東城 ななせ。 東城ななせ(Nanase Tojo/21岁)

東城ななせ(Nanase Tojo/21岁)

東城 ななせ

町名の由来 [ ] にこの地域を治めた領主・宮氏(久代宮氏)は五本竹(五品嶽)城(庄原市東城町東城)と大富山城(庄原市西城町入江)を築き、前者を東城、後者を西城と呼称したことにちなむ。 地理 [ ]• 河川 [ ]• - 一級河川高梁川水系成羽川ブロック河川整備計画表記は成羽川(東城川)。 - 水系。 - 高梁川水系東城川の支流。 加谷川 - 高梁川水系東城川の支流。 田黒川 - 高梁川水系東城川の支流。 持丸川 - 高梁川水系東城川の支流。 戸宇川- 高梁川水系東城川の支流。 為重川- 高梁川水系東城川の支流。 小足谷川 - 高梁川水系東城川の支流。 山 [ ]• (標高1,271m)• 猫山(標高1,195. 4m)• 古頃山(標高1,158. 5m)• 鳶ノ巣山(標高1,143. 8m)• 三国山(標高1,120m)• 白滝山(標高1,053m)• 多飯が辻山(標高1,040. 3m)• 飯山(標高1,009. 3m)• 耳木谷山(標高981m• 寺ヶ成山(標高922m• 虫原山(標高903m• 御神山( (標高889m• 三光山(標高871m• 朝倉山(標高780m) 沿革 [ ]• - 施行。 東城町域には当時いずれもに属していた小奴可・久代・帝釈・田森・東城・八幡の各村と新坂村が存在した。 - 東城村が町制施行して東城町(初代)になる。 1898年 - ・奴可・各郡が統合して比婆郡が成立したことに伴い東城町および小奴可・久代・帝釈・田森・八幡の各村は比婆郡に属する町村になる。 - 東城町(初代)および小奴可・久代・帝釈・田森・八幡各村、神石郡新坂村の一部(新免・三坂の各一部)が対等合併して東城町(2代)が成立する。 - 庄原市(初代)と甲奴郡総領町、比婆郡全5町が対等合併し、改めて庄原市(2代)が成立する。 これにより東城町は消滅し、同時に比婆郡も106年半の歴史を閉じる。 産業 [ ]• 主にが中心で、には、、米等がある。 またも行われ、の飼育は古くから「」のブランドで盛ん。 今は従事者が高齢化している上に後継者不足のため、飼育している所は年々減少しているが、それでも業は県内1の規模を誇っている。 また、この農業の延長で観光リンゴ園やへの出品も盛んである。 工業では日本有数の地形を利用して製品製造が盛んである。 また水が綺麗ということもあり、業(酒・酢ともに盛ん)や豆腐製造業、の製造では世界シェアを誇る企業がある。 東城工業団地が新しく造成されており、町の産業に振興している。 この地方では古代から製鉄工法による製鉄が行われ、昭和後期まで続いていたが時代の流れに逆らえずに倒産した。 現在は、その跡地に金属加工工場が入っている。 前述したリンゴ園といった観光業をはじめや町並み、桜並木などの観光資源も豊富なため、旅館の他にみやげ物屋や観光バス・タクシー会社も多い。 商店街はまちなみギャラリーやお通りなどの行事の時こそ賑わうものの、平日は閑散とし空き店舗が目立つ。 これには町内にある2つの大型ショッピングがあることも影響している。 そのような厳しい状況の中でも共通のポイントカードの発行や抽選会の開催を行うなど、活性化を目指した活動が行われている。 大字(2005年3月30日当時のデータ) [ ]• 粟田(あわた)• 受原(うけはら)• 内堀(うつぼり)• 小串(おぐし)• 小奴可(おぬか)• 加谷(かたに)• 川鳥(かわとり)• 川西(かわにし)• 川東(かわひがし)• 久代(くしろ)• 塩原(しおはら)• 新福代(しんふくしろ)• 新免(しんめん)• 菅(すげ)• 帝釈宇山(たいしゃくうやま)• 帝釈始終(たいしゃくししゅう)• 帝釈未渡(たいしゃくみど)• 帝釈山中(たいしゃくやまなか)• 田黒(たぐろ)• 竹森(たけもり)• 千鳥(ちどり)• 戸宇(とう)• 東城(とうじょう)• 福代(ふくしろ)• 三坂(みさか)• 森(もり)• 保田(やすだ) 教育 [ ] 小学校 [ ]• 東城町立粟田小学校• 東城町立内堀小学校• 東城町立小奴可小学校• 東城町立帝釈小学校• 東城町立東城小学校• 東城町立八幡小学校 中学校 [ ]• 東城町立八幡中学校(平成19年度4月より休校)• 東城町立小奴可中学校(平成21年度4月より休校)• 東城町立東城中学校• - 日向寮 高等学校 [ ]• 寮 - 有栖寮 交通 [ ] 鉄道 [ ]• (JR西日本)• () - - - - - () 道路 [ ] 高速道路• - 一般国道• 主要地方道• 一般県道• 名所・旧跡 [ ]• 五品嶽城跡• 小奴可跡• 東城町町筋の町並と桜町筋の桜並木• 千鳥別尺桜• 小奴可• 森湯谷の桜 東城町出身の有名人 [ ]• (元)• (、)• (運動家)• (元)• (奏者)• ( 一級審判)• ( バンド〜〜)• () 関連項目 [ ]•

次の

東城駅

東城 ななせ

町名の由来 [ ] にこの地域を治めた領主・宮氏(久代宮氏)は五本竹(五品嶽)城(庄原市東城町東城)と大富山城(庄原市西城町入江)を築き、前者を東城、後者を西城と呼称したことにちなむ。 地理 [ ]• 河川 [ ]• - 一級河川高梁川水系成羽川ブロック河川整備計画表記は成羽川(東城川)。 - 水系。 - 高梁川水系東城川の支流。 加谷川 - 高梁川水系東城川の支流。 田黒川 - 高梁川水系東城川の支流。 持丸川 - 高梁川水系東城川の支流。 戸宇川- 高梁川水系東城川の支流。 為重川- 高梁川水系東城川の支流。 小足谷川 - 高梁川水系東城川の支流。 山 [ ]• (標高1,271m)• 猫山(標高1,195. 4m)• 古頃山(標高1,158. 5m)• 鳶ノ巣山(標高1,143. 8m)• 三国山(標高1,120m)• 白滝山(標高1,053m)• 多飯が辻山(標高1,040. 3m)• 飯山(標高1,009. 3m)• 耳木谷山(標高981m• 寺ヶ成山(標高922m• 虫原山(標高903m• 御神山( (標高889m• 三光山(標高871m• 朝倉山(標高780m) 沿革 [ ]• - 施行。 東城町域には当時いずれもに属していた小奴可・久代・帝釈・田森・東城・八幡の各村と新坂村が存在した。 - 東城村が町制施行して東城町(初代)になる。 1898年 - ・奴可・各郡が統合して比婆郡が成立したことに伴い東城町および小奴可・久代・帝釈・田森・八幡の各村は比婆郡に属する町村になる。 - 東城町(初代)および小奴可・久代・帝釈・田森・八幡各村、神石郡新坂村の一部(新免・三坂の各一部)が対等合併して東城町(2代)が成立する。 - 庄原市(初代)と甲奴郡総領町、比婆郡全5町が対等合併し、改めて庄原市(2代)が成立する。 これにより東城町は消滅し、同時に比婆郡も106年半の歴史を閉じる。 産業 [ ]• 主にが中心で、には、、米等がある。 またも行われ、の飼育は古くから「」のブランドで盛ん。 今は従事者が高齢化している上に後継者不足のため、飼育している所は年々減少しているが、それでも業は県内1の規模を誇っている。 また、この農業の延長で観光リンゴ園やへの出品も盛んである。 工業では日本有数の地形を利用して製品製造が盛んである。 また水が綺麗ということもあり、業(酒・酢ともに盛ん)や豆腐製造業、の製造では世界シェアを誇る企業がある。 東城工業団地が新しく造成されており、町の産業に振興している。 この地方では古代から製鉄工法による製鉄が行われ、昭和後期まで続いていたが時代の流れに逆らえずに倒産した。 現在は、その跡地に金属加工工場が入っている。 前述したリンゴ園といった観光業をはじめや町並み、桜並木などの観光資源も豊富なため、旅館の他にみやげ物屋や観光バス・タクシー会社も多い。 商店街はまちなみギャラリーやお通りなどの行事の時こそ賑わうものの、平日は閑散とし空き店舗が目立つ。 これには町内にある2つの大型ショッピングがあることも影響している。 そのような厳しい状況の中でも共通のポイントカードの発行や抽選会の開催を行うなど、活性化を目指した活動が行われている。 大字(2005年3月30日当時のデータ) [ ]• 粟田(あわた)• 受原(うけはら)• 内堀(うつぼり)• 小串(おぐし)• 小奴可(おぬか)• 加谷(かたに)• 川鳥(かわとり)• 川西(かわにし)• 川東(かわひがし)• 久代(くしろ)• 塩原(しおはら)• 新福代(しんふくしろ)• 新免(しんめん)• 菅(すげ)• 帝釈宇山(たいしゃくうやま)• 帝釈始終(たいしゃくししゅう)• 帝釈未渡(たいしゃくみど)• 帝釈山中(たいしゃくやまなか)• 田黒(たぐろ)• 竹森(たけもり)• 千鳥(ちどり)• 戸宇(とう)• 東城(とうじょう)• 福代(ふくしろ)• 三坂(みさか)• 森(もり)• 保田(やすだ) 教育 [ ] 小学校 [ ]• 東城町立粟田小学校• 東城町立内堀小学校• 東城町立小奴可小学校• 東城町立帝釈小学校• 東城町立東城小学校• 東城町立八幡小学校 中学校 [ ]• 東城町立八幡中学校(平成19年度4月より休校)• 東城町立小奴可中学校(平成21年度4月より休校)• 東城町立東城中学校• - 日向寮 高等学校 [ ]• 寮 - 有栖寮 交通 [ ] 鉄道 [ ]• (JR西日本)• () - - - - - () 道路 [ ] 高速道路• - 一般国道• 主要地方道• 一般県道• 名所・旧跡 [ ]• 五品嶽城跡• 小奴可跡• 東城町町筋の町並と桜町筋の桜並木• 千鳥別尺桜• 小奴可• 森湯谷の桜 東城町出身の有名人 [ ]• (元)• (、)• (運動家)• (元)• (奏者)• ( 一級審判)• ( バンド〜〜)• () 関連項目 [ ]•

次の

東城ななせ(Nanase Tojo/21岁)

東城 ななせ

概要 [ ] との間にと広島県との県境が走り、旅客流動も当駅を境に分かれている。 発の芸備線のうち、半分は当駅で折り返す。 当駅から方面へ向かう列車は1日に3往復のみであり(いずれも新見駅からの直通)、全国でも有数の閑散路線となっている。 鉄道よりも駅前にあるバス停から発着するバスの発着の方が賑やかで、方面へ向かう()は1日6往復(うち広島行き4往復、庄原行き2往復)運行されているほか、行き路線バスや、庄原市東城地区内を走る路線バスも運行されている。 歴史 [ ]• (5年) - 三神線(当時)がから延伸し、その終着駅として開業。 当時の所在地表示は川東であった。 (昭和10年) - 三神線がまで延伸し、途中駅となる。 (昭和12年) - 三神線が芸備線の一部となり、当駅もその所属となる。 (昭和30年) - 東城町(第2次)成立に伴い、所在地表示が広島県比婆郡東城町川東になる。 (昭和62年) - により、西日本旅客鉄道の駅となる。 (13年) - 駅員配置を廃止、簡易委託駅になる。 (平成17年) - (第2次)成立に伴い、所在地表示が広島県庄原市東城町川東になる。 200x年 - 旧上りホーム(1番線)の使用を廃止。 これにより、新見 - 備後落合の区間では、矢神駅より西側での行き違いはできなくなった。 駅構造 [ ] 構内(2007年10月3日)。 元々は2面2線を有する駅であり、駅舎側のホームが2番線、向かい側のホームが1番線と、一般的な付け方とは逆に番線番号が付けられていたが、旧1番線への跨線橋は老朽化に伴い使用できなくなっており、立ち入ることができない。 そのため現在は1面1線のみで運用され、備後落合方面・新見方面とも2番線に停車する。 ただし、使われなくなった1番線は現在も場内・出発信号機が残っているため上り本線として扱われており、上り列車は下り本線(2番線)に逆線停車する扱いとなっている。 なお、夜間時間帯には1本列車がされる。 管理のであり、窓口では朝から日中にかけて(休日は朝のみ)、携帯車発機による乗車券を販売している。 急行列車が運転されていた時期は、急行列車も停車しており、ホームには1972年(47年)から1980年(昭和55年)まで運行された急行「」の号車案内がいまだに残っている。 利用状況 [ ] 近年の1日平均乗車人員は以下の通り。 年度 1日平均 乗車人員 (昭和56年) 250 (昭和62年) 257 (昭和63年) 382 (平成 元年) 242 (平成 02年) 224 (平成 03年) 149 (平成 04年) 153 (平成 05年) 141 (平成 06年) 144 (平成 07年) 121 (平成 08年) 108 (平成 09年) 96 (平成10年) 93 (平成11年) 76 (平成12年) 68 (平成13年) 43 (平成14年) 30 (平成15年) 32 (平成16年) 33 (平成17年) 28 (平成18年) 17 (平成19年) 16 (平成20年) 14 (平成21年) 12 (平成22年) 11 (平成23年) 11 (平成24年) 12 (平成25年) 12 (平成26年) 9 (平成27年) 10 (平成28年) 10 (平成29年) 12 (平成30年) 11 駅周辺 [ ]• 庄原市役所 東城支所• 東城交番• 庄原市立東城小学校• 東城店 バス路線 [ ] バスのりばは駅前にあり、それを示すポールが立っている(冒頭画像参照)。 なお、乗車券・は駅で販売している。 高速バス [ ]• 中国バス担当便を除く東城発着路線• 東城市街地循環バス• 東城廃止代替等バス•

次の