ザマゼンタ ようき。 【ポケモン剣盾】伝説のポケモンの入手手順と厳選方法【ポケモンソードシールド】

攻略チャート3「殿堂入り後〜ザシアン or ザマゼンタ捕獲まで」

ザマゼンタ ようき

正直 ソード・シールドでの色違い登場は難しいんじゃないかなと思っています。 と言うのも、第5世代以降の伝説ポケモンには、 意図的に色違いが出ないよう「ブロックルーチン」がかけられている事が多いからです。 過去作で パッケージに登場した伝説ポケモンたちを一覧にまとめるとこんな感じです。 各ソフトでの色違い解禁 B ゼクロム なし W レシラム なし B2 ブラックキュレム あり W2 ホワイトキュレム あり X ゼルネアス なし Y イベルタル なし OR グラードン なし AS カイオーガ なし S ソルガレオ なし M ルナアーラ なし US 日食ネクロズマ なし UM 月食ネクロズマ なし BW2のキュレム ホワイトキュレム・ブラックキュレム だけが例外でしたね。 BWでパッケージにはいなかった「3匹目の伝説ポケモン」だからなのか、理由は不明。 「3匹目」のポジションにあたる、YXのレックウザ、ORASのジガルデはしっかりブロックルーチンかかってますしね ただ、レッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイでは ミュウツーの色違いは出ます。 ピカブイの流れでザシアン・ザマゼンタも色違いが出てくれたら良いなーと思っていますが、どうなるでしょうね。 また、初登場ソフトではブロックルーチンがかかっていても、 後に発売されるソフトでは解禁されるパターンも。 ゼクロム・レシラムも長い間ずっと色違い未解禁でしたが、ORASやウルトラサンムーンでは色違いが出現するようになりました。 前作サンムーン・ウルトラサンムーンの伝説、 ソルガレオ・ルナアーラ・ネクロズマも、最新作ソード・シールドでは色違いが解禁されるかもしれませんね。

次の

ソードシールド詳細攻略チャート10 (クリア後:ザシアン/ザマゼンタ入手方法)|ポケモン徹底攻略

ザマゼンタ ようき

今回の解説はザシアンです。 基本データ No. 8m 重さ 110. 0kg 剣の王 特性 ふとうのけん 性別比 性別ふめい 卵グループ タマゴ未発見 図鑑説明 ソード かつての獲物でした。 キョックスも一刀のもとに切り捨てる。 シールド あらゆるものを切り捨てるさまから妖精王の剣と呼ばれ敵味方に恐れ崇められた。 首毛はの触手の様に自在に動かす事が出来るようで、普段はそれで剣を巻きつけて鞘代わりとし、背中側に保持している。 「盾」のような装甲を纏うザマゼンタとは対をなし、その容姿には色々と共通点が多い。 戦闘時は咥えた剣の形状が変わると共に青く発光し、繰り出される華麗な攻撃は、相対するものさえも魅了してしまうという。 名前の由来は恐らく「The・シアン 色の一種 」。 フランス語で犬を意味するシアン Chien もあるかもしれない。 全身の色合いはを彷彿とさせ、ザマゼンタと比べると淡いルカラー寄りの色調になっている。 概要 初登場は『ソード・シールド』。 ガラル地方に存在する伝説のの一体で、ソード版のパッケージを飾る。 元ネタ考察 「剣」を咥えた「騎士」のような風貌の「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。 「騎士」要素については、本作の舞台てをモチーフにしているのではないかと言う意見が多い。 本作のタイトルが剣盾というタイトルから 盾を持つ騎士ギャラハッドの父親。 、猛犬と呼ばれ、にも影響を与えた英雄クー・フーリンという可能性もなきにしもあらず。 クー・フーリンは槍を使う逸話の方が有名な一方で剣を使っているエピソードも存在している。 「剣」については、前述のから連想してをイメージしているのではないかと言われている。 一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事からにおける太陽と月を食らう双子の狼という説やの飼っていた狼ゴルラゴン等の説がある。 歴史人物であるチンギス・ハンの象徴する動物も「青い狼」である事から何らかの関係があるのかもしれない。 オートセーブを防ぐことで、リセットマが可能になる。 「話の速さ」を「速い」に設定することで、時短できるのでオススメ。 高火力で敵を圧倒するためにも、性格を「ようき・いじっぱり」に厳選することで攻撃が伸びやすいのでオススメ。 つまり、目前まで接近しても問題ないので、最速で厳選するには「ザシアン」に手が届く範囲でレポートを書こう。 フォルムチェンジ ザシアンは2種類の姿を持っており、普段の姿は「歴戦の勇者」という姿。 「くちたけん」の力によって、剣と鎧を装備した「剣の王」というフォルムになる。 きょじゅうざん ザシアンの固有技。 剣の王でのみ使用可能なはがねタイプの物理技。 対象がックスで巨大化しているときはダメージが2倍になる。 対戦のザシアン 能力 歴戦の勇者の時点ではザマゼンタと全く同じ能力であるが、剣の王は攻撃と素早さが上昇してかなり攻撃的な配分になっている。 かなり前のめりなステータスだが物理特化であるため、特攻の分が防御・特防にまわって耐久は悪くない。 良く言えば無駄のない配分といえる。 はがねタイプゆえの耐性の多さもメリット。 持ち物がくちたけんに固定されることが数少ないデメリットといえる。 特性 「ふとうのけん」は場に出た瞬間に自分の攻撃ランクを1段階上げる。 攻守に優れた妖鋼複合タイプ。 特性やの関係で一発のダメージ量も致命的。 対策方法 岩地のサブウェポンに恵まれない上に妖物理技はじゃれつく程度。 一致技やサブウェポンを等倍以下に抑えられるレシラムの鬼火で機能停止させる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

ザマゼンタ

ザマゼンタ ようき

今回の日誌は、クリア後に行っていたことのもろもろのまとめ。 金策準備完了 前回までは、マックスレイドでひたすらアメを集めるところまで書きましたが、そのかいあってニャースのレベルは100に到達。 そこでニャースを引き連れトーナメントへ。 キョダイマックスニャースのキョダイコバンを3回打つことで、1試合で99999円が獲得できるようになった。 注意点は、相手がゴーストだとキョダイコバンが発動しないので、相手がゴーストでないときを狙う。 あと、相手が格闘技もってるとそれもけっこう辛いので、ニャースが出てくるタイミング調整が重要。 ダンデ戦で言えば、ガマゲロゲで出すのが最適かなと思う。 図鑑埋め作業 次に、図鑑埋め作業の一環で、ワイルドエリアの探索を行う。 図鑑の機能でオススメポケモンが表示されるので、迷うこともない。 で、その作業が一通り終わると、進化前のポケモンだけいなかったりするポケモンが結構いたので、メタモンとともに預け孵化マラソンで未取得ポケモンのタマゴを作り、走る。 ほのおのからだ持ちのセキタンザンのみを引き連れ、過去作で何度も行ってきた孵化マラソンの作業w 今作では卵あずけ屋が2箇所あるけど、どっちも直線が長いのでマラソンに最適。 未発見のものだけでなく、シールドのみに出てくるポケモンも増やしておく。 長男と次男はソードをしているので、どこかのタイミングで交換してもらうための下準備w 技マシンの収集 図鑑の次は技マシンの全取得。 まず店に売っている技マシンを金策で用意したお金を使用し買い漁る。 全部買ったあとに、道具一覧から番号順にソートし、抜けているものをリストアップする。 それがどこにあるのかをググり、確保に向かう。 一番面倒だったのがボルトチェンジで、わざわざしたくもないロトムラリーに参加し、2万点以上のスコアを出す必要があって、そのスコア出すためには長距離コースじゃないと出ない感じ。 けっこうめんどいので、こういうのは勘弁してほしい。 でもその努力の甲斐もあり、技マシンはコンプした。 技レコードは今後のマックスレイドでいずれコンプできるだろうと思う。 ザマゼンタの捕獲・厳選 育成環境はメタモン厳選以外はできたので、次はいよいよメタモン厳選かと思ってたけど、思ったよりも面倒そうなので最初にザマゼンタの厳選をすることにした。 今回はマスターボールを使う。 このタイミング以外で使う事もなさそうだと思ったので、楽をしようと思う。 ザマゼンタの話を進めるためにまどろみのもりに行くと、またホップがいたので、返り討ちに。 その後いかれた髪型の兄弟が登場。 展開が急やで…。 で、当然のようにバトルになる。 盾の髪型のほうとバトルに。 いざ始まると、相手はドータクンを出してきたw こいつわかってんな。 よし、こっちもドータクンで、ドータクンのミラーにしようw その後、ストーリーを進め、いよいよザマゼンタが登場。 今回はマスターボールを使うので、初手マスターボールで捕獲し、性格と個体値を見て気に入らなければリセットするという感じの古典的な厳選方法にした。 ザマゼンタをどんな感じで育成しようかなと思ったけど、結局バトルでは使わんので、物理特化型のオーソドックスなタイプで育成することにした。 なので、ASのVがあればオッケーで、残りどこかにVついてたらいいなくらいのゆるい厳選にした。 せいかくはいじっぱりかようきのどっちかで。 3回ほどやると、HASにVがついた個体を確保。 これでよさげやなと思い、性格を確認すると うっかりや…。 うーん、まじか。 って思ったけど、そう言えば今作では性格補正のパラメーターをミントで変更できるんやったということを思いだしたので、実際にミントを使って調整するようにしてみた。 うっかりやのザマゼンタとか、愛嬌があっていいかなと思うし。 ミントは50BPするので、バトルタワーでレンタルポケモンを使用してバトルをする。 50集めるのけっこうめんどいなーと思っていたところ、ランクが上がっていじっぱりミントがでたw こりゃラッキー。 さっそくザマゼンタにいじっぱりミントを使用し、性格のパラメーターを変更。 この変更した内容って確認できないんかな…。 性格の準備ができたので、次は努力値。 今作では、ドーピングアイテムのみで努力値を振り終えることができるので、タウリンとブロムヘキシンを25個ずつご購入。 過去作みたいに戦闘しなくていいのは楽だ。 努力値を振り終え、スタータス画面でXボタンを押すと努力値の配分が確認できる。 マスターボールにはいったうっかりやのザマゼンタの育成が完了。 あとは技構成を考えていたものにすれば、育成は完了。 ザマゼンタはマックスレイドにも使えるそうなので、ムゲンダイナ一択だったこれまでよりもより幅広い敵に対応できるようになったのはいい感じ。 次はいよいよメタモン厳選やけど、けっこうめんどいので腰が重いw.

次の