ジオウ 最終 回。 仮面ライダージオウ最終回について。最終回で仮面ライダーツクヨミが誕...

仮面ライダージオウ 最終回を終えて

ジオウ 最終 回

遂に・・ やっと? 最終回を迎えた仮面ライダージオウ。 製作にかかわった方々、キャストの皆様、まずは1年間お疲れ様でした。 今日は仮面ライダージオウという作品について、少し語りたいと思います。 まず、最終回ですが、平成史上、圧倒的に酷過ぎるというか、圧倒的につまらない内容でした。 一年中通じてこんなに酷い内容のライダーは初めてでしたね。 予想の斜め上を行く酷さでした。 う~ん・・・ まず、平成最後という事で、今までのライダーを出演させるという点で、お祭り的な感じにしようとしたのかもしれないけど、当初の予想通り、最強に酷いものとなった事が、やっぱりな・・・ 的な感覚です。 最終回は、とにかく今までの話が散らかり過ぎていたのもありますが、それらを全く回収できていないというか・・・ いきなりの展開というか、何だか今までのキャラ設定などを無視するかのような脚本も酷かったし、「涙頂戴シーン」を無理やり持ってきた所がちょっと腹立たしさもありました。 (出典:TV ASAHI) 同じ様なキャラ設定のゲイツと蓮・・・ 龍騎のスペシャルの時のシーンをパクったのか? で、一つのテーマであっただろう、オウマジオウへの道が軽薄すぎる・・・。 (出典:TV ASAHI) 凄まじくどうでもよい持って行き方。 最善の魔王になる事での予想通りの結末。 この内容でエグゼイドとかより話数が多いとは・・・。 ディケイドたち、お前らいつまでいるんだよって感じだし 笑 まあ、僕の好みのライダーの世界観、話、脚本ではなかっただけだと思います。 結局・・・ 王魔ジオウとは何だったのか・・・ 流し観だったせいか、良く分からない。 エンディングに向かう途中で、続編の学園物語編が始まるのか? (出典:TV ASAHI) みたいな感じがまた、今までの話は何だったのか?と考えさせられる。 僕はこれまで、終盤になってのジオウの内容の盛り上がりにかけるブログをかいた事がありましたが・・・ なんつ~か・・・ ジオウというライダーは、何のために戦い、何のために存在する理由があったのか・・・。 最強フォームのはずのグランドジオウ・・・ 最終回でクソ弱いし (出典:東映株式会社) やはり、ビルドも最終回は今までの内容より酷かったけど、最終回をパロディ的に持って行く脚本は、腹立たしい(笑) 続きが凄まじく観たくなる最終回は、仮面ライダーブレイド(剣)が個人的には圧倒的NO. 龍騎も・・・ 戦いとは何なのか? 願いを叶えるために、最後の1人になるには、どうやって他のライダーを倒す(殺す)のか? を凄く考えさせられるナレーション・・・ 「 この闘いに、正義はない。 そこにある物は、純粋な願いだけである。 その是非を問えるものは・・・」 このナレーションによって、最高の最終回となった。 最終回だからといって、いきなりメインキャラを死なせるような演出は、駄作ルートへ一直線である。 2019年08月26日.

次の

仮面ライダージオウ最終回!ゲイツの死・ツクヨミの裏切り・王になれないソウゴ

ジオウ 最終 回

それは何を意味するのか。 はたして思惑どおりに破滅する世界から人々を救えるのか……? 仮面ライダーツクヨミの誕生には、さすがのスウォルツさんも意表を突かれたでしょう。 私たちだって同じです。 企画陣にとっても、いつ何が飛び出すかわからないビックリ箱でありつづけた番組でした。 もちろん、最後の最後まで。 そんなジオウも、いよいよ最終回を迎えます。 刮目してお付き合いのほどを! いわゆる重大発表も?! あらかじめ、2つだけ懺悔しておきます。 1つは、いわゆる伏線回収がらみ。 ヒーロー番組としては異例な作劇をしてきたジオウ。 ここ数話は、さらに一歩はみ出してます。 48話『オーマ・タイム』の門矢士の作戦が典型ですが、各登場人物が、視聴者の知らない情報にもとづいて動くのは掟破りなのです。 敵をぎゃふんと言わせるための仕掛けとして、誰かの企みを伏せておき、「じつは……」と後説で明かすのは常套手段。 ディケイドがしれっと変身したのち、ウォッチに力をうんぬんと説明するみたいのはそれです。 でも、48話全体は違います。 ツクヨミライダーにはスウォルツさんもぎゃふんと言ったかもしれませんが、そのぎゃふんが何を意味するのか、視聴者にはまだ情報がないので、カタルシスはない。 こういう変わった構成になってるのは、設定が複雑すぎ、説明してたらキリがないので、まずお話を進めたいのが理由の一つ。 そうすると、どうしても説明漏れが出ます。 たとえば46話『オペレーション・ウォズ』でいえば、一同がなぜ白ウォズを頼ろうと思うに至ったか、そのくだりがごっそり落ちてます(編集でカット)。 その尺は、ドラマやアクションに回りました。 もともと、説明よりもそっちを優先するための構成なので、それでいいのですが。 この手のことが、次回はもっと盛大に起きます。 最終回はいやおうなく尺が伸びるものなので、相当圧縮したはずですが、驚くほど入りませんでした。 直近の47話や48話で振った謎すら、軽く3つくらい回収されずに終わるでしょう。 そのぶん、よけいな説明にまどわされずに、一同の最終回が楽しめるはずです。 もし補完が必要なら、放送後にいくらでもできますしね。 もう1つは。 キャスト&スタッフに力が入りすぎて、みなさんにいわゆる全裸正座を要求する最終回になりすぎてしまうだろうことですね……。 残暑厳しき折、熱中症と冷房病には気をつけて、皆さまくれぐれもご自愛ください。 いっしょに平成ライダーの最期を見届けて、『ゼロワン』まで生き延びますよ! さて、仮面ライダーツクヨミ。 ツクヨミ役の大幡さんは、番組開始当初から、取材で「仮面ライダーに変身したいですか?」と聞かれるたびに、「はい!したいです!」と答えていたのが印象的でした。 一瞬、その夢が叶ったかと思ったのは、TTFCで配信中の「仮面ライダージオウ 補完計画」でした。 ベルトを巻き、ウォッチをまわし、「変身!」と。 その際の撮影では、「なんか、うまくできなかったです」と言っていたのが記憶に残っています。 ただ、そのときは、変身するキャラクターはなく、白い光に包まれるところにとどまりました。 しかし! そんな補完計画を経て・・・ ついに! 仮面ライダーツクヨミが降臨しました。 大幡さんが変身するのを知ったのは、もちろん、台本をもらったタイミングです! とっても、とっても、とっても、喜んでいました。 ちょうど、先週放送の「お弁当、レター」の収録合間に台本があがり、受け取ったその足で、渡しに行ったところ・・・ ちょうど、押田くんからの仮面ライダー弁当をあけており、大幡さんが「あぁ。 私も、変身したかったなぁ」と。 ぼそっとつぶやいていたのが印象的でした。 思わず、 「変身するよ!」 とツッコミたくなったのを覚えています。 台本をもらって、急いで出役表を確認してからは、本当に嬉しそうな姿でした。 声がいつもの、3段階くらい大きくなっていたような気がします。 本当です。 加えて! もうひとつ、大幡さんがとてつもなく喜んだことがありました。 それは、仮面ライダーツクヨミを演じられるアクターが、佐野さんだと知ったときでした。 なにを隠そう、佐野さんは、1話のファイズフォンを持って立ち回る、ツクヨミのアクション部分を演じていただいたりと、仮面ライダージオウの1話目から、ツクヨミだったのです。 そんな仮面ライダーツクヨミ。 彼女の狙いとはなにか。 どんな最終回を迎えるか。

次の

仮面ライダージオウ最終回!ゲイツの死・ツクヨミの裏切り・王になれないソウゴ

ジオウ 最終 回

I know my audience would value your work. If you're even remotely interested, feel free to send me an email. 名前: 名無しさん 投稿日:2020-05-05 00:37:13 カテゴリー• 177• 296• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4745• 366• 599• 4293• 2193• 1736• 508• 425• 2893• 980• 1275• 1157• 1574• 4171• 8335• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1408• 730• 1091• 3237• 1589• 658• 161• 483• 105• 275• 1499• 136• 688• 231• 700• 2159• 198• 4830• 305• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の