スポーク 組み方。 セロー250 スポーク張り替えの記録

スポークホイールの基礎知識

スポーク 組み方

Contents• 特徴的な後輪のスポークパターン MAVIC イソパルス組 マヴィックのキシリウムでは、 イソパルス組が採用されています。 これはフリー側がラジアル組で、 反フリー側がタンジェント組(2クロス)。 マヴィックの後輪では、左右同数スポークで組み方を変えているという点も注目です。 フルクラム 2:1組 フルクラムというと 2:1組が有名ですね。 これはフリー側14本、反フリー側7本というまさに2:1にスポーク数を配置したパターンです。 なお、2:1が採用されているのはレーシング3以上のモデルとなります。 レーシング5以下は2:1にはなっていません。 カンパニョーロ G3組 カンパニョーロの G3組は、見た目で欲しくなる人も多いですよね。 3本のスポークを一つの塊のように配置した独特の見た目ですが、これも2:1の一種です。 つまりは2:1の3本を一つの塊として配置している状態です。 一部、G3にはなっていないモデルもあります。 これらはホイールメーカーのアイデンティティと言ってもいい組み方です。 キシリウムはずっとイソパルスのままですし、カンパニョーロはずっとG3。 カンパニョーロと言えばG3なので、今更違う組み方されても困る人が多いのではないでしょうか(見た目)? なぜスポークパターンが決まるのか? 一番の理由は、後輪における左右(フリー側・反フリー側)のスポークテンションの是正です。 ロードバイクのスプロケットは、フレームの右側にしかありません。 特に11速化以降は、スプロケットをつけるフリーボディがホイールの内側に食い込むような形になっているため、左右でのスポークからリムまでの距離も変わってしまいます。 その結果、左右でのスポークテンションが全然違う結果になり、うまく走ってくれないので、左右のスポークテンションを近づけるようにするにはどうしたらいいのかということを突き詰めた結果がイソパルスやG3、2:1なわけです。 シマノでも、オプトバルといって2:1が採用されているホイールもあります。 マヴィックで採用されるイソパルスですが、フリー側がラジアル、反フリー側がタンジェントです。 それぞれの特徴はこちら。 ラジアル タンジェント 長所 スポークが短くなり軽量化 縦剛性は強め 空力が良くなる 駆動力の伝達に優れる 横剛性が強い 短所 駆動力の伝達は苦手 横剛性は落ちる スポークが長くなり重量増加 空力は落ちる 前輪の場合、トルクを伝える必要性がないので、完組ならほぼラジアル組です。 空力と軽量性重視なんでしょうね。 こちらがラジアル組の振動吸収性を表している動画です。 後輪の場合、左右ラジアルだとグニャグニャして進まないでしょう。 マヴィックのイソパルスでは、左右でのスポークテンション是正のためにフリー側ラジアル、反フリー側タンジェントという特徴的な組み方になっています。 ちょっと面白いのが、コスミックプロカーボンSL USTとコスミックプロカーボンUSTの関係性です。 この二つ、リムは全く同じなのですが、スポークパターンが違います。 SLではイソパルス組なのですが、非SLでは逆イソパルスなんですね。 コスミックプロカーボンSL UST(リア24本) コスミックプロカーボンUST(リア20本) フリー側 ラジアル タンジェント 反フリー側 タンジェント ラジアル スポーク数も非SLでは減らしており、意図的にSLから剛性を落としたモデルと言えます。 バリバリレースしたいならSL、ロングライドで楽したいなら非SLという感じでしょうか。 組み方と特性 組み方で乗り味が変わるのかどうかという点ですが、わかりやすいのはカンパニョーロとフルクラムの関係性ではないでしょうか? カンパニョーロとフルクラムは同じメーカーですので、同じようなグレードのホイールが存在します。 具体的なところでいうと、ゾンダに対してレーシング3、シャマルに対してレーシングゼロですね。 ほぼ同じグレードのリムを使っていて、スポークも同等なわけですが、フルクラムは2:1、カンパニョーロはG3と似ていますが組み方が違います。 この組み方の特性の違いだと思いますが、一般論としてフルクラムは駆動剛性が高い、カンパニョーロは乗り心地がいいなどと言われたりします。 シャマルもレーシングゼロもどちらもアルミスポークを使っていて剛性は高く、アルミクリンチャーとしては最高峰なのは間違いないですが、同じグレードでもレーゼロのほうが硬いと感じる人が圧倒的です。 シャマルは決して剛性が低いわけではないですが、レーゼロよりはちょいマイルドなイメージとでも言いましょうか。 組み方の違いで走りにも違いが出るので、なかなか面白いところです。 ここで勘違いする人が出てくるので書きますと、レーゼロとシャマルの違いで見た場合、決してレーゼロのほうが速いというわけでもありません。 ここは難しいところですが、踏み込んだ時の加速性はレーゼロが優位なのですが、巡航しやすさでいうとシャマルな気がします。 難しいのですが、レーゼロはスパッと加速していく印象で、シャマルはスルスル加速しながら足に優しく進んでいく感じとでも言いましょうか。 この辺はどっちがいいかではなく、好みの問題かもしれません。 ディスクブレーキ登場で・・・ 前にも書いたように、ディスクブレーキの場合スポークが制動力を伝える重要な役割を果たします。 リムブレーキは、ブレーキでリムを挟んでリムの回転を止めようとしますが、ディスクブレーキは制動力はハブで発生し、それをスポークを介してリムの回転を止めようとします。 そのため、リムブレーキ時代は主に駆動伝達とかを考えていればよかったのですが、ディスクブレーキでは制動力の伝わり方まで考えないとまともなホイールにはならないわけです。 具体的なところでいうと、ディスクブレーキの場合はフロントのラジアル組がNGです。 ラジアル組では、ディスクブレーキによって起こるハブとリムの間の捻じれが酷くなり、まともに使えません。 マヴィックのキシリウムエリートUSTディスクでは、フロントホイールは2クロス組になっています。 しかもスポーク数は24本とかなり多めです。 リムブレーキ版のキシリウムエリートUSTではフロントホイールはラジアル組、かつスポーク数は18本ですので、だいぶスペック上の変更があったわけです。 キシリウムエリートUSTディスクでは、リアホイールはイソパルス継続ですが、スポーク数は24本(リムブレーキ版は20本)です。 こういうあたりがディスクブレーキ用ホイールが重くなる原因でもあります。 また、ディスクブレーキではスポークがリムを引っ張って止めようとするため、リムの軽量化もそこまで出来ないようです。 軽量化すると、リムが壊れるのでしょう。 ディスクブレーキ登場時は、【ブレーキゾーンが要らないので、リムの軽量化ができます!】という触れ込みもあった気がしますが、実際はそうでもないようです。 ゾンダDBは前後とも21本スポークのG3組になっています。 リムブレーキ時代はF16本ラジアルでしたので、やはりディスクブレーキ対策というところでしょう。 前にも質問メールが来たことがあるのですが、カンパニョーロのディスクブレーキホイールは、ローター側がラジアル組になっています。 フルクラムも同様です。 ローター側がラジアル組になっていて大丈夫なのか??ということですが、ゾンダについては一応、ローター側と反ローター側でスポークの太さを変えているらしいです。 大手メーカーですのできっちり強度や耐久性のテストを行ったうえで製品化しているはずなので、多分大丈夫なんだと思うのですが、ディスクブレーキ用ホイールについてはカンパニョーロやフルクラムより、マヴィックのほうが理にかなっているような気がします。 考えすぎかもしれませんけど。 しかし、ゾンダなどカンパニョーロのホイールがディスクブレーキ化に伴い、前後G3組になったのでカッコいいと思う人も多いようです。 これは確かにそうですよね。 カンパニョーロのアイデンティティ=G3と言っても過言ではないでしょうし、それがフロントホイールにも採用となると見た目でいうと嬉しいと思う人もいるでしょう。 こういったG3や2:1、イソパルスなどはやはり手組では出来ない組み方です。 完組だからこそ可能な組み方であって、メーカーごとの強烈なアイデンティティだと思うわけです。

次の

自転車のスポーク交換|方法・工具・交換費用・所要時間

スポーク 組み方

2012年12月26日 水曜日 ちょっと前にぷるぷるさんとお会いしたときに、ぷるぷるさんが アルミリムに換装したいって話をされてたんですね。 スポークホイールのスポークって、 規則性があるのはわかるんだけど、これを一から組めって言われたら、ちょっと…、ってなりますよね。。。 でも! ちょうどボクもちょっと前にこだま号のリム交換をしたことがあったので! その時の、革新的?! な、リム換装テクニックを思い出しつつ、ちょっと記しておこうかなと。 しかも、修復不可能なやつ。 サイズ17インチxリム幅1. 下に置いてある方のホイールの リムだけを魔法のような裏ワザ? リム換装でスポークを張り替える言いますと、一度全部ハブまで外して、それから新しいリムに付け替えるっていうのが一般的? でありますね。。。 その方法。 まず、交換する側のホイールの スポークを全部、ギリギリまで緩めておきます。 付け替えるときに、1本飛ばしでやると、1層あたり2周まわった時にバランスよくピッタリ交換できますよん! 説明ヘタです。 2層目を全部付け替えますとね、、、 こんな感じで、 ツインリムホイールが完成したり。。。 写真はありませんで。 ここからも重要ステップ! リムの振れとりが待っているのであります。。。 振れとり台なんて、そんなたいしたもの買えませんし、そもそもあってもそんなに使わないですからね。。。 そんな感じで! これでまた、快適に乗れるようになりました!とさ。 アルミリム換装予定の方、いかがでしょう?!

次の

ホイールを初めて手組してみた その6 スポーク組について学ぶ

スポーク 組み方

今回ホイール組みに挑戦するにあたって、一応分からないなりにどういうホイールを作るか考える必要はあるかと思いました。 で、日ごろの用途から考えてあまりレース向きなものを作っても仕方ないと思ったのでとりあえずは0発進で力を使わずに済むものにしようと思いました。 これはリムを軽いものにすれば実現するようなのでそこを中心に考えることにしました。 組み方は最初から凝ってもしょうがないだろうと思ったのでイタリアン6本組みを選択しました。 リム:MAVIC Reflex 32H ご存じMAVICさんのチューブラー用リムです。 実測で400g前後と確かに大変軽量でした。 リムの精度も優秀で、初めて作ったにもかかわらず振れ取りは楽でした。 よく言うガンメタリック的なグレーです。 ハブ:TNIエボリューション 比較的安価で軽量なハブです。 今回は32Hで組んでいますがホール数のバリエーションがいろいろあるので手組みの強い味方なのかもしれません。 気になる?ラチェット音ですが割とこもった感じの「ジィィィー」という音です。 結構静かだと思います。 スポーク:DT コンペティション2. 8 スポークは2. 0径だと32本もあるしさすがにごつすぎるかなあと思い2. 8のバテッドスポークにしました。 端から中央に向かって径が細くなっているのですが見た目では全然分かりません。 ゲージで計ってみると確かにそのようになっています。 ニップルはスポーク購入時に付属の同社製ブラスニップルを使いました。 外周の重さにこだわるならアルミ製を選択してもいい気がしますが不安だったので今回はパスしました。 教本:ロードバイクの科学(著:ふじいのりあき) サイクルメンテナンス ホイール組みの達人 教科書としてはこちらの書籍とDVDを参考にしました。 ロードバイクの科学の方は巻末にホイール組みのコンテンツがあり、スポーク長計算の原理やテンションの設定、トルクのかかり方など教科書っぽい内容から実際の組み方まで詳しく解説されています。 勉強になります。 一方のホイール組みの達人のDVDは実践向けの内容で、材料や工具を揃えるところから作業工程を全部トレースしてくれます。 特に工具についてはホームメカニック向けのもので実演してくれている点ややらかしやすいミスを具体的に注意してくれるのがいいところです。 動画なので作業がわかりやすく、わからなくても何回も見直せるのがいいですね。 カテゴリー: 投稿日: 投稿者: 投稿ナビゲーション.

次の