キャノンデール トップ ストーン。 2020 Cannondale Topstone Sora/2020モデル キャノンデール トップストーン ソラ 特価販売中! 【MAT=マンティス】カラー SMサイズ お取り寄せにて販売中! サイクルスポーツ用品 増谷自転車

リアサス装備の意欲作 新型グラベルロードTOPSTONE CARBONデビュー

キャノンデール トップ ストーン

グラベルバイクが大人気です。 😄 各社がここぞとばかりに出してきています。 普通に走るだけでは飽き足らない、物好きな人が結構いるんですね。 今回 ようやく本命といえるキャノンデールが満を持して送り出してきました! 元々キャノンデールではオールロードバイクとして があります。 勝手なイメージですけどキャノンデールってSlateみたいなちょっと変わった自転車が好きだったりします。 すごく楽しい自転車です。 いい値段しますし… 「遊ぶ」自転車ですね。 でも「旅」って要素はちょっと薄いかな? 今回登場したのはザ・グラベルバイクといったモデルです。 流行をしっかり押さえたオーソドックスな作りです。 カラーは落ち着いた バルカングリーン。 ダート走行が似合いそうな色味です。 この手のグラベルバイクでは定番の末広がりのハンドルバー。 下ハン握った時の安定感が素晴らしいです。 ホイールの固定は前後とも 12mmのスルーアクスル仕様になってます。 この値段ではかなり好ポイントです! グラベルバイクらしく、荷物を載せるためのダボ穴がそこかしこに! ツアラーとしていっぱい積載できますね! フロント46-30T X リア11-34T 9速のドライブトレインならどんな坂でも上れそうです。 タイヤはWTB NANO 700x40c。 フォークとのクリアランスも広いので泥にも強そうです。 機械式のディスクブレーキですが、対向ピストンで効きもいいです。 こういう自転車を見てると 「どこに行こうか」 「どう荷物をまとめようか」 そんなことばかり考えてしまいます。 ぜひ店頭でごらんください!👍 Follow me!

次の

frontPage

キャノンデール トップ ストーン

グラベルバイクが大人気です。 😄 各社がここぞとばかりに出してきています。 普通に走るだけでは飽き足らない、物好きな人が結構いるんですね。 今回 ようやく本命といえるキャノンデールが満を持して送り出してきました! 元々キャノンデールではオールロードバイクとして があります。 勝手なイメージですけどキャノンデールってSlateみたいなちょっと変わった自転車が好きだったりします。 すごく楽しい自転車です。 いい値段しますし… 「遊ぶ」自転車ですね。 でも「旅」って要素はちょっと薄いかな? 今回登場したのはザ・グラベルバイクといったモデルです。 流行をしっかり押さえたオーソドックスな作りです。 カラーは落ち着いた バルカングリーン。 ダート走行が似合いそうな色味です。 この手のグラベルバイクでは定番の末広がりのハンドルバー。 下ハン握った時の安定感が素晴らしいです。 ホイールの固定は前後とも 12mmのスルーアクスル仕様になってます。 この値段ではかなり好ポイントです! グラベルバイクらしく、荷物を載せるためのダボ穴がそこかしこに! ツアラーとしていっぱい積載できますね! フロント46-30T X リア11-34T 9速のドライブトレインならどんな坂でも上れそうです。 タイヤはWTB NANO 700x40c。 フォークとのクリアランスも広いので泥にも強そうです。 機械式のディスクブレーキですが、対向ピストンで効きもいいです。 こういう自転車を見てると 「どこに行こうか」 「どう荷物をまとめようか」 そんなことばかり考えてしまいます。 ぜひ店頭でごらんください!👍 Follow me!

次の

国内初の電動サス付きグラベルロードも登場! キャノンデールから新型トップストーンカーボン

キャノンデール トップ ストーン

キャノンデール2019年の注目モデル「TOPSTONE」を、同社が冠スポンサーを務めるアメリカのグラベルレースで本気試乗。 現地を走ることで感じたTOPSTONEの本当の実力と魅力、そして遊び方を、開発者へのインタビュー、そしてブーム沸騰中の現地事情を通して紹介していきたいと思う。 TOPSTONE:2019年最注目のグラベルロード 「アメリカに行ってきてもらえませんか?そうです。 TOPSTONEです。 本場のグラベルイベントで乗ってきて欲しいんです!」 ある時鳴った電話の主は、日頃お世話になっているキャノンデール・ジャパンの方だった。 TOPSTONEと言えば、エアロで武装した新型ロードバイク「SYSTEMSIX」や、新たなLeftyサスペンションを搭載する超軽量クロカンMTB「F-Si」と並ぶ、影の2019年キャノンデール注目モデルである。 断る理由なんてどこにもない。 こうして8月末のある日、私はアメリカ、バーモント州を目指して機上の人となった。 グラベル遊びの楽しさを広めるための前衛的ジオメトリー ビビッドブルー鮮やかなTOPSTONE。 キャノンデールのSEコレクションに新登場した新たなるグラベルロードバイクだ photo:So. Isobe ここ近年、特に北米を中心に盛り上がりの一途を辿っているカテゴリーがグラベルロードであり、その中でもキャノンデールほどグラベルバイクを拡充させているマスプロブランドは他に類を見ない。 ムーブメントの火付け役とも呼べるSLATE(スレート)は未だにオンリーワンと言える存在感を放っているし、エンデュランスロードのSYNAPSE(シナプス)とシクロクロスバイクのCAADXには、SE(スペシャル・エディション)と呼ばれるワイドなギアレシオとタイヤでオンオフ問わずに楽しめる各種モデルが追加され、カタログの1ページを彩っている。 キャノンデール本社のスタッフがランチライドで繰り出す、お気に入りのグラベルループの名が与えられたTOPSTONEは、それらSEコレクションの中で唯一欠けていた正統派グラベルロードであり、SLATEの弟分に位置付けられる存在だ。 しかし、Leftyサスペンションの無いドロップハンドルバイクとして端正なスタイルに、「もうSLATEがあるのに、なぜ今ごくフツーのグラベルロードを?」と感じる方も多いだろう。 泥区間でもメリットが生まれそうだ オフセット量55mmのフロントフォーク。 安定感あるハンドリングを生み出す要素の一つだ その理由は、スリックタイヤにしろ、クイックなハンドリングにしろ(そして少しお高めの価格設定も)、SLATEは玄人好みの味付けが施されているから。 そもそもキャノンデール開発エンジニアのデーヴィッド(・デヴァイン)と、アメリカンシクロクロス界のレジェンドにして自転車遊びのプロであるティム(・ジョンソン)が「面白いモノを作ろうぜ!」と盛り上がって生まれたバイクだから、「分かってるヤツら」にとって最高のバイクになった一方、初心者がそのポテンシャルを引き出すにはちょっと難しかった。 そこでTOPSTONEの登場という訳だ。 650x42CタイヤのSLATEとは異なり、現在のグラベルスタンダードと言うべき700x40Cタイヤを備えるTOPSTONE。 キャノンデールのお家芸であるアルミニウムフレームはパッと見普通だが、その実ジオメトリーはかなり前衛的だ。 SLATEとは異なりホイール径は700c。 チューブレスレディのWTB Nanoタイヤ(40c)をセットする。 ロー側42T装備で1:1以下のギア比を叶える。 急勾配の登りで活躍しそうだ キャノンデールご自慢の軽量アルミを用いたフレーム。 ビビッドなブルーは自然の中で映える色だ ダウンチューブ下部にはエクストラボトルケージマウントを装備。 大きなフレームバッグを取り付けてもストレージに困ることがない 言うまでもなくディスクブレーキはフラットマウント仕様。 サスペンションを無くしたデメリットをジオメトリー調整で解決しており、開発者のデーヴィッド曰く、長く続くフラットダートとハンドルが暴れる荒れた路面の両方でメリットを生むよう設計されている。 これは高速かつテクニカルなシクロクロスコースでの速さや、担ぎやすさを求めたSUPERX、CAADXとも異なるものだ。 単にアップライトな安楽ポジションではなく、繋ぎの舗装路を高速移動する際、あるいは本場のグラベルレースに参戦するレーサーにも対応している。 ドロッパーシートポストを搭載、バイクパッキングにも完璧フィット TOPSTONE最大の特徴であるドロッパーシートポスト。 50mmトラベルがもたらす対応力の広さが魅力だ グラベルロードの主流となったフレア形状のドロップハンドルを装備。 形状がもたらす安定感は高速域で活きるものだった ドロップハンドル部分にはドロッパーシートポストのレバーを装備する そしてTOPSTONEには、SLATEには無かったアイテム、ドロッパーシートポストが投入されていることが最大の話題(一部のモデルを除く)。 一瞬かつ自由にサドルハイトを調整することで下り区間での身体の自由度を高めることができ、もはやトレイル系MTBに必要不可欠となったそれが、グラベルロード、それもマスプロメーカーの低価格帯モデルに採用されたことはある種の事件とも言えよう。 当然手元のリモートコントローラーで高さを調整可能で、走りながらでも状況に合わせたセッティングができるため、走りの幅はぐんと広くなる。 3種類の完成車パッケージが用意されるTOPSTONE。 自然に溶け込む単色カラーとスキンサイドのタイヤがマッチする c キャノンデール・ジャパン フレームバッグ取り付けを踏まえ、ダウンチューブのボトルケージ取り付け位置を動かせるようになっている 前三角を埋める大型バッグを取り付けた例。 この場合はダウンチューブ下のボトルケージマウントを使える 「万能グラベルロード」を謳うTOPSTONEだから、バイクパッキングやフェンダー取り付けへの対応も万全だ。 超長距離を走るグラベルレースのためも考えてボトルケージマウントは4箇所用意され、取り外し式のフェンダーブリッジ、そしてフォークとシートステーにはラック用のネジ穴も準備済み。 カバンを搭載した通勤や通学用バイクとしても使い勝手は良いはずだ。 販売パッケージは上位グレードから順にスラムのワンバイコンポーネント「Apex」搭載モデル(税抜22万円)、シマノ105組み完成車(税抜19万円)、シマノSORA組み完成車(税抜11. 5万円)という本国アメリカと同じ3種類。 0, 28h ハブ フォーミュラ RX-512 12x100 front, RX-142 12x142 rear 税抜き価格 115,000円.

次の