契り 五木ひろし。 【五木ひろし】のカラオケ人気曲まとめ

契り 五木ひろし 歌詞情報

契り 五木ひろし

解説 [ ]• 作詞は、作曲は前作『流れのままに』から引き続き本人 である。 映画『』の主題歌となった。 の『』で、トリから2番目で歌った。 の『』で、この年亡くなった阿久の追悼を込めて、この曲を大トリで歌った(紅組トリも、が同じく阿久作詞の『』を歌った )。 のはレパートリーのひとつである五木のものまねにのような動きを合体させ同曲を歌うという持ちネタ(五木ロボットひろし)を披露している。 また、公開の映画『』では、彼が歌う同曲が挿入歌として使用された。 収録曲 [ ]• 契り(4分14秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:• 契り パートII(4分10秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:京建輔 カバー [ ]• 2010年 (アルバム『アンコール2』) 脚注 [ ] []• 編曲のも前作から継続。 系『』に出演し歌唱した際、曲名表示においてこの旨が表示された。 石川は上述1982年の第33回でも歌唱(「名曲紅白」というコンセプトに沿ってのもの)。 また第58回から『』との隔年での歌唱が開始されている。 関連項目 [ ]•

次の

契り / 五木ひろし ダウンロード・試聴

契り 五木ひろし

解説 [編集 ]• 作詞は、作曲は前作『流れのままに』から引き続き本人 である。 映画『』の主題歌となった。 の『』で、トリから2番目で歌った。 の『』で、この年亡くなった阿久の追悼を込めて、この曲を大トリで歌った(紅組トリも、が同じく阿久作詞の『』を歌った )。 のはレパートリーのひとつである五木のものまねにのような動きを合体させ同曲を歌うという持ちネタ(五木ロボットひろし)を披露している。 また、公開の映画『』では、彼が歌う同曲が挿入歌として使用された。 収録曲 [編集 ]• 契り(4分14秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:• 契り パートII(4分10秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:京建輔 カバー [編集 ]• 2010年 (アルバム『アンコール2』) 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• 編曲のも前作から継続。 系『』に出演し歌唱した際、曲名表示においてこの旨が表示された。 石川は上述1982年の第33回でも歌唱(「名曲紅白」というコンセプトに沿ってのもの)。 また第58回から『』との隔年での歌唱が開始されている。

次の

契り(五木ひろし) / コード譜 / ギター

契り 五木ひろし

解説 [編集 ]• 作詞は、作曲は前作『流れのままに』から引き続き本人 である。 映画『』の主題歌となった。 の『』で、トリから2番目で歌った。 の『』で、この年亡くなった阿久の追悼を込めて、この曲を大トリで歌った(紅組トリも、が同じく阿久作詞の『』を歌った )。 のはレパートリーのひとつである五木のものまねにのような動きを合体させ同曲を歌うという持ちネタ(五木ロボットひろし)を披露している。 また、公開の映画『』では、彼が歌う同曲が挿入歌として使用された。 収録曲 [編集 ]• 契り(4分14秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:• 契り パートII(4分10秒)• 作詞:阿久悠/作曲:五木ひろし/編曲:京建輔 カバー [編集 ]• 2010年 (アルバム『アンコール2』) 関連項目 [編集 ]• 脚注 [編集 ]• 編曲のも前作から継続。 系『』に出演し歌唱した際、曲名表示においてこの旨が表示された。 石川は上述1982年の第33回でも歌唱(「名曲紅白」というコンセプトに沿ってのもの)。 また第58回から『』との隔年での歌唱が開始されている。

次の