喉 風邪 治す。 喉風邪の治し方や症状は?食べ物や市販薬は?

喉風邪の治し方!痛みを早く治したい方必見!

喉 風邪 治す

喉風邪の引きはじめの対処法 朝起きたら喉がおかしい…と思っていたら、翌朝はもう痛くて声も出せない…なんて経験はありませんか? 引きはじめに適切な対処をしておくと、このように酷くならずに済むかもしれません。 のどがおかしいと思ったらひどくなる前にまず うがいをしましょう。 余裕があればぬるい緑茶でうがいをすると殺菌効果があり、より効果的です。 一旦うがいをして喉をすっきりさせたら、首周りを温めましょう。 寒いところに入ると咳が止まらなくなるという経験はありますよね。 喉を冷やすと咳がひどくなり悪化する傾向にあります。 これ以上ひどくならないように、冬ならマフラー、夏ならタオルやストールを首に巻き、冷えないようにしましょう。 もし手持ちでカイロがあるなら首に貼るとより効果が高いです。 貼るタイプがなくてもタオルやハンカチに巻いて首にあてるようにすると良いですね。 喉が痛くなる前にこのような対処をすると、勘違いだったのかな?と思うぐらい症状が引くことがありますので是非試してみて下さい。 喉風邪を引いてしまった時の対処法 それでは、喉風邪を引いてしまった場合はどのような治療をしていけばいいのでしょうか。 自分で簡単にできる5つの対処法を紹介していきます。 濡れマスクを着用する 喉風邪はそのほとんどがウイルスの感染による喉の炎症です。 このウイルスは乾燥しているととても活発になります。 のどを乾燥させないように、外出時だけでなく無防備な就寝時にもマスクを着用しましょう。 マスクはできれば濡れマスクの方が効果が高いです。 のど飴を食べる のど飴を口に入れると常に唾液が出るため自然と喉がうるおいます。 のど飴を口に入れるのは濡れマスクをするのと同じ目的なのです。 喉にやさしい食事をとる レンコンは喉の炎症を抑える効果があるといいます。 特に 生レンコンの絞り汁は効果が高いようです。 レンコンの絞り汁が苦手という方は 大根おろしがおすすめです。 大根おろしも炎症を抑える効果があります。 喉に炎症がある状態で刺激物を食べたり、冷たいものを摂取すると痛みが増してしまします。 刺激の少ない温かいものを摂取するようにしましょう。 ツボを刺激する 背中の肩甲骨の間あたりにある 「風門」という風邪に効くツボをカイロで温めると効果があります。 背中部分を指で押すのはとても難しいですが、カイロを貼るだけなら簡単にできますね。 喉の痛い時だけでなく、風邪症状全般に効果がありますので試してみて下さい。 肘の内側の親指側にある 「上尺沢(かみしゃくたく)」というツボを押してみましょう。 このツボは呼吸器系の疾患全般に効果があるツボです。 試してみて下さい。 長ネギ・玉ねぎで殺菌する 昔から風邪を引いたらネギを首に巻くと良いといいますが、これは迷信だと思っている方も多いようです。 長ネギや玉ねぎに含まれる刺激成分は喉のウイルスに対する殺菌効果が期待できますので、試してみる価値はあるでしょう。 長ネギを首に巻く方法は意外と面倒です。 長ネギを2~3本用意し、10cmほどにカットして火であぶります。 お酒に浸してガーゼハンカチでくるんで喉に巻きます。 服や布団が汚れないような工夫が必要ですね。 もっと手軽に殺菌する方法として 玉ねぎのスライスを枕元に置くという方法があります。 これなら簡単にできますよね。 朝起きたら喉がすっきりしているということもあります。 一度試してみて下さい。 他の病気の可能性 喉風邪はいつの間にか治っているということが多いですが、長引く時は他の病気の可能性がありますので注意が必要です。 長引く喉の痛みは 急性声帯炎、急性咽頭炎、喉頭がんなどが原因の可能性があります。 放置せず早めに医療機関で相談しましょう。 喉に違和感があるときの病気はこちらで一覧にしてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。 風邪かな…と、少し喉に違和感を感じたら、うがいをして喉を温めましょう。 初期対策ができず喉風邪を引いてしまったら、喉の乾燥を防ぎ殺菌作用のある方法をためすと良いですね。 喉の痛みがいつまでも治らない場合は他の病気が隠れている可能性があります。 早めに医療機関で相談するようにしましょう。

次の

風邪に対する考え方(4)風邪を早く治すには?

喉 風邪 治す

目次 クリックするとスクロールします)• 喉風邪とは?早く治すコツは? 喉風邪とは、その名の通り、喉に痛みや不快感があり、風邪のひきはじめとされています。 正確には、 咽頭喉頭炎 いんとうこうとうえん と言います。 咽頭は、鼻口から入って気管の入り口までの部分を指し、口頭は気管の入り口から中に入った部分で、男性で言うと、ちょうど喉ぼとけの部分になります。 それぞれの部分の炎症で、 咽頭炎、喉頭炎という言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。 風邪のひきはじめとも言われる喉風邪ですが、喉が炎症を起こすことで様々な疾患がはじまります。 まずは、のどがいがらっぽくなりますから、咳やくしゃみが出ます。 炎症を鎮めるために、発熱を起こすことがありますし、異物を排出するために鼻水が多く出るようになるのです。 喉風邪の段階で、風邪にならないように早く治すのに越したことはないのですが、不規則な生活をしていたら治るものも治りません。 規則正しい食生活や、しっかりとした睡眠を取ることが風邪に進展しない、喉風邪の時点で治す早道なのです。 喉の痛みの原因は、冬の空気の乾燥した時期に起こります。 基本的に湿気が多いところでは喉風邪にかかりにくいと 言われています。 早く治すコツは、 生活習慣の改善が一番です。 また、喉が痛いのですから、喉に刺激を与えるような食べ物は控えるようにしなくてはいけません。 特に 辛い食べ物などは、炎症をさらに悪化させることになります。 温度の高い物も喉を痛めますから、ぬるい温度に冷まして食事をとるようにしましょう。 ・喉の痛み ・喉の違和感 ・発熱 ・声が出ない ・咳や痰が出る ・息がしにくい 以上が、喉風邪の症状となりますが、喉風邪ですから、喉の痛みが一番の症状になります。 これは喉が炎症を起こすことで始まります。 炎症は喉にウィルスが侵入することで起こります。 これも、いわゆる体のウィルスを撃退するための反応が炎症なのです。 そして、炎症が起こることでさらに体の免疫機能が働いて発熱が起こるのです。 また、喉風邪になると咳が出るようになることが多いです。 これは、炎症によって喉がいがらっぽくなることから起こります。 ウィルスを外部にばらまいてしまうという懸念がありますが、逆にウィルスを外に出す体の反応と考えてもいいかもしれません。 炎症がひどくなると、 声が出ないという症状に悩まされることがあります。 特に寝起きなどは、喉ががさがさになってしばらく声が出ないという経験をした人も少なくないでしょう。 この症状が一日中続く場合もありますから、喉を痛めないように日頃から注意する必要があるのです。 スポンサーリンク 喉風邪に効果ある食事は? 喉風邪で喉が痛いというのも、体の機能がしっかりと働いているということなのですが、声が出にくくなるなど、生活の根幹に関わることが多いです。 そのような中で、喉風邪に効果のある食事はどのようなものがあるのでしょうか。 はちみつ 炎症はウィルスと体が戦っている証でもあります。 それでも、この期間は喉の痛みに悩まされることになるのですが、 喉の痛みに効果があるのがはちみつなのです。 はちみつには、 殺菌作用があるため、ウィルスなどに罹患している喉の除菌に大いに役立ちます。 のど飴なども、喉風邪には効果がありますが、多くののど飴には、はちみつを含んでいることが多いのです。 大根 大根には 消炎作用があることが、広く知られています。 この消炎作用が喉の腫れを和らげてくれるのです。 大根をおろして飲みやすいスープとしてみるのもいいでしょう。 大根は、固くてそのままでは食べられないものですが、おろしたり、鍋にしたり、様々なレシピが存在しています。 どのような調理をしても、中の成分は逃げずにしっかりとその効果を発揮してくれる、優れものの食材なのです。 ネギ ネギが喉風邪に効果があるというのも地味に知られています。 昔から、喉風邪のときはネギを喉に巻いておけば治る、と言われるくらいに、ネギに含まれる ネギオールという成分が喉の炎症を抑えてくれるのです。 ネギは何にでも合います。 毎食毎にネギを食べるようにすると、喉風邪の痛みを抑えてくれるでしょう。 スポンサーリンク 喉風邪に効果ある市販薬は? 喉の痛いときは、薬に頼るのが一番です。 病院に行くには時間がなく、とりあえず喉の痛みをやわらげたい、と考えるのでしたら市販薬が大きな味方となるでしょう。 様々な市販薬が販売されていて、何にしようか悩むところですが、ここでは代表的と言える市販薬を3品紹介しています。 ペラックT錠 喉風邪には知る人ぞ知るという知名度のペラックT錠です。 このペラックT錠には、トラネキサム酸が配合されていて、炎症による痛みを緩和してくれます。 さらに、カンゾウ乾燥エキスの効果で、炎症による腫れをひいてくれるのです。 さらに、ペラックT錠の優れているところは、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンCが配合されていて、喉の粘膜を健やかに保つ効果があります。 銀翹散 ぎんぎょうさん 銀翹散 ぎんぎょうさん は喉の痛みに効果のある漢方薬です。 つばを飲み込むのも一苦労の痛みの際には是非とも服用したいものです。 大人が服用する一日の服用量3包に、銀翹散エキス粉末が5,900mg含まれています。 ルルアタックEX ルルアタックEXは喉の痛みだけではなく、発熱や鼻水、咳にも効果があります。 そのため、風邪のひき始めとなる喉風邪のときにはとても頼りになる市販薬なのです。 トラネキサム酸という成分がふんだんに含まれていて、喉の痛みを和らげてくれます。 さらに炎症に効果が高いとされている、イブプロフェンも配合されています。

次の

風邪を早く治すために!医師が教える「よく聞く風邪の治し方」本当のところは…

喉 風邪 治す

(1)ビタミンC 「ビタミンCは風邪のひき始めに摂ると、治るまでの期間が短くなるといわれています。 体内にウイルスが侵入すると、白血球がこれを撃退する役割を担いますが、ビタミンCは免疫細胞を活性化し、白血球のはたらきをサポートしてくれるのです。 また、ビタミンCは過剰に摂取しても不要な分は通常、尿として排出されるので、摂りすぎによる害もありません。 手軽にビタミンCを摂取したいなら、顆粒のビタミンC飲料に頼るのもアリでしょう」 (2)みかん 「みかんはビタミンCが豊富で抗酸化作用もあるため、風邪をひいた際に積極的に摂ってもよい食品の1つです。 成人の場合、ビタミンCの推奨量は1日あたり100mg。 みかん1個には35mgのビタミンCが含まれるので、1日3個食べれば推奨量を満たします」 (3)しょうが 「しょうがはからだを温めるはたらきがあるので、風邪を予防するにも早く治すのにも有効だといえるでしょう」 (4)ビタミンA 「緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、気道の粘膜を保護・強化するはたらきがあります。 風邪のウイルスは気道粘膜からからだに侵入しますから、そのバリア機能を高めるために、ビタミンAを積極的に摂るようにしましょう」 (5)栄養ドリンク 風邪をひいたときには、しっかり栄養をとるべきとはいえ、体調が悪いなか食事の準備をするのもなかなか大変……。 また、食欲がなくて食事が喉を通らないこともありますし、栄養ドリンクに頼っても大丈夫でしょうか? 「栄養ドリンクの主成分であるタウリンやビタミンBには、疲労回復や粘膜を正常に保つ効果があるので、風邪の症状改善に有効だといえます。 また、タウリンには肝臓のはたらきをサポートする効果も。 肝臓は、栄養をエネルギーに変換したり、老廃物や毒素を排出したりする臓器なので、風邪でからだが弱っているときに、栄養ドリンクでタウリンを摂取するのはよいと思います。 「卵酒が風邪によいとされるのは、卵が高級食材だった頃のなごりかもしれません。 栄養価の高い卵と、体を温めるお酒を組み合わせたものですから、昔の人は風邪のときに卵酒を重宝したのでしょう。 ただ、卵酒を飲めば風邪が早く治るという医学的なエビデンスはありません。 このため、ブルッと悪寒がするような風邪のひきかけ段階では有効だといえるでしょう。 他方、すでに発熱してしまった状態では、あまり効果が期待できません。 「市販の薬には、風邪の諸症状を緩和するさまざまな成分が含まれていますが、なかには患者さんの健康状態に悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。 たとえば、先日、高齢の男性患者さんが、前立腺肥大が増悪して来院されました。 抗コリン作用のある市販の風邪薬を服用したのが原因です。 このほか、市販の風邪薬のなかには、緑内障など眼圧が高いかたは避けたほうがよいものもあります。 たしかに、市販の風邪薬は便利ですが、患者ひとりひとりの症状や体質などに合ったものとは限らないので、より安全を期すなら病院で処方してもらうほうが望ましいでしょう」 最後に、「風邪を早く治すために最も気をつけたいことは?」と質問したところ、「十分な栄養と休息」とのことでした。 うっかり風邪をひいてしまったら、今回ご紹介した方法で、できるだけ症状を長引かせないようにしましょう。

次の