困りごとトリセツ。 【発達障害】発達障害 困りごとの“トリセツ”

NHK「困りごとのトリセツ」

困りごとトリセツ

さまざまな生きづらさを抱える発達障害のある人たち。 当事者の中には、生きづらさを軽くするために、独自の対処法、いわば「困りごとのトリセツ」を編み出している人が少なくありません。 今回、あさイチでは当事者のみなさんのさまざまな「困りごとのトリセツ」を一挙大公開。 片づけができない女性や、コミュニケーションが苦手な男性、さらには発達障害のある子を持つお母さんが編み出した「困りごとのトリセツ」をご紹介しました。 人間誰しも生きづらさは抱えているもの。 苦手な状況に陥っても落ち着いて対処しやすくなるトリセツづくりは、発達障害ではない人にも役立ちます。 (中略) 困りごとのトリセツ 発達障害の人が抱えるさまざまな「困りごと」に対して、あらかじめ「対処法」を準備しておくこと。 それを今回「トリセツ(取扱説明書)」と呼んでいます。 こうして作っておいた「トリセツ」は、発達障害の人たちだけでなく、そうでない多くの人にとっても、日々の暮らしを楽にすることに役立ちます。 トリセツがあれば、苦手なことの程度が軽減されるという効果が期待できます。 トリセツの作り方 トリセツはオーダーメード。 トリセツを作る場合は、自分(当事者)の特性を知ることが大切です。 例えば困りごとが「片づけが苦手」で、その原因となる特性が「注意が散漫になりやすい」ことであれば、置き場所から注意がそれないような工夫を考えることができます。 その際、得意なことを上手に取り入れるのがおすすめです。 自分の特性を知るには、さまざまな当事者の体験談が役に立ちます。 書籍やネットなどで、自分にも通じる人を見つけ、参考にするのがおすすめです。 あさイチでも2年前から発達障害の当事者や周囲の人による、「困りごとのトリセツ」をホームページで投稿を募集、困りごと別に分類して体験談を載せていますので参考にしてください。 ホームページ: NHK番組あさイチのサイトから引用 エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。 たまたまテレビを見ていたら、やっていたのでこれは参考になるかな…と、あさイチの番組サイトから引用です。 苦手な状況に陥っても落ち着いて対処しやすくなるトリセツづくりは、発達障害ではない人にも役立ちます…とあったので、自分でもトリセツ作ろうかなと思いました。 モヤモヤしている物を可視化すると、一挙に見えやすくなるモノですからね。 対処法だけじゃなく、自分を見つめなおし、気づきを増やすためにもいいことかもしれません。

次の

発達障害って何だろう(NHKの発達障害キャンペーン)で思うところ

困りごとトリセツ

しかしこれらはあくまで体験談を私の気持ちとして列記したに過ぎない。 どう思いどう切り抜こうとしたのかが見えていないと思う。 実際当事者が欲しいのは気持ちでなく取り組んだ手法であるかと思う。 もちろん人それぞれに手法など違うので私の経験した事柄が参考になるかどうかはこれまた別の話だが、たとえ参考にならなくとも手法を見ることによって前へと気持ちが進む場合がある。 私もそれによって何度となく勇気付けられたことか。 そのことから私思うに、欲しい情報というのは体験談よりも「どうしたら自分がこの苦しみから抜け出せられるのか」という手法ではなかろうか? そこで今回からは手法編として教材の紹介や取り組んだ一例を記す。 今回は「わたしのトリセツを作ろう」について。 山貴、さん トリセツづくりへの道 ナビゲーションブック(で特性をつかんでみようか・・・。 ) 昨今、発達障害について注目されてきているせいか様々な情報が飛び交っている。 特にメディアで一生懸命に取り組んでいるのはNHKさんではなかろうか? そのNHKさんが取り組まれているキャンペーン「」にも掲載されている困りごとのトリセツ。 このサイトは鷹揚的な見方をすればいい紹介の仕方という印象を受けた。 しかしこのサイトの引用や紹介は後ほどにする。 したがってこのサイトからの手法は使えなかった。 ではどこを使ったかというと・・・ というサイトである。 そこで所定のページに行ってダウンロードしてPDF書類を開・・・いたはいいものの、はっきり言って初見の感想はちんぷんかんぷんである。 この事は後で紹介しようと思うが、先に言っておくとどうやら「ナビゲーター」「支援者」「メンター」のような人たちの支援とともに作り上げていくものという印象だ。 つまり独学で取り組むのは少々危険かつ時間のかかる作業だと・・・。 取り組むのに苦労が目に見えていたが、これを取り組んだ時間帯の時は ここでやっておかないとこれからの自分の未来が見えてこない という思いだったので多少無茶でもやらねばならない!気持ちで取り組んだ。 困った私がこの時にとった行動 そう思いながら取り組む気持ちになったがそれにしても困った。 これは多分私の特性なのだが、モノマネやオウム返しはできても0から作り上げるのは少々苦手な私。 どうしようかなぁと思いながらとパラパラと資料を見ていたらあるものに目が止まった。 後に紹介する「ナビゲーションブックの作り方」の中にある 資料編5として「情報処理過程におけるアセスメントの視点」という項目を見つけたのでる。 『発達障害のある方は人が行動するときの「情報処理過程」に特徴が見られることがあります。 』 ナビゲーションブックの作り方(PDF書類)より引用 ・・・と記載されている。 そしてその中に補足資料に特徴が列記されている・・・ん? こ、 これだ! この補足資料は使える!ということで、この補足資料に記載している事例を消去法&加筆修正法をした。 そしてこの補足資料を使い加筆修正することで、 このように様々な私の特性を理解し可視化することができた。 私は0から1を生み出すのは苦手なので「こう言った手法もあるのだな」と感じ得た手法である。 発達凸凹活用マニュアル(も使ってみた) もう一つ自分の特性を知るための教材がある。 以前に数回記している「発達凸凹活用マニュアル」である。 このvol. 2に記載されている表題と同じ「発達凸凹活用マニュアル」の内容がとても秀逸なのだ。 ここには当事者の声を聞いてまとめたトラブル集と工夫改善集が記載されてある。 そこでこれをもとに自分に当てはまることに丸をつけ、工夫改善策との関係性について前期方法と同じように加筆修正をしていくことで私の特性を掴むことにした。 この手法の良いところは、このマニュアル自体が体験談を反映した秀逸なものなので、これ自体当事者の皆さんと自分の思いの共有がが可視化できること。 このマニュアル取得はオススメです 自分の特性が可視化出来た!・・・後は、 このようにして自分の特性を掴んだ。 敵を知るにはまず己から!その己の特性をつかむことが次なる一歩へ向かえるのだと我思う。 これでインプットを可視化できた、次はアウトプット作業である自分のトリセツづくりだ! ということで次回はトリセツづくりをボギ的に作ってみようと思う。

次の

困りごとのトリセツを読んで、自分が何に困っているのか&対処法を知る

困りごとトリセツ

【発達障害】適切な自己表現をアサーショントレーニングで習得しよう 『適切な自己表現』の意味が分からず、周囲とうまく関われない… 主張し過ぎても控え過ぎても問題になり、バランスのとり方に迷いやすい 発達障害は、主にコミュニケーションにおいて苦労を感じやすい障害と言われています。 「相手の気持ちが分からない」 「どう自分の意思を伝えたらよいか分からない」 このような事態に困難を感じやすいことが多いのではないでしょうか。 「引きながらも押す」のようなバランスを保ちながら接することに苦労を感じていませんか? 参照: 結果、どちらか一方に偏りやすい 苦労を感じた結果調整することができず『主張のみ』に偏ってしまったり、もしくは過去の失敗体験などから「絶対に自分の意思は言わない!」と心を閉ざしてしまったりするケースがあります。 もともと ・になりやすく、極端な考え方や偏った判断をしやすいこと ・マルチタスクが苦手で、複数の物事を同時に意識することが苦手 このような理由から、相反するもののバランスをとることに苦労を感じやすいのです。 したがって「自分はどうやって、周囲に意思を表現していけばよいのか」わからなくなってしまうこともあるでしょう。 参考: 関連記事: このような「自分の表現方法」についての悩みを解消してくれる方法の一つに『アサーション』というコミュニケーション方法があります。 適切な自己表現を身につけるヒントに、『アサーション』がある アサーションとは 「アサーション」とは、コミュニケーションの大きな2つの軸となる「伝える・話す(発信)」と「聞く(受信)」のバランスを整えていくコミュニケーション方法の一つです。 この2つのバランスを保つことで、自分も相手も尊重した形で意思を伝えること(相手を傷つけず、かつ自分の主張もすること)ができるようになります。 参考: 関連記事: 発達障害を持ち、どう言えば相手をさせずに伝えることができるのか分からない場合、このアサーションを身につけることで改善できる可能性があるのです。 【発達障害】アサーショントレーニングで改善が期待されること 相手にとってきつい言い方になるケースに気づくことができる 発達障害を持っている場合、何らかの理由で「相手にとって傷つく表現」をしてしまっていることに気づいていないケースがあります。 アサーションを身につけ「相手の事情を踏まえた自己表現」を心がけることで、「きつい言い方」になる表現に気づき事前に対処することができる可能性があります。 相手の意図に気づきやすくなる 発達障害を持つ方の中には、言葉だけでは相手の意図が見えてこないことで悩むケースもあるでしょう。 これは相手側の心情を想像することが苦手なことから来ているケースが多いです。 アサーションによって、常に相手を踏まえて考える「くせ」がつきます。 これにより、相手が実際に何を言おうとしているのか、意図に気づきやすくなることができるかもしれません。 コミュニケーションのズレが少なくなる したがって、上司の指示を聞くときや業務の報告をするときなどにプラスに働いてきます。 ・上司が何を求めているかを考えながら聞けるようになる ・他者が何を考えて話しているのかを踏まえた回答ができるようになる ・周囲の事情を意識して話すため、的外れな発言が少なくなる このようなコミュニケーションのズレが少なくなっていくかもしれないのです。 課題をアサーションで改善させていくことで、職場定着にもつながる可能性もあります。 それでは、どのようにアサーションを身につけていけばよいのでしょうか。 アサーショントレーニングの流れ ポイント1:自分の自己主張タイプを知る まずは、自分がどのような自己主張タイプなのかを知るところからトレーニングが始まります。 アサーションで考えられている自己主張タイプは、以下の3つです。 ・アグレッシブタイプ(攻撃的なタイプ) ・ノン・アサーティブタイプ(非主張タイプ) ・アサーティブタイプ(主張と受容のバランスが取れた理想的なタイプ) この3つのうちのどれに該当するのかを簡単なテストで診断していきます。 下記の参考リンクにテストの一例がありますので、興味があればぜひトライしてみてください。 参考: ポイント2:相手になり切って考えてみる よく「人の立場を考えなさい」「もっと相手のことを考えろ」と言われるかもしれません。 この相手の立場に立って考えるコツの一つは「相手になり切る」ことです。 ・男性が女性を相手にして話す場合、女性の価値観や感覚になり切って考えてみる。 ・自分は自転車が乗れるが、自転車が乗れない子供を相手にするときに「乗れない人」になり切って考える。 このように相手になり切って考えてみることで、より相手の目線に近い形で対話することができるようになります。 「男性の自分だったらなんとも思わないけれど、もし女性だったら辛いだろうな」「もし自転車に乗れなかったら、転ぶのが怖いだろうな」など、相手の感覚を自分にコピーする感覚でとらえていくのがコツです。 ポイント3:周囲や場面全体になり切って考えてみる 双方にとっては良い表現でも、それを言ってはいけない・適切ではない場面や場所というものもあります。 「空気が読めない発言」と言うのは、この「話すべきシチュエーション」のどれかが不足しているケースが多いのです。 職場で個人的な事情で落ち込んでいる人がいたとしましょう。 相手に「落ち込むときもあるよね。 時には思い切り泣くのもいいんだよ」と声をかけてあげることができたら、ポイント2まではクリアしています。 しかしこれを仕事中、他の社員のいるオフィスの場合どうでしょうか。 どんなに双方にとって良い表現でも、「職場」になり切って考えた時「何も今ここで言うことないのに」と思われてしまうことでしょう。 ポイント2で「相手」になり切りましたが、ポイント3ではさらに「周囲」や「場面」、「ルール」などになり切って考えてみましょう。 ポイント4:自分の特徴を踏まえながら、適切な表現を探していく ポイント2と3をクリアしていくと、「的外れな発言をしない」ようになっていきます。 しかしこれだけでは、適切な自己表現とは言えません。 会議や話し合い、業務上お願い事をしないといけないときは相手の意思もくみ取りながら自分の意見も言えることが必要です。 特に消極的なノン・アサーティブに該当する場合、「自己表現しない」という選択をしてしまうかもしれません。 このようなときに浮かんだ表現の中で、ポイント2、ポイント3で該当しない状況を差し引きます。 残った表現の中で「最も相手も自分も傷つけない表現」を選んだ上で表現していきましょう。 参考: これらを繰り返し、より適切な表現方法を探していきます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「『相手のことを考えなさい』と言われても、やり方がわからない」そのような悩みを抱えていることがあるかもしれません。 アサーショントレーニングで自己主張のバランスを整えることで、『勝手』『傲慢』と言われることにも、そのようなことを言われないように心を閉ざしてしまうことにも対応できる方法なのです。 より自分の意思を正確に伝えるために、より相手に誤解されないためにもぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

次の