人権作文 内容。 人権作文小学校2年生向けの書き方ガイド!テーマの見つけ方・まとめ方とは?

作文コンテスト情報 : 東北海道人権啓発活動ネットワーク協議会

人権作文 内容

書きやすい人権作文のテーマ いじめ 近年の人権作文において、いちばん多く題材としてとりあげられているのが「いじめ」に関する問題。 身近な問題であり、受賞作品では最も多いジャンルです。 人に悪口を言うことで誹謗中傷させる「言葉の暴力」はもちろん、人間関係や仲間内で差別をすることをテーマにしたものがほとんどですね。 いじめといってもいろんなテーマがあるので、一部を紹介します。 LINEによるいじめ被害から考えてみる 最近では、インターネットを使ったいじめ問題が増えています。 特に多いのが、 LINEを使ったグループでの孤立や暴言。 スマホを使ったグループや長電話など、プライベートでも人と繋がることが多くなったことによる影響です。 友達と合わせないと、関係を壊してしまう• 素早く反応しないと、次の日にイヤミを言われてしまう 「一人でいる時間」が少なくなったことを、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか? インターネットの無い昔との比較を含め、情報化した社会と人権のあり方について注目するといいかもしれません。 東日本大震災によるいじめも 2011年のときに起きた「東日本大震災」。 原発事故があった地域から引っ越してきた人を差別し、孤立させるいじめが問題となった時期がありました。 テレビや新聞などのメディアが原発事故による風評被害を広げたことで、なんとなく悪いイメージを擦り込まれてしまったんですよね。 野菜や果物などの農産物だけではなく、人間の作り出した機械で「人権まで」脅かされてしまう…… すでに年月は経っていますが、これからくると言われている• 首都直下型地震• 南海トラフ地震 に置き換えて書いていくと、オリジナリティが出るのでオススメです。 障害者 人権とは切っても切れない関係、障害者問題。 盲導犬や車椅子といった身近なテーマから、パラリンピックで活躍する人まで、幅広い視点からチェックできるネタです。 個人的に狙いやすいと思うものを、2つ紹介します。 オリンピックと国際問題を合わせてみる 2020年の東京オリンピック開催が近づくにつれて、人権作文でもメガスポーツの話題を取りあげる人が増えています。 オリンピックは時代を映す鏡。 現代でこそ差別禁止の風潮が強くなっていますが、つい100年ほど前までは黒人アスリート・植民地に対する不公平な扱いなど、問題は山積みでした。 現代ではどれだけ改善されており、それでも残っている問題があるのかを迫ってみましょう。 また、個人的にオススメなネタは 「サプライチェーン問題」。 日本語では「供給連鎖」といい、 ・原材料の調達 ・商品の製造 ・各地への配送 ・店での販売 ・私たちの消費 といった一連の流れを表した言葉です。 オリンピックが開催されると、海外からは貿易や国交などの状況注目が集まります。 資源のない日本がいかに安く仕入れるか、海外と不正な取引をしていないかチェックされる立場となるんですよね。 例えば、グローバル・ウィットネス(GW)という大手の国際NGOが、特にマレーシアのサラワク州で違法伐採された材木を日本企業が多く購買している実態を指摘しています。 世界第4位の木材輸入国であるにも関わらず、G7で違法伐採されたものの輸入を明確に禁止していないのは日本だけで、企業による自主的な試みも効果的ではないとGWが分析しています。 経済力を盾に、人権問題にも発展する可能性だってあります。 時期的なネタとして、取り入れてみるのもいいかもしれません。 ユニバーサルデザインをスマホと合わせてみる オリンピックと関連して、すべての人に使えるよう設計されたユニバーサルデザインのネタもオススメ。 例えば、現代なら誰でも使っているスマホ。 連絡を取ったりするのに便利なツールですが、 目が見えない人にとっては全く使い物にならない機械ですよね。 ツルツルした画面を目で確認しなければ、ほぼ全ての操作をすることができなくなります。 どんな機能をつければ、目の不自由な人でも使えるか考えてみましょう。 それだけでも、オリジナルな題材となります。 戦争 国際問題から発展する「戦争」も、人権とからめやすいテーマの一つ。 世界の貧困や難民、拉致被害などのネタを中心に狙っていきましょう。 「戦争と平和」はセットで書くべき もし戦争を書くのであれば、必ず平和をからめた内容で作文していきましょう。 その理由は、 実際に体験したことを書いたほうが説得力のある文章となるため。 あまりいい例ではないかもしれませんが、近年問題になっているブラック企業、長時間労働は、貧困・治安の悪い国で問題視されることがありません。 明日の暮らしや食べることなど「生きるため」に全力なので、そのようなことを気にかけている場合ではないんです。 「戦争の裏には平和がある」というイメージを持ちながら、いまの暮らしがどれだけ恵まれているのかを書いていくと、締まりのいい作品ができます。 スポンサーリンク 差別 人権のイメージとしてまず浮かんでくるのは、男女や外国人などに対する差別問題。 みんな平等に接することができればいいんでしょうけど、未だに偏見が根強く残っているのはなぜでしょうか? 「暗黙のルール」として世の中にただよっている風潮に切り込んでいくと、独自の意見として展開しやすいと思います。 海外の人種の違いについて 個人的には、海外の人種と合わせて作文していくのは オススメしません。 体験談として書けることが少ないので、知識をしっかり落とし込んでないと、薄っぺらい内容となって終わるためです。 それでも海外の人種について書く場合、 「なぜ格差が広まったのか」という視点から迫ってみるといいですね。 価値観の多様化している現代と、それについていけてない憲法。 少しキレのある意見も述べてみるのもいいですね。 犯罪被害者のプライバシー 差別という点では、ニュースにおける犯罪被害者の扱いについて作文してみるのもいいかもしれません。 未成年者の犯罪では名前が公表されず、被害者の名前や住まいなどが取り上げられることがほとんど。 これでは「加害者が守られて、被害者ばかり追撃を受けている」状況ととらえられても仕方ありません。 最近は世間の批判が大きくなっているので、メディアも控えるようにはなってきましたが、それでもネットを通して拡散される二次被害が増えています。 どのようにすれば被害を最小限に抑えられるのか、自分なりの考えをまとめてみるとオリジナリティが出ます。 環境問題 人権とは少し離れた話題ですが、環境問題と合わせたテーマは扱いやすいです。 公害による病気は「国から受けた人権侵害」であり、学校でも習うことから書いてくる人が多いですね。 今でも水俣病で苦しむ人がいる 4大公害病の一つに数えられている「新潟水俣病」は、国の病気と認められて50数年が経過しています。 すでに国と被害者との和解は成立しているものの、体の異常に悩んだり、身体的な理由から会社をクビになったりする差別が消えてないのが実情です。 地元ではどのような公害があったのか、もし存在したのなら今でも人権被害に遭っている人はいないのかを調べてみると、見えてくるものがあるかもしれません。 高齢者問題 今後、少子化と並んで深刻な問題となるのが高齢化。 もし人権とからめて狙っていくなら、 孤独死の問題に注目してみましょう。 孤独死にまつわる支援の話題 例えば、東京都足立区では 「孤立ゼロプロジェクト推進活動」を行なっています。 これは、高齢者から自発的にサービスを求めるのではなく、自治会やボランティアが家に訪問し、世帯の調査をするものです。 必要に応じて介護などのケアにつなげることもできますから、孤独死を避け、人権を守ることとなります。 高齢者向けの独自なサービスがあれば、サラッと調べてみましょう。 書きやすそうなネタから情報を集めてみよう! 人権作文ではなにを書けばいいのか、テーマ例を紹介していきました。 ここで挙げたジャンルは、どれも過去に入賞したことのあるものばかり。 「この経験は自分にしかない」というものと一緒に、積極的に狙っていきましょう!.

次の

人権作文で使いたいテーマ一覧!書きやすい題材やネタの内容を紹介

人権作文 内容

人権とは? 小学生に人権作文を書かせる場合、まず「人権とは何か」を説明することから始めなくてはならないでしょう。 当然、宿題を出す前に学校で子供たちに教えているはずですが、実際に家で宿題をしようとすると、やはりきちんと理解できていないこともあります。 小学校3、4年生の子供にも分かるように説明するには、どうすればよいでしょうか。 全国中学生人権作文コンテストの定義 まず、人権の定義を確認しておきましょう。 法務省が毎年実施している全国中学生人権作文コンテストの応募リーフレットで、法務省は人権を以下のように定義しています。 「人権」とは,「人間が人間らしく生きる権利で,生まれながらに持つ権利」であり,誰にとっても身近で大切なもの,違いを認め合う心によって守られるものです。 (引用元:) 小学生にわかりやすく説明するには 「人間が人間らしく生きる権利」という表現は、小学生には今ひとつ分かりにくいかもしれません。 もう少しかみ砕いた表現で説明すると、「人間は一人ひとり違い、誰でも自分に一番合った生き方をすることが幸せで、その幸せは誰にも邪魔されてはいけないこと」と考えればいいでしょう。 身近な例を挙げて、さらに分かりやすく説明しましょう。 例えば、クラスメイトにいつも悪口を言われたり、嫌がらせをされたりする生活は、人権が守られているとは言いがたいものです。 また、女の子でもゲームが好きで、学校でゲームの話をしたい子もいるでしょう。 それなのに、「女のくせに」と言われ好きな話もできないのは、幸せを邪魔されていると言えます。 病気、障害、性別、肌の色、体系など、他人と違うことをからかわれたり、受け入れてもらえない例は、子供でも経験、目撃したことがあるはずです。 小学生に書きやすい人権作文のテーマ 人権作文は、自分自身が体験したこと、実際に目撃したことをテーマとするのが、最も書きやすく、説得力のあるものとなります。 普段の生活を振り返り、自分にとって衝撃的だったこと、大したことではなくても後味の悪かったことなどを探しましょう。 友達との関係 仲間外れにされて悲しい思いをしたこと、いじめを目撃したこと、また軽くからかうだけだったつもりなのに、友達を傷つけてしまったことなどありませんか? 毎日、濃密な人間関係の中で過ごす学校生活では、ときには嫌な思いをすることもあります。 その時どんな気持ちになったか、また同じことが起こらないようにするためにはどうすればいいのかを考えてみましょう。 家族との関係 小学生のうちから家族のありがたみを意識している子供は多くないでしょう。 しかし、普段の生活を少し振り返れば、お父さんやお母さんが助けてくれた例はたくさん見つかるはずです。 家族は一番小さな社会です。 人権が守られている理想的な社会とは、一人ひとりが他の人の気持ちを受け入れ、思いやりを持って接することができる社会でしょう。 そういった社会を構築するためには、まず家族内で互いに思いやりを持つことが大切です。 祖父母と一緒に暮らしている場合、高齢者をいたわる気持ちを取り上げてもよいでしょう。 おじいちゃんやおばあちゃんが、耳が遠かったり歩くのが遅かったりして、イライラしてつい冷たく当たってしまうことはありませんか? その時、おじいちゃんやおばあちゃんはどんな気持ちになったでしょうか? 友達につらく当たられ悲しい気持ちになったことは、誰でも一度や二度はあるでしょう。 その時の自分の気持ちを考えれば、高齢者などに対してどのように接するべきかは分かります。 男女差別 「男はこんなことで泣くんじゃない」「女の子なんだから手伝いなさい」など、思わず大人の口から漏れる言葉に、違和感を抱く子供もいるはずです。 男の子でもピンク色が好きな子もいれば、女の子でも男の子に交じってサッカーをする子もいるのが普通です。 しかし、私たちの社会は、子供のうちから「男らしさ」「女らしさ」を求める傾向があります。 社会の旧態依然の考え方に異を唱え、誰でも自分らしく生きられる世の中にしたいという思いは、小学生でも持っているものです。 病気や障害者に対する差別 病気や障害のある人が身近にいる場合は、その人たちに対する差別や偏見を目撃することがあるかもしれません。 また、養護施設などとの交流会を通し、自分自身が今まで偏見を持っていたことに気づく場合もあるでしょう。

次の

人権作文のパクリ方必勝法!これなら絶対にバレないぜ

人権作文 内容

人権作文は3部構成にすると書きやすい! 人権作文の趣旨を踏まえると、人権作文は「人を思いやる心が成長していく様子」を3段階で書くのがおすすめです。 ただし、全国中学生人権作文コンテストの応募原稿枚数は、学校名・氏名・題名を除いて400字詰原稿用紙5枚以内と指定されていますので、自分の思いの丈を語りたくとも制限枚数を超えないよう注意する必要があります。 そこで、原稿用紙の分量を踏まえて、内容を次の3段階に分けて構成してみましょう。 【原稿用紙1枚程度】書き出し~人権問題の発見 書き出しは文章全体の15~20%で書くと良いので、原稿用紙1枚程度に収めましょう。 書き出しは、文章全体の印象を決める大事な役割を果たしますので、読者にインパクトを残すことが大切です。 そのため、人権問題のテーマを明確に書いた上で、人権侵害だと感じた自分の実体験や、ニュースで見るような人権問題への疑問点などを書きましょう。 【原稿用紙3枚程度】本文~人権問題からの学び 本文は、人権作文の肝になる部分なので、文章全体の60~70%で書きましょう。 原稿用紙では、3枚程度が目安です。 人権問題に関わることで気がついたことや学んだこと、ほかの人権問題との比較や派生して起きる問題などを書きます。 人権問題について調べた知識を書く場合は、信頼性の高い文献を使いましょう。 参考にした文献から引用する場合は、著作権法に抵触しないよう、引用元を必ず記載します。 【原稿用紙1枚程度】まとめ~将来にむけた問題解決策 まとめは文章全体の15~20%で書くと締まりが良いので、原稿用紙1枚程度が目安になります。 人権侵害は絶対に許さない行為だという視点を持ち、将来的な問題解決策を提案してみましょう。 読み手の心を動かす「良い人権作文」の3条件 良い文章は読み手に強い印象を残し、心を動かします。 人権作文に当てはめると、読み手に人権問題について考えるきっかけを作り、人権侵害をなくすために自分にできることはないかと行動を起こさせるような文章が「良い人権作文」と言えるでしょう。 良い人権作文を書くために、次の3つの条件を意識して書きましょう。 【独自の体験】自分にしか書けない経験を書く 人権作文で最も大切なのは、自分にしか書けない文章を書くことです。 そのためには、まず自分が体験した場面や深く心が動いた事柄をテーマに選びましょう。 次に、テーマに対する自分の意見や感情を、自分の言葉で表現します。 話すことはできても書くことができない人は、この「翻訳作業」ができていない場合が多く見受けられます。 翻訳作業の質を上げるためには、語彙力を増やしたり、他人の文章表現を参考にすると良いでしょう。 しかし、それをまるで自分のオリジナルの意見や感情のように書いてはいけません。 【共感を得る】多くの人の心に響く考えを書く 読み手の心を動かすためには、多くの人の共感を得る文章を書くことが大切です。 読み手の興味を引くために個性を発揮する必要はありません。 奇をてらった論理展開は読み手を驚かせる効果はあっても、共鳴させることができないからです。 人権侵害を目の当たりにして考えたこと、人権を無視する社会や個人の問題点、そして人権問題を解決したいという自分の思いを素直に書きましょう。 【具体的で簡潔明瞭】どんな読み手でも分かるように書く 人権作文の読み手は、学校の先生や友達です。 コンテストに出す場合は選考委員、それが表彰されると全国の人に読まれることになります。 作文を書くときは、原稿用紙の向こう側にいる読み手の存在を意識して書くことが非常に重要です。 どんな人にでも分かる文章を書くためには、まず人権問題のテーマをはっきりと書きましょう。 次に、読み手が思考を深められるような論理展開をします。 このときにおすすめなのが、下記の7W1Hです。 場面を想像させる質問 4W1H 創造的な質問 3W When(いつ) Where(どこで) Who(だれが) What(なにを) How(どうした) Why(なぜ) Why not(なぜそうしない) What if(もし、そうしたら) (より筆者作成) 最後に、言葉を正しく使い、具体的なエピソードを正確に伝えることを心がけましょう。 書き出しで世界観を魅せる!読者を惹きつける6つの工夫 書き出しは、文章全体の印象を決める大切な部分です。 つまり、本文で読者を思考の世界に誘うには、書き出しで世界観を魅せる必要があります。 文章にインパクトを持たせるためには、短文で簡潔にまとめるのが効果的です。 テーマやタイトルを何度も繰り返し書くと、文章が単調になるので避けましょう。 では、読者に印象を強く残す6つの書き出しテクニックをご紹介します。 書き出しの例文は、多くの子供たちが人権問題のテーマに選ぶ「いじめ問題」を1つと、そのほかの人権課題を1つ挙げていますので、ご参考にしてください。 登場人物を紹介する 人権侵害を受けている登場人物を文頭で紹介します。 これにより読者は、登場人物が受けている人権侵害をイメージしやすくなり、話を受け入れる態勢を整えることができます。 人権問題 書き出し例 いじめ 長縄をいつも回す係の子がいる。 決して飛べないのではない。 飛ばせてもらえないのだ。 女性差別 私は小さなときから少年野球チームに所属している。 チームに女の子はほかにいない。 チームの仲間との絆は深く、楽しく参加しているが、周囲からは「女の子が野球?」という声をよくかけられる。 場面を描写する 小説の入りでよく使われるのが、情景を読者に浮かばせる方法です。 これは映像的な手法で、読者の過去の記憶から視覚的なイメージを抱いてもらうのに効果があります。 人権問題 書き出し例 いじめ 授業中、隣の子から折りたたまれた小さな紙を机に押し込まれた。 何かと思って見てみると、クラスの友達の名前と一言「ゴミ」という文字が書かれていた。 インターネットによる人権侵害 休日、友達から相談があると呼び出された。 待ち合わせ場所に向かうと、友達は深刻な表情でスマートフォンを握りしめていた。 見せてくれたのはインスタグラム。 アップされていたのは、友達の部活中の写真だった。 主張する 人権課題を明確に主張する方法です。 読者の視点を一気に人権問題に向けるのに非常に効果的です。 ただし、この方法は「まとめ」で再度同じことを書いてしまう可能性があるため、文章の言い回しには注意が必要です。 人権問題 書き出し例 いじめ いじめは、加害者にいじめの意識がないのが問題だ。 人種差別 人種差別は日本でも起きている。 セリフを書く 人権侵害を受けた登場人物の会話を「かぎかっこ」で書き始めましょう。 会話は読者に臨場感を与えることができ、話に引き込む効果があります。 人権問題 書き出し例 いじめ 「学校に行きたくない」友達が涙声でそう呟いた。 外見差別 「みんなと何が違うの?」自分の姿を鏡で見ていつも思う。 きっかけを書く 自分の体験談ではない場合、人権作文のテーマと自分との関わりを説明する方法を使うと良いでしょう。 この方法ならば、人権侵害の現場にいたわけではなくとも、さまざまな人権問題をテーマに作文を書くことができます。 人権問題 書き出し例 いじめ 隣のクラスの子が転校した。 原因はSNSでのいじめだった。 同和問題 私の祖父は被差別部落の出身で、祖母との結婚を猛反対されていたと話してくれた。 私は同和問題が身近にあることを知り、驚いた。 ニュースを要約する 身近にない人権問題をテーマに選ぶのも良いでしょう。 この場合、書き出しに事件の背景を要約し、読み手の記憶を蘇らせましょう。 ただし、こうした社会問題は数字や内容を具体的、かつ正確に書く必要があります。 事実誤認がないよう確実な情報元を使い、綿密に下調べをしましょう。 人権問題 書き出し例 いじめ 2019年、神戸市立東須磨小学校で教員間の暴力事件が発覚した。 悪質な嫌がらせを受けた男性教員は、再三嫌がらせの事実を上司である当時の校長に訴えたが、相手にされなかった。 そればかりか、高圧的に事実を揉み消されたのだ。 実はこの前校長は、加害教員たちと親しかったと言われている。 これは本来、児童に正しく生きる教育を行うはずの人間が行ったいじめだ。 参考 児童虐待 千葉で小学校4年生の女の子、東京では5歳の女の子が親からの虐待で死亡した。 2人の女の子の名前には共に「愛」の文字がつけられていた。 愛すべき我が子に「躾」と称して暴力を正当化し、果てに殺してしまう親が後を絶たない。 参考 語彙の言い換えを学び、文章に「彩り」を加えよう 読み手の心を強く動かすのは、書き手の情景描写が感情豊かに、そして論理矛盾がなく伝えられている文章です。 人権作文に限らず、文章を書く上では言葉を適材適所で使いこなす力も必要です。 そこでおすすめしたいのが、類語辞典です。 例えば、感動という表現は「心を打たれる」「胸に響く」などさまざまに言い表すことができ、それぞれで読み手に与える印象も微妙に異なります。 また、類語を知っていると作文内で同じ言葉を繰り返すことがなくなるため、彩り豊かな文章に仕上げることができます。 まとめ 読み手に情景を思い浮かべてもらうためには、まず自分が頭の中にしっかりと映像を思い起こすことが大切です。 書き出しが決まれば、本文・まとめがスムーズに浮かんでくるでしょう。 人権作文の趣旨は人権感覚を育てることにありますので、人権問題を通して自分が成長する様を書いてみましょう。

次の