里芋 冷凍 煮物。 冷凍里芋の煮物の中で、今のところ一番おいしかったレシピ

里芋の煮っころがしは冷凍保存出来る?日持ちは?

里芋 冷凍 煮物

感想 良かったところ 簡単 冷凍里芋を入れて、落し蓋をして放置しておくだけです アルミホイルで落し蓋しました。 汁気の量さえ見ておけば、まず失敗しないレシピです。 味が染みてる 完成写真だけ見ると味しみてなくない?っていう外見なんですが、食べてみるとちゃんと味が染みていました。 私は冷凍里芋独特の中心部の変な味が嫌いで、それを消せるレシピを探しているんですが、なかなか見つからなかったんですよね。 今回のレシピは完全とまではいきませんが、7割型の里芋は変な味が消えるくらい味が染みていました。 味の加減も、今まで一番売り物に近いような味で、良かったです。 分量が計算されている レシピだと里芋10~15個と書かれているんですが、スーパーで売ってる冷凍里芋ってだいたい1袋10~15個なんですよ。 私のは300gで12個入りでした。 レシピに「永久保存版」と書いてあったので、その辺もしっかり研究して作られたレシピなんだなあと感心しました。 気になったところ 汁気がなくなった 元レシピでは茹でて15分後に汁が十分残っている写真があったんですが、自分が作った時は中火の中で15分くらいで汁気が完全になくなりました。 火が少し強かったのかもしれないんですけど中火にはしていたので、その点だけ気になりました。 10分経過したあたりから、汁気は大丈夫かチェックしておくと良いでしょう。 結論 おススメレシピ! 冷凍里芋独特の中心の変な味が消えるくらい味がしみ込んでいた冷凍里芋レシピ。 汁気以外は失敗する要素がなく、かつ今まで作ってきた冷凍里芋の煮物で一番味がよくまとまっていました。 冷凍里芋の煮物といえば、今のところはこのレシピが一番いいです。 レシピのタイトル名が好きじゃないですが、その点は目をつぶりましょう。 冷凍里芋の分量もキリよく使い切れるし、作る人の事を考えたレシピな所もよかったです。

次の

里芋の冷凍方法!知らなちゃ損する冷凍保存と下処理方法!

里芋 冷凍 煮物

・柔らかくなるまえに調味料を入れてしまった ・里芋が寒さにあたって風邪をひいてしまった(芋が風邪を引いた、といいます) ・孫芋に栄養をとられてしまったゴリ芋(ゴジ芋)だった 一つずつ詳しく紹介していきますね 里芋が固い原因はなにがある? 里芋が固い原因として考えられるのは3つ、なのですがそれぞれどんな場合なのか紹介しますね。 まずは 「柔らかくなるまえに調味料を入れてしまった」 全体的に固い芋が多いなら、調味料を入れるのが早かったという可能性も考えられます。 解決策としては里芋が柔らかくなるまで出し汁でしっかり茹でてから、調味料をいれるといいですよ。 ポリフェノールがアントシアニンになって~~とか難しい話をしても長くなるので、冷えすぎてしまうことで赤い斑点ができる、とザックリした説明になりますが。 この赤くなってしまった部分周辺は、かたくなり食感が悪くなってしまいます。 真冬でも暖房をいれない寒いスーパーだと、里芋が外側からみても赤い点々があることもありますね。 他の食材との兼ね合いとか節電とか色々事情もあるだろうと思うので、まあどうにもできないんですけど; また買ってきた里芋を冷蔵庫にいれて保管したりすると、同様に赤い点々がでてきます。 食べても問題はないのですが、やはりゲジゲジとした食感になるので、冷蔵庫保管はさけたほうがいいですね。 最後は 「孫芋に栄養をとられてしまったゴリ芋(ゴジ芋)だった」 里芋は親芋についている子芋を食べるものですが、子芋に孫芋ができるとそっちに栄養をとられてしまいます。 そうすると子芋がゴリゴリした食感になって、煮ても煮ても柔らかくならない、残念な里芋になってしまうんです。 大体里芋を一袋買って1~3個紛れてるって感じですね。 >>関連記事:「」 調味料と里芋をいっぺんに圧力調理しても、モッチリやわらかな煮っころがしが出来ました。 里芋の煮物を柔らかく仕上げるには? せっかく里芋を煮るなら、モッチリやわらかなおいしい煮物を食べたいですよね。 里芋の煮物を柔らかく仕上げるために、スーパーで購入するところから煮るところまで、流れにそって説明していきますね。 まず里芋を買う時。 孫芋が出来ていないものを選ぶために、里芋の断面がすくないものを選んでください。 親芋から子芋を折りとるのに断面ができますが、それとはべつに断面ができていたり、えぐったあとがあると孫芋がついていた可能性があります。 また寒さにやられて外側からもわかるほど、皮に赤い斑点ができてしまっている里芋も避けます。 それとは別で里芋の先っぽが赤いものは「赤芽」という種類なので、芋が風邪を引いたのとは別になりますので大丈夫(ちょっと高い里芋です) スポンサーリンク 保存する時。 すぐに里芋をつかわなくて保管しておく場合は、冷蔵庫にいれないようにします。 里芋を洗って泥を落としてしっかり乾かし、新聞紙にくるんで涼しくて風通しのいいところに置いておくといいですよ。 皮むきの時。 里芋の皮むきのときに赤い点々があれば、その周辺はなるべく切り落としてしまいます。 そして全てではないですが、皮をむくときに妙にかたいものはゴリ芋の可能性があります。 おいしい里芋は包丁もスっと入って、かつモッチモッチしながら皮むきできますが、ゴリ芋のばあい包丁がなかなか進みません。 ホントなんというか「ゴリゴリ…ゴリゴリ…」みたいな。 私はこの時点でもう廃棄してしまってますが、食感が悪くてももったいないなあという場合、なるべく里芋を薄めに切って豚汁とかにいれてしまうといいですよ。 里芋の煮っころがしとかで食べるよりは、薄く切る分ゴジ芋でも食べやすくなります。 ゴジ芋の場合どれだけ長時間煮込んでもあのダメな食感がするので、煮物としてつかわないようにするしかないですね; でもこれだけ気を付けておけば、モッチリねっとりした柔らかい食感の、おいしい里芋の煮物に仕上がりやすくなりますよ~。 この記事があなたの里芋調理のお役に立てれば幸いです。

次の

業務スーパーの冷凍野菜『さといも(Sサイズ)』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

里芋 冷凍 煮物

里芋の煮物は冷凍保存できる? 里芋の煮物を冷凍できますか?本当に冷凍できるの?と気になっている人がとても多いようなんですが、結論から言うと冷凍保存できます! よく、じゃがいもは冷凍保存にむかないと言いますよね。 確かにじゃがいもを冷凍するとスカスカになってしまって美味しくありません。 おなじ芋でも 里芋の冷凍保存は大丈夫ですよ。 冷凍するときの大事なポイントがひとつあるのでお伝えしますね。 これだけは守ってください。 それは、煮汁に漬けたまま冷凍することです。 里芋と一緒に煮汁もまるごと冷凍することで、味がさらにしみこんで美味しくなります。 煮汁を捨てたり分けたりせず、一緒に冷凍するようにしてください。 容器はジップロックなどのフリーザーバックに密閉して冷凍庫へ入れるのがおすすめです。 もちろん、容器に入りきらないほど煮汁が多い場合は全部入れる必要ないですから、調節してくださいね。 里芋の煮物 保存期間はどのくらい? いったん里芋の煮物を作ったら何日も続けて消費しなくちゃならない…そんなルーチンだったお宅はぜひ試してみる価値ありですよ。 冷凍しておけば今度はいつでも食べたいときに食べられますからね。 お弁当のおかずに使うことだってできちゃいます。 里芋の煮っころがしは手間がかかりますから、いつでも食べられるのは嬉しいですね! 里芋の解凍方法は? 最後に解凍方法についてお伝えしますね。 里芋の煮物を冷凍すると食感が変わってしまって美味しくないという意見もあります。 程度や好みの問題もありますので、絶対とは言い切れませんが、先ほどお伝えしたように煮汁に漬けて冷凍する方法を試してみてほしいです。 また、解凍方法として、電子レンジで再加熱すると気にならないという口コミがありますので、参考にしてみてください。 冷蔵庫でゆっくり1日かけて解凍したら、ぼそぼそでとても食べられなかったという声もありますが、それには理由があるんです。 芋の繊維やデンプンが冷凍解凍をすることで劣化してしまうんですね。 解凍している間に水分が染み出してきて、うまみも一緒に流れてしまいます。 そうすると、あの里芋独特の粘り感やホクホク感もなくなってしまうんです。 これを防ぐには、 時間をかけて解凍するのではなく、フリーザーバックに凍ったまま電子レンジで再加熱するのがおすすめです。 2~3分加熱したら上下を裏返してさらに2~3分加熱しましょう。 時間は量によっても変わりますので様子を見ながら加減してください。 最後に1分程度蒸らすと、余熱で味が染み込みます。 電子レンジに解凍モードがある場合は、フリーザーバックのまま解凍して、容器に移してから再加熱してもOKです。 もし 食感が落ちてしまうのが気になる場合は、マッシュしてアレンジしてみましょう。 コロッケにしたり、チーズをかけてグラタンにするのもおすすめですよ。 スープにすることもできます。 里芋の煮物はリメイク方法も多彩です。 お焼きにしても美味しいです。 レンコンではさんで甘辛く焼き付けるのもおすすめ。 「これ本当に里芋なの?」と思うような新しい味が楽しめますよ。 里芋の煮物の冷凍保存についてお伝えしました。 煮汁に漬けたまま冷凍する方法をぜひ試してみてくださいね。 ちなみに、 里芋は茹でて下処理した状態で保存しておくことも可能なんですよ。 食べる分だけ取り出してその都度煮物を作ったりすることもできます。 お弁当用に使っている人も多いですよ。 そのときも凍ったまま調理するのがおいしく食べるポイントです。 里芋は下処理が大変なので、いっぺんに全部やってしまいたいものですよね。 すごく面倒くさいけど、ほくほくの里芋を口に入れた瞬間、「苦労がむくわれた~」と思ってしまうのはきっと私だけではないはず。 でも、いつもいつも里芋の煮物ばかり大量に作ってしまう、という人は下処理してからの冷凍にもチャレンジしてみるといいですよ。 お料理の幅が広がるし、時短にもなります。 そんなわけで里芋の冷凍保存はとてもおすすめです。 里芋がたくさんあるときはぜひ冷凍にチャレンジしてみてくださいね。

次の