駿台予備校 大宮校。 駿台大宮校/【2020夏 料金】

駿台予備校 大宮校ってどうなの?駿台予備校 大宮校の評判口コミ合格実績費用まとめ

駿台予備校 大宮校

学校法人駿河台学園 駿台予備学校 2号館(神田駿河台) 創立者 団体種類 設立 所在地 活動地域 日本全国 活動内容 大学サポート事業、教育研究セミナー 活動手段 教育事業 駿台予備学校(すんだいよびがっこう)とは、日本国内で展開している大手。 略称は 駿台(すんだい)、駿台予備校(すんだいよびこう)。 許認可の関係上、校舎によって、株式会社のいずれかに属する。 旧称は駿台高等予備校。 キャッチコピーは「第一志望は、ゆずれない。 所在地は東京都千代田区神田駿河台。 また本項ではこのほか、海外校を運営する「 駿台国際教育センター」や、中学・高校受験塾である「 駿台フロンティアJr. 」についても取り扱う。 概説 [ ] 学校法人駿河台学園、学校法人駿台甲府学園、駿台教育振興株式会社(旧、駿台教育文化センター株式会社)、株式会社等のグループ関連法人は、事実上一体的に運営されており、人事採用や異動も一括して行われている。 ()や学校法人駿台甲府学園()とは姉妹関係にあり、駿台グループを形成している。 なお、に所在する「学校法人駿台学園」()とは無関係。 沿革 [ ]• - のが前身となる 東京高等受験講習会を開設。 - としての認可を受けた。 - 制度の発足を機に旧称の駿台高等予備校を駿台予備学校と改称。 - より正式に専修学校の認可を受けた(京都校は認可)。 - 法学部を設置する。 - 株式会社との業務提携契約を締結し、2019年度から模試の共催などを始めることを発表した。 学校法人駿河台南学園と学校法人駿河台学園が法人合併。 このことにより2019年度から、駿台予備学校アカデミー校、および駿台予備学校池袋校の設置者が学校法人駿河台南学園から学校法人駿河台学園となることが認可される。 - 株式会社との資本業務提携を締結し、合弁会社「駿台TOMAS」を設立。 専修学校(一般課程) [ ] 首都圏• お茶の水校(本校) 、市谷校舎 (医学部進学専門校舎)、池袋校、大宮校、横浜校• 以下は、を専修学校化したものである。 立川校、千葉校 、津田沼校 、柏校(2019年2月に開校) 九州• 福岡校 各種学校 [ ] 北海道・東北• 札幌校、仙台校 中部• 名古屋校 関西• 京都校、京都南校 、大阪校、大阪南校 、上本町校、神戸校 中国• 広島校 駿台教育振興運営校 [ ] 駿台 [ ] 2014年度はいずれも首都圏に設置されていたが、2015年度に西大寺校、浜松校が追加された。 首都圏• 町田校、あざみ野校、藤沢校• 過去には立川校、千葉校、津田沼校、柏校も存在したが、いずれものとおり専修学校化し、「駿台予備学校」となった。 2017年12月に横浜校の高卒コースが横浜2号館に移転したとともに、現役生校舎を横浜1号館 旧横浜校 に移転し、2018年3月をもって横浜みらい校を閉校とした。 東海地区• 浜松校 - より「代々木ゼミナール浜松校」を買収 関西• 西大寺校 - もともと現役フロンティア校だったが、2015年度より高卒生クラスを設置 駿台現役フロンティア [ ] 首都圏• 自由が丘校、吉祥寺校 東海地区• 丸の内校 関西• 京都駅前校 、茨木校、豊中校、堺東校、西宮北口校(開校) 全国入試模試センター [ ] 駿台予備学校が開催する模擬試験に関連する業務を取り扱っている。 平成15年度センター試験成績データ流出事件 [ ] 、駿台予備学校は同校の提供する合格判定サービス「インターネット選太君」が第三者によって成績データを取得できる状態であった事を公表、同サービスを停止した。 同サービスはクライアントソフトがサーバ上の成績データをプロトコルで取得する仕様だが、各高校の利用するパスワードは共通であり、またサーバ側にもクライアントによってアクセス範囲を制限する機構がなかった。 この影響で駿台に自己採点データを提出した受験者の個人情報(カナ、高校名、クラス名、出席番号など)と全科目の自己採点結果19万7,000人分が流出したとされる。 駿台国際教育センター [ ] は、駿台の海外校と帰国生クラス(お茶の水に設置)の運営をしている。 海外の駿台 校、校、校、校、校(上海)、校、駿台ミシガン国際学院(ミシガン州の認可を受けた全日制私立学校)校、校 駿台中学部 [ ] 系列会社の駿台教育振興が運営する難関受験指導、および進学指導を行う塾である(旧称・駿台リンデンスクール)。 首都圏 お茶の水校、四谷校、池袋校、自由が丘校、町田校、鷺沼校、横浜校、藤沢校、津田沼校、柏校 関西地区 京都校、烏丸御池校、京都駅前校、上本町校、なかもず校、西宮北口校(開校)、神戸校 主な講師 [ ]• (英語)• (英語)• (物理)• 石川正明(化学)• (数学)• 霜栄(現代文)• 中野芳樹(現代文)• (古文)• (古文)• 関谷浩(古文)• (古文・漢文)• (日本史)• (世界史)• (世界史)• (英語)• 小林俊昭(英語)• 坂井孝好(英語)• 雲幸一郎(数学)• 森茂樹(数学)• 小林隆章(数学)• (数学) 元講師 [ ]• (英語) - 創設者 教授• (英語) - 明治大学教授 の兄• (英語) - 学監を歴任• (英語)• (英語)• (英語)• (英語) - を経て、現在は講師• (数学)• (数学)• (数学)• (数学) - 理数教育研究センター長• (古文) - 教授• (古文)• (小論文) - 評論家• (物理) - 教授• (物理) -• (数学)• 長岡恭史(数学) - 現在東進ハイスクール講師 脚注 [ ] []• - 株式会社Z会 2018年7月18日• - 株式会社リソー教育 2019年9月2日• に所在。 正式校名は単に「 駿台予備学校」であるが、他校舎との区別の意味でも通称として「 駿台予備学校 お茶の水校」と称されることが多い。 駿台予備学校では唯一「校舎」と称される。 これは、市谷校舎がお茶の水校の分校扱いであるためである。 駿台教育振興設置の「駿台千葉校」を専修学校化し、2016年4月より「駿台予備学校千葉校」として開校した。 前身は駿台教育振興設置の「駿台津田沼校」であり、津田沼店のビル(現在の)に所在していた。 その後、学校法人高宮学園より「津田沼校」だった校舎を買収し移転して、2016年4月より「駿台予備学校津田沼校」として開校した。 なお、「津田沼校」は引き続きLoharu津田沼内に所在している。 高卒専門校舎• 参考文献 [ ]• "駿台予備校ジュニア失踪 豪州「大スキャンダル」が伏線 ワイド特集 誰にも言えない由々しい話. " 週刊文春 42 45 , 36-38, 2000-11-30. 文芸春秋. "スクープ 駿台予備校学園長 長男に「遺産ゼロ円」って. " 週刊現代 52 12 , 162-165, 2010-03-27. 講談社. 関連項目 [ ]• 、 -• - 姉妹校• (2012年度グランプリ受賞者 2012年度のキャンペーンのイメージモデルとしてコマーシャル出演)• 外部リンク [ ]•

次の

駿台予備学校ってどんな予備校?【大手予備校を徹底分析!】

駿台予備校 大宮校

もくじ• 疑問1 小規模校舎は不利なのか メリット サポートが手厚い 小規模校舎は、 生徒の人数が少ないことが特徴です。 講師やチューターも、1人1人の生徒に細かくアプローチしやすくなるので、 きめ細かいサービスの提供ができるのは本当です。 1クラスに50人も100人も生徒さんがいらっしゃると、仕事をこなすことに精いっぱいです。 しかし、20名程度の少人数であれば、それは十分可能です。 アットホームな雰囲気が好きな方にはおすすめですね。 デメリット1 なかなかいい講師がいない 予備校の説明会の担当者などに聞いてみても、 「持ち回りで担当しているのでいい講師がこないことはありません」「合格成績が物語っています」などで終始します。 しかし、実際のところ、生徒から 人気の高い講師は、 大規模な主力校舎を担当することがほとんどです。 「講師の自宅から近い」「通勤の途中にある」 「特段思い入れがある」校舎でない限り、人気のある講師は小規模校舎に足を運んではくれません。 あるとすれば、夏期講習やイベントといった 短期の授業です。 時間は有限ですから、「 人気のある講師は、生徒数の多い大規模校舎で授業をしてもらった方がいい」ことは言うまでもないですよね。 デメリット2 設置コースが少ない 全員を対象とする 基本的なコースは一通り揃っていますが、 時間帯が1つしかなく自由度が低いのが難点です。 また、大学別のコースや医学部専門のような 希望する人数が少ないコースはそもそも設置されていないことが多いです。 設置したところで、生徒が数名では 赤字待ったなしですからね。 疑問2 ライブ授業の良さはあるのか? 疑惑1 適度な緊張感がある 確かに学校の授業と同じ感じですから、ほどほどの緊張感もあってメリハリも付きます。 ですが、 その環境に慣れてしまえば、寝る人は簡単に寝てしまいます。 その環境に慣れていないからこそ緊張感があるわけで、慣れてしまえばあっという間です。 中には、生徒が もいますが、9割方の講師は寝ていても起こしてくれません。 そのまま 放置プレイです。 そして、徐々に授業についていけなくなっていくのです。 結果、 ただ大金をドブに捨てることになります。 やっぱり、勉強をちゃんと受けるという 能動的な姿勢が大切です。 疑惑2 授業が双方向に展開する ライブ授業というだけあって、 授業が双方向的なのは確かです。 動画配信や書籍のように一方向ではありません。 授業を聞いている生徒がしっかり理解できているか、状況に合わせて臨機応変に講師が授業できます。 といっても、 我関せず淡々と授業をする講師も意外と多いです。 全然人気ではない底辺の講師などの場合は全く期待しない方がいいですね。 彼らにそういった柔軟に授業を展開する能力は備わっていませんから。 大手予備校の講師となれば、飲み代目当てに適当に教えるような大学生ではなく、みな職業講師です。 それでも、 授業が下手すぎて生徒が内職している授業って結構あるんですよ?小規模校舎では。 給料泥棒もいいとこですが、正論言うと逆ギレする非常識な講師も多いので困ったものです。 疑問3 駿台と河合塾の違いは? どちらも大手だけあって基本的なサービスや値段、教材の質、合格実績なども 大きくは違いません。 そこで、予備校大手である 駿台と河合塾の細かいサービスの違いについて簡単にお話しします。 添削の河合塾 河合塾の特筆すべき点は、何といっても 添削指導の多さです。 ある英語の授業では 1年に60回以上も添削の機会が 授業内であります。 当然料金は 無料。 駿台をはじめ、多くの大手予備校ではここまで添削指導は充実していないでしょう。 どの予備校も質問という形で講師に添削を見てもらうことはできますが、 金にならないのに時間のかかる添削をしてくださる講師はなかなかいません。 断られてしまうことが意外と多いです。 とくに、英語や現代文などの教科は人に見てもらうのが一番効果的ですので、 添削指導をたくさんしてくれるのはありがたいことですよね。 1コマ90分の河合塾、50分の駿台 駿台は、基本50分授業なので 集中力が持続しやすいことが特徴です。 人間の集中力は45分くらいと言われているので、ちょうどいい長さといえます。 一方、 河合塾の授業時間は1コマ90分以上です。 「大学の授業が1コマ90分以上が多いこと」「入試の試験時間が120分程度と長いこと」から 集中力の養成につながると謳っています。 しかし、入試という 大一番に途中でやる気がなくなる人はなかなかいないでしょう。 それに、問題を解くときの集中力と授業を聞くときの集中力とでは別問題のように感じますし、それは 模試でたくさん練習すればいいだけのことです。 また、大学の授業時間を今から気にする必要性はまるでありません。 ぶっちゃけ、 大学の授業を全て真面目に聞いている人なんてなかなかいませんよ(笑) 座席自由制の河合塾、座席指定制の駿台 校舎によって異なるかもしれませんが、一般に 河合塾は「座席自由制」、駿台は「座席指定制 頻繁に席替え 」となっています。 どちらがよいかは一概には言えませんね。 座席自由制のメリットは、当然 お気に入りの席を毎回陣取れることです。 「空調を直接浴びない位置」「板書が見やすい位置」「教卓から遠い席」などなど…自分の好きな席を選べます。 ただ、いい席を取るために 毎回早く来る必要性に駆られるのがデメリットですね。 座席指定制の良い点・悪い点はその正反対というわけです。 河合塾のフェローシステム、駿台のCL 分からない問題を講師以外にも気軽に質問できるサービスとして、 河合塾では「フェローシステム」、駿台では「クラスリーダー CL 」が提供されています。 サービス内容自体に違いはあまりありませんが、私としては 河合塾に軍配が上がると思います。 さらに、クラスリーダーは 午前中や昼間はいません。 そりゃ、現役の大学生ですから大学の授業がありますものね。 また、彼らは質問対応 以外にも業務をたくさん抱えています。 ですから、 「長時間の質問ができない」「時間帯によっては質問を受け付けてくれない」「 答えられない問題が多い 文系のクラスリーダーに物理の質問は答えられません 」のが難点でしょうか。 その点、フェローシステムは専門の担当者が応対してくれるので、そのようなデメリットは起きにくいといえます。 ただ、 「 予約が必要なケースが多い」「担当者と年が離れていること」から、クラスリーダーのように 気軽に行けないことが難点ですね。 しかし、いずれにせよ 講師に質問することが基本であることをお忘れなく。 理系の駿台、文系の河合塾は本当か? 一度くらい耳にしたことがあるかもしれません。 河合塾の関係者によれば、「その噂を信じた理系の生徒が 実際に駿台に流れ、その絶対数の差が実績の差に結びついてしまっている側面は否定できない」とのこと。 ただ、個人的にはそのような 噂はガセだと感じます。 河合塾が文系に特段強く、理系に特段弱いわけではありません。 きちんと勉強すれば、どちらに通ったとしても、受かる人はちゃんと受かりますからね。 最後に というわけで、大手予備校の疑問3つについて 「リアル」をお答えしました。 参考になれば幸いです。

次の

【体験談】評判の駿台予備校に通ってみて|ハイレベルさと厳しさが特徴。やれば伸びる!

駿台予備校 大宮校

浪人生ですが、ちょっと遅いですが大宮の予備校に入ろうと思ってます。 そこで駿台と河合2つに絞ったのですが、最後の最後で踏ん切りがつきません。 どちらがおすすめか意見をください。 特に大宮の情報求む 私の現在の第一志望は一橋で、去年の偏差値は63ほどでした。 自分でいろいろ調べたメリット、デメリットを一応まとめときます。 単なるデマもまざってるかもしれませんが・・・ 駿台 授業が値段の割に多い 8:40~17:30までやってる 一橋専門コースがない(東大・京大・一橋コースのみ存在 生徒の質がいい 英作文添削講座は有料 河合 授業が少ない 9;00~16:30ぐらいまで 生徒の質が悪い 一橋専門コースがあり、英作文も添削してくれる。 文系なら駿台より河合と聞く どうか回答おねがいします。 大宮校ではないのですが、私は駿台と河合の両方に通っていました。 (現役の時です。 浪人は駿台でした。 文系です。 ) 正直なところ、どちらを選んでも同じかなと思います。 結果は自分の努力次第です! 私が駿台を選んだ理由は、 ・駿台は授業時間が50分(河合は70分) 私は集中力がないので。 ・駿台は座席指定(河合は指定席でないので、人気な授業は開始前に席とりのために列ばないといけない。 ) ・駿台は生徒の質が良い。 進学校の方が多いです。 などです。 けれど、駿台のマイナス点もあります。 ・基礎対策が少ない。 駿台の教材には、入試以上に難しい問題が多い。 特に数学 ・平均30点くらいの模試を平気で作る。 ただ、駿台模試に慣れて久しぶりに河合模試などを受けるとかなりテンションが上がります。 ・男子の割合が異常なまでに多すぎる。 ぐらいです。 文系は河合、駿台は理系と言いますが、あまり関係ないと思います。 そして私は駿台でしたが、英語の添削は講師に頼んで無料で毎週添削してもらっていました。 私の友達もみんなそうしていました。 参考になると良いのですが・・・ 頑張って下さい!! Q はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。 今年は前期で失敗したら浪人する予定す。 現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から 入学の認定が届いています。 ですが、正直なところ、 両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。 皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。 (他にも認定は来ていますが関係なさそうなのは省きました) 私立は経済上の理由から行く予定はありません。 また、同じく経済上の理由から浪人も一年のみです。 一年の浪人なので、授業料に関しても両親からは了解を取っています。 安価なほうがいいのですが、、授業料よりも志望校への 適不適を重視したいと思っています。 これを踏まえて、国公立工学部受験には駿台、河合塾 どちらの、どのコースが適しているでしょうか、教えてください よろしくお願いします はじめまして、私は現在高校三年生(今春卒業予定)のものです。 今年は前期で失敗したら浪人する予定す。 現在私の手元には駿台予備校仙台校と河合塾仙台校から 入学の認定が届いています。 ですが、正直なところ、 両校のデメリットメリットを調べて比べてみても決めかねています。 皆さんでしたらどちらがいいと思いますか?もしよければ教えてください ちなみに両校のメリット、デメリットは下記のようでした。 A ベストアンサー 私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。 確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。 ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが。 代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。 案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。 三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。 さらに、三大予備校の模試の中で、判定が厳しすぎず、甘すぎないのも河合塾と言われています。 駿台は問題も難しく、判定が厳しすぎると言われています ちなみに、代ゼミは問題が簡単で、判定も甘すぎる。 模試は出来るだけ多く受けた方が良いので、三大予備校の模試を出来るだけ多く受けるべきだと思いますが、少なくとも、所属している予備校の模試は受けることになるので、模試の観点からでは河合をお薦めます。 授業で使われているテキスト問題ですが、河合は東大の国語の入試問題をドンピシャ 東大対策講座の国語で問題内容も引用文章も で当てた実績もあり、また、大学入試の問題を請け負っている数が、最も多いらしいので、河合のテキストで使われている問題は、入試対策としては良い参考書になると思います テキストにはオリジナルの問題もあるので。 ただ、駿台は難関大学を目指している人たちが多いので、難関大学である東北大学を受けるつもりなら、そういった意味では、駿台は良い環境の予備校だと思います。 模試も難関大学を受ける人の多くが受けているため、比較的難しく作っていると言うことらしいです。 説明のへたくそな先生は、河合にも駿台にもいます。 説明が分からない場合は、他の先生に聞くという手もあります。 私は、授業では解答を得るためだけに行き、実際の質問はお気に入りの先生に夜遅くまで聞きに行った経験が何度もあります。 ただし、その場合は、失礼にないように担当の先生が不在の時に、聞きに行くようにした方が良いですよ。 まだ、1ヶ月あるので、しっかりと考えて予備校選びはしてください。 ただ、大学に受かるか受からないかはどこの予備校に行ったかではなく、1年間どのくらい勉強したかです。 私は東京で通っていたので、仙台のことは分かりませんので、以下記述することは、あくまでも東京での噂によるものです。 確かに、「文系の河合塾」とよく聞きます。 ただ理系は駿台よりも代ゼミと聞きます いまは、理系も文系も代ゼミになってきているらしいのですが。 代ゼミは、考えていないようなので、駿台と河合について書きます。 案内にも書いてあると思いますが、年間授業料には1年間の模試代も含まれています。 三大予備校の中で最も平均的に良問と言われいるのが、河合塾の模試です。 さらに、... Q 18歳 男性です。 大阪在住。 浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。 僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。 今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。 駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。 やらないで後悔したくありません。 そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか? 今の僕の両塾の感想は 【河合塾】 ・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせそう。 ・実績があり、バックアップが良さそう。 ・国公立コースなので、授業の内容がしっかりやってもついて行くことができるのか不安。 ・テキストの質は良いと思う。 ・夏の合宿や日曜対策講座などがなく、一定のペースで一週間勉強できる。 ・国公立コースでも日曜は必ず休み。 【四谷学院】 ・授業についていけないことにはならないと思う。 ・個別指導もあるので自分の補強必要部分がわかりやすいと思う。 ・あまり良い評判を聞かない。 ・55段階個別指導で入試に間に合うのか疑問。 ・夏の合宿や秋からは日曜対策講座もあり、日程が変則的でペースが乱れそう。 ・日曜も講座があれば休みが1日もない。 ・受験生でも週1日は休みが必要で、気分転換や次の一週間に向けての準備が必要だと思う。 もちろん、どちらに入ったとしても、全力でやります。 実際にどちらも説明にも見学にも行っていませんが、資料はしっかり見ました。 どちらの予備校が良いですか? 予備校経験のある方、詳しい方は特にお願いします。 18歳 男性です。 大阪在住。 浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。 僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。 今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。 駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。 やらないで後悔したくありません。 そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか? 今の僕の両塾の感想は 【河合塾】 ・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせ... A ベストアンサー 四谷学院のOBです。 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。 「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。 また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。 いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。 大手予備校の場合、サボっていても何も言われません。 四谷の場合は、55段階の時は雰囲気的にサボりにくく、結局勉強する環境になります(集団授業でもあてられることがあるので、勉強する環境になりやすいです)。 特に55段階は、「自分で分かっているつもり」の箇所を徹底的に突っ込まれ、基礎が分からず、勿体ない失点を教えてくれます。 大手は「多くの人数に良質な授業をし、その中から生き残った人間が合格」していく構造です。 そのため、大手予備校のCMは環境より合格者の数字を前面に押し出しています。 成績がイマイチな人は予備校からすれば「数字(宣伝材料)にならないが貴重な利益貢献者」となります。 その証拠に大手予備校では名門進学高校の生徒の授業料は無料が多く、普通の高校からはしっかりお金を取っています。 生徒には合格の数字かお金の数字を出すようになっています。 そのため、費用と授業の質を考えると(先に挙げた名門講師は難関大対策にしかいないことも考えると)優秀な受験生は非常に割安いで、そうでない生徒は(優秀な人の費用も負担していることになるので)非常に割高です。 ちなみに四谷学院は解く体制度は一切ないと思います(私の時はなく、今もないでしょう)。 あなたの目指すレベルであれば自分でしっかりやっても到達できますが、大手の場合は実績にほとんど関係ない大学なので、予備校としてのフォローも期待できません。 特に大手は年間費用を一気に先に払うので、フォロー等のクレームでやめられてもお金の損失がないからです。 大手予備校のテキストは情報に無駄がないものですが、白黒の(私には)使いにくいものでした。 四谷は市販の参考書のようなカラフルな教科書・参考書です。 ちなみに55段階の到達ですが、これは心配ありません。 55段階全部終わらないと意味がないものではなく、最初の30~40%で出題範囲の内容は終わります。 それ以降の級・段は演習形式になっており、残りの30%は早以上の人だけに必要なもので、全部終わったら「どこでも大丈夫」というカリキュラムです。 私自身、英語・国語は終わらなかったものもあります。 ちなみに、1時間でやれるだけやっていいので、初めのころは1時間で5級くらい進みます(秋以降は2~3級程度が多いです)。 55段階の一番の目的は、範囲を網羅することと、自分が勉強したことを可視化でき、やる気が出る点です。 授業を受けっぱなしの予備校だと感じにくい部分です(それを感じなくても自発的にやれる人には効果はありませんが)。 ちなみに日曜講座や合宿に私は一切参加していません。 夏季・冬季の講習はそこそこ取りましたが、通常の時期と同じかそれより少ない授業数で十分です。 ちなみに、四谷は3月中に申し込むとその時点で55段階の指導を受けられます(今やっているかは確認してみてください、私の時はそうでした)。 私は4月から通ったのでできませんでしたが、既にハンコをもらっている人がいて、「しまった」と後悔しました。 評判に関しては、正直集団授業の講師の質は大手に及びません。 ただ、四谷はそれ以上に学習システムがしっかりしていると思います。 四谷学院のOBです。 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。 「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。 また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。 いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。 大手予備校の場合、サボっていて... Q 私は浪人確定の高校3年生です。 私は去年一年間まったく勉強しませんでした。 去年の12月のセンター模試で550点しかないのにもかかわらずまだ大丈夫と言って逃げていました。 しかしどうしても東大に入りたいと言う情熱、願望、欲求は消えうせることなく、一月に入り勉強しましたが足切りにあい今年東大を受験することができませんでした。 今年は他の国立大学に出願し、今は後期に向けて合格を手に入れるためだけに勉強しています。 私は二浪は絶対にしないです!来年こそは胴上げされます!! そのため相談したいことがあります。 自分は宅浪は100%できません。 二月それで失敗しました なので予備校に通うつもりです。 駿台か河合塾かで迷ってます。 駿台は実績がよいのですが、今年河合塾が本郷に新しく東大専門校舎を作り魅力を感じます。 私は現役時代東進ハイスクールに通っいて、予備校のことがよくわからないので、 駿台と河合の良い所悪い所をふまえてどちらがいいか教えてください。 A ベストアンサー ...。 実績云々ってどういうことだか解ってないようですね。 まず受かりそうな生徒が集まっているってことです。 受かりそうにない人まで受かりました、という実績が、じゃぁどこに書いてありましたか? あなたが見なければいけないのはそういう実績でしょ? 受かりそうな人が受かった話がいくらあってもあなたには関係ありません。 去年だけですか? 去年だけサボったのなら、センター8割軽く超して、二次でだめだった、ということになるはずですが。 東大に行きたい人が6年間勉強を積み上げるのは極普通のことです。 どうして一年間だけの話に矮小化するのでしょうか? 誤魔化してませんか?それが失敗の元だったのではありませんか? 予備校がどうこうではありません。 現に東進に行っていてセンターがそれだけだったんでしょう。 東進が悪いからセンターの点が取れなかったんですか?それとも自分がサボったからですか? まず実力相応のクラスに入り、そこで基礎・教科書レベルからやり直すべきです。 講義に合わせていたのでは順当にしか伸びませんから東大には届かないでしょう。 講義以上に自分でバリバリ問題集などをやっていかないと。 東大クラスなんてとんでもないですよ。 そんな難しすぎる講義はついて行けないのではないですか? 前期は基礎をやる、とは言いますが、東大の基礎と日大の基礎は違います。 基本的に、自力でやっていけない奴は伸びません。 勉強を嫌々やっているようなら、よく頑張ってMARCHだと思います。 勉強が苦行だったり、学習内容に興味を持てなかったり、勉強が面白くなかったりするようなら、勉強時間は減るだけですので、そういう人は浪人には向きませんし、おそらく大して伸びません。 また、基礎が抜けているのにそこをやり直さず、難しいことばかりやっていればよいのだろう、という人も伸びません。 勉強は下から積み上げていく物です。 難しいことばかりやればどうにかなるわけではありません。 それは病み上がりで走れない人がサッカーをやろうとするような物で。 まず走れないと。 仮に難しいことができたとしても、センターで点が取れないはずです。 もっと地に足のついたことを考えましょう。 下からやり直すのであれば、河合の普通の校舎をお薦めしておきます。 どうしても自力でできないようなら、24時間監視体制付きのような全寮制の予備校に行くことをお勧めします。 ...。 実績云々ってどういうことだか解ってないようですね。 まず受かりそうな生徒が集まっているってことです。 受かりそうにない人まで受かりました、という実績が、じゃぁどこに書いてありましたか? あなたが見なければいけないのはそういう実績でしょ? 受かりそうな人が受かった話がいくらあってもあなたには関係ありません。 去年だけですか? 去年だけサボったのなら、センター8割軽く超して、二次でだめだった、ということになるは... A ベストアンサー 市ヶ谷の医系Sコースに在籍していたことがあります。 質問者さんの学力レベルが分からないので正確には何とも言いようがないですが、診断テストはそこそこの学力があれば希望のコースに入れますよ。 市ヶ谷の医系Sコースでも認定されるためだけならそこまでの高学力は必要とされません。 認定試験自体は、どのコースを希望する場合でも全科目マーク式の試験で、そこまで難しくないはずです。 模試とかの自己推薦や高校推薦を利用しても構わないと思いますが、特段、変わらないでしょう。 但し、あのコースはコースの中でもクラス分けがなされてますから、そこで上の方のクラスに入るにはそれなりの学力がないと駄目です。 私の時(5年前)でSA~SEまでの5クラス(1クラスあたり約200人)に分けられていましたが、結局のところ最終的には(クラス分けは4月の開講時と9月の後期開始時の2度あります。 )SAやSBにいないと国公立の上位大学の医学部へ合格する人はほとんどいません。 (旧帝大レベルを希望するならば、SBでも下位層にいては駄目です。 SAかSBの上位層にいないと。。 特に理三希望なら、まず前期後期共にSAにいるような学力レベルが最初からないと受からないですね。 )SEあたりになれば私立も含めてそもそも医学部に合格する人自体がかなり少なくなります。 ですから逆に言えば医系Sコースに認定されるということだけならば大して難しくはありません。 ちなみに認定試験が厳しくない理由は単純で、予備校側としては受講生をたくさん入れた方が儲かりますから、認定試験で厳しく選抜して受講生を少人数に絞ることにデメリットはあってもメリットはないためです。 以下、余談です。 市ヶ谷校は国公立医学部合格者を結果的に多数出しているため、やたらと騒がれますが、上記に述べたとおり受かっているのは上位層にいる生徒のみです。 約1000人の医系Sコース所属者の内、上位200~300人に入っていない受講生は予備校側も正直、学費を出してくれるだけのお客様扱いです。 (実際、私がいたときには、はっきりと口に出してそう言う講師もいましたし。。 )具体的には担当講師もクラスによって違う場合があり、その場合は上のほうのクラスに有名な講師を配属します。 医系Sコースに入ることよりもその中で上位層に入ることが重要ですから、4月に開講してからは1年間気を抜かずに頑張ってください。 市ヶ谷の医系Sコースに在籍していたことがあります。 質問者さんの学力レベルが分からないので正確には何とも言いようがないですが、診断テストはそこそこの学力があれば希望のコースに入れますよ。 市ヶ谷の医系Sコースでも認定されるためだけならそこまでの高学力は必要とされません。 認定試験自体は、どのコースを希望する場合でも全科目マーク式の試験で、そこまで難しくないはずです。 模試とかの自己推薦や高校推薦を利用しても構わないと思いますが、特段、変わらないでしょう。 但し、あのコースはコー... goo. html で質問していることと重複するかもしれませんが、 首都圏の河合塾で早慶上智(特に早稲田)に強い校舎はどこでしょうか? 駒場や麹町が東大・京大・医学部に強いとは言われていますが(というか専門校舎)早慶上智については、はっきりとした情報がありません。 とりあえずサクセスクリニックで上のクラスに入れば講師が良いから大丈夫とアドバイスいただいたのですが、自分は1ヶ月程なにも勉強しておらず今の偏差値は55(3教科)くらいだとおもいます。 だからもし下のクラスになったとしてもある程度評判の良い講師の授業が受けれる校舎に通いたいと考えています。 すぐに回答ほしいです。 よろしくおねがいします A ベストアンサー なるほど。 そのような理由で不安になっていらしたのですか。 では、質問の主旨からははずれてしまうかもしれませんが、自分の経験を踏まえてアドバイスします。 自分も今年の冬まで浪人していましたが、入塾時の偏差値が3教科で55~58位、志望は上智と早稲田の法学部と質問者さんとほとんど同じような状況でした。 当然早慶上智文系コースに入塾し、サクセスクリニックを受けたのですが、いわゆる「下位」のクラスに振り分けられました。 質問者さんの得た情報の通り、下のクラスは200近い塾生で構成されているクラスです。 自分は夏のサクセスクリニックでも失敗し、上のクラスに入ることはできませんでした。 それでも、テキスト中心に勉強を進めていき、今年は志望の早稲田法と上智法に合格しました。 ですから、もしも上のクラスに入ることができなくても落胆する必要は全くなくて、それこそマイペースに着実に勉強していけばいいだけだと思います。 また、上のクラスは下のクラスよりも難しめのテキストを使うのですが、サクセスクリニックでまぐれでいい点をとってしまい、上のクラスのテキストに全くついていけず受験を失敗したような人もいますので、 必ずしも上のクラスに入ったほうがいいとは限りません。 正直、テキストの内容は下のクラスのもので十分です。 評判の良い講師がいる&中規模の校舎ですか・・・・。 中規模の校舎を挙げると、立川校、町田校、荻窪校、吉祥寺校あたりですかね。 この中で評判の良い講師のいる校舎を考えると、自分は立川と町田の事情しか分からないのですが、その二校ならば、町田校の方が講師の質は高いように感じます。 あまりお役に立てなくて申し訳ない。 質問者さんの状況が去年の自分の状況にあまりに似ているのですごく応援したくなりました。 一年間つらい時期もあるかもしれないけど頑張って下さい。 なるほど。 そのような理由で不安になっていらしたのですか。 では、質問の主旨からははずれてしまうかもしれませんが、自分の経験を踏まえてアドバイスします。 自分も今年の冬まで浪人していましたが、入塾時の偏差値が3教科で55~58位、志望は上智と早稲田の法学部と質問者さんとほとんど同じような状況でした。 当然早慶上智文系コースに入塾し、サクセスクリニックを受けたのですが、いわゆる「下位」のクラスに振り分けられました。 質問者さんの得た情報の通り、下のクラスは200近い塾生で構成されている... Q 私立医学部志望の高3ですが、浪人がほぼ決まってしまいました。 予備校選びを始め、駿台か河合塾の私立医系クラスにしようと思っています。 しかし、どちらも一長一短という感じで迷っています。 駿台は、 ・授業料が河合塾より安い(年間60万円) ・通常授業+個別指導のコース 年間110万円 にすれば勉強場所と時間を確保できる。 ・座席指定制なので安心 これらの点ではいいのですが、 ・1クラス150人(模試のとき狭くてつらかったです) ・机が狭い これらの点で不満です。 河合塾は、 ・1クラス多くても50人 ・麹町校を考えているので、気持ちよく勉強できそう ・雰囲気が駿台よりも好き これらの点ではよいのですが、 ・授業料が高い(講習代を含めて年間160万円) ・座席指定でないので不安 (・実績が駿台よりも悪い) これらの点で不満です。 実績に関しては、生徒数によって変わってくると思いますし、一番大事なことは自分が勉強するかなのであまり気にしていません。 これらをふまえて、皆さんはどちらを選ぶべきだと思いますか?また、それぞれのクラスの雰囲気やチューターのサポートはどんな感じでしょうか?通っていた方や、評判を聞いたことのある方、教えてください。 よろしくお願いします。 私立医学部志望の高3ですが、浪人がほぼ決まってしまいました。 予備校選びを始め、駿台か河合塾の私立医系クラスにしようと思っています。 しかし、どちらも一長一短という感じで迷っています。 駿台は、 ・授業料が河合塾より安い(年間60万円) ・通常授業+個別指導のコース 年間110万円 にすれば勉強場所と時間を確保できる。 ・座席指定制なので安心 これらの点ではいいのですが、 ・1クラス150人(模試のとき狭くてつらかったです) ・机が狭い これらの点で不満です。 河合塾は、... もし座れないくらい来たら受講証のチェックはあります。 (これは駿台も同じ)(代ゼミみたいに1時間前から並ぶというのはないと思います。 時間が国立コースと私立コースでは違いますので、共通で授業をするようなのは同じです。 それプラス私大向けの講座が付きます。 あと、模試の認定で東工大あたりに入れるのであれば、河合塾のトップレベル国公立大医進、東大理類のトップ選抜のクラスや駿台の東大理系スーパー、難関国公立理系スーパーの授業には付いていけると思います。 そっちの方がライバルと競い合いができてプラスになると思います。 認定テストを受ければそういったクラスに入れると思います。 河合塾の場合ハイパー東大理系は他のトップ選抜よりもテキストが難しいです。 麹町の上のクラスでも付いていけるとは思いますが。 駿台の場合テキストは東大理系の方が難関国公立よりも難しいです。 難関国公立でもテキストをちゃんとこなせば大丈夫です。 2月、3月中に河合や駿台ではなくても体験授業はあるはずですから、いろいろ受けてみて(いろいろな校舎にも)それから決めればいいのではないでしょうか。 もし何かありましたら補足にコメントを入れておいてください。 もし座れないくらい来たら受講証のチェックはあります。 (これは駿台も同じ)(代ゼミみたいに1時間前から並ぶというのはないと思います。 時間が国立コースと私立コースでは違いますので、共通で授業をするようなのは同じです。 それプラス私大向けの講座が付きます。 あと、模試の認定で東工大あたりに入れるのであれば、河合塾のトップレベル国公立大医進、東大理類のトップ選抜のク... Q こんにちは。 大検からの大学合格を目指している17歳です。 最近、やりたいことを見つけたので、大学に行こうと思い始めました。 今はまったく学力が無い状態なので、中学生の勉強を自分でやっています。 出来れば夏前までには予備校の授業についていける学力に持っていこうと必死です。 そこで本題なのですが、1年間通った場合の予備校の費用とは大体いくらくらい掛かる物なのでしょうか? 大雑把な質問で申し訳ないです…。 大きい範囲でこたえていただければ結構です。 自分が受けたい授業は、日本史、英語、古文です。 家の近所には代ゼミしかないので、代ゼミを考えています。 親には予備校の費用を出してもらえそうもないので、 自分で働きながら通おうと思っています。 こたえにくい質問かと思いますが、大体の費用を知りたかったので質問させてもらいました。 皆さん、宜しくお願いします。 A ベストアンサー 一昨年浪人を経験したものです。 私の場合通っていたのが駿台予備校の高卒クラスでした。 高卒クラスでは授業を科目ごとに単科で取る事はできず、英国数理社の全ての授業がありました。 時間割に沿ってクラス単位で全く同じ授業を受ける、いわば中学や高校と全く同じような環境という事です。 私の場合ですと詳細は忘れてしまいましたが、まず1年間の基本の受講料で60万程かかったのではないかと思います。 (これは教材費も込みだった筈です) それだけで1年間勉強ができるかというとそうではなく、夏期講習・冬期講習・春期講習といった、長期休暇期間の講習費用はまた別途かかることになります。 特に夏期休暇は2ヶ月近くありますので、この期間で自分のとりたい講座を全て取ろうとなると、かなりの費用となります。 私の場合は費用の事を考えてかなり少なめにコース選択を行いましたが、それでも10万円を少し超えるくらいの額がかかりました。 冬期講習も同様で、センター試験・二次試験の講座を別々に取るとなると、それもまた結構な額が必要になります。 この他に模試費用(1回の模試にかかる金額の目安はおおよそ3000円~5000円程かと思われます)、基本の教材以外の副読本購入費用などの諸々の諸経費を含めますと、1年間で100万円近くとなってしまいました。 代ゼミは駿台とは金額に異なる点があるかとは思いますし、受けたい授業の数が大分絞られているようなので私の場合とはかなり状況が違っているとは思いますが、何かのご参考になればと思いまして回答させて貰いました。 お仕事との両立は大変だとは思いますが、どうぞ頑張って合格を勝ち取って下さい。 一昨年浪人を経験したものです。 私の場合通っていたのが駿台予備校の高卒クラスでした。 高卒クラスでは授業を科目ごとに単科で取る事はできず、英国数理社の全ての授業がありました。 時間割に沿ってクラス単位で全く同じ授業を受ける、いわば中学や高校と全く同じような環境という事です。 私の場合ですと詳細は忘れてしまいましたが、まず1年間の基本の受講料で60万程かかったのではないかと思います。 (これは教材費も込みだった筈です) それだけで1年間勉強ができるかというとそうではなく、夏期講習・... Q 私立大学の後期日程は難易度があがるのでしょうか? 私は次のようなわけで、難易度が上がると思うのですが、実際はどうなんですか? 1 一般後期を受ける人は、 ・前期で落ちたが実力では受かるはずと再度チャレンジの人 ・前期難易度の高いところに落ちてこの大学にレベルを落とした人 と考えるとその募集人数の少なさも合せて 前期より難易度UP ではないかと思いますが、「後期はねらい目」いう意見もあります 後期はどんな人が受けて、どうなるんでしょう? 2 後期をセンター利用で受ける場合(センター試験後の志願) ・もし前期にセンター5教科で受けて落ちたなら 後期も5教科なら 当然落ちる ・後期が高得点3教科など自分に有利な場合は可能性がある。 と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを 志望しなくては結果がでないのでは・・・・ どなたか教えてください A ベストアンサー 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しましたが) センター試験利用に関しては、 前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの? と思うような点数を取る人達が利用していたので うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。 合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。 質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが 赤本等に後期試験の問題も載っていませんか? 載っていたらその問題を見てみて、 前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。 もちろん、他の回答者の方も仰っているように 前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、 第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。 また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、 前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。 逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば ランクを落とすのがベターかと思いますが…。 HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。 あくまで目安程度ですが、それも参考になります。 ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、 後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、 受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか) も視野に入れて考える必要があるでしょう。 つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、 あくまで参考程度に。 一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが 頑張って乗り越えて下さいね。 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しまし... A ベストアンサー こんにちわ 去年駿台のハイレベル国公立理系で浪人した者です。 結論から申し上げますと、あなたの学力からするとスーパー難関国公立大コースがいいと思います 東工大クラスだと最初のうちはついていけないかな、と思います。 ハイレベルコースとスーパークラスでは講師の質?がけっこう違うみたいですよ。 私がハイレベルコースにいた印象としては やっぱりあまり周りのレベルが高くないかな、と感じました。 たぶんハイレベルコースでは東工大志望の人はいなかったと思います。 ハイレベルコースでも上位10人くらいは旧帝大に受かる学力はあると思います まあどこのコースでも結局はあなたの頑張りようですから ちなみに私は現役のときはマーチ全落ちでしたが ハイレベルコースで浪人してマーチ受かって第一志望も受かりました 逆にスーパークラスの友達でマーチ落ちた人もいましたよ。 もう一度いいますと、結局はあなたの頑張りようでどうにでもなります。 気分を害されるかもしれませんが、私はあなたを応援したいのであえて言いますと 現役でマーチ落ちの人が浪人して東工大合格は現実的に考えて難しいです。 それなりの覚悟が必要になります あなたにはその覚悟がありますか? 中途半端な気持ちだと浪人したってたいして伸びません。 こんにちわ 去年駿台のハイレベル国公立理系で浪人した者です。 結論から申し上げますと、あなたの学力からするとスーパー難関国公立大コースがいいと思います 東工大クラスだと最初のうちはついていけないかな、と思います。 ハイレベルコースとスーパークラスでは講師の質?がけっこう違うみたいですよ。 私がハイレベルコースにいた印象としては やっぱりあまり周りのレベルが高くないかな、と感じました。 たぶんハイレベルコースでは東工大志望の人はいなかったと思います。 また、前期はほんとに... Q 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い ・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが) などです。 特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。 この評判は本当なのでしょうか? できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。 卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。 上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語... A ベストアンサー 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。 ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。 理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。 ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。 マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。 大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。 上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。 内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。 ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。 英文を勉強するには非常にいい環境です。 ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。 ただ、大学名で落とされることはまずありません。 最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。 しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。 乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全...

次の