桐生 ボート レース。 ボートレース桐生 ②車で行く場合・駐車場: ボートレースをもっと楽しむ!ひねもすキャビテーション

ボートレースチケットショップ相生

桐生 ボート レース

次節の総展望 A1級11人参戦の豪華な7日間シリーズ! ボートレース徳山では6月29日から7月5日まで「日本トーター杯争奪戦」が開催される。 月またぎの7日間ロングシリーズにA1勢から岡田憲行(大阪)、山口裕二(長崎)、谷村一哉(山口)、山本隆幸(兵庫)、吉永則雄(大阪)、三井所尊春(佐賀)、君島秀三(滋賀)、渡邊雄一郎(大阪)、長尾章平(山口)、竹田和哉(香川)、新開航(福岡)が参戦。 なお7月1日から20年後期となるため、今節3日目から各選手とも新期級別が適用される。 V争いを引っ張りたいのは地元の谷村一哉だろう。 徳山は今年3節走っているが、1月のG1周年記念は準優6着敗退、3月の一般戦は惜しくも優出2着、5月のG1周年記念は予選敗退と見せ場を作り切れずにいる。 今度こそ昨年6月以来となる約1年ぶり9回目の徳山Vを手にしたいところだ。 また8月の下関SGボートレースメモリアルに出場することも決まっただけに、夏に向けてリズムを上げていきたい一節になる。 地元勢では長尾章平も楽しみだ。 昨年10月の尼崎戦で負傷して長期欠場をしいられていたが、約6カ月間のブランクを経て4月末に復帰。 5月末の下関戦では復帰後初準優出を果たすなど着実に完全復活への道を進んでいる。 新期はB2級となるが、A1級へ帰ってくる日を多くのファンが待っている。 遠征勢ではまず岡田憲行に注目だ。 2月の徳山戦「果子乃季バレンタインカップ」で優勝したばかり。 初日に落水で減点5を喫しながら、1・落・2・1・2・3・1・1・1・2・1着と猛烈な巻き返しを見せ、優勝戦で4コースまくり差しを決めて栄冠を手にしたのが記憶に新しい。 岡田は昨年2月の「果子乃季バレンタインカップ」でも優勝しており徳山2節連続V中。 当地最近10節で7優出2Vと抜群の徳山相性を誇る岡田がまた優勝争いを賑わすのか。 その他にも前期勝率6. 91で今節出場メンバー中トップの山本隆幸や、徳山最近6節で5優出1Vをマークしている三井所尊春、4月の住之江戦で優勝するなど好調な吉永則雄、今年7優出とコンスタントな活躍が光る君島秀三、5月のG1徳山周年で随所に見せ場を作っていた山口裕二、前期勝率6. 26で2期連続A1級キープに成功した新開航らがV戦線を盛り上げる存在となりそう。 A1勢以外では前期勝率6. 26で9期ぶりのA1級復帰を決めた小野勇作(佐賀)や、6月の芦屋戦で約1年5カ月ぶりの優勝を飾った出畑孝典(福岡)らも楽しみだ。 (データはすべて6月10日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• デイ ナイター•

次の

【桐生競艇場】日本最北端のボートレース場の特性とは

桐生 ボート レース

ボートレース桐生で 高配当の万舟券を的中させたいなら最後までチェックして下さいね。 ボートレース桐生の予想に必要な情報 ボートレース桐生は、標高が高いために モーター回転の上がりが遅く、 インよりもダッシュ勢の方が1マークの主導権を握ることが多い、中穴がよく出るボートレース場です。 桐生競艇場は沼の一角にあるため、水質は淡水で流れが無いのですが、冬から春先には「 赤城おろし」という強風が吹き荒れ、1マークに波が立つほど水面は荒れるレース場になります。 淡水で流れがないレース場なのに、 安定版を使用することも多く、展示航走よりも波乗り巧者が活躍する水面になるので、 中穴以上の波乱の展開も多くなっています。 ボートレース桐生の情報• 標高が高くモーターパワーが出ない時はダッシュ勢が有利• 優勝戦ではインが強くなり1着率は73%というデータになる• 冬から春になると追い風が強くなり1マークが荒れる• ピットから2マークまで165mあるのでピット離れでコースも変わる ボートレース桐生の水面特徴は、 ピットから2マークまで165mもあり、距離が長いことからピット離れに差が出るので、 枠なり進入に落ち着くことが少ないボートレース場です。 スタート展示と本番レースでもコース変わりがあるので、スタート展示を信頼して進入コースを想定しても、レース本番のピット離れで出遅れる艇がいると 展示と本番でもコースがガラリと変わってしまいます。 スタート展示では ピット離れで各選手の出足の良さをチェックしながら、本番の進入を何パターンか考えておくことも大事になります。 ボートレース桐生は標高が高く、他の競艇場よりも気圧が低いこともあり、モーターの 回転の上がりが悪くなり、スタートする際の 行き足にモーター差が大きく反映されます。 ダッシュ側から助走距離を取っても、スタートするときのスピードの伸びにかなりの差が出てきて、良いモーターであれば スタート展示で1マークに行くまでに他の艇を置き去りにしてしまうこともあります。 トップスピードが良さそうなモーターは、 レース本番でも必ず3連単に絡んでくる可能性が高く、カドに入れば、スロー勢を一気に抜き去って、そのまま1マークをまくる展開まであるので、 スタ展で伸び足が良い艇を見つけましょう。 スタート展示に注目! ボートレース桐生では、ダッシュからの「 まくり一撃」で展開が決まることも多いので、スタ展は要チェックですよ。 ボートレース桐生の周回展示では、モーターの 機力の差がストレートに出てくるので、展示タイムと周回展示を見た感じがほとんど同じということが多い。 周回展示を見て良さそうに見える選手や、前の艇との感覚を詰めてくる選手は、 展示タイムでも1番時計をマークしてきます。 ホームストレッチで追い風になると、展示を計測するバックストレッチでは向かい風になるのでモーターに負荷がかかり、展示タイムに大きな差が出てきて、「 150mで0. 1秒差=2m差」で考えておくと、レース本番の参考になります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 コース別決まり手 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 52. 6 18. 9 10. 0 6. 5 7. 0 4. 7 95. 5 0. 0 0. 0 0. 0 3. 8 0. 6 2 16. 4 28. 9 16. 2 15. 4 12. 3 10. 5 0. 0 23. 4 60. 2 0. 0 15. 3 1. 0 3 14. 1 18. 5 21. 5 16. 8 18. 5 10. 2 0. 0 35. 7 16. 6 32. 1 15. 4 0. 0 4 10. 1 19. 9 21. 1 20. 4 13. 7 14. 5 0. 0 45. 0 21. 6 21. 6 10. 0 1. 6 5 5. 9 10. 3 17. 5 23. 1 24. 3 18. 6 0. 0 31. 4 8. 5 54. 2 5. 7 0. 0 6 1. 7 4. 2 14. 6 18. 5 24. 9 35. 9 0. 0 20. 0 0. 0 70. 0 0. 0 10. 72 51. 17 2 2324 5. 68 15. 18 3 2322 5. 25 12. 17 4 2324 5. 00 11. 17 5 2325 4. 36 7. 17 6 2309 3. 03 1. 桐生競艇場は 3つの企画レースを実施しているので 軸信頼なら堅く、穴狙いなら勝負に行きましょう。 ボートレース桐生の季節別特徴 ボートレース桐生の 季節別の特徴をまとめてみましたので、ぜひ予想の参考にしてくださいね。 春のボートレース桐生の予想と特徴 ボートレース桐生の春の特徴は、「 赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹く日が多いので、ホームストレッチで追い風になり、 1マークで白波が立つようになります。 安定版を使用することも多くなり、回り足を良くするために モーターの性能の差がより大きくなり、実績がないモーターだと連にも絡まないこともあるので注意。 1マークが荒れていると「 まくり」で攻める選手はターンが流れて、「 差し抜け」てくる選手が舟券で高配当を提供することも多い。 展示タイムを参考にすると 春の桐生では着順通りになることも多いし、風がおさまると「イン逃げ」が決まるようになります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 51. 7 19. 6 10. 6 6. 5 5. 4 5. 8 2 17. 6 22. 0 19. 2 18. 1 14. 7 8. 1 3 12. 1 24. 5 19. 6 17. 6 14. 6 11. 4 4 10. 9 15. 6 20. 2 19. 9 20. 1 13. 1 5 6. 5 13. 3 18. 8 22. 7 21. 5 16. 9 6 1. 9 5. 9 12. 7 16. 2 23. 4 39. 標高が高いために空気も乾燥していて、ナイターレースになってからは夏場でも気温が下がり、 選手は一番走りやすい季節になると言う。 ナイターレースの場合、動体視力の関係で「 若手のダッシュからのまくり」がよく決まるようになり、スタート展示でピッタリのスタートを切ってくる選手は 1マークの主導権を握る可能性が高いのも特徴です。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 49. 6 16. 6 11. 3 9. 4 5. 8 6. 9 2 14. 4 26. 3 16. 5 16. 1 14. 4 12. 0 3 12. 0 15. 9 21. 9 18. 4 17. 6 13. 9 4 13. 6 18. 3 18. 5 19. 3 17. 5 12. 6 5 9. 2 15. 7 19. 7 18. 2 20. 1 16. 8 6 1. 7 7. 8 12. 7 19. 1 24. 1 34. モーター調整の差がスタートにも影響してきて、 スリットが不揃いになることも多いし、連勝する選手も少なくなってきます。 気温が下がり始めると「 イン逃げ」も強くなる印象を受けるけど、同じように「 まくり」も決まるので、モーター実績がある選手の活躍が目立つようになります。 コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 1 51. 6 19. 1 11. 2 8. 0 5. 7 4. 2 2 14. 6 24. 2 18. 8 14. 1 14. 5 13. 5 3 12. 8 20. 9 19. 0 19. 1 15. 3 12. 6 4 10. 5 17. 9 19. 6 20. 6 18. 4 12. 7 5 8. 5 13. 5 18. 3 18. 8 24. 0 16. 6 6 2. 6 5. 3 14. 0 20. 3 22. 4 35. 抜けるような冬の青い空が広がる季節は、かなり 強い追い風が吹き抜けるため、1マークに白波がたてば 安定版を使用することになっても乗りにくさがあると言われます。 風速が8mを超えると、桐生では 波乗り巧者の出番になり、周回展示で座ったままターンをする選手はレース本番では活躍することは少ない。 人気の記事はこちら• 2019年3月19日 に投稿された 6 投票, 平均点: 4. 67, 総合点: 28 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 3. 50, 総合点: 7 評価済• 2019年2月5日 に投稿された 38 投票, 平均点: 4. 37, 総合点: 166 評価済• 2019年2月7日 に投稿された 16 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 68 評価済• 2019年3月19日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 50, 総合点: 9 評価済• 2018年11月28日 に投稿された 13 投票, 平均点: 4. 15, 総合点: 54 評価済• 2019年4月11日 に投稿された 3 投票, 平均点: 4. 33, 総合点: 13 評価済• 2019年3月6日 に投稿された 8 投票, 平均点: 4. 13, 総合点: 33 評価済• 2019年3月15日 に投稿された 4 投票, 平均点: 4. 25, 総合点: 17 評価済• 2019年3月27日 に投稿された 2 投票, 平均点: 4. 00, 総合点: 8 評価済.

次の

BOAT RACEとこなめ公式ウェブサイト

桐生 ボート レース

歴史 [ ] (昭和31年)11月8日に初開催された。 当時の第一施行者は。 全国の24競艇場の中では最も遅い開場である。 1997年9月20日、日本の競艇場として初めてとなる「アクアンナイト」を開始。 経営不振により一時は2003年度限りでの閉鎖も検討されていたが、第二施行者だった(当時)が桐生市主催分の全日程を引き継ぎ、存続が決まる。 2004年7月に大型映像装置を設置。 2005年4月に新スタンド「南ウイング」が完成。 既存のスタンドは「新館」から「北ウイング」に名称を変更し、1階のみ一般に開放。 新スタンド内には、競艇界では初めての在席投票席(PISルーム)を設けた。 また、人の埋まりにくい前方席を梃入れするため、畳敷きのグループ席が設けられた。 また、全国の競艇場で初めて、周回展示において通常の展示タイムのほか、直線タイム・回り足タイム・半周ラップタイムを測定し公表した。 2011年5月3日(東日本大震災 第38回上毛新聞社杯・初日)より通称を「 ドラキリュウナイター」へ変更し、冬季を含めた通年ナイター開催に移行した。 当初は2011年度より冬季を含めた通年ナイター開催に移行する予定だったが、で施設が被災したため、3月中旬から4月にかけての開催が中止された。 2013年10月11日より、北ウイングを改装し、外向発売所「ドラ・ショップ」をオープン。 2014年4月、照明設備を更新し、競艇だけでなくすべてので初となる全面照明に切り替えた。 運営 [ ] 主催(施行者)はであるが、施設の名称にもあるように初開催から2003年度まではが第一施行者であった。 の売り上げは1991年度をピークに減少を続け、桐生競艇も厳しい運営となっていた。 管理運営会社である関東開発株式会社は、ナイター開催の施行など経営の改善に取り組んだが、桐生市は赤字脱却のため借り上げ賃貸料の引き下げを巡り関東開発と対立し撤退を決定。 一時は2003年度限りでの閉鎖も検討されていたが、第二施行者だった(当時)が桐生市主催分の全日程を引き継ぎ、存続が決まった。 第一施行者が阿左美水園競艇組合となり、関東開発が運営する民間委託方式へと移行した。 の時期でありの構想が存在したが、桐生競艇の存続の是非について桐生市と阿左美水園競艇組合所属の・・の足並みが揃わなかった。 このうち藪塚本町はとの合併を選択し、競艇事業から撤退。 競艇事業存続を主張する笠懸町は、大間々町・と合併してとなった。 ディズニーランドを手本として来場者を「ゲスト」、従業員を「キャスト」と呼ぶなど、クオリティの高いサービスを提供するため、サービスの改善に努めている。 こうした経営改善やナイターレースの成功、また場外発売所では日本一の売上であるボートピア梅田 での全レース発売開始(後述)などにより、2014年度の売り上げは全国5位・関東1位の678億円 、2016年度の売り上げは全国2位となった。 2015年度と2016年度は2号賞金場となった。 施設の特徴 [ ]• 日本最北に存在するボートレース場であり 、の場番号は"01 "となっている。 マスコットはをモチーフにした「ドラキリュウ」である。 2010年度までの昼間開催が行われていた際のマスコットはをモチーフにした、古くからのキャラクターである「桐生忠太」であった。 レース実況や場内イベントは、トシ・ヴォイスに所属する、高石順成、坂田博昭、、伊藤政昭が担当しており、一部のメンバーは同じ公営競技であるを主にしたのを兼任するほか、パートならびに、の実況も担当している(近年のSG優勝戦は高石が実況を行うことがある)。 なお、南ウイング完成後しばらくの間は実況が場内用と中継用で別になっていた(上記のメンバーは中継用を担当)。 このうち第1〜3レースの実況と各レース間の競技情報は以前より従事している女性アナウンサー2名の担当となる。 スタート展示を含め、場内テレビではヴァーチャルCGを使ってスタートラインの表示を行っている。 また周回展示時、対岸の大型映像部分にハメコミ合成で各種お知らせを流すようになっている(通常は場内でも同じ表示だがビッグレース時はJLCと場内で異なる表示の場合がある。 対岸を写す際に同じ画像が映らないようにさせるための対策となっている)。 例として、レース日の6レースの一攫千金レースの告知・次回の開催告知などである。 バック側にファンが提供した応援横断幕を掲示するスペースがあるが、風の強い冬季や、他の季節でも強風時は安全な競走施行に支障をきたすことから、横断幕の掲示は休止している。 2019年8月現在、全ボートレース場で唯一、一般来場者による競走水面の写真撮影を禁止している。 主要開催競走 [ ] 周年記念 として赤城雷神杯が 、企業杯 としてカップが行われる。 一般戦では、マスコットキャラクターを冠した競走が頻繁に行われる(東京中日スポーツ杯ドラキリュウ男女W優勝戦、ドラキリュウカップ など)ほか、正月に群馬ダービー、ゴールデンウィークに杯、お盆にはお盆レースが行われる。 2010年4月より、SG・GIを除く全開催日に「一攫千金レース」を行なっている(第1及び第6レース)。 第1レースはA級選手が4号艇・その他がB級選手、第6レースはA級選手が1号艇・その他がB級選手。 また第8レースは1号艇・5号艇がA級選手の「いちごレース」となっている。 水面の特徴 [ ] 競走水面は沼 で、水質は。 冬から春にかけては「赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹き、水面が荒れることもある。 夏は比較的穏やか。 また、標高が高い所に有る為にモーターのパワーや出足は弱くなる。 電光掲示板 舟券の発売・払い戻し [ ] 2006年7月6日より、日本の全公営競技場(・・・競艇・計107場)を通じて初めて、を使った場内移動型投票システムの試験運用が開始され、9月9日より本格的な運用が始まり、以降場内の一般席でも利用が可能となった。 このシステムは予め会員登録を行う必要が無く、当日桐生競艇場を訪れたファンが場内にて登録を行うことにより、手元の携帯電話を使って当日の桐生競艇場の全競走について、本場締め切りと同時刻まで投票できるもので、退場に際してはP-ATM(専用現金自動預払機)を用いて残高を出金するシステムである。 同システム開始に際し愛称も公募され、同年7月10日により、愛称が「 ムーヴ ウィン」と発表された。 2011年2月1日より、関東の4ボートレース場(・・・)・ボートピア(岡部・栗橋・横浜・平和島競艇劇場)で発売された舟券の払戻を取扱う「関東地区総合払戻」を開始。 2012年4月より全国相互払戻サービスを開始。 対応する払戻専用窓口は北ウイング外向前売所と、南ウイング1Fフードコート側専用窓口の2ヶ所になる。 2011年5月のドラキリュウナイター開催に合わせて、のでも桐生の開催全レースの投票券を発売するようになった。 これによりでも桐生開催の投票券が購入可能となっている。 また、2013年6月10日よりのが北陸地方初の場外舟券発売場として、同じく開催全レースの投票券を発売している。 (3159)• (3622)• (3996)• (4238)• (4399)• (4851) アクセス [ ]• 下車、で3分。 徒歩15分。 下車、徒歩15分。 東武桐生線より往路無料タクシーで5分 、徒歩30分。 及びより車で15分。 ドラ・ショップ側、南ウイング側それぞれに無料大駐車場あり。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• BOAT RACE KIRYU. 2018年8月22日閲覧。 www. homemate-research-kyotei. com. 2018年8月25日閲覧。 西日本新聞Web. 2018年8月20日閲覧。 2018年8月20日閲覧。 PRESIDENT Online - PRESIDENT. 2018年7月4日. 2018年8月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年8月20日閲覧。 www. motorboatracing-association. 2018年8月22日閲覧。 - デイリースポーツ online、2014年4月4日• www. motorboatracing-association. 2018年8月22日閲覧。 Kiryu-kyotei. com. www. kiryu-kyotei. com. 2018年8月22日閲覧。 www. homemate-research-kyotei. com. 2018年9月11日閲覧。 www. boatrace. 2018年8月22日閲覧。 交通ガイド. 桐生競艇場. 2012年3月18日閲覧。 参考文献 [ ]• 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。 藤野悌一郎『よくわかる競艇のすべて 改訂新版』、2006年。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 釧路(廃止)• なんぶ• 富士おやま• セントレア• 京丹後• 大和ごせ• りんくう• 山口あじす• 田布施• 三日月• ミニット• 長崎佐々• 長崎五島• 長崎時津• 長崎波佐見• おおむら• 天文館• さつま川内• 志布志.

次の