残尿感 生理。 女性の残尿感の原因は?

生理中の残尿感で悩んでいます。生理が始まって二日目ほどになると、いつ...

残尿感 生理

残尿感とは、「排尿後に尿が残っている感じがする」、「尿が出きらずスッキリしない」という状態を指します。 実際に尿が残っている場合もありますが、尿が残っていないのに残尿感を感じる場合もあります。 尿意があってトイレに行くけれど尿があまり出ず、常に残尿感がある• 最近急に尿が残る感じがするようになった…トイレも近くなった気がする• 残尿感のほか、排尿時に違和感や痛みがある こういった場合に考えられる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。 病気による残尿感 病気が原因で残尿感が起こる場合もあります。 その原因は、 膀胱 ぼうこう の病気と膀胱以外の病気に大別されます。 膀胱の病気 残尿感が現れる膀胱の病気としては、主に以下のようなものがあります。 膀胱炎 とは、膀胱内に細菌が侵入することで炎症が起きる病気です。 特に女性に多いといわれています。 を発症すると、残尿感のほかに排尿痛や頻尿、尿が濁る、尿が臭くなる、血尿などの症状が現れる場合があります。 通常は発熱を伴いませんが、膀胱に入った細菌が腎臓まで達すると じんうじんえん を発症し、発熱が生じるようになります。 受診の目安とポイント 残尿感はさまざまな原因によって起こります。 残尿感のほかに尿に関する症状が伴う場合、痛みや発熱などの症状が伴う場合には、一度病院を受診することがすすめられます。 受診先は内科もしくは泌尿器科がよいでしょう。 受診時には、いつから症状が出始めたのか、どのような症状があるかを具体的に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 加齢や産後など病気以外の原因によって、残尿感が起こることも多くあります。 骨盤底筋 こつばんていきん の衰え 骨盤の底の部分にある筋肉を骨盤底筋といい、骨盤内の臓器を支えたり排泄をコントロールしたりする機能がありますが、加齢と共に骨盤底筋は衰えてきます。 また、女性では出産によって骨盤底筋が緩むことがあります。 骨盤底筋に衰えや緩みが起こると、腹圧のコントロール不良や排せつ機能の低下が起こり、頻尿や、尿失禁などの尿に関する症状が現れるようになります。 骨盤底筋を鍛えるには 骨盤底筋は、肛門を引き締めるようなトレーニングである程度鍛えることができます。 しかし、正しいやり方でなければ逆効果になる可能性もあるので、医師や看護師の指導を受けて取り組むようにしましょう。 よくならないときには 骨盤底筋のトレーニングを行っても残尿感がなくならない場合には、何かしらの病気が原因になっている可能性も考えられます。 いつまでもよくならない場合には、病院を受診して医師の診察を受けるのがよいでしょう。

次の

妊娠初期の頻尿・残尿感の原因と対策

残尿感 生理

加齢とともに増加していく女性の排尿トラブル。 特に20代から更年期の女性に多く見られる残尿感には 女性特有の病が潜んでいる場合もあります。 女性の場合、男性以上に羞恥心や自尊心が邪魔をして 泌尿器科の受診をためらってしまう傾向にありますが、 残尿感を放っておくと取り返しのつかない事態に発展してしまう事もあるので 注意が必要です。 今回は、女性の残尿感の主な原因をご紹介したいと思います。 膀胱炎によるもの 日本人女性の5人に1人は経験しているという膀胱炎。 膀胱炎とは、何らかのトラブルによって尿道口から 細菌が侵入し、膀胱内で炎症を起こしてしまうという病気です。 膀胱炎の代表的な症状は、• 残尿感を覚える• 頻尿になる(何度もトイレに行きたくなる)• 排尿時にヒリヒリとした痛みを感じる。 尿が白く濁る、尿に血液が混じっている などです。 急性のもの、慢性のものとありますが、 どちらも症状は似通っています。 女性は尿道の長さが約4cm前後と男性と比べて短いため、 膣・肛門から尿道口が近く、細菌が侵入しやすい という特徴があります。 たとえば大便のあとなど、おしりや陰部の拭き方が悪いと 尿道口付近に大腸菌を付着させてしまう恐れがあります。 また、生理中や性行為後に陰部を汚れたままにしておくことで 細菌が繁殖し、膀胱炎の引き金になることもあります。 尿路感染症によるもの 尿路感染症による残尿感も女性には多く見られます。 症状としては膀胱炎とよく似ているのですが、 こちらは全身に症状があらわれる事が多いです。 主な症状は• 排尿痛がある• 残尿感や頻尿• 尿が濁る、血尿になる• 蛋白尿が多い• 腰や背中に痛みがある• 吐き気がする、体重が増えない、食欲がない などですが、高熱や吐き気が出た場合は 腎臓が炎症を起こしてる場合があり、早急な治療が必要です。 尿路とは、尿が作られて排出されるまでにたどる通路のことです。 具体的には腎臓、尿管、膀胱、尿道、尿道口の5つを指しています。 そして尿路感染症とは、尿の通路のどこかで炎症が起こっている状態を指します。 膀胱炎と同じく、原因は細菌感染であることが多いのですが、 前述したように女性は尿道が短いため、尿路感染症にかかりやすい 構造になっています。 細菌が腎臓まで到達し、腎臓で炎症を起こすと「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、 膀胱で炎症を起こすと「膀胱炎」、 尿道で炎症を起こすと「尿道炎」と呼び名が変わりますが、 基本的に原因は同じです。 膀胱炎も尿路感染症も、一時的に症状が出る急性、病気が常態化してしまう 慢性に分けられますが、尿路感染症はさらに単純性、複雑性、淋菌性、非淋菌性など 様々な要因によって分類されます。 治療には抗生物質の投与が有効ですが、 いずれのケースも早急に原因を突き止めて、早期治療を心がけることが大切です。 骨盤性器脱 骨盤性器脱は、ホルモンバランスの乱れにより発症する 女性特有の病気です。 女性の骨盤内にある直腸・膀胱・子宮・膣などが垂れ下がり、 膣から体外へと露出してしまうことにより膀胱が圧迫され、 残尿感を感じることがあります(露出しない場合もあります)。 出産後や年配の女性に多く見られ、更年期障害の症状としてあらわれる事もあります。 月経や性行為 前述したように、月経や性行為の汚れを放置しておくと、細菌が尿道口から侵入しやすく なってしまいます。 菌が膀胱に侵入し、残尿感の原因となってしまうことがあります。 性行為のあとに陰部をよく洗っておくのはもちろん、 生理の時はこまめにナプキンを取り変え、下腹部を清潔に保ちましょう。 妊娠によるもの 妊娠により大きくなっていく子宮が膀胱を圧迫し、 頻尿や残尿感をもたらすことがあります。 また、妊娠することによって腎臓機能が活発になるため、 自然と尿量が増える事も原因のひとつです。 妊娠という身体の大きな変化自体がストレスとなって 残尿感を引き起こすこともありますし、プロゲステロン(女性ホルモンのひとつ。 黄 体ホルモンとも呼ばれる)が増加することで 利尿作用をもたらすなど、妊娠すると複合的な要因が重なって残尿・頻尿が 生じます。 ちなみにプロゲステロンは排卵日あたりに分泌量が増えるので、妊娠していなくても 月経前症候群のひとつとして残尿感を感じる女性もいます。 冷え性 冷え性とは、自律神経の乱れや新陳代謝の低下によって 身体の一部の体温が下がってしまうことです。 冷え性による膀胱、尿管を収縮で残尿感を感じる方は、 しっかりと身体を温めるよう心がけましょう。 その他 上記はあくまでも「女性に多い残尿感」の代表例であり、 実際には様々な病気によって残尿感が引き起こされています。 膀胱結石、糖尿病、子宮筋腫、膀胱ガン、性病などの 恐ろしい病気が隠されていることもありますので、 勝手な自己判断はせず、病院でしっかり検査をすることをおすすめします。 関連する記事はこちら:• 尿もれの原因は膀胱が縮小したから? 妊娠中の妊婦さんの中でも経験した方が多い症状の1つに尿もれや頻尿といった症状があります。 妊娠中はお薬を飲むことができないため、細菌の繁殖など膀胱炎になっていないか心配になるところ。 しか・・・... 女性が他人に相談しづらい悩みの一つに残尿感があります。 高齢者特有の悩みだと思われがちですが、排尿後の残尿感に悩む若い女性は多くいます。 今回は、若い女性に残尿感を女性が他人に相談しづらい悩みの一つに残尿感があります。 高齢・・・... 頻尿や残尿感に悩む女性は20代から急増します。 今回は、20代~30代女性の排尿トラブルを引き起こすおもな原因と、その治療法や予防法についてまとめました。 急性膀胱炎... 女性の残尿感や尿漏れの原因は、骨盤底にあると言われています。 女性の泌尿器科の疾患の多くは、現在メジャーなインテグラル理論によると、骨盤底の不具合が原因になっていると言われています。 その中心となっている『骨盤底』とは何なの・・・...

次の

生理後、数日間残尿感が治まらない..

残尿感 生理

トイレにいったのに、まだ残っている感じがする… このような 残尿感に悩む人は多く、また人に相談しにくい悩みであるため不安になることも多いかと思います。 残尿感の原因はさまざまですが、 男女でその原因が全く違うことが特徴です。 女性の場合は膀胱炎が原因であることが多く、男性の場合は前立腺肥大症が原因であることが多いといわれています。 男女どちらの場合も残尿感の症状は 泌尿器科で診察を行っていますが、女性の場合は 産婦人科を受診するのも良いでしょう。 特に 生理前後や 更年期、 妊娠中の残尿感の場合は産婦人科に相談してみてください。 しかし軽い残尿感の場合や、しばらく自宅で様子をみたい場合などは 市販薬で対処することもひとつの方法です。 そこでこの記事では、残尿感を改善する市販薬やおすすめのサプリメントを紹介していきたいと思います。 女性は男性に比べて尿道が短くまっすぐであるため、膀胱に細菌が侵入する可能性が高くなっています。 さらに トイレを我慢する生活がつづいたり、 疲労や冷えが原因で免疫力が落ちるなども膀胱炎の原因になります。 残尿感のほか、 排尿の際に痛みを感じたり、 尿の色が白っぽかったりする場合は膀胱炎の可能性が高いです。 特に生理前は妊娠に備えて子宮のサイズが大きくなっていくため、膀胱が圧迫されて刺激が与えられ残尿感を感じることが多くなるようです。 さらには、ストレスが原因で過活動膀胱という膀胱活動の異常が起こっていたりすることがあります。 いずれの場合にも、慢性的な残尿感が長く続く場合には一度泌尿器科や産婦人科を受診してみると良いでしょう。 男性ホルモンのはたらきが関与して前立腺が肥大し、残尿感や頻尿などの尿トラブルを起こします。 比較的若い30~40代の男性に多く見られる疾患で、残尿感や頻尿のほか下腹部の痛みをともなうことがあります。 残尿感を改善する効果のあるおすすめの市販薬を紹介していきます。 残尿感など泌尿器の不調に対する市販薬には漢方薬が多いですが、中には膀胱の動きを抑えるような西洋医学の薬もあるため、自分の目的に合ったものを選んでください。 フラボキサート塩酸塩という、膀胱の収縮を抑制して排尿回数の増加を抑える成分が配合された市販薬です。 残尿感は尿を溜める器官である膀胱の感覚が過敏になっていることでおこるため、膀胱機能を調節して残尿感を改善する効果があります。 約1週間ほどで効果があらわれ、残尿感などの尿トラブルに効果を発揮します。 また、妊娠中の使用に関しても安全が確率されていません。 男性や妊娠中の人は服用しないようにしてください。 サプリメントや健康食品は「医薬品」とは違い、症状に直接効果があるわけではありません。 サプリメントはあくまで食事などでの栄養成分の不足を補うことを目的に使用されるものです。 残尿感に良いとされる栄養成分を摂りたいが、そういった成分の食材を探すのは大変という方は、まずはサプリメント等を利用するのも一つの手です。 なお、排尿痛などの他の症状を伴っている場合は、まずは病院を受診するようにしてください。 ファインエイドのすっきりさわやか習慣 男性で頻繁にトイレに行く方におすすめな、ノコギリヤシを配合したサプリメントです。 さらに女性の残尿感にも良いとされる西洋カボチャも配合されているため、男女両方の残尿感におすすめのサプリメントです。 購入: 残尿感のある方やトイレの回数が多い方におすすめの西洋カボチャのほか、抗炎症作用を持つグランベリーが配合されたサプリメントです。 残尿感を改善するための、薬やサプリメント以外の方法を紹介します。 原因が膀胱炎の場合も、ホルモンバランスの崩れの場合もストレスをためずに規則正しい生活を送ることが大切なため、生活習慣には気を付けるようにしましょう。 水分を多くとろう! 残尿感の原因が膀胱炎であった場合は、水分を多くとり 尿を多く出すことが一番の改善方法になります。 残尿感があるときはつい水分をとることを避けてしまいがちですが、菌を体外に排出するために水分を多く摂るように意識しましょう。 このとき、 コーヒーや 紅茶などはカフェインが作用して残尿感の原因になることがあります。 カフェインの利尿作用がトイレの回数を増やす原因にもなるため、水分をとるときには カフェインを含まないものを飲むようにしましょう。 また、男性の残尿感の場合は前立腺炎の予防のためにも アルコールの摂取は控えるようにしましょう。 衛生面に気を付けよう! 膀胱炎は膀胱に細菌が入り込むことで起こるため、患部の周辺が不衛生だと発症する確率が上がり、再発する危険性も高くなります。 下着は必ず毎日替えるようにするとともに、 生理用ナプキンなどもこまめに取り換えるようにしましょう。 また、 性交渉の際に菌が侵入することも多いため、性交渉の前には自分もパートナーも陰部を良く洗い清潔にするよう心がけましょう。 大腸に生息する菌類が膀胱に入り込むことで膀胱炎が起こることがあるため、トイレのあとの拭き方には注意しましょう。 規則正しい生活で免疫力を高めよう! 免疫力が弱ることで、普段は感染しない菌類にかかりやすくなっている場合があります。 膀胱炎による残尿感を感じた場合には、しっかり睡眠をとるようにしましょう。 また残尿感の原因が膀胱炎でなく 自律神経やホルモンバランスの乱れである場合も、睡眠不足が症状を悪化させることがあるため、注意してください。 お風呂にゆっくり浸かるなどして下半身をよく温め、冷やさないようにしましょう。 おわりに なかなか人に相談しにくい残尿感ですが、症状が軽い場合には対処が可能な市販薬も販売されています。 早めに対処するとともに生活習慣などに気を付け、改善していくようにしましょう。 また、慢性的な残尿感やトイレに行く回数があまりにも多い場合などは一度病院を受診するようにしてください。

次の