ゼルダ パラセール。 【ゼルダの伝説BotW】防寒着の入手方法は?ケモノ肉を入手するのは大変なの?【意地でも入手してから進みたい】|ゆるりとIROTORIDORI

ゼルダの伝説 BotW 初見プレイ日記(11)まさかじいさんが〇〇!?パラセールをゲット!

ゼルダ パラセール

I got nervous at fights D: , pretty solid run otherwise. 38 with phantom armor is within reach!! — Wolhaiksong Wolhaiksong19 同氏は2017年12月19日に同レギュレーションにて を達成し、日本人走者・ (40分58秒、2017年4月21日)を塗り替え世界1位となった。 今回は自己ベスト記録を塗り替え、 30分台の世界に突入した。 ゲーム内の時間を競うTA(タイムアタック)とは異なり、ゲーム開始からクリアするまでの現実世界での時間(リアルタイム)を競う遊び方。 計測開始・終了地点をどこにするか、ゲーム内の要素をどこまで達成するかなどによって「レギュレーション」は異なる。 なお、amiiboありのレギュレーションでは、2017年7月27日に している。 しかしWolhaiksong氏はamiiboありのレギュレーションにおいても、2018年3月4日に を叩き出し、世界最速記録を達成。 最速記録を次々と生み出すWolhaiksong氏とはいったい何者なのだろうか? 『ゼルダの伝説 BotW』発売からこれまでのRTAの変遷を解説しつつ、Wolhaiksong氏に最速記録更新について話を伺った。 文・聞き手/ 目次• 『ゼルダの伝説 BotW』 RTAのルールとその歴史 インタビューへ移る前に、『ゼルダの伝説 BotW』 RTAのルールと、これまでの記録やRTAならではのテクニックについて一瞥しておこう。 RTA/Speedrunでは一般的なルール。 『ゼルダの伝説 BotW』では、すべての祠やダンジョンを攻略せずに、 ゲーム開始から最短でのガノン討伐を目指すものになる。 世界中の走者が集まる最大のRTA記録サイト・における、は以下のもの。 ・「はじめから」を選択した瞬間に計測開始 ・魔獣ガノンに最後の光の矢が当たった瞬間に計測終了 「Amiibo/No Amiibo」 『ゼルダの伝説 BotW』では、別売りのamiiboを読み込ませることによって することができる。 amiiboを使用して追加アイテムを利用するレギュレーションが 「Amiibo」、利用しないものが 「No Amiibo」となる。 『ゼルダの伝説 BotW』はオープンワールドタイプのゲームのためプレイの自由度が高く、スタート地点の「始まりの台地」をクリアすれば、 一直線にラスボス・ガノン討伐まで進むことができる。 今までの『ゼルダ』シリーズとは異なり、クリアに必須となるアイテムはなく、特定のダンジョンをクリアする必要はない。 そのためか、発売直後からRTAは盛んになり、発売日からわずか9日後には (amiiboあり)も現れた。 その後も多くのプレイヤーによって48分、45分、43分と記録は縮まっていったが、 『ゼルダの伝説』シリーズのRTA走者として知られるが、2017年4月21日に のタイムを叩き出す。 このタイムはWolhaiksong氏の記録更新まで、 およそ10ヵ月にわたって破られることはなかった。 『ゼルダの伝説 BotW』RTAでは、今回Wolhaiksong氏が記録を更新した 「Any%」のほか、四神獣を解放したのちガノンを討伐する 「All Dungeons」、メインクエストを全て達成してガノンを倒す 「All Main Quests」、すべての祠を巡ってクリアする 「All Shrines」などがある。 なかでもクリア率をコンプリートする 「100%」はプレイ時間が非常に長く、2017年4月17日にフランスの。 タイムは 49時間9分41秒。 Xalikah氏が仮眠休憩中の映像。 「AFK REPOS」(席を外しています、休憩中)と表示されている (画像はより) 達成のためには全部で900個存在する「コログの実」をすべて集める必要があるため、途方もない時間と体力がかかり、 途中で仮眠休憩を挟んだRTAということで話題になった。 なお、同氏はその後不眠不休でのチャレンジを行い、2017年6月6日にはを残している。 RTAでのリンクは指を咥えながら走り、物理演算で飛ぶ 1年前にリリースされた『ゼルダの伝説 BotW』では、発売直後からより速くクリアするためのルートやテクニックが研究開発されてきた。 そのなかでも代表的なテクニックを挙げよう。 「whistle sprint」 通常はダッシュするとスタミナである「がんばりゲージ」を消費するため、立ち止まったり、歩きを挟んだりすることでゲージを回復させなければ走り続けることはできない。 だが、ダッシュ中に「口笛を吹く」アクションを挟むことで、 「がんばりゲージ」を消費せずに走り続けることができる。 これが 「whistle sprint」と呼ばれる技だ。 地上を走る区間のほとんどでこの技を使うため、 RTAでのリンクは常に指を口に咥えながら走ることになる。 「stasis launch」 『ゼルダの伝説 BotW』の基本アイテム・ 「ビタロック(英語名:Stasis)」を利用した技が 「stasis launch」、もしくは単に 「launch」と呼ばれる。 ビタロックは木や岩などのオブジェクトの時間を一定のあいだ停止させることができる。 時間停止中に対象に与えたダメージは蓄積し、時間停止が解除されたときに蓄積された力が解放される。 New Tree — Wolhaiksong Wolhaiksong19 「stasis launch」はこの仕組みを利用して オブジェクトを発射(launch)し、それに乗って移動するのだ。 吹っ飛んでいく木や岩にそのまま乗って移動する方法のほか、乗らずにわざと吹っ飛ぶ対象にぶつかり、飛ばされた勢いでパラセールを開き滑空する方法がある。 最後の一撃によって飛ぶ方向が決まるため、矢を射って方向を調整することも可能。 さて、 は、発売から1年で 約1300走(2018年3月現在)。 多くの記録は発売直後の3月から同年の夏頃にかけて集中しており、長らく記録更新は打ち止めになっていた。 ここからは、最近になって次々と最速記録を更新した Wolhaiksong氏に話を伺い、記録更新の秘訣や具体的なテクニックについて語っていただいた。 「この記録に満足しているわけではない。 大きなミスはありませんでしたし、全体的に操作もうまくできました。 とはいえ、完璧だったわけではありません。 ガノンとの闘いですごく緊張したせいか、少しだけタイムロスしてしまいました。 それがなければ38分台を記録できたはずです。 ですので、まだまだ頑張れますよ。 また、どのようなテクニックを使って短縮したのでしょうか? Wolhaiksong氏: まず、ハイラル平原での移動でタイムを短縮しました。 3度目の「stasis launch」で 今までとは違う木を使ったのが大きいですね。 装備すると防御力が8上昇するほか、攻撃レベル1上昇の効果がある。 「ファントムの鎧」を取るルートでは、「チカラ薬」レベル3(攻撃力1. 5倍、成功率は約15%)の作成に失敗しても、ガノンを倒すのに十分な攻撃力を確保することができる。 しかし、当然ながら「ファントムの鎧」を取るための時間がタイムロスとなるため、その分をほかで取り返さなければならない。 (画像はより) 最も短縮できたのはハイラル城です。 今回の記録で使った新しい方法は、矢の入った木箱の上にあるタルを燃やすことです。 まず、タルが落ちて 床の葉っぱを燃やせるようにしてから木箱を壊します。 次に炎のダメージで死なないように注意しつつ、葉っぱが燃えている間にできるだけ速く矢を入手します。 そして、燃やした葉っぱから出た上昇気流を利用して、パラセールで飛びます。 (画像はより) この方法では柱を登らずに済むので、スタミナ切れが起きません。 ですので、そのまま走り続けることができます。 その分がタイム短縮になるわけです。 といっても、 5〜7秒の短縮にしかなりませんが。 ハイラル城での好記録は 一切ミスをしなかったのが大きいですね。 ハイラル城内で使うどの技もとてもうまくいきました。 Wolhaiksong氏: めちゃくちゃ嬉しいですね。 でも、この記録に満足しているわけではありません。 どちらの記録ももっと速くできると思っているので。 amiiboありで38分切り、amiiboなしでは38分50秒が現在の目標です。 新しく編み出された方法を全部使えば40分は切れますし、 38分台も十分に実現可能だと思います。 40分切りは高い壁だったのでしょうか? Wolhaiksong氏: たしかに、 すば氏の記録は最も高い壁でした。 当時、彼の記録にはとてもたどり着けないと思っていました。 できるわけがない、無理だと。 すば氏の解説によれば、「チカラ薬」のレベル2(攻撃力1. 3倍)とレベル3(攻撃力1. 5倍)では約40秒の差がつくとのこと。 しかも調合素材の都合上、終盤のハイラル城内で調合せざるをえないため、失敗すればそれまでのプレイが無駄になってしまうという、ハイリスク・ハイリターンな方法。 (画像はより) 私が挑戦し始めたころ、ほとんどのプレイヤーはすば氏の記録に破れ去っていました。 今では新たに発見されたいろいろな方法によって、「ファントムの鎧」を使うルートに可能性が出たので嬉しいですね。 RTAはいつから始めたのでしょうか? Wolhaiksong氏: 初めてちゃんとRTAを始めたのは『ゼルダの伝説 BotW』です。 それ以前では、ネットで流行った 『マリオカートWii』をちょっと走っただけですね。 練習時間は 毎日2〜3時間ほどです。 自分ではそれほどやり込んでいるとは思っていません。 世界記録保持者としてのプレッシャーはありますか? Wolhaiksong氏: アスリートなのかどうかはわかりませんが、日頃から走っているだけですよ(笑)。 正直なところ、世界1位のプレッシャーはあまりないですね。 自分が最高のタイムを出したい気持ち、ベストタイムを出せる気持ちでいればプレッシャーは感じません。 自分の力に磨きをかけようとすればいいだけなんですからね。 ですから、もっと上達する余地があるうちは楽しいんです。 このインタビューを楽しんでもらえたら嬉しいです。 また、『ゼルダの伝説 BotW』RTAを始めてみたいと思った方へ。 恐れる必要はありません。 『ゼルダの伝説 BotW』はRTAを始めるにはうってつけのゲームです。 難しいグリッチ(バグ技)よりも、精密な操作技術の差が大きいゲームだからです。 ほとんどの技はとてもシンプルで、一度やり方を覚えれば問題ありません。 日本のRTA走者のみなさんへ。 日本の走者の方々は非常に優れていますし、安定した実力があるので深い尊敬の念を抱いています。 いつか私もあなたがたのような実力を身につけたいと思っています。 また、その創造力にも目を見張ります。 新しい方法やクールな技が日本人走者によってたくさん発見されているのです。 つまり私が言いたいのは、みなさんはめちゃくちゃゲームが上手いということです。 ほかのレギュレーションでもあなたがたとタイムを競い合いたいですね。 (了) 魔獣ガノンに最後の光の矢が当たった瞬間。 計測終了時のタイムは39分11秒34 (画像はより) Wolhaiksong氏は非常に謙虚で、たゆまぬ努力を自らに課すチャンピオンだった。 驚くべきは、彼がRTAに挑戦したのは 『ゼルダの伝説 BotW』がほぼ初めてということだろう。 RTAの経験が未熟でも、全く新たなルートを構築したり、プレイの修練を継続してゆけば、すば氏のような歴戦の古強者の記録をも打ち破ることができる。 そんな可能性が『ゼルダの伝説 BotW』にはある。 Wolhaiksong氏が語った「恐れる必要はありません」という言葉は、『ゼルダの伝説 BotW』の懐の広さを表している。 『ゼルダの伝説 BotW』も、10年20年と更新されてゆくタイトルとなるのだろうか。 その答えは、Wolhaiksong氏をはじめとした、若きRTA走者たちに託されている。

次の

操作方法解説|基本アクションや攻撃アクションについて

ゼルダ パラセール

100年ぶりのゼルダ姫との再会を、『英傑の服』で果たしたい。 そう思い立ってガノン討伐前に『英傑の服』を強化しようと決めた。 ええい!! ここまで来たんだ 最大まで強化してやるぞ ネルドラを探しにネルドーラ雪原へ マップを確認するとハテノ村の北の方角に『ネルドーラ雪原』なる場所を発見。 フロドラがフロドーラ台地のすぐそばに出現したんだ、ネルドラもネルドーラ雪原に行けば見つかるでしょ。 そう考えてひとまずハテノ古代研究所へとワープする。 ハテノ古代研究所の丘からネルドーラ雪原の方角を確認してみると、前方の雪山の向こう側にあるっぽい。 マップを頼りにハテノ古代研究所から以下のルートでネルドーラ雪原へと向かった。 上のマップの現在地が示す通りネルドーラ雪原の南へと来てみると、眼下に広がるネルドーラ雪原。 山に囲まれた盆地のような場所だということがわかる。 なるほど、これを見てネルドラがここに出現するのだと確信した。 ネルドラという名前から恐らく今回もフロドラのような竜と戦うことになるのだろう。 多分フロドラやネルドラの「ドラ」はドラゴンの「ドラ」だと思われる。 前回、前々回と飛び回るフロドラの頭を攻撃するのに難儀したが、ドラゴンと戦うにはどうしても奴らが飛んでいる同じ高さか、それ以上の高さまでこちらもパラセールをする必要がある。 ネルドーラ雪原のこのくぼんだ地形を見れば、回りの山に登ってネルドラの出現をスタンバっておいて、ネルドラが出現後ネルドーラ雪原に降りてきたところを攻撃すればいいのだと簡単に予想が出来る。 となれば、さらに高さを確保できる雪原の北側、ラネール山側の方が有利に攻撃できるだろう。 場所を移動して、後はネルドラの出現を待つ。 フロドラと同じように夜の午前0時過ぎに出現するのだろうか? この後まる1日 24時間以上 待ち続けたが ネルドラは出現しなかった・・・ なぜ??? そしてさらにもう1日待ったがネルドラは出現しない。 2日間、ハイラル時間にして48時間もこんな寒そうな雪景色をずっと見させられて、ついに痺れを切らして下山。 ネルドーラ雪原に落ちている『ヒンヤリダケ』、『イチゴ』を無心に採取し、気を紛らわせながらネルドラの出現を待ったのだが・・・ 3日待っても 出やしねえッ!! どうなってんだ!! ラネール山の登頂と知恵の泉 もしかしてネルドラが出現する場所はネルドーラ雪原ではないのではないだろうか? 3日待っても出てこないんだ。 それ以外に考えられない。 そういや以前にミニチャレンジ『8人目の英雄』をクリアしたくてゲルド高地に行った時もドラゴンを見たんだっけ。 (ミニチャレンジ『8人目の英雄』はクリア出来ていない。 スネ夫からサンドブーツまだもらえてないこと思い出しちまった・・・) ゲルド高地でドラゴンを見た時の日記: ネルドーラ雪原に 来たのは無駄足だった そう、僕は結論づけた だが、しかし。 せっかくわざわざこんな場所まで来たんだ。 近くにはラネール山がある。 ラネール山はたしか『ウツシエの記憶』でゼルダ姫が祈りの力を求めて向かおうとしていた場所だ。 何かしらストーリーに絡むような重要なナニカが見つかるかもしれない。 もしかしたら残り1つの『ウツシエの記憶』の思い出の場所がここにあるかもしれない。 ラネール山の頂上には実はハイラル王の別荘が建っていて、ウツシエに写り込んでいた建物があるかもしれない。 よし、 ラネール山を登るぞ!! ラネール山の登頂を決意し、道らしき道を登っていく。 道中出てくる魔物はアイスチュチュとアイスリザルフォスくらいで、大した魔物はいないのでサクサクと登っていく。 果たして思い出の場所はあるのかと期待して頂上まで登ってみると・・・ ガノンに汚染された ボスみたいなのが居る・・・ で、ボスの顔がアップで映されるわけだけど、これはどう見てもドラゴン・・・。 これはもしかして・・・。 これからボス戦が始まるのかとコントローラを持つ手が武者震いし始めたその時、いきなり女神像が話しかけてくる。 [女神像] ・・・よくぞ この泉を訪れました [女神像] 試練を乗り越え 克服の証を 授かりし者よ [女神像] ここにいるのは この知恵の泉を使い ラネール山の青き精霊 ネルドラ まじかああああああああ やっぱりネルドラかああああああああああ(歓喜 [女神像] 古より 人知れずこの地の精霊を統べる 女神のしもべ・・・ [女神像] しかし 今は厄災ガノンの放った邪悪な怨念に 憑りつかれ このような姿になっています [女神像] 克服の証を授かりし者よ・・・ [女神像] 青き精霊ネルドラを 怨念から解放し その力を示すのです 女神像の会話の終わりと同時に、ネルドラに寄生しているガノンヘドロの目がギョロッとこちらを威嚇。 これがネルドラとの戦いの始まりの合図。 3日間もネルドーラ雪原にネルドラが出現しなかった謎がこれで解けた。 ガノンの怨念を取り除けば、フロドラのように毎日出現してくれるようになる。 そう考えて良いのかな? いや、倒せば全てわかる いくぞ、ガノンネルドラ!! ガノンに汚染されたネルドラとの戦い ガノンネルドラの出現&女神の語りかけムービーが終わり、リンクが自由に動けるようになったわけだが、ガノンネルドラは女神像の所から動こうとせず、何も攻撃を仕掛けてこない。 とりあえずネルドラにはびこるガノンヘドロを倒せば良さそうなので、マスターソードを装備しておく。 そっちが攻撃してこないのであればこっちから仕掛けてやるぞ。 ガノンネルドラの動きに注意しながらガノンネルドラの右側面へとゆっくりと移動する。 どうせ弱点は いつも通り目玉なんだろ? ロード・オブ・ザ・リングのサウロンみたいな目に弓の標準を合わせてる。 喰らいやがれ!! ブシャーーーーッ!! 頭部のガノンヘドロを無事破壊すると、ようやくガノンネルドラは動き出す。 が、しかし。 弓で頭部を攻撃されたのがよほど痛かったのか、逃げるようにラネール山の頂上へと向かっていく。 あれ?攻撃してこないのか? 頂上まで行ってみるとグルグルとリンクの頭上を飛び回っているネルドラ。 ネルドラの体には破壊しなければならないガノンヘドロがあと3個。 とりあえず1番狙いやすい背中のガノンヘドロを狙い、破壊してやった。 頭部、背中とガノンヘドロを破壊されたガノンネルドラは、今度はラネール山を下山していく。 下山するガノンネルドラをパラセールで追いかけ、次は狙いやすそうな尻尾のガノンヘドロの破壊に乗り出す。 パラセール中に弓で攻撃すれば、狙う時にガノンネルドラの動きがスローモーションになるのでとっても狙いやすい。 そう楽観的に考えていたのだが、確実に尻尾のガノンヘドロを撃ち抜くため長時間弓を引いたのがまずかった。 気づけば がんばりゲージが からっけつ・・・ 地面に叩きつけられ ミファーの祈りが発動 まさか 攻撃してこない敵相手に 発動させてしまうとは・・・ しかし、屈辱的な『ミファーの祈り』発動後、あっさり尻尾のガノンヘドロを破壊。 残りは1個だ(たぶん) 気づけばガノンネルドラとの戦いの舞台がネルドーラ雪原に移っているではないか。 やはり、ここがお前の故郷なのか。 ネルドーラ雪原まで降りてきたガノンネルドラは、もはや飛んでいるのか地面を這っているのかよくわからん状態になる。 半分空飛んで、半分は地面を這ってる感じ。 そのため、残りのお腹にあるガノンヘドロが非常に狙いずらい。 ネルドーラ雪原を必死で走り回ってガノンネルドラを追い回して、あともう少しで射程圏内にお腹のガノンヘドロが!!って時にコログなんかが出てくる。 いや、コログ好きだよ だけど今じゃぁない!! TPO考えて!! いきなり出てくるもんだから『コログのミ』渡されて画面が戻った瞬間、コログと一緒にガノンネルドラに轢かれて吹っ飛ばされました。 ネルドーラ雪原を走り回って、お腹のガノンヘドロが見えたとろで弓を構えると、すでにお腹のガノンヘドロは隠れてしまっているという。 このパターンを何度か繰り返し、陸からの攻撃はよほど運が良くなければヒットしないと学んだ。 やはり空中で狙うのがベストだった。 ネルドーラ雪原に降りてきてからのガノンネルドラの動き回るルートはほぼ決まっている。 そのため、待ち伏せしてガノンネルドラが宙を飛んでいるルートで待ち伏せする。 で、ガノンネルドラがやってきたらパラセールで飛び、スローモーションの恩恵を最大限に受けて弓を引く。 そして放つ。 よっしゃああああああああ 頭、背中、尻尾、腹 4つのガノンヘドロ破壊! ガノンヘドロを取り除かれたガノンネルドラは苦しそうに悶え出す。 ガノンを取り除いたというのに目がイッてしまっているのですが、これいかに・・・。 すると、体中が発光し始めて・・・ ガノンの瘴気が体から落ちていく。 そして本来の青き精霊の姿を取り戻す。 これでフロドラのように毎日出現してくれるようになるのかな? ネルドラが無事、元の姿に戻ると再び女神像がリンクに語りかけてくる。 [女神像] そなたの力により ラネール山の精霊 ネルドラから怨念は消えました [女神像] さあ 最後にネルドラの体を 射抜くのです それが この地の精霊を 解放する最後の儀式・・・ どうやら ネルドラ解放の褒美に 好きな部位を撃てるらしい 狙うはもちろん 青色に輝く 立派なその角!! ジャストミートでネルドラの角を撃ち抜くと、思った通り黄色い光と共に素材が降ってくる。 『英傑の服』の強化には『ネルドラの角のかけら』が2つ必要となる。

次の

初心者向け攻略

ゼルダ パラセール

テバと共に神獣ヴァ・メドーに挑む。 バクダン矢で4ヵ所の砲台を破壊!移動し続ければレーザーも恐くない リトの村を襲うようになってしまった神獣ヴァ・メドーを攻略するため、テバと共にヴァメドーへと向かいます。 ヴァ・メドーは強力なバリアによって守られており、まずは4ヵ所の砲台を破壊しなければなりません。 空中戦となりますが、上昇気流が常に吹いている他、パラセールを開けばがんばりゲージが全回復する仕様(この戦闘のみ)になっているので、特段難しいことはありません。 砲台が撃ってくるレーザー攻撃もパラセールで移動していれば難なく回避可能です。 落ち着いて近寄り、バクダン矢を叩き込みましょう。 4ヵ所の砲台を破壊すれば、ヴァ・メドーの内部へと侵入することができます。 神獣ヴァ・メドーの制御端末5ヵ所の場所と解き方。 胴体傾けギミックとマグネキャッチで解決しよう まずは神獣ヴァ・メドーの全体マップを入手して、神獣操作を使えるようにしましょう。 スタート地点からまっすぐ行った場所でマップ入手をすることができます。 途中の金属箱はレールに繋がっているので、それを手前に引き出せば渡ることができますね。 ヴァ・メドーの神獣操作は胴体部分を左右に傾けることができるというものです。 これを利用して制御端末ギミックを解除していきましょう。 3つ目の制御端末。 風に乗ってスピードアップ!パラセールで滑空すれば手が届く 3つ目の制御端末はヴァメドー左翼付け根部分にあります。 まずは左の翼内へと向かうため、上記画像のようにマグネキャッチで中央の足場を手前に持ってきます。 その状態で傾ければ滑車の付いた方の足場が途中で止まるので、それを伝って梯子を登り、左の翼へ。 右の翼のときと同様にオレンジ色の尖った装置があるのでそれを叩いて起動させると、窓が開いて気流が発生します。 スロープを登った台の上からパラセールで制御端末の場所まで一直線に滑空しましょう。 追い風があるので速度があがり、端末のある窪みに入ることができます。 4つ目の制御端末。 爆弾コロコロ、マグネキャッチで鉄球コロコロ。 転がすことで開ける道がある 4つ目の制御端末は先ほどの部屋の隣にあります。 ガラスに仕切られた隣の部屋にあるスイッチを押せば、ゲートを開くことができます。 丸型のリモコンバクダンがちょうど入る部分があるので、ヴァ・メドーを左に傾けた状態でリモコンバクダンを挿入すると、奥に向かってコロコロと転がっていきます。 まず手前の岩を爆破して進路を確保したら、 気流が発生している状態でもう一度リモコンバクダンを入れます。 そうするとさらに奥にある扉を破壊することができるので、この中にある巨大鉄球が使えるようになります。 一度ヴァ・メドーを反対側に傾け、 鉄球を手前に持ってきたらマグネキャッチで巨大鉄球をホールド、先ほどリモコンバクダンを転がした溝に設置します。 その状態でもう一度傾ければ、鉄球が転がっていって開閉装置を押し込んでくれます。 ゲートが開くので制御端末へアクセスできるようになりました。 5つ目の制御端末。 左の翼先端下部へパラセールで滑空!傾けるのを忘れずに 5つ目の制御端末は神獣ヴァ・メドーの左翼先端下部に設置してあります。 一度メドーの中央まで戻って、下の階から左側へ。 道を塞いでいる目玉部分が見えませんが、リモコンバクダンの爆風で破壊可能。 ヴァ・メドーを左側に傾けた状態で、滑空台から制御端末めがけてパラセールで飛行すれば、最後の制御端末へアクセスすることができます。 この部屋にはスロープなどは無いので、メドー中央部に戻るときは右側に傾けてから滑空してください。 中央部のメイン制御装置を起動させようとすると、「風のカースガノン」とのボス戦になります。 風のカースガノンの倒し方。 上昇気流や石柱を上手に活用しよう。 ファンネルは展開位置をよく確認! 神獣ヴァ・メドー攻略のラスボスとなる「神獣ヴァ・メドーに巣食う 風のカースガノン」の倒し方をみていきます。 風のカースガノンは機敏な動きはしないものの、右手に備えたランチャーでビーム攻撃をしかけてきます。 常に移動し続け、近接攻撃と遠距離攻撃を使い分けることが重要となります。 風のカースガノン前半の戦い方。 弓で目玉を狙いつつ、地上近くにいるときは近寄って近接攻撃へシフト 風のカースガノン前半戦です。 カースガノンの主力武器は右手から繰り出されるビーム攻撃。 ビーム攻撃は4発1セットで射撃し、その間に竜巻発生を挟んで次の場所へワープするというのが基本パターンになっています。 メドーの背中部分には石柱など遮蔽物になるものがあるので、風のカースガノンの射撃はそれで防げます。 射撃後の硬直時間が結構長いため、その隙に目玉を弓で攻撃すると良いでしょう。 竜巻攻撃はある程度リンクを追いかけてきますが、 竜巻が石柱などにあたると石柱を破壊してしまうため、竜巻を防げても後で利用できる遮蔽物が少なくなってしまいます。 長期戦になりそうなら、竜巻から逃げ回るときは石柱から離れるのもありです。 風のカースガノンの移動自体はワープのみで、移動先では動き回らず固定砲台のようになるため、ある意味良い的です。 ワープ位置は地上に近いところと空中の2パターン。 地表近くにワープしてきたときは絶好のチャンスなので近寄って直接殴って大ダメージを与えましょう。 もし高い位置にいるときも攻撃したいなら、上昇気流に乗ってみるのも良いですね! 風のカースガノン後半戦。 ガンダムばりのファンネル攻撃!見た目は派手だが当たらなければどうということはない 風のカースガノンは残り耐久力が半分以下になると、なにやら子機のようなものが4つ出現し、これを利用した戦い方に変更してきます。 ガンダムシリーズでお馴染みの「ファンネル」といったところでしょうか。 射撃攻撃がこのファンネルを使ったものになり、まずリンクの周辺にファンネルが展開して、風のカースガノンの射撃がそこから反射して繰り出されるようになります。 原理的には宇宙戦艦ヤマトの反射衛星砲の方がイメージに近いかもしれませんね! このファンネルビームを避けるには、ファンネルが展開した位置をよく確認することが重要です。 ファンネルビームも柱で遮蔽することができますから、撃ってくる位置の把握ができていればさほど脅威にはなりません。 最悪、柱が近くになくても 弾速は遅いので移動していれば回避することができます。 後半戦からは大砲のような攻撃も追加されます。 これはファンネルを右腕周囲で回転させてから行ってくる攻撃で、竜巻を弾にしたようなものです。 遠距離なら避けることもできますが、 移動だけで大砲を回避できない場合は柱の影に隠れてやり過ごしましょう。 柱も破壊されますが、攻撃は防げます。 その他、前半戦でも出てきた竜巻攻撃もパワーアップしていて、数が2つに増えました。 ただ、 全体的に派手な攻撃が多いものの、風のカースガノン本体はほとんど動かないので落ち着いて回避と攻撃をしていけば確実に倒すことができます。 リーバルの魂と再会。 以降は英傑の加護「リーバルの猛り(リーバルトルネード)」を使えるようになる 風のカースガノンを倒してメイン制御装置を起動。 無事に神獣ヴァ・メドーを奪還することができました。 英傑の一人である「リーバル」の魂とも再会することができます。 彼は何かとリンクのことをライバル視しているのであまり素直に感謝はしてくれないのですが、最終的にはリンクことを認めるようになります。 これ以降は英傑の加護として「リーバルの猛り」を使うことができるようになります。

次の