないことが起こるのではないか?」と非常に心配される方がいらっしゃいます。 本日は「数珠が切れたら縁起が悪いのか?」という事についてご紹介させて頂きます。 数珠が切れるということについて 昔から数珠が切れるということは「悪縁が切れる」という言い伝えがあります。 (地方により様々な説もあろうかと思いますので、あくまでも情報の一つとして捉えて頂ければ幸いです) 縁起の悪い事ではないですよと言われています。 また、仏壇店さんによっては「数珠が切れると言うことは、そこを人生の一つの節目として数珠を新調なさる方も多いですよ」などと言うお店もあるようですが、このような口車には乗りませんようにご注意下さい。 紐だけを新調してキチンと修理することは可能です。 さておき、数珠が切れるというのはどちらかと言うと良くないことを連想してしまいがちではありますが、古くから言われているのは決して縁起が悪いことではなく、身代わりになってくれて悪い因縁が切れたという解釈があるようです。 数珠が切れる原因 数珠が切れてしまう原因は2つの理由が考えられます。 1.経年劣化によるもの まず1つ目は経年劣化によるものです。 どうしても紐は経年劣化でもろくなってしまいます。 パワーストーンのブレスレット等ですと、ゴムに近いような素材で繋がれていますので、通常の数珠よりも経年劣化により切れやすくなります。 パワーストーンのブレスレットなどは、可能であれば1年に1回程度の頻度で紐の交換をされると良いでしょう。 2.数珠の素材が石のものによるもの 2つ目の理由として石の素材で作られた数珠であるものです。 近年は特に石の素材の数珠が、パワーストーンなども同様なのですが安価に手に入るようになりました。 ただし、安価であるが故に、素材に穴を開けた箇所の処理が雑であったりする場合も非常に多く見受けられます。 いわゆる開けっ放しである場合も多く、そのような場合には断面が鋭利な形で残っていたりします。 このような形で繋がれているものも決して少なくなく、やはり持ち運んだり実際に使用される際に紐に当たりますとそこから切れやすくなります。 特にパワーストーンのブレスレットの場合は日常から使用しているケースも多いので、より紐が切れる頻度も多くなるのですが、素材自体に原因があり、昔よりも切れやすくなっているようです。 焼香のタイミングで切れてしまったらどうすれば良い? 紐が弱ってしまっている事に気付かず、これから焼香をと数珠を取り出した途端に切れてしまった・・・。 意外とこのタイミングで紐が切れてしまうケースが多いです。 もし、ご自分が同じような境遇になってしまった場合には、まずは慌てず数珠がなくとも焼香を済ませましょう。 その後、出来る限り数珠を集めた後に数珠袋にしまっておき早目に修理に出されると良いでしょう。 数珠が切れてしまった場合には修理か買い替えかどっちが良い? 数珠を修理に出す場合、紐を新調して繋ぎ直す事になりますが、修理費用が3千円~5千円ほど掛かるようです。 中本葬祭では房も新調した状態で3千円程度です。 ですので、切れてしまった数珠が5千円以下の数珠であった場合には新調したほうがかえって安上がりと言えるでしょう。 1万円以上の高価な数珠であった場合には修理される方が良いと思います。 いずれにしましても、数珠は一度購入したらそうそう買い換えるお品でもありませんので、購入の場合にはある程度の品を購入される事をお勧めします。 素材そのものの良し悪しもさることながら、やはり安価な数珠はそれだけ人の手が掛かっていない事が多いですので、数珠の紐が切れるといったトラブルもやはり多く発生します。

次の