消費 税 抜き 計算 方法。 税抜き価格の計算式と計算ツール

税込み金額、税抜き金額、消費税金額からの計算方法

消費 税 抜き 計算 方法

Q カテゴリー違いかもしれませんが、ここだと計算に強い方が見てくれると思ったので質問します。 今時の電卓は「税込」「税抜」ボタンがあるので、簡単に消費税計算が出来るのですが、 最近そのボタンがない電卓で消費税計算する機会がありました。 が、¥2980の税抜を計算するとなると全くやり方がわかりません。 「税抜」ボタンがある電卓だとすぐに出るのですが、 私の質問のその機能のない電卓だと、どうしてもやり方がみつかりません。 (ちなみに電卓の取説もってないので調べられない) ¥2980の税抜き金額¥2839(消費税金額¥141)を 消費税計算機能がついてない電卓で行う時の操作方法が分かる方、 どうか教えてくださいませ。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... A ベストアンサー 取引のときということでいいのでしょうか。 それとも申告書の書き方? 申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。 参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、 > なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。 となっています。 これは事業者向けでも同じだろうと思います。 普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。 そうあってほしい。 ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。 nta. htm 取引のときということでいいのでしょうか。 それとも申告書の書き方? 申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。 参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、 > なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する... A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 Q Excelで請求書を作成しているんですが、今月から、 交通費 高速代 を、税抜き価格で表示して欲しいと、 取引先の方から、言われました。 現在、交通費 高速代 は、消費税込みなっています。 税込み価格を入力すると、税抜き価格に変更する方法が、 あれば教えて下さい。 Excelは、初心者レベルなので、計算式が分かりません。 交通費 高速代 はK列に入っています。 K列の12行目には「高速代」と入力してあります。 小数点以下は四捨五入にしたいです。 出来れば、一括で変更をしたいと思っています。 至急、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー A列に税抜き価格があって、その列を税込み価格にするということですか? 空いているセルに1. 05と入力 このセルをコピーしてから、A列の税抜き金額の範囲を選択 「編集」「形式を選択して貼り付け」で「乗算」にチェックしてOK 1. 05を入力したセルをクリア(DELETE)してください。 この列をコピーしてから、A列を選択して 「編集」「形式を選択して貼り付け」で「値」にチェックしてOK 数式を入力したセルをDELETEしてください。 計算値に丸めが必要な場合は 3の方の数式を使ってください。

次の

内税・外税・税込み・税抜きの消費税額を計算する方法

消費 税 抜き 計算 方法

Q カテゴリー違いかもしれませんが、ここだと計算に強い方が見てくれると思ったので質問します。 今時の電卓は「税込」「税抜」ボタンがあるので、簡単に消費税計算が出来るのですが、 最近そのボタンがない電卓で消費税計算する機会がありました。 が、¥2980の税抜を計算するとなると全くやり方がわかりません。 「税抜」ボタンがある電卓だとすぐに出るのですが、 私の質問のその機能のない電卓だと、どうしてもやり方がみつかりません。 (ちなみに電卓の取説もってないので調べられない) ¥2980の税抜き金額¥2839(消費税金額¥141)を 消費税計算機能がついてない電卓で行う時の操作方法が分かる方、 どうか教えてくださいませ。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... A ベストアンサー 取引のときということでいいのでしょうか。 それとも申告書の書き方? 申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。 参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、 > なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。 となっています。 これは事業者向けでも同じだろうと思います。 普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。 そうあってほしい。 ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。 nta. htm 取引のときということでいいのでしょうか。 それとも申告書の書き方? 申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。 参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、 > なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する... A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 Q Excelで請求書を作成しているんですが、今月から、 交通費 高速代 を、税抜き価格で表示して欲しいと、 取引先の方から、言われました。 現在、交通費 高速代 は、消費税込みなっています。 税込み価格を入力すると、税抜き価格に変更する方法が、 あれば教えて下さい。 Excelは、初心者レベルなので、計算式が分かりません。 交通費 高速代 はK列に入っています。 K列の12行目には「高速代」と入力してあります。 小数点以下は四捨五入にしたいです。 出来れば、一括で変更をしたいと思っています。 至急、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー A列に税抜き価格があって、その列を税込み価格にするということですか? 空いているセルに1. 05と入力 このセルをコピーしてから、A列の税抜き金額の範囲を選択 「編集」「形式を選択して貼り付け」で「乗算」にチェックしてOK 1. 05を入力したセルをクリア(DELETE)してください。 この列をコピーしてから、A列を選択して 「編集」「形式を選択して貼り付け」で「値」にチェックしてOK 数式を入力したセルをDELETEしてください。 計算値に丸めが必要な場合は 3の方の数式を使ってください。

次の

消費税の仕訳方法をラクラク習得!税抜き方式・税込み方式の違いとは?

消費 税 抜き 計算 方法

スポンサーリンク 消費税端数処理は切り上げ切り捨てどっち? 請求書などの消費税端数計算自体は自由ですが、最後に消費税の納税があることを忘れてはいけません。 実は、国税庁が消費税計算は端数切り捨てと規定しています。 納税と合わせて考えると、消費税端数は切り捨ててしまうのが無難です。 6391 消費税額等の積上げによって仕入れに対する消費税額を計算するとき [平成30年4月1日現在法令等] 課税仕入れに係る消費税額は、原則としてその課税期間中に国内において行った課税仕入れに係る支払対価の額の合計額に108分の6. 3 注 を乗じて計算した金額です。 なお、1円未満の端数は切り捨てます。 引用元: 消費税が請求書と数円~数十円合わない これが最もありがちなパターンではないかと思われます。 相手の請求書と自分の仕訳で消費税が合わない、というのは 、消費税の計算方法の違いによるものがほとんどです。 端数の処理方法が違う 消費税を計算したときに、 小数点以下の端数がでることがあります。 そこで、相手は四捨五入、自社は切り捨て、という端数処理をすると、消費税額が1円ずれることがあります。 例えば、税込150円の支払いがあったとします。 これを税抜に直すと、138. 8888…円になります。 小数点以下の処理が 四捨五入の場合は139円、 切捨ての場合は138円。 と、このように差額が出ます。 消費税計算を明細ごとにするかまとめて合計金額に対してするかが違う もう一つずれる原因としてポピュラーなのは、複数の 明細に対して、それぞれ消費税計算をするか、 合計金額に対して消費税計算をするか、の違いによるものです。 これは、明細の数が多ければ多いほどズレが大きくなります。 例えば、一ヶ月単位で請求をする場合を考えてみましょう。 左の列が、明細ごとに消費税を計算した場合(小数点以下四捨五入しています。 )、消費税額を計算すると、12. 右の列が、合計金額に対して消費税を計算した場合です。 消費税額は50. 消費税端数が合わないときの対処法 これらは、お互いに間違った処理をしているわけではないので、差額は 雑収入、雑損失にするのが通常です。 場合によっては、 振込手数料やその他の費用で端数調整をすることもありますので、 自社の方針に合わせてください。 スポンサーリンク 消費税額が数百円単位で合わない これはやや特殊なケースで、管理人も数件しか見たことがありません。 これはどういう場合かというと、相手先の請求書内で、 独自の消費税区分を使っている場合です。 例えば、 相手先が立て替えた金額を、我々に請求してくる場合がこれに当たります。 相手先は立替金で処理しているため、消費税を認識していません。 管理人が実際に受け取ったことのあるものをモデルに 簡略化しています。 請求書には消費税は80円となっていますね? しかし、 実際に我々が計上すべき消費税は144円です。 先ほど申し上げたとおり、相手先が立替金として認識している分があるためです。 相手先は立替金を 立替金 864 現金預金 864 という処理をしているはずです。 相手先がどこかに支払った金額には消費税が含まれています。 これを請求書に書くときにはどうすればよいでしょうか? 立替金 800円 消費税 64円 と書いたら、立替金の金額がおかしくなります。 立替金の金額を864円のまま請求書に書くには、課税対象外もしくは税込としなければなりません。 というわけで、例のような請求書の書き方になるのです。 そこで、受け取った方が、 作業料 1,000 現金預金 1,944 送料 864 仮払消費税 80 という仕訳を切ってしまうと、 送料の消費税が計上されないことになってしまいます。 スポンサーリンク 消費税区分が違うときの対処法 送料は、運送会社に対して支払うもので、国内であれば、課税対象の取引です。 例では、たまたま相手先が立替えていただけで、実際は 我々が支払うべきものでした。 当然、 仕訳も我々が支払ったように計上するべきです。 つまり、送料は課税対象取引なので、 本体部分と消費税部分に分けて、このような仕訳にします。 作業料 1,000 現金預金 1,944 送料 800 仮払消費税 144 まとめ 消費税の端数計算は、切り上げ切り捨てどっちだったっけ?と悩むことがよくあります。 納税も切り捨てなので、迷ったら切り捨てにしてしまってよいでしょう。 もし、相手先と消費税の金額が合わなかったら、次の原因を疑うべし! 1.端数処理の仕方が違う。 (四捨五入、切捨て、切上げ) 2.明細ごとに計算か、合計金額に対して計算か。 3.請求書の書き方の相違。 (相手が立替金を計上した場合等).

次の