クリント イースト ウッド 作品。 クリント・イーストウッド 出演・監督作品一覧

アウトロー (1976年の映画)

クリント イースト ウッド 作品

クリント・イーストウッド監督の映画おすすめ8選!最新作も登場! 名実ともにハリウッドを代表する俳優クリント・イーストウッド。 193cmという高身長でスマートな体型とニヒルな表情、滲み出るカリスマ性が女性だけでなく男性たちをも惹きつけてきました。 そして彼は俳優業に留まらず、映画監督、映画プロデューサー、作曲家、政治活動家としてもその手腕を発揮しています。 若い頃から常に自分が実現したい物事を実行するためにアンテナを張り巡らし、必要な人材を引き寄せる事にも長けていました。 そんなクリントが映画会社を設立し、俳優業と両立しながら作り上げてきた映画作品の数々...。 往年の出演作は既に沢山紹介されてきているので、ここでは2000年代に手掛けた作品の中から最新作も含めての8作品を紹介していきたいと思います! 栗林の「我々が一日でも長く守りつづければ、それだけ本土の国民が長く生きられるのだ!」というスローガンのもと、5日間で終わる筈の戦は36日間に及びます。 本作は61年振りに発見された、届かなかった数百通もの手紙を基に展開されていくストーリーとして日本人の心を繊細に描いています。 クリント・イーストウッドは日本とアメリカに共通した、戦いに強いられた若者たちの現実をそれぞれの国の視点から描く為に『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』を二部作として製作。 尚、2作品とも製作総指揮でスティーブン・スピルバーグとタッグを組んでいます。 第31回日本アカデミー賞で最優秀外国映画賞、第79回アカデミー賞で音響編集賞、第64回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を受賞するなど数々の賞を受賞しました。

次の

スコット・イーストウッド

クリント イースト ウッド 作品

概要 [ ] の監督デビュー作品。 製作はロバート・デイリー、ジョー・ヘイムズの原作をディーン・リーズナーとヘイムズ自身が脚色した。 撮影は、音楽はディー・バートン、編集はカール・ピンジトアが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ジェシカ・ウォルター、ドナ・ミルズなど。 なお、『』『』などでイーストウッドとコンビを組んできたが、バーテンダーの役で出演している。 主人公に異常なまでに執着するの恐怖を描くスリラー。 本作が公開された1970年代当時は、まだストーカー行為という概念自体が浸透していなかったため、このタイプのスリラー映画としては非常に先進的な映画である。 デイブとトビーが関係を深めていく場面で使われるのは、が1969年に発表した「(The First Time Ever I Saw Your Face 」。 運転中のカーラジオでこの曲を聴いたイーストウッドは直接フラックに電話して使用許可を求めた。 フラックのバージョンは公開翌年の1972年に全米1位を獲得し、の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞を受賞した。 1970年9月に開かれた「」の演奏の映像がそのまま使われている。 ・クインテットにはが参加している。 『』()は、本作のリメイクではないが、ほとんど同種の内容である。 あらすじ [ ] ラジオのスターDJ、デイブの番組には、決まった時間に同じ女が「ミスティ」をリクエストしていた。 ある日、デイブは行き付けのバーでイブリンという女と出会う。 彼女こそ「ミスティ」をリクエストしていた女だった。 二人は一夜限りの情を交わすが、やがてイブリンは、勝手に彼の部屋に押しかけるようになる。 数日後、デイブは町に戻ってきたかつての恋人トビーと再会し、お互いの愛を確認する。 だがイブリンは執拗にデイブに迫り、マーフィーや相棒のアル・モンテアルでは防ぎきれなくなったため、別れ話を持ちかけるが、彼女の言動は日を追うごとに異常性を増していく。 ついには深夜、自宅に押し掛けたイブリンは浴室で自ら手首を切る。 やむを得ず一晩彼女を泊めた翌日、デイブがトビーにすべて打ち明けて帰宅すると、家政婦のバーディが瀕死の重傷を負い、傍らには放心状態のイブリンがいた。 しばらく平穏な日々が続いていた本番中のある夜、サナトリウムを退院したイブリンから仕事でハワイに行くと伝えられる。 翌日、デイブは電話口でイブリンが口ずさんだの詩「」を思い出した。 「アナベル」とはトビーの新しい同居人の名前であった。 本番中に放送局を飛び出し、トビーの家に駆け込んだデイブが見たものは、トビーの身辺を警護していたマッカラム刑事の無惨な亡骸だった。 デイブが闇の中へ突っ込んでいくと、ロープで縛られたトビーがいた。 その刹那、背後からナイフを手にしたイブリンが襲いかかる。 乱闘の末、彼女はベランダから断崖下の海へ落ちていった。 スタッフ [ ]• 監督 -• 制作 -• 共同制作 -• 撮影 -• 音楽 - キャスト [ ] デイブ・ガーランド - 本作の主人公で、KRMLラジオで人気のDJ。 レコードの合い間に詩を読んだり、ちょっとした哲学を披露しながら、電話によるリクエストを受けている。 現在の仕事から出世したいと思い他の放送会社に売り込みを行っている。 業界人気質な性格で、女性関係はややルーズ。 イブリン・ドレイバー - 中年にさしかかった細身の女性。 毎回デイブの番組に「ミスティ」をリクエストするファンの一人。 デイブの行動を調べたうえで行きつけの店で待ち伏せ、デイブの前に現れる。 当初は明るく積極的な印象だったが、物事を強引に進めて行く性格で、次第に異常性を露にする。 激昂すると凄まじい形相で下品な言葉をまくし立てる。 デイブに次第にしつこく付きまとうようになり、デイブの家に押し入った際に合鍵を勝手に作るなどのストーカー行為を繰り返す。 トビー - 若く細身の女性。 デイブの本命の恋人。 奔放でおおらかな性格。 突然、デイブの前から姿を消していたが、デイブがイブリンと関係を持った数日後に再会。 両親から相続した家のローンが払えず、同居人を募集している。 デイブの奔放な性格にはある程度理解を持っている。 マッカラム巡査部長 - イブリンを逮捕するが、釈放後、デイブにトビーの保護を依頼される。 デイブのラジオを聞いてるファンの一人。 自分の好きな「・オーケストラ」をリクエストする。 マッジ - 初老の老婦人。 サン・フランシスコ放送会社の女社長。 デイブの売り込みに興味を持ち。 デイブを自分の会社にしようとしたが、イブリンが激しく罵ったことでデイブのチャンスがふいになる。 アル・モンテ - KRMLラジオの黒人DJで、デイブの相棒。 バーディー - デイブの邸の家政婦。 世話好きで明るい性格。 デイブの部屋を荒らしていたイブリンにめった刺しにされ、瀕死の重傷を負う。 バーテンダー - 事務所がわりに使っている店のバーテンダー。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 デイブ イブリン トビー マッカラム アル バーテンダー• 日本語吹替:1975年6月4日 『』初回放送。 2014年10月22日発売の『クリント・イーストウッド ブルーレイ・コレクション』に収録。 その他の声の出演:、、、、 音楽 [ ]• ジョニー・オーティス 「」• ・クインテット 「Country Preacher」• ディー・バートン 「Dirty Boogie」 脚注 [ ].

次の

サンダーボルト (1974年の映画)

クリント イースト ウッド 作品

クリント・イーストウッド監督40本目となる監督最新作『リチャード・ジュエル』(原題:RICHARD JEWELL)が、2020年1月17日(金)より日本公開決定。 日本版予告編とメイキング写真も併せて到着した。 そんな監督の最新作となる本作は、1996年のアトランタで起こった爆破テロ事件の真実を描く衝撃の問題作。 爆破テロ事件が勃発し、不審なバッグを発見した警備員のリチャード・ジュエルの迅速な通報によって数多くの人命が救われた。 だが、爆弾の第一発見者であることから、第一容疑者として逮捕されてしまう。 ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアントはこの捜査に異を唱えるのだが…というストーリー。 出演には、警備員のリチャード・ジュエル役で、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『ブラック・クランズマン』の ポール・ウォルター・ハウザー。 弁護士のワトソン・ブライアント役で『グリーンマイル』『スリー・ビルボード』の サム・ロックウェル。 ジュエルの母ボビー役は『ミザリー』『タイタニック』の キャシー・ベイツが務めたほか、 オリヴィア・ワイルド、ジョン・ハムも出演している。 サム・ロックウェル 今回到着した予告編では、パニックに陥った会場の公園で「爆弾だ! 早く逃げろ!」と人々を避難させるジュエルの姿や、警察による爆破物の検証シーンからスタート。 そしてヒーローのはずのジュエルが、容疑者にされてしまう…。 そんな中、彼の無実を信じるたった一人の弁護士ワトソンは黙秘をアドバイスし、息子を愛する母ボビーは息子への報道を見つめる。 さらに、声紋判定のためにボイスサンプルが欲しいFBIは「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と言えと強要。 緊張感溢れる映像となっている。 併せて到着したメイキング写真には、撮影現場でのひとコマが。 イーストウッド監督が話しかけ、スーツで正装したポールとサムが耳を傾けている。 『リチャード・ジュエル』は2020年1月17日(金)より全国にて公開。 《cinemacafe. net》.

次の