視能訓練士とは。 視能訓練士法の全文・条文

視能訓練士の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

視能訓練士とは

視能訓練士とはどんな仕事? 多くの人が思い浮かべる「視能検査」の仕事 眼科医院にかかると、まず「視力の検査をしましょう」と言われる人も多いかと思います。 そして検査室へ招かれるわけですが、この検査を担当するのは、大体の場合、眼科医ではありません。 検査を担当するのは、視能訓練士と呼ばれる人たちです。 眼は人間の身体機能の中でも極めて繊細な機関です。 検査と一概に言っても、その種類だけでも様々。 視力だけでなく、視野、屈折、色覚、光覚、眼圧、眼底、瞳孔、網膜、涙液、眼球運動など、多様な検査を必要とします。 多種多様な検査を患者さんの症状に合わせて的確に行うことで、検査結果をもとに医者と連携して治療方針を固めていくことができます。 眼科に係る様々な検査を総称して「視能検査」と呼びますが、この検査だけでも膨大な種類があり、かつ深い専門性を必要とするため、視能訓練士の役割は今や非常に重要なものとなっています。 かつての眼科コメディカルが廃止、視能訓練士はますます重要な立場に かつて、眼科コメディカル全国統一試験という制度があり、眼科において国家資格のない、医師以外の医療従事者に対し、現場で働く資格を問うための試験がありました。 現行の法律では診察ではなく検査であれば、資格は問われない状態となっていて、一定の制限の中とはいえ、無資格でも医療行為を行うことができた時代があったのです。 しかし2010年からは、その制度は廃止されました。 やはり国家資格保有者が働くべきという論調が強まったためです。 眼科コメディカルの廃止を期に、かつて無資格者が行なっていた検査を主として、様々な仕事が視能訓練士に舞い込んでくることとなりました。 本来、視能訓練士はその名の通り、視機能を失った人、視機能が弱くなってしまった人、重大な障害を抱えてしまった人に対する矯正医療、訓練などを主体としていましたが、上記のような事情から、今や殆どの視能訓練士は眼科に係る検査を主な仕事としています。 視能訓練士の仕事の具体的な内容 代表的な視能訓練士の仕事!眼科医院での視能検査 眼科医院での視能訓練士の仕事の主体は、視能検査です。 眼科には日々様々な症状を抱えた患者さんが訪れます。 大半の人は、医師の診察を受ける前に、視能検査を受けることになります。 眼科にかかわる検査は視能訓練が行いますが、検査の内容は医師が決める、というのは注目すべきポイントでしょう。 検査を行うのは視能訓練士ですが、検査の内容を決める権限があるのは医師のみです。 視能訓練士の仕事はあくまで、医師の指示の下で行うものであることは、視能訓練士法にも明記されています。 また、初診の患者さんの場合、問診を行うことも視能訓練士の大事な役割です。 問診によって詳細に症状を把握し、医師を通して検査内容を決めてもらい、指示された通りに検査を行います。 そして検査結果を診察室の医師や看護師に伝え、適切な治療に繋げるのが、視能訓練士の主な役割です。 診察した結果さらなる検査が必要な場合は医師が指示を出し、視能訓練士が再び検査を行います。 検査には、30分以上にも及ぶ長い時間を必要とするものもあります。 ゴールドマン視野計を使った検査などがそれにあたります。 機械の前に座った患者さんは、長い間同じ姿勢を維持しなければならないので、素早く、的確に進めていく必要があります。 最新の検査機器や器具を常に勉強するのも大切な仕事 視能検査のための医療機器は日々進化しています。 網膜の表面しか撮影できない眼底カメラに対し、赤外線を利用することで網膜の断面を可視化できるOCTという機器があるように、症状をより深く正確に割り出せるよう、技術は大きく進歩し続けています。 そうした最新の医療機器の事情を、検査のエキスパートである視能訓練士は常に把握していないといけません。 そのために学会等に積極的に参加し、研鑽を重ねることも、視能訓練士の大切な仕事です。 また毎週決まった曜日に視能訓練士が集まって定期カンファレンスや勉強会を開催して、問題点の共有や最新事情の勉強を行う病院もあります。 日々検査方針を見直しながら、視能訓練士として常に勉強を続けていかないといけません。 視能訓練士の本分、視能矯正、視能訓練の仕事 眼科には、予約制の視能矯正外来を設けているところがあります。 一般外来の場合、先着順に様々な患者さんを順番に検査します。 視能矯正外来の場合、予約制で、かつ、患者さん一人に対して視能訓練士が一人、担当としてつきます。 視能矯正にはある程度長い期間が必要なので、必然的に患者さんとは長い付き合いになります。 そして、忙しい一般外来と違い、視能矯正外来では、患者さん一人ひとりと、長い時間をかけてゆっくりと向き合います。 視能訓練士は効率も重視しながらも、患者さんとしっかりとコミュニケーションをとって検査や矯正訓練を進めていきます。 視能矯正外来にくる患者には、生まれつき弱視の子供など、乳幼児も少なくありません。 最初は診察室に入ることすら泣いて嫌がる子供も多くいます。 その状態から、ゆっくりと段階を踏んで、長く、継続的に矯正に来てもらうように対応するのも視能訓練士の大事な務めです。 また地域の医療センターでのロービジョンケア(視野欠損などの矯正を行うこと)を担当している視能訓練士もいます。 視能矯正は眼科医院だけではなく、医療センター、大学病院、診療所など、様々な施設で行われています。 眼科関連企業で働く視能訓練士も 視能訓練士の中では少数派となりますが、眼科関連企業に勤める視能訓練士もいます。 例えば、最新の医療機器の営業職などです。 自社製品の営業も兼ねてではありますが、定期的に眼科の視能訓練士に対して、最新の検査機械などの情報提供を行っています。 医療機器メーカーでの営業職にも専門の国家資格を持った人がいるというのは、視能訓練士にとっても医師にとってもとても心強いことです。 機械の使い方の説明や適切な設定の指導などアフターケアもしっかり行います。 視能訓練士の仕事のやりがい 現代人にとって最も大切な感覚器である眼を守る仕事 現代を生きる人々にとって何よりも大事な感覚器は眼といっても過言ではありません。 IT社会の浸透によって眼はますます酷使される器官となっています。 眼が見えなくなると、生活にはかなりの不便がつきまとうことになります。 生まれつき眼が見えない人や、事故等で眼が見えなくなってしまった人の視能矯正を行うのも視能訓練士の主要な役割です。 また眼が見える人にとっても、なるべく眼が見えなくなる事態を避けるために、眼科の役割はますます重要になってきています。 大多数の人が眼を酷使しがちな現代社会において、しっかりとした検査を行い、視力矯正や視能矯正を行うことで、人々を救う一助となることができるのが、視能訓練士の最大のやりがいでしょう。 人手不足であり、様々な仕事を任されることのやりがい 視能訓練士は、眼科コメディカルに代わる仕事を任される専門職となってから年月が浅く、まだまだ人手不足の絶えない職業です。 そのため、医師しか行うことのできない仕事以外は全て視能訓練士が担当するような場合も少なくありません。 人手不足であることは問題でもありますが、その分責任感も増え、やりがいも生まれます。 社会的役割も大きい仕事であることからプレッシャーもありますが、今や視能訓練士がいなくなれば眼科は成り立たないといっていいでしょう。 一度得れば一生活かせる資格、毎日が勉強なのもやりがいを生む 視能訓練士は一度資格を得ると有効期限などはないため、一生ものの資格となります。 また、最新医療は日進月歩の世界、視能訓練士が担当する検査も日々進化し、方針も移り変わっていきます。 既存の検査だけでも膨大な種類があるため、その全てを頭に入れておかないといけません。 それに加え、最新事情を毎日のように勉強しなければならないため、常に頭を働かせる必要があります。 定期カンファレンスや学会への参加、勉強会を通して常に新しく移り変わり塗り変わる仕事というところも、大きなやりがいといえるでしょう。

次の

視能訓練士 難易度

視能訓練士とは

視能訓練士とはどんな仕事? 多くの人が思い浮かべる「視能検査」の仕事 眼科医院にかかると、まず「視力の検査をしましょう」と言われる人も多いかと思います。 そして検査室へ招かれるわけですが、この検査を担当するのは、大体の場合、眼科医ではありません。 検査を担当するのは、視能訓練士と呼ばれる人たちです。 眼は人間の身体機能の中でも極めて繊細な機関です。 検査と一概に言っても、その種類だけでも様々。 視力だけでなく、視野、屈折、色覚、光覚、眼圧、眼底、瞳孔、網膜、涙液、眼球運動など、多様な検査を必要とします。 多種多様な検査を患者さんの症状に合わせて的確に行うことで、検査結果をもとに医者と連携して治療方針を固めていくことができます。 眼科に係る様々な検査を総称して「視能検査」と呼びますが、この検査だけでも膨大な種類があり、かつ深い専門性を必要とするため、視能訓練士の役割は今や非常に重要なものとなっています。 かつての眼科コメディカルが廃止、視能訓練士はますます重要な立場に かつて、眼科コメディカル全国統一試験という制度があり、眼科において国家資格のない、医師以外の医療従事者に対し、現場で働く資格を問うための試験がありました。 現行の法律では診察ではなく検査であれば、資格は問われない状態となっていて、一定の制限の中とはいえ、無資格でも医療行為を行うことができた時代があったのです。 しかし2010年からは、その制度は廃止されました。 やはり国家資格保有者が働くべきという論調が強まったためです。 眼科コメディカルの廃止を期に、かつて無資格者が行なっていた検査を主として、様々な仕事が視能訓練士に舞い込んでくることとなりました。 本来、視能訓練士はその名の通り、視機能を失った人、視機能が弱くなってしまった人、重大な障害を抱えてしまった人に対する矯正医療、訓練などを主体としていましたが、上記のような事情から、今や殆どの視能訓練士は眼科に係る検査を主な仕事としています。 視能訓練士の仕事の具体的な内容 代表的な視能訓練士の仕事!眼科医院での視能検査 眼科医院での視能訓練士の仕事の主体は、視能検査です。 眼科には日々様々な症状を抱えた患者さんが訪れます。 大半の人は、医師の診察を受ける前に、視能検査を受けることになります。 眼科にかかわる検査は視能訓練が行いますが、検査の内容は医師が決める、というのは注目すべきポイントでしょう。 検査を行うのは視能訓練士ですが、検査の内容を決める権限があるのは医師のみです。 視能訓練士の仕事はあくまで、医師の指示の下で行うものであることは、視能訓練士法にも明記されています。 また、初診の患者さんの場合、問診を行うことも視能訓練士の大事な役割です。 問診によって詳細に症状を把握し、医師を通して検査内容を決めてもらい、指示された通りに検査を行います。 そして検査結果を診察室の医師や看護師に伝え、適切な治療に繋げるのが、視能訓練士の主な役割です。 診察した結果さらなる検査が必要な場合は医師が指示を出し、視能訓練士が再び検査を行います。 検査には、30分以上にも及ぶ長い時間を必要とするものもあります。 ゴールドマン視野計を使った検査などがそれにあたります。 機械の前に座った患者さんは、長い間同じ姿勢を維持しなければならないので、素早く、的確に進めていく必要があります。 最新の検査機器や器具を常に勉強するのも大切な仕事 視能検査のための医療機器は日々進化しています。 網膜の表面しか撮影できない眼底カメラに対し、赤外線を利用することで網膜の断面を可視化できるOCTという機器があるように、症状をより深く正確に割り出せるよう、技術は大きく進歩し続けています。 そうした最新の医療機器の事情を、検査のエキスパートである視能訓練士は常に把握していないといけません。 そのために学会等に積極的に参加し、研鑽を重ねることも、視能訓練士の大切な仕事です。 また毎週決まった曜日に視能訓練士が集まって定期カンファレンスや勉強会を開催して、問題点の共有や最新事情の勉強を行う病院もあります。 日々検査方針を見直しながら、視能訓練士として常に勉強を続けていかないといけません。 視能訓練士の本分、視能矯正、視能訓練の仕事 眼科には、予約制の視能矯正外来を設けているところがあります。 一般外来の場合、先着順に様々な患者さんを順番に検査します。 視能矯正外来の場合、予約制で、かつ、患者さん一人に対して視能訓練士が一人、担当としてつきます。 視能矯正にはある程度長い期間が必要なので、必然的に患者さんとは長い付き合いになります。 そして、忙しい一般外来と違い、視能矯正外来では、患者さん一人ひとりと、長い時間をかけてゆっくりと向き合います。 視能訓練士は効率も重視しながらも、患者さんとしっかりとコミュニケーションをとって検査や矯正訓練を進めていきます。 視能矯正外来にくる患者には、生まれつき弱視の子供など、乳幼児も少なくありません。 最初は診察室に入ることすら泣いて嫌がる子供も多くいます。 その状態から、ゆっくりと段階を踏んで、長く、継続的に矯正に来てもらうように対応するのも視能訓練士の大事な務めです。 また地域の医療センターでのロービジョンケア(視野欠損などの矯正を行うこと)を担当している視能訓練士もいます。 視能矯正は眼科医院だけではなく、医療センター、大学病院、診療所など、様々な施設で行われています。 眼科関連企業で働く視能訓練士も 視能訓練士の中では少数派となりますが、眼科関連企業に勤める視能訓練士もいます。 例えば、最新の医療機器の営業職などです。 自社製品の営業も兼ねてではありますが、定期的に眼科の視能訓練士に対して、最新の検査機械などの情報提供を行っています。 医療機器メーカーでの営業職にも専門の国家資格を持った人がいるというのは、視能訓練士にとっても医師にとってもとても心強いことです。 機械の使い方の説明や適切な設定の指導などアフターケアもしっかり行います。 視能訓練士の仕事のやりがい 現代人にとって最も大切な感覚器である眼を守る仕事 現代を生きる人々にとって何よりも大事な感覚器は眼といっても過言ではありません。 IT社会の浸透によって眼はますます酷使される器官となっています。 眼が見えなくなると、生活にはかなりの不便がつきまとうことになります。 生まれつき眼が見えない人や、事故等で眼が見えなくなってしまった人の視能矯正を行うのも視能訓練士の主要な役割です。 また眼が見える人にとっても、なるべく眼が見えなくなる事態を避けるために、眼科の役割はますます重要になってきています。 大多数の人が眼を酷使しがちな現代社会において、しっかりとした検査を行い、視力矯正や視能矯正を行うことで、人々を救う一助となることができるのが、視能訓練士の最大のやりがいでしょう。 人手不足であり、様々な仕事を任されることのやりがい 視能訓練士は、眼科コメディカルに代わる仕事を任される専門職となってから年月が浅く、まだまだ人手不足の絶えない職業です。 そのため、医師しか行うことのできない仕事以外は全て視能訓練士が担当するような場合も少なくありません。 人手不足であることは問題でもありますが、その分責任感も増え、やりがいも生まれます。 社会的役割も大きい仕事であることからプレッシャーもありますが、今や視能訓練士がいなくなれば眼科は成り立たないといっていいでしょう。 一度得れば一生活かせる資格、毎日が勉強なのもやりがいを生む 視能訓練士は一度資格を得ると有効期限などはないため、一生ものの資格となります。 また、最新医療は日進月歩の世界、視能訓練士が担当する検査も日々進化し、方針も移り変わっていきます。 既存の検査だけでも膨大な種類があるため、その全てを頭に入れておかないといけません。 それに加え、最新事情を毎日のように勉強しなければならないため、常に頭を働かせる必要があります。 定期カンファレンスや学会への参加、勉強会を通して常に新しく移り変わり塗り変わる仕事というところも、大きなやりがいといえるでしょう。

次の

視能訓練士に求められるスキル・能力・知識

視能訓練士とは

目次 1. 視能訓練士とは 視能訓練士とは、病院をはじめとする医療機関などで「目に関わる検査」や「視力に関わる訓練」を実施する職業で、"CO(Certified Orthoptist)"とも略されます。 日本ではしばしば"ORT(Orthoptist)"と呼ばれていましたが、海外では"CO"が略称として主流なため、日本でも呼び方を改めようという流れになっています。 日本において国家資格として誕生したのは1971年のこと。 それまでは「視能矯正専門職」として弱視や斜視の矯正訓練を主におこなっていました。 視能訓練士になるには 2-1. 国家試験に受かる必要がある 視能訓練士は他の多くの医療職と同様に国家資格です。 そのため、視能訓練士の資格を得るには国家試験に合格する必要があります。 では、どうすれば国家試験を受けることができるのかを確認していきましょう。 国家試験の受験資格を得るためのルートは、大きく分けて3つあります。 【外国の視能訓練士学校を卒業するルート】 外国の視能訓練士養成校を卒業、または外国での視能訓練士に相当する免許を所持し、厚生労働大臣に認定された人はこのルートになります。 2-2. 視能訓練士国家試験の難易度や合格率 視能訓練士の国家試験は169点満点で、102点以上で合格となります。 試験問題の内訳としては一般問題が1問1点で129点満点、臨床問題が1問2点で40点満点。 2019年に実施された「第50回視能訓練士国家試験」の受験者数や合格率は以下の通りです。 合格発表:2020年3月23日 受験者数:837人(820人) 合格者数:804人(801人) 合格率: 96. 視能訓練士の仕事内容 3-1. 視機能検査 病院やクリニックで、医師の指示のもと目に関わる検査またはその補助をするのが視能訓練士のメイン業務のひとつです。 代表的な検査には以下のようなものがあります。 視力検査 片目を隠した状態で一部が欠けた輪(ランドルト環)やひらがな、アルファベットなどを判別する。 学校の検診や、眼鏡・コンタクトレンズを作る際にお馴染みの検査。 眼圧検査 眼球の圧力を測る検査。 眼球に空気を吹き付ける方法が一般的。 緑内障や網膜剥離などの早期発見に役立つ。 眼底検査 眼底と呼ばれる、眼球の内部を観察する検査。 高脂血症や高尿酸血症、緑内障や糖尿病など様々な疾病やその兆候を発見することができる。 視野検査 目を動かさず、まっすぐ見た状態で上下左右どの範囲まで見えているかを確認する検査。 目の疾患では視野に影響をきたすことが多いので重要な指標となる。 屈折検査 目に入った光の屈折率を計測する検査。 近視・遠視・乱視の程度などを測ることができる。 3-2. 斜視・弱視の訓練や指導 斜視・弱視などの障害を持つ人に対する、機能回復を目的とした訓練や指導。 これも視能訓練士の重要な役割です。 とくに斜視・弱視は幼少期に治療することで回復を望める疾患なので、視能訓練士による早期の発見と適切な訓練が求められます。 point 3-3. 集団検診 学校や会社で行われる定期検診、母子健康センター等で行われる3歳児検診などにも参加し、疾患や障害などの早期発見に貢献しています。 学校では視力検査を、会社では眼底検査や眼圧測定などを中心に検診を行います。 3-4. 視力低下者のリハビリ 生活習慣病による目の合併症(糖尿病網膜症など)、高齢による白内障、または緑内障などが原因で視力低下した患者さんなどに、視力の維持・回復、症状の進行を抑えることを目的とした訓練やリハビリを実施します。 視力低下した状態を「ロービジョン」と呼び、この状態を様々な方法でケアし、改善することでQOL(生活の質)を高めていきます。 視能訓練士の就職先 視能訓練士の最も多い就職先として、総合病院や眼科クリニックなどの医療機関があげられます。 さらに私立系のなかでも半数以上が眼科クリニックで就業しているようです。 一方で小規模なクリニックでは、レーシックなどの保険診療に特化した医院や、小児眼科に特化した医院などもあり、職場によっては専門性を磨くことも可能です。 またそういった小規模なクリニックでは、検査・訓練だけでなく医師の診療補助や事務作業を任されることもあります。 またそのほか、リハビリセンターや保健所、研究機関などで活躍する視能訓練士もいます。 視能訓練士の年収 日本視能訓練士協会に発表したによると、2015年の平均年収は 366. 4万円でした。 ただしこれは正規職員と非正規職員を合わせた数字になります。 正規職員に限定するともう少し高い水準となるでしょう。 引用:日本視能訓練士協会 またジョブメドレーに掲載中の視能訓練士の平均月給は 24. 6万円で、パート職員の平均時給は 1,650円となりました(2019年7月現在)。 月給や年収は地域や経験年数などによってもバラつきは出ますので、あくまでも 全体の平均として参考程度に捉えておきましょう。 なお、過去にインタビューをした、個人経営の眼科専門病院で働くDさん(29)の場合は月収 34万円で、賞与は4ヶ月分の支給でした。 年収にすると 500万円前後。 29歳という年齢を加味すると、かなり条件の良い職場だったことが伺えます。 視能訓練士の男女比 日本視能訓練士協会が発表したによると、2015年における男女割合は、男性13. 『僕は子どもが好きなので、斜視・弱視の矯正を通してその子達の人生の手助けができたのかなと思うと、非常に嬉しく感じますよね。 もちろん子ども達はなかなか集中力が続かないうえに、病院に対する不安や緊張もあるので思うように検査が進まないこともあります。 それでも長い時間をかけて信頼関係を築き、検査にも協力的になってくれて、少しづつでも回復していく姿をみると、この仕事をやっていてよかったなと。 』 斜視・弱視は幼少期に治療する必要があるという性質上、視能訓練士は子どもと接する機会も多くなります。 なので視能訓練士は「子どもが好きな人」にとっても、非常にやりがいを感じられる職種といえるでしょう。 視能訓練士の転職事情 2015年に日本視能訓練士協会が実施した調査によると、転職を1回以上したことがあると答えた視能訓練士は半数を超えました。 さらに細かくみていくと、勤務先を変更した回数「0回」46. 最後に 今回は目に関する専門家として視能訓練士についてご紹介しました。 2019年現在、視能訓練士は 16,199人誕生しており、ここ5年ほどはおおよそ800~900人ずつ増えています。 一方、厚生労働省によると2016年時点での眼科医数は約13,000人と発表されました。 総数は視能訓練士よりも少ないですが、視能訓練士の数として「眼科医1人につき平均3人が理想」という調査結果もあるため、絶対数は足りていないと考えられます。 しかし今後、眼科診療のあり方はAIの発達とともに大きく変わっていくという声も。 2016年にはGoogle社が、AIにより糖尿病網膜症の診断を眼科医と同レベルで成功したと報告しました。 また、研究段階のものでは眼底写真だけで患者の性別や年齢、血圧などまで判別するAIが登場しています。 近い未来、臨床現場でもこういった最新医療機器が利用可能になり、検査効率や正確さが格段に上がるかもしれません。 そうなった場合、漠然と最新機器に頼りきった「検査機器のオペレーター」となってしまうのではなく、専門性を追求するプロフェッショナルとして自己研鑽を続けること。 それが技術革新と多様化が進む医療業界で、 求められる視能訓練士となるための重要な要素となりそうです。

次の