ゲーム 用 パソコン。 【2020年最新版】ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

【楽天市場】パソコン > パソコンソフト > パソコン用ゲームソフト:Joshin web 家電とPCの大型専門店

ゲーム 用 パソコン

更新日: 2019年12月10日• 一般的なパソコンとゲーミングPCの電気代はどのくらい違うのでしょうか。 ゲーミングPCの電気代とそれを抑えるための方法について確認してみましょう。 パソコンでゲームをしたい!どんなパソコンがいいの?そんな疑問に対して「ゲーミングPC」の知識や構成について解説します。 テレビをゲーミングPCのモニターとして使うことも出来るのです。 それにはどうすれば良いのか、そしてどうなるのかについてご説明しましょう。 パソコン画面を録画するソフトのことをデスクトップキャプチャソフトと言います。 似た単語で、ビデオキャプチャというものがありますが、これはキャプチャボードを使用してビデオ機器の映像を録画することで、デスクトップキャプチャとは別物なので注意してください。 ゲーミングPCに丁度良いのは700Wクラスの電源です。 何故500Wクラスや1000Wクラスはダメなのかについてもご説明しましょう。 MMD(3Dアニメーションを作れるソフトウェア)を扱うにはどのようなゲーミングPCが最適なのかについてご説明します。 CPUが水冷式のゲーミングPCはよく聞きますがGPUも水冷式にするのは珍しいです。 ダブル水冷式とはどのようなものなのかご説明します。 ゲーミングPCは欲しいが予算がたりない、という場合は中古のゲーミングPCを探してみるのも一つの手です。 自分でゲーミングPCを作りたいという方が最初に困るのが、パソコンなんてどうやって作るのかという点です。 BTOでパーツだけ選べれば良いですが、自作PCでは選んだパーツを自分で組み立てなければなりません。 ゲーミングPCは、すでにパソコンゲーム用にカスタマイズされているという点で大きなメリットもありますが、実は欠点となる部分もあります。 「どんなゲーミングPCを買うべきか」で悩んでいるゲーマーは多い。 「まずこれを読んで」…という思いもあって、今回の記事を執筆する。 自分で作るから「自作パソコン」。 「パソコンを自分で作る」というと、何やら難しそうな雰囲気?自作パソコンのメリット、デメリットを解説します。 更新日: 2020年6月12日• 気になる今人気のゲーミングPCがすぐわかる!欲しいゲーミングPCが見つかるかも?おススメ ゲーミングPCのチェックはこちらから!• ドスパラがおススメするグラフィックボード最新人気売れ筋ランキング ベスト3をご紹介いたします!• でっかいレンチを持ったヒロインと、レトロゲームのような可愛らしいドット絵。 そんな初印象をある意味では裏切らず、ある意味では最大限に裏切るのが本作『Iconoclasts』だ。 2020年6月5日、ロジクールはゲーミングキーボード「G913 テンキーレスワイヤレスRGBゲーミングキーボード」シリーズ3製品を発表した。 発売日は6月25日。 直販価格はいずれも税込みで3万250円。 2020年5月26日、アーキサイトはクラウドファンディングサービスの「Makuake」で、ドイツの「noblechairs」ブランドのゲーミングチェア販売のプロジェクトを開始した。 「蒸れない、ベタつかない」を追求したという製品だ。 プロジェクトの期間は7月27日までだが、1日で既に目標金額を達成している。 2020年5月18日、GIGABYTE TECHNOLOGYは液晶ディスプレイ「G32QC」を発表した。 5型の湾曲パネルを搭載したゲーミングモデルだ。 発売日は5月22日。 予想価格は税込みで約4万8000円。 舞台はとある田舎町のポッサム・スプリング。 とある事情で大学を中退して帰ってきた主人公のメイは20歳の女子で、地元の友人とバンド練習をしたり、いたずらしたり、パーティーに参加したりと楽しくも刹那的に過ごしていく……• 2020年4月24日、ビューソニックジャパンは23. 8型のゲーミング液晶ディスプレイ「XG2405-7」を発表した。 同日より発売しており、実勢価格は税抜きで2万3400円。 本モデルはドスパラ限定販売となる。 『Dead Cells』は筆者が知る限り世界一、いや宇宙一面白くてドハマリするインディゲームだ。 レビューを読んでいるヒマがあったら、四の五の言わずにプレイしてもらいたい……では連載の体をなさないので、しかたなく言葉を使って説明しよう。 2020年4月13日、Cooler Master Technologyはゲーミングキーボードの新モデル「CK530」を発表した。 発売は4月24日。 予想価格は税抜きで約1万円。 GALLERIAとは PCゲームを楽しむためのパソコンがゲーミングPC「GALLERIA ガレリア 」シリーズです。 最新のPCゲームは4K対応などにより、さらに要求性能が上がりつつあります。 ゲーミングPCならそうしたハイスペックゲームの要求にも対応可能です。 GALLERIAならエントリー向けからハイエンドまで様々な価格帯のゲーミングPCが用意されています。 お目当てのゲームが決まっているなら、動作検証をした「ゲーム推奨モデル」もあります。 ゲーム推奨モデルは、そのゲームの推奨スペック(推奨環境)をクリアし、快適なゲームプレイができることをお約束いたします。 ですので、目当てのゲームの推奨モデルを購入すれば、安心してゲームをプレイできます。 また多くのゲーム推奨モデルには、ゲームプレイに役立つ購入特典が同梱されるので、普通のパソコンを購入するよりもお得です。 ゲーミングPCとは ゲーミングPCとはゲームのプレイに特化したPCのことです。 ゲーミングPCは膨大な計算処理を要求するゲームのプレイを最適化するため、高性能なCPU及び、グラフィックボードを搭載しています。 これら条件を満たすことで3Dゲームを快適にプレイすることが可能となります。 PCケースの外観がスタイリッシュ スポーツカーのようなスピード感があふれるようなデザイン、ロボットアニメを連想させるようなデザイン、家庭用ゲーム機などを模したようなデザイン、発光するパーツを搭載するなど多種多様です。 また、ゲーミングPCは高性能なパーツを多用するため、個々のパーツから発せられる熱が障害となることがあります。 これらを回避するため、空気の流れの妨げにならないようファンの位置や、メッシュ加工、通風口などを設けられています。 これらもデザインの一環となっていることが多いです。

次の

3DCADパソコンのスペックガイド 「ゲーム用パソコンでもいい?」

ゲーム 用 パソコン

ゲーム実況向けのパソコンを紹介していますが、パソコンゲームを対象としているのであればいわゆるゲーミングPCを選択する必要があります。 パソコン向けタイトルの配信をするには、高い性能を持つグラフィックボードを搭載したゲーミングPCが必須となります。 一方、PS4やSwithなどのコンシューマー機の配信であればゲーミングPCでなくても対応可能です。 あなたが何を配信するのかを基準に考えると良いですね。 ゲーム実況におすすめのパソコン三選 GALLERIA ZV(ドスパラ) 価格:165,980円 CPU:Core i7-9700K GPU:GeForce RTX 2060 Super メモリ:16GB SSD:512GB NVMe対応 HDD:2TB ゲーム実況をするには非常にハイスペックなパソコンが必要になります。 ノートパソコンならGTX 1650の方が現実的です。 RTXシリーズ以上になると高価で排熱などにも気を使う必要があります。 また、家庭用ゲーム機器の配信をする方はグラフィックボードがなくても問題ありません。 PS4やXboxではグラフィック機能は本体が担ってくれます。 それでもCPUとメモリはある程度余裕をもたせておくのがよいですね。 CPU CPUは、パソコンの中心的パーツです。 動画配信において様々な情報処理を担当します。 最近は高画質の動画配信に対応しているサイトが増えてきているので、合わせて高いCPU性能が求められます。 また、動画配信だけではなく、動画投稿も考えているのであればエンコード時間が短縮されるなどメリットが大きいです。 グラフィックボード グラフィックボードは、パソコン向けタイトルの実況配信を行いたい方は必須のパーツです。 高性能グラフィックボードを搭載していれば配信の幅が広がります。 どうせなら高画質な動画を配信したいですよね。 グラフィックボードの性能不足になると動作がかくかくしてしまい配信どころではありません。 メモリ メモリは最低でも8GBが必要です。 ゲームをプレイしたり、配信したりとメモリの消費量が多くなりがちです。 最新のタイトルをより綺麗な画質で配信したいという場合は16GBあっても良いでしょう。 メモリは多すぎてもデメリットはないので、予算が許す限りお金をかけて良いパーツです。 ゲーム実況配信に必要な道具 ゲーム実況をするにはパソコンとカメラだけでは不十分です。 キャプチャーボード、マイク、ゲームパッドなども用意しておきましょう。 なお、価格が高いほど高性能になりますが、初めの内はそれほどお金を掛けなくても良いと思います。 慣れてきてからよりよいものへのステップアップすることをおすすめします。 AVerMedia AVT-C875-キャプチャーボード キャプチャボードは、コンシューマー機器のゲーム実況をするのに必須のアイテムです。 PS4、Xbox、WiiUなどのタイトルを実況中継したいのであれば事前に用意しておきましょう。 ちなみに、パソコンのゲーム実況では不要です。 RooLee USBマイクロホン-マイク ゲーム実況においてマイクは非常に重要なアイテムです。 ゲーム実況でメインになるのは、ゲーム画面とあなたの声です。 ゲーム画面はパソコンとあなたのゲームスキルに依存しますが、声に関してはマイクが重要です。 ノイズがないクリアな声を視聴者に届けるには高品質マイクが必要です。 色々なマイクを試してみて合うものを探すと良いかもしれません。 初めは家族や友人にどのように聞こえるか意見をもらうのも効果的です。 マイクロソフトゲームコントローラー -ゲームパッド パソコン向けタイトルをプレイする際にあると便利なのがゲームパッドです。 今はSteamでもコントローラー対応のゲームが増えてきていますので、用意しておくと快適です。 使いやすいゲームパッドを持っていればゲームスキルも向上します。 当記事のまとめ 当記事では、ゲーム実況配信におすすめのBTOパソコンをご紹介しました。 Twitch・OpenRec・ツイキャスなどでゲーム実況を配信したいという方向けです。 パソコンのタイトルを高画質で配信したいのであれば、売れ筋ゲーミングPCの「」がおすすめです。 RTX 2060 Superはコスパも高く多くのゲーマーから支持されています。 PS4やSwitchなど家庭用ゲーム機器での配信を考えているのであればマウスコンピューターの「」が手頃でおすすめです。 ノートパソコンならドスパラのゲーミングPCブランドである「」が選択肢に入ります。 あなたに合うBTOパソコンを探す 用途などでBTOパソコンを選ぶ GWセール、年末セール等 ビジネス、動画編集等 ドスパラの即納モデル等 13. 3インチノート、スリムタワー等 BTOパソコン特徴やショップを比較 5万円以下、5万円-10万円等 ドスパラ、パソコン工房等 Core i7-9700、 i7-8565U等 GTX1650, GTX1050Ti等 売れ筋BTOパソコンをチェック.

次の

VRゲームが遊べるオススメPC特集

ゲーム 用 パソコン

ゲーム用PCのメモリの選び方 パソコンの性能を語る上でメモリの存在は外せません。 けれどもゲーム用PCの場合、グラフィックボードに比べるとそこまで重要ではないと思っています。 (グラボについては「」を読んで下さい。 )もちろんメモリ容量が足りないのは論外です。 でも大容量だったり、高級で高速なメモリが必要かと言えばそうでもありません。 ではゲーム用PCにはどんなメモリがおすすめなのかを解説していきます。 メモリはあとから簡単に増やせる 私がゲーム用PCのメモリを重要視しない最大の理由は、追加が容易だからです。 CPUのように複雑な工程がなく、グラフィックボードやHDDのようにケーブルを接続する手間もいりません。 ただ単純にメモリスロットに挿すだけでメモリ容量を増やせるので、 足りないと思ってからメモリを自分で買ってきて増設すればいいのです。 だから現状私は32GB以上のゲーム用PCを買わなくていいと考えています。 8GBか16GBかを選んでおいて、あとから24GBなり32GBなりに増やせばいいです。 メモリの互換性に要注意 増設が簡単だからと言ってすべてのメモリを使えるわけではありません。 なぜならメモリには世代があり、互換性がないからです。 現在主流なのがDDR4メモリです。 少し前までDDR3が主流でした。 両者には互換性がないので、 昔使っていたDDR3メモリを、新しく購入するDDR4メモリ搭載のゲーム用PCに流用することはできません。 すでに市場からはDDR3メモリ搭載のゲーム用PCはなくなっています。 つまりマザーボードはDDR4メモリにしか対応していません。 ゼロから自作するなら別ですが、BTOゲーム用PCの場合はDDR4メモリと覚えておきましょう。 速度の違いはほとんど体感できない メモリには世代とは別に速度の違いもあります。 DDR3メモリの頃はPC3-12800が人気でした。 DDR4メモリになってPC4-17000に移り変わり、2018年現在はPC4-19200とPC4-21300がスタンダードです。 数値が大きければ大きいほど高速なわけですが、その速度を実感できたことはほとんどありません。 例えばPhotoshopを使っていて、大きなファイルを読み込むときには若干高速になった気がします。 しかし少なくともゲームで高速メモリの威力を体感できたことは一度もありません。 だからゲーム用PCとしての用途からすると、メモリの速度は意識しなくていいと思います。 (高速で高額なメモリに変更する必要はない、という意味) メモリ容量の選び方 大まかな解説はここまでです。 ここからは具体的にメモリ容量が何GB搭載すべきかを解説します。 ゲーム推奨スペックを確認しよう ゲーム用PCのメモリ容量はほぼ二択です。 8GBか16GBか、です。 どんなゲーム用PCでも少なくとも8GBは搭載されています。 ハイスペックになると16GBです。 ハイエンドになると32GBとか64GBとか搭載しているモデルもありますが、ここでは除外します。 では8GBと16GBのどちらにすべきでしょうか。 決めるためにはまずゲーム推奨スペックを確認しましょう。 あなたが遊ぼうと思っているオンラインゲームの動作環境や推奨スペックを調べてみてください。 最低動作環境だとギリギリのスペックなので、推奨スペックの方を参考にするのがおすすめです。 おそらく4〜16GBでしょう。 その推奨スペック以上のメモリ容量を選んでください。 推奨スペックのメモリ容量が4GBだったら8GBでいいです。 8GBだったら8GBか16GB、16GBだったら16GBといった具合です。 多いぶんにはいいですが、足りないのは絶対に駄目です。 ゲームはメモリをそんなに使っていないけど必要 例えばゲーム推奨スペックのメモリ容量が8GBのオンラインゲームがあったとしましょう。 果たして本当にメモリを8GBのも使っているのでしょうか? いいえ、実はメモリ使用率を確認するとびっくりするほど使っていないことがわかります。 FF14が良い例でしょう。 FF14の推奨メモリ容量は4GBです。 しかしプレイしてみると800MBくらいしか使っていません。 「だったらメモリ容量は少なくてもいいんだな」と思うのは間違いです。 メモリが少ないと、 全然メモリ使用率に余りがあるのにゲームが落ちることがあるからです。 これはもう謎の減少としか言い様がないのですが、あらゆるゲームで同じ現象を見ています。 だから実際のメモリ使用率が少なかったとしても、ある程度メモリ容量に余裕をもたせるのがおすすめです。 結論として多少古いゲームなら8GBでいいでしょう。 でも新しいゲームをやるなら16GBにしておいたほうが安心です。 16GBを推奨するゲームがどんどん増えていますし。

次の