バイク 洗車 道具。 バイクの洗車に必要なものとは?シャンプーやスポンジなど洗車セットを紹介

絶対にやってはいけない『バイクの洗車方法』とは?愛車が傷だらけになる前に│pl.metrostav.cz

バイク 洗車 道具

用意するもの 私は高圧洗浄機を使っていますが、必ずではありません。 シャンプーとホイール用のブラシ• ボディー用とそれ以外の範囲用のスポンジ• ブロワーとセームタオルを使用します。 Step. 1 水で汚れを流す 高圧洗浄機で汚れを流します。 流水で流す程度なら、落ちない汚れもあるので、高圧洗浄機はブラシを使わずに汚れを力強く落とせる強力な掃除道具です。 高圧洗浄機で汚れを洗い落とす際は、真上から水をかけます。 こうした電子装備の周りは洗浄機の圧力を弱めてあげましょう。 Step. 2 下回りから洗浄 高圧洗浄機で汚れを落としたあとは、下から汚れを落としていきます。 ホイールの洗浄(下準備) 初めにホイールを洗います。 この時に使うのが専用のクリーナーです。 最後に高圧洗浄機で汚れ共に洗い流しましょう。 高圧洗浄機で洗い流すとチェーンとホイールがかなり綺麗になります。 Step. 3 ボディーの洗浄 道具を一度綺麗に洗う ボディーを洗う前に、下を洗浄した際のバケツとブラシをボディーを洗う前に念入りに洗っておきます。 とくにバケツに汚れが残っていると、不要なゴミを拾って、このあとに行うボディー洗浄の際に傷をつけてしまう恐れがあります。 洗車の準備 洗剤はカーシャンプーを使います。 以前は高圧洗浄機に接続してシャンプーをかけていました。 こういったアタッチメントがあります。 今はバケツに洗剤を少し入れて、泡立てています。 この泡で洗っているのですが、違いは圧倒的に洗剤の使用量が違います。 今はバケツに少量の洗剤を入れて、これを高圧洗浄機で泡立たせます。 この時圧が強いので飛び散りに注意します。 泡を使ってボディーを洗う マイクロファイバーのスポンジでやさしく洗います。 このときに力を入れてしまうと洗車傷として細かい傷が入ってしまいます。 あくまで、優しく、やさしく、です。 ボディー以外をスポンジで洗う ボディー以外の傷が目立たない場所はスポンジで擦り洗いをします。 スポンジの届きにくい場所はホイールの洗浄に使ったブラシを使ってあげるとラジエターや形状の複雑な場所も洗うことが可能です。 Step. 4 拭き取り エアーでまずは細かい部分を吹き飛ばす ここで登場するのがコードレスのブロワーです。 これで先ずは隙間に溜まった水を風で押し出します。 範囲の広いボディーについた水を飛ばすのはキリがないので、ここは細かい点だけで良いです。 錆びやすいポイントとしては、ネジ部なので、ネジの頭に溜まった水などはこのときに飛ばしておきたいのと、ハンドル回りも水が溜まっているので飛ばしておきます。 再度念入りにエアーで飛ばす ある程度水気をとったら、再びブロワーで細かい部分を徹底的にふきとばしましょう。 ブロワーの行程はこれで最後です。 一度ある程度ブロワーで細かいところを吹き飛ばしているので、大量に水分が出てくることは少ないと思います。 最後のこの行程では下からもエアーを送ったりして水分を飛ばすのがポイントです。 特にボルト類は錆びやすいので念入りに! GSはこの円柱の部分に水が溜まりやすいです。 フォークもしっかり水気を飛ばします。 出てきた水分は再度セームタオルで拭き取りましょう。 Step. 5 アクセサリーの清掃 同様の手順でアクセサリーも洗います。 ケースもバイクの一部、綺麗にしておきましょう。 Step. 6 冬眠前の準備 ガソリンタンクは満タンに ガソリンはしばらく動かさないのであれば、満タンにしておきます。 タンク内が空気に触れて錆びてしまわないようにする工夫です。 充電ケーブルを指す BMW限定 BMWのバイクはヘラーソケットがついています。 ここからバッテリーに繋がるので、充電ケーブルをバッテリーに挿さなくても手軽に充電が可能です。 カバーをする前にケーブルを挿しておけば充電の度にカバーをとる必要もなくて便利です。

次の

バイクの洗車方法とおすすめグッズ10選!洗い方のコツや注意点含めてご紹介!

バイク 洗車 道具

バイクの洗車方法は人それぞれ考え方が違います。 全ての方に当てはまる内容ではないので、参考程度にお考えください。 炎天下で洗車 天気がいい日はバイクを洗いたくなりますが、 快晴の日は洗車日和ではありません。 天気が良すぎると、 洗ってる途中でバイクが乾いてしまい跡になってしまう事があります。 ワックスもムラになることがあるので、曇りや日差しの強すぎない早朝や夕方などにやりましょう。 何でもかんでも水なし洗車 水なし洗車は上級者向けです。 水なし洗車のデメリットを理解せずに、 無闇やたらに拭き上げるとバイクが傷だらけになってしまいます。 ほこりや砂は傷の原因になるので、汚れたバイクを水なしで洗うのは危険です。 いきなりシャンプーで洗い出す 砂や埃が付いた状態で、シャンプーすると バイクが傷だらけになります。 ホコリや砂を水でしっかりと洗い流してからシャンプーしましょう。 そのまま洗うと、スポンジに砂が入り込み、ヤスリのように塗装面を傷つけてしまいます。 高圧洗浄機でガシガシ落とす バイクは 高圧洗浄機に耐えられるほど防水能力が高くないです。 バイクはむき出しの部品も多く、近距離からガシガシとかけてしまうと、 塗装が剥がれたり、電装系が故障する恐れがあります。 高圧洗浄機はバイク洗車に不向きですが、止むを得ず使う場合は、出来るだけ遠くから放水し、バイク側面や電気系統に水圧がかからないようにしましょう。 バイクの側面、背面からバシャバシャ水をかける バイクは側面や背面の防水性能が弱いです。 ありとあらゆる角度から水をかけるとバイクが故障してしまう可能性があります。 バイクに水をかける時は 、前方や上部からシャワー状の水をかけてください。 特に キーシリンダー、エアクリーナー、キャブレターの近くに水をかける時は注意しましょう。 スポンジでゴシゴシ擦る 汚れが落ちないからといって、 スポンジでゴシゴシこすってはいけません。 スポンジの繊維でバイクが傷ついてしまいます。 バイクは優しく撫でるように洗いましょう。 また塗装面以外でも、部品を強くこすることでネジが緩んだり、調整が変わってしまうことがあります。 力強くこすらなくても汚れは落ちるので、焦らずゆっくり丁寧に洗いましょう。 1枚のタオルで拭き上げる 汚れたタオルで拭き上げると、せっかく 綺麗になったバイクが汚れてしまいます。 『 足回り用』と『ボディ用』でタオルを使い分けるようにしましょう。 また塗装面に油がつくと塗装の劣化が早くなる場合もあるので注意が必要です。 出来れば洗車用のスポンジも、足回り用とボディ用で使い分けるとGOODです。 足回りは尖った部品も多く、スポンジの劣化が早いので、安いもので大丈夫。 ボディ用は専用品が柔らかくておすすめです。 洗車直後にバイクカバーをかける さーて洗車終わり!っと言って 洗車直後にバイクカバーをかけないでください。 バイクはまだ生乾き状態なので、この状態でカバーをかけると 蒸れてサビの原因になります。 しっかりとバイクを乾かしてからカバーをかけましょう。 待てない人は20分〜30分くらいドライブしましょう。 あっという間にバイクが乾きます。 バイクの洗車に必要な道具は?• スポンジ2種類 ボディ用と足回り用• シャンプー• 雑巾(足回り用)• セーム ボディ用• ホース• バケツ• ワックス 私が使っているバイク洗車に道具はこちらです。 とりあえずこれだけあれば十分です。 あとはバイクに合わせて適宜追加しましょう。 詳しい洗車方法や道具のレビューは下の記事をご覧ください。

次の

オフロードバイク(オフ車)の洗い方について!最低限の道具を使って洗車する方法を記載しています。

バイク 洗車 道具

コンパウンドなし コンパウンドあり ワックス効果あり コンパウンドなしコンパウンドありワックス効果あり コンパウンドありは研磨材が入っているので水垢がついている場合に使用すると便利です。 車だとたまに使いますけど、バイクではあまり使わないかな。 使用方法を間違えると傷の原因になるので、慣れないうちは使わなくて大丈夫です。 ワックス効果のあるシャンプーは、シャンプーをしただけで簡易的なワックスをかけられます。 効果はイマイチだと思いますけど、、、 ワックスやコーティングが面倒くさい人にはオススメです。 上記で紹介したシュアラスターのシャンプーはコンパウンドなしのノーマルタイプのシャンプーになります。 なにを使うか迷うならコンパウンドなしを選べば問題ないです。 キッチンペーパー オイルなどの汚れがヒドイ場所を拭くのに使います。 100円ショップにも売ってるものなので、とりあえず用意しておくと、なにかと便利です。 バイクを洗車や整備をしてるときに汚れのヒドイ場所を拭くと、すぐにタオルが真っ黒になって使えなくなります。 キッチンペーパーなら汚れたら、ポイポイ捨てられるので楽です。 本当であればペーパーウエスの方がオススメなんですけど、ちょっと高いです。 強度はキッチンペーパーとは比べものにならないので、チェーン清掃でも役にたちます。 は洗車と整備が楽になるので、ためしに1度は使ってみましょう。 タオル(ぞうきん) ホイールなどの下回りの清掃や拭き取りに使います。 2枚くらい用意しておくと便利です。 ペーパーウエスと同じように、捨てることを前提に使用します。 普段家で使っていてボロボロになってきたタオルで大丈夫です。 もしくは、粗品でもらったタオルがありませんか? ペーパーウエスとタオルをうまく使って下回りの清掃と水の拭き取りをしましょう。 拭き取りクロス タンクやカウルの水を拭き取るのに使います。 吸水性が高いので水分を残さず拭き取れます。 頑張って絞った湿ったタオルで拭き取ろうとしても、吸水性が悪いのでいつまでたっても終わりません。 を使って楽に終わらせましょう。 拭き取りクロスの注意点 拭き取りクロスの多くは、乾くとカチカチになります。 そのままタンクにあてたらキズがつきそうなくらいです。 なので、水で湿らせて柔らかくしてから使用してください。 水で濡らしても、しぼれば吸水力はもどります。 拭き取りクロスは水を吸う、しぼって排水するの繰り返しなので最初から濡れていても問題なく拭き取りできるので安心してください。 コーティング剤 バイクの撥水効果や艶出しをして、汚れにくくするために使います。 オススメはゼロフィニッシュです。 使い方もかんたんで、バイクのほとんどの場所で使えるので楽です。 スプレーして拭けば終わります。 コーティング剤はいろいろあるので、研究してみてください。 リンク マイクロファイバークロス 拭き取りの仕上げやコーティング剤を塗り広げるときにつかいます。 柔らかい素材なのでタンクなどもキズがつきにくいです。 の吸水力は高いですけど、完全に乾いてる状態だけで、1度湿らせてしまうとイマイチな吸水力になるので、拭き取りだけで何枚も必要になってしまいます。 私の使い方だと、拭き取りクロスで、あらかた拭き上げをして、残った水分をマイクロファイバークロスで拭きながらコーティング剤も塗り広げて仕上げていけるように使ってます。 これなら1〜2枚あればたります。 けして安いものではないので、再利用できるように使っていきましょう。 洗車道具の合計はいくら? あまりお金をかけたくないと思うので、合計はいくらくらいなのか計算してみましょう。 この記事で紹介しているもので、バイクを綺麗にするだけなら、なくても大丈夫なものもあります。

次の