阪神 タイガース クライマックス。 【2017年セリーグ1stステージ】横浜DeNAベイスターズ

団体入場券|チケット|阪神タイガース 公式サイト

阪神 タイガース クライマックス

概要 [ ] 前年オフに和田監督の契約は3年目は球団に選択権があるオプション契約であったが、続投となった。 戦力面では、FA宣言した中日の、日本ハムのの獲得を狙ったが、いずれも失敗し 、が国内FAでDeNAに移籍した。 、を獲得したことから、外国人枠が埋まり、がソフトバンクへと移籍した。 また、久保康友の人的補償として、を獲得した。 巨人との開幕カードは3戦目にがと激突し故障離脱するアクシデントがあったがその西岡の代役としてが1番打者に定着し開幕時の1番打者だったを3番に入った事により4月終了時で19勝10敗と開幕ダッシュに成功する。 しかし交流戦に入ると徐々に失速し6月末には4位に後退するが、7月に入ると8連勝で勢いを取り戻し8月末には首位巨人と広島を含む2・5ゲーム差にいたが、からの巨人との甲子園3連戦で15年ぶりの巨人戦甲子園3連敗を含む6連敗で優勝争いから脱落。 しかしそこから粘り強く勝ち星を挙げ、6連敗時に3. 5ゲーム差つけられていた広島を差し切り2位でレギュラーシーズン終了。 ではファーストステージにて広島相手に1勝1分で初めて突破、ファイナルステージでは巨人有利との戦前の予想を覆し4勝1敗 巨人のアドバンテージ1勝分を含む 球団史上初のCS制覇を果たし9年ぶり日本シリーズ出場を決めた。 日本シリーズではソフトバンク相手に1勝4敗で敗れた。 チーム成績 [ ] レギュラーシーズン [ ] 開幕オーダー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 2014年セントラル・リーグ順位変動 順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績 1位 広島 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 2位 阪神 0. 0 巨人 1. 5 広島 2. 5 阪神 3. 0 広島 1. 0 阪神 7. 0 3位 巨人 2. 0 阪神 3. 0 中日 6. 0 広島 3. 5 阪神 2. 5 広島 7. 5 4位 中日 6. 0 中日 6. 0 阪神 7. 0 中日 5. 0 DeNA 8. 0 中日 13. 5 5位 ヤクルト 9. 0 ヤクルト 8. 0 ヤクルト 10. 0 DeNA 10. 0 中日 11. 5 DeNA 14. 5 6位 DeNA 10. 0 DeNA 9. 5 DeNA 11. 0 ヤクルト 15. 0 ヤクルト 13. 5 ヤクルト 21. 0 期間 成績 19勝10敗 勝率. 655 9勝15敗 勝率. 375 6勝11敗1分 勝率. 353 15勝7敗 勝率. 682 13勝12敗 勝率. 520 13勝13敗 勝率. 500 最終成績 順位 優勝 82 61 1. 573 --- 2位 75 68 1. 524 7. 0 3位 74 68 2. 521 7. 5 4位 67 73 4. 479 13. 5 5位 67 75 2. 472 14. 5 6位 60 81 3. 426 21. 0 日本生命セ・パ交流戦2014 最終成績 順位 優勝 読売ジャイアンツ 16 8 0. 667 --- 2位 福岡ソフトバンクホークス 14 8 2. 636 1. 0 3位 オリックス・バファローズ 14 10 0. 583 2. 0 4位 中日ドラゴンズ 13 10 1. 565 2. 5 5位 横浜DeNAベイスターズ 13 11 0. 542 3. 0 6位 千葉ロッテマリーンズ 12 12 0. 500 4. 0 7位 北海道日本ハムファイターズ 11 12 1. 478 4. 5 8位 埼玉西武ライオンズ 11 13 0. 458 5. 0 9位 東京ヤクルトスワローズ 10 12 2. 455 5. 0 10位 東北楽天ゴールデンイーグルス 9 15 0. 375 7. 0 11位 阪神タイガース 9 15 0. 375 7. 0 12位 広島東洋カープ 9 15 0. 375 7. 0 クライマックスシリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月11日(金) 第1戦 広島東洋カープ 0- 1 阪神タイガース 阪神甲子園球場 10月12日(土) 第2戦 広島東洋カープ 0-0 阪神タイガース 勝者:阪神タイガース 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 アドバンテージ 阪神タイガース 読売ジャイアンツ 10月15日(水) 第1戦 阪神タイガース 4-1 読売ジャイアンツ 10月16日(木) 第2戦 阪神タイガース 5-2 読売ジャイアンツ 10月17日(金) 第3戦 阪神タイガース 4-2 読売ジャイアンツ 10月18日(土) 第4戦 阪神タイガース 8-4 読売ジャイアンツ 勝者:阪神タイガース 日本シリーズ [ ] 日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 10月25日(土) 福岡ソフトバンクホークス 2 - 6 阪神タイガース 阪神甲子園球場 10月26日(日) 福岡ソフトバンクホークス 2 - 1 阪神タイガース 10月27日(月) 移動日 10月28日(火) 阪神タイガース 1 - 5 福岡ソフトバンクホークス 福岡ヤフオク! ドーム 10月29日(水) 阪神タイガース 2 - 5 福岡ソフトバンクホークス 10月30日(木) 阪神タイガース 0 - 1 福岡ソフトバンクホークス 優勝:福岡ソフトバンクホークス(3年ぶり6回目) 入団・退団 [ ] シーズン開幕前 [ ] 本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。 なお、退団の去就はスポーツ関連及び芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身したか去就不明を示す。 太字はリーグ最高。 529 148. 2 123 13 43 2 116 50 42 2. 565 208. 1 188 14 69 8 226 81 74 3. 579 163 150 6 64 11 172 79 64 3. 409 169. 1 170 16 48 3 151 81 75 3. 750 47. 1 53 2 16 0 41 21 20 3. 000 10 8 1 8 0 11 7 7 6. 556 90 85 6 26 4 76 37 35 3. 200 29. 1 24 2 15 0 21 18 15 4. 667 44. 2 60 2 20 6 42 38 35 7. 333 66. 2 41 5 13 1 81 18 13 1. 000 23. 2 31 2 10 2 15 12 12 4. 833 62. 1 65 6 20 0 41 27 25 3. 250 24 23 3 10 1 25 19 18 6. 000 18. 2 18 3 3 1 14 7 6 2. 000 34 31 2 14 1 33 22 19 5. 750 26. 2 27 5 14 1 12 15 15 5. 400 53. 1 55 8 13 2 47 24 24 4. 000 14. 1 25 2 3 0 13 14 14 8. 000 14 12 2 11 0 7 10 7 4. 50 合計 9 4 75 68 39 84. 524 1282 1240 104 443 44 1174 614 553 3. 88 打撃成績 [ ]• 色付きは規定打席(446打席)以上の選手• 太字はリーグ最高。 338. 313. 283. 276. 264. 244. 295. 125. 294. 259. 197. 246. 292. 206. 179. 107. 206. 260. 231. 221. 237. 000. 253. 215. 000. 160. 000. 108. 167. 500. 200. 000. 333. 132. 173. 000. 104. 130 合計 5507 4823 599 1274 226 15 94 1812 563 55 37 121 35 483 45 1009 124. 264. 335 表彰選手 [ ]• 338(初受賞)• 〈外〉(2年連続4度目)• 109打点(初受賞)• ベストナイン〈一〉(初受賞)• 13勝(初受賞)• 226奪三振(2年連続2度目)• 敢闘賞 (初受賞)• 39S(初受賞)• MVP (初受賞)• 42HP(初受賞)• ベストナイン〈遊〉(2年連続5度目)• 〈遊〉(2年連続3度目)• ゴールデングラブ賞〈外〉(初受賞)• 〈投手7月〉(初受賞)• (7月) 達成記録・出来事 [ ]• - でに移籍したの人的補償にを獲得したことを発表• - 鶴岡一成の背番号を40に決定したことを発表し、またこれに伴いの背番号を40から36に変更したことを発表• - 3回戦()で2回にの放った飛球に対し、二塁手のと右翼手のが衝突し、西岡は頭部を打ち付けたことによりで搬送、福留は4回の攻撃終了時に交代する(後に西岡は・軽度の左肩鎖関節の・左右の第1で、福留は、などが判明)• - が2回戦()で6回にから二塁打を放ち通算3000塁打。 史上185人目• - が巨人5回戦()で2回二死からを二ゴロに打ち取り通算1000投球回。 史上337人目• - が4回戦(甲子園)で8回にから通算200本塁打。 史上99人目• - が広島6回戦(甲子園)で9回にから本塁打を放ち球団通算7500号本塁打。 史上8球団目• - が6回戦()で8回にから三振を奪い通算1000奪三振。 史上51人目• - が広島7回戦()で9回一死からを一邪飛に打ち取り通算1000投球回。 史上337人目• - が2回戦(甲子園)で5回にから安打を放ち通算1500安打。 史上115人目• - 福原忍が広島11回戦(マツダ)で8回から登板し通算500登板。 史上93人目• - ヤクルト15回戦(神宮)で20点をあげ、の広島16回戦(京セラドーム)で22点を取って以来の球団史上4度目の1試合20点以上• - 鳥谷敬が広島15回戦(京セラドーム)で通算1500試合出場。 史上183人目• - 能見篤史が中日19回戦(ナゴヤドーム)で4回にから三振を奪い通算1000奪三振。 史上51人目• - が23回戦(甲子園)で9回の守備から出場し通算1000試合出場。 史上467人目• - (甲子園)で広島に1勝1分で球団史上初の進出を果たした• - CSファイナルステージ(東京ドーム)で巨人に4勝1敗。 で球団史上初のCS制覇を果たし以来の9年ぶりの出場を決めた• - 日本シリーズでソフトバンクに1勝4敗で敗れる ドラフト指名選手 [ ].

次の

10月5日(土)開幕!プロ野球 クライマックスシリーズ セ ファーストステージ「横浜DeNAベイスターズvs.阪神タイガース」全試合を、CS放送

阪神 タイガース クライマックス

一方、ファイナルステージは主に日本テレビ系列で放送される。 放送が予定されているチャンネルを以下にまとめた。 2019シーズンの最初は、阪神は目立って不調というわけではなかった。 6月あたりは勝ち越すことも多く、リーグ内でも2位、3位を維持していた。 しかし、7月下旬からやや低迷し、最後まで4位が定位置になっていた。 最後の最後で3位になったのは、もはや奇跡としか言いようがない。 横浜DeNAとの今季対戦成績 ぎりぎり滑り込む形で3位になった阪神タイガースだが、実はファーストステージ突破への道は明るいのだ。 今期の横浜DeNAとの対戦成績は16勝1分8敗。 667の高勝率。 阪神がもっとも多く勝利をもぎとったのが横浜DeNAなのだ。 防御率も2. 64と、投手陣がしっかりと抑えていることがよく分かる。 巨人との今季対戦成績 一方、巨人との対戦成績は10勝15敗で勝率は. 400。 横浜DeNAとは真逆で、阪神がもっとも多く負けを喫したのが巨人なのだ。 防御率は4. 05と高得点を許しているのも気にかかる。 しかし、ファーストステージを圧倒的な力で潜り抜けて調子の波に乗れば、ファイナルステージも同じ勢いで進める可能性は充分にある。 阪神タイガースのCS注目選手 チーム全体で勝利をつかむことは野球の大原則だが、個人の力で勝敗が左右されるのもまた事実だ。 横浜DeNAと巨人に相性のいい選手を紹介するので、ぜひ注目してみよう。 横浜DeNAに相性のいい選手 横浜DeNAに対しては、投手陣も野手陣も総じてよい結果を出している今季の阪神タイガース。 そのなかでもとりわけ抑え投手のドリスに注目したい。 ただし、リーグ戦では5勝19セーブをあげているドリスだが、そのうちDeNAからは1勝4セーブと、とくに横浜DeNAに強いというわけではない。 しかし、この1勝4セーブがすべて7月3日までに偏っているのだ。 つまり、DeNAにとっては、ここ3カ月ほどはあまり対戦時間が長くはない投手ともいえる。 反対にいえば、DeNAの誰もがドリスを研究し尽くすほどには対戦していないのだ。 また、ドリスは今季4敗を喫しているが、DeNAには1回も負けていない点も強みだ。 ファーストステージの2戦、あるいは3戦でドリスを抑えに持ってくれば、勝利の方程式が完成するかもしれない。 巨人に相性のいい選手 5月、上原浩治が引退し、セ・リーグ最年長となった42歳の福留孝介。 2019シーズンは打率こそ. 256であったが、出塁率は. 347、10本の本塁打(阪神タイガース内では大山の14本、マルテの12本に続く)を放っている。 注目したいのは、この10本のうち4本は対巨人戦で打っているということだ。 チーム自体の巨人戦の勝率は4割と振るわないが、福留と巨人の相性がよいのは間違いない。 ところで、2019年5月5日、甲子園で福留孝介が放ったサヨナラホームランを覚えているだろうか。 このサヨナラホームランは、セ・リーグ通算5万本となる記念すべき1発でもあった。 さすが福留としか言い様のない劇的な幕切れに、敗者であったDeNAは福留に対する苦手意識を強くしたのではないだろうか。 ファーストステージ、ファイナルステージともに、福留の活躍が期待されるだろう。 まとめ.

次の

阪神タイガース

阪神 タイガース クライマックス

13 13:00• 13 12:00• 13 08:00• 13 05:03• 13 05:03• 13 05:02• 13 05:01• 13 05:00• 12 20:40• 12 18:48• 12 08:00• 12 05:03• 12 05:03• 12 05:02• 12 05:02• 12 05:00• 11 08:00• 11 05:03• 11 05:02• 11 05:01• 11 05:01• 11 05:00• 11 05:00• 10 22:13• 10 22:05• 10 21:42• 10 21:27• 10 20:39• 10 20:38• 10 19:16• 10 18:29• 10 18:27• 10 18:27• 10 14:03• 10 08:00• 10 05:03• 10 05:02• 10 05:02• 10 05:01• 10 05:01.

次の