東京 医科 歯科 大学 歯学部 付属 病院。 歯科大学/歯学部附属病院

東京医科歯科大学歯学部付属病院。ココで私がした経験を他の方もされたか...

東京 医科 歯科 大学 歯学部 付属 病院

歯学部附属病院は、4つの診療科、27部門の診療外来を備えた、わが国で最も大きな歯科病院です。 高度な医療を提供することはもとより、昨今の歯科医療に対する患者さんのニーズの多様化に対応すべく、専門外来を設け、どのような患者さんも受け入れることができるよう努力しています。 う蝕、歯周病、不正咬合などの歯科疾患の保存治療、口腔外科治療、補綴治療を行う外来だけでなく、ペインクリニック、歯科心身医療外来、顎関節治療部、顎義歯外来、スポーツ歯科外来、言語治療外来、インプラント外来、快眠歯科(いびき無呼吸)外来、摂食嚥下リハビリテーション外来、息さわやか外来、口腔ケア外来、歯科アレルギー外来などがあり、あらゆる口腔・顎顔面領域の疾患に対応できる設備・人材を有しています。 歯学部附属病院内には口腔外科を中心とした手術室と60床の入院設備が整っています。 一方では歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の養成機関としての役割もあり、学部学生の臨床実習や卒業後の臨床研修なども活発に行われ、我が国の歯学部卒業生に最も人気の高い研修施設としての評価を得ています。 外来患者数は約1800人/日、入院患者数は延べ1万8000人/年と多く、この数は年々増加傾向にあります。 2005年7月には歯科病院として初めて日本医療機能評価機構による認定を受け、質の高い医療サービスを提供できていると評価されました。 平成27年に「先端歯科診療センター」を新設しました。 「先端歯科診療センター」とは高度で専門的な歯科治療を効率的に提供することを目的として、各専門診療科で行っている治療を、複数科の歯科医師がチームで包括的に行うセンターです。 専門診療科で行っている歯科治療を先端的な方法を用いてより計画的に効率良く行うことができます。

次の

東京医科歯科大学

東京 医科 歯科 大学 歯学部 付属 病院

電話番号 03-3813-6111 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-17:00 09:00-17:00 09:00-17:00 09:00-17:00 09:00-17:00 ー ー ー クレジットカード 利用可 JCB, Diners Club, VISA, MasterCard, 中国銀聯, American Express, DISCOVER 指定病院 駐車場 あり 有料:303台 管理医師 大川 淳 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、 外科系 、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 精神科系 その他 、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、、、、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、、、、、、、、 産婦人科系 、、、、、 小児科系 、、 リハビリ・麻酔系 、、 検査系 、、、、、 精神科系 、、 歯科・その他 、、 専門外来 脳・神経系 呼吸器系 、 消化器系 循環器系 、、 耳鼻咽喉科系 、、 眼科系 アレルギー・内分泌系 、、 整形外科系 、 産科・婦人科系 歯科・口腔外科系 精神科系 その他系 実施治療 実施治療 糖尿病 下肢静脈瘤 大動脈瘤 花粉症 突発性難聴 、 耳鳴り 尿失禁 、 出産・分娩 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、、、、 先進医療 脳・神経・眼科系 、、 小児科、先天異常系 呼吸器・消化器・内分泌・感染症系 脳・呼吸器・消化器系のガン 、 婦人科系・泌尿器・内分泌・皮膚・小児系のガン 内科系 泌尿器系 母が亡くなって2年経ちます。 こちらの病院にお世話になったことで、彼女は穏やかな最期を迎えられたと思います。 末期癌の方、末期癌のご家族をお持ちの方の参考になればと思い、長文になりますが書かせてい... 母が亡くなって2年経ちます。 こちらの病院にお世話になったことで、彼女は穏やかな最期を迎えられたと思います。 末期癌の方、末期癌のご家族をお持ちの方の参考になればと思い、長文になりますが書かせていただきました。 母は直腸癌が肝臓と肺に転移しており、肝転移は多発性で腹水も出現している状態で入院しました。 根治的な切除はできない状態であり、全身化学療法を行いながら2年近く通院し、最後は通院できなくなり、救急車で運ばれ入院し、緩和ケア病棟で最期を迎えました。 母の最大の心配事はお金でした。 癌を治して良くなりたいということより、入院費、治療費、その他諸々の方が心配でした。 また彼女の場合、癌は根治不能でしたので、亡くなるのに治療しても仕方がない、化学療法で体力が落ちて何も出来なくなるよりはやらないで死んだほうがいいと思うことも多々あったようですが、末期癌の状態で化学療法をして結局2年以上生存でき、最期は緩和ケア病棟で充分なケアを受けて亡くなる事ができたので本人も穏やかな気持ちで旅立つ事ができたと思います。 どこの病院でも恐らく同じだとは思いますが、患者として、患者の家族として何が最もありがたかったかというと、明確にどうなっていくのか、何が必要かを教えていただいたことです。 例を示しますと、 * 担当医の先生による病状の説明、今後どのように変化していくのか * 担当医とソーシャルワーカーと既に話し合いが持たれており、ソーシャルワーカーに会った際は今後のことについて詳細に話し合いができたこと(どの位お金がかかるのか、最期を迎える場所、どのような公的支援が得られるのか等) * 担当医、ソーシャルワーカー、地域包括との連携体制が整っていたこと 最終的には、母が化学療法の予約があるのに来なくなったため、担当医の先生が心配されて連絡をくださいました。 (これは恐らく私が海外在住のためだと思いますが。 ) 地域包括が体制を整えて訪問看護をアレンジしてくださっていたのですが、お金を心配した母がキャンセルしていたため、状態が悪くなっていた事が医師に伝わっていませんでした。 医師から連絡があったのち、家族に連絡を取ると、母はもう何も口にする事が出来ず、一人で動く事ができない状況でした。 結局救急車で病院に運ばれ入院となりました。 肝転移の増悪による胆管炎から敗血症になっていました。 そしてその後すぐに脳梗塞を発症し右半身に麻痺が残りました。 (癌が非常に進行すると脳梗塞を起こしやすくなるそうです) 医師から今後の説明として、以下4点を伺いました。 1.通常、脳梗塞を起こした人はリハビリによる社旗復帰を目指しますが、母の場合は癌の末期状態になっているのでリハビリよりも癌の緩和ケアを優先することになります。 2.1月のCTを参考に癌がこのまま進行すると予想すると1か月前後で肝不全になると思われ、肝不全になれば生命は維持できません。 3.胆管炎と敗血症が改善しない場合は、多臓器不全になって亡くなります。 4.脳梗塞は癌が原因と考えられ、今後も脳梗塞が起こるリスクがあります。 この説明の後しばらくして、緩和ケア病棟に空きができたため、そちらに移る事ができるようになりました。 その際には以下の説明を受けました * 緩和ケアに移る際にそちらの婦長さんから緩和ケア病棟の説明 * 緩和ケア病棟の医師による今後どのような経過をたどって亡くなっていくかの説明 緩和ケア病棟では、患者や家族が穏やかに過ごせるような様々な気遣いが感じられましたし、看護師さんの心遣いが素晴らしく、非常に助かりました。 例えば普通病棟だと食事に関して様々な制限がありますが、緩和ケア病棟では本人が食べたいというなら(実際にはもう食べ物を咀嚼する事ができなくなっていましたが)持ち込んでもよかったですし、桜が見たいと言われれば桜の切り花を買ってきて病室や共有スペースに飾ることも許可していただきました。 また幸いにも個室を使わせていただく事ができたので、私は夜間は病室から仕事をして、日中は母の欲しい物やして欲しい事をしてあげながら側にいる事ができました。 看護師さんと一緒に、動けない母の体制を変えてあげて、手足をマッサージしてあげたり、とても和やかに時間を過ごしました。 担当医の先生からリハビリよりも緩和ケアを優先と言われていましたが、手足を伸ばしたりするリハビリをしてくださる方も定期的に来ていただいたりして、若い人(お兄さん)と触れ合えて母は楽しそうでした。 外科の担当医の先生がおっしゃっていたように、救急車で運ばれた約1ヶ月後に母は永眠しました。 緩和ケア病棟の担当医の先生が、どのような過程を辿って亡くなっていくのかを事前に教えて下さっていたので、母の変化を見ても心の準備ができていましたし、実際に先生がおっしゃったような状態を経て亡くなっていきました。 亡くなった後、看護師さんと一緒に母を綺麗にしてあげました。 母に洋服を着せ、お化粧をしてあげて、看護師さんと和気あいあいと楽しく送ってあげられました。 例え亡くなっていても、マスカラをつけるのは必須だなと思いました。 外科病棟や化学療法でお世話になっていた看護師さんや、外科の担当医の先生が亡くなった母の元に来てくださいました。 とても有り難く、温かい気持ちになりました。 亡くなった母が何を思って亡くなって行ったかはわかりませんが、送る側としてはこの病院にお世話になって本当に良かったと思います。 患者や家族の不安となる事を全て取り除くことはできませんが、その助けとなる道を示してくださり、治療や治療方針を明確に立てていただき、ソーシャルワーカーを間に地域包括や、支援体制を明確にして、最終的に緩和ケアに導いてくださいました。 外科でお世話になっている際は、化学療法をしたお陰で2年も長く生きる事ができました。 本人は辛いことしか無かったかもしれませんが、そのお陰でほとんど縁が切れていた母と繋がる事ができました。 その先に死しか残されていない時に、本人にも残される者にもできることは多くありませんが、この病院の体制の中、緩和ケア病棟で安心して旅立てたと思います。 担当の医師、看護師、ソーシャルワーカーの方には大変お世話になりました。 本当にこちらの病院にお世話になって良かったと心から思います。 ありがとうございました。 耳の閉塞感、めまいがあって耳鼻科に通院しましたがその時担当された先生の対応がひどいものでした。 [そんな事は無い][そんな事は出来ない]と仰るのですが、何故そうなのかという説明が一切なく患者の辛い気... 耳の閉塞感、めまいがあって耳鼻科に通院しましたがその時担当された先生の対応がひどいものでした。 [そんな事は無い][そんな事は出来ない]と仰るのですが、何故そうなのかという説明が一切なく患者の辛い気持ちを理解しての返事がおりませんでした。 今まで色々な先生にお世話になりましたが、こんな先生に出会ったのは初めてです。 治したい一心で時間とお金を使って何回か通院しましたが、この先生は変わらないと思い転院を決めました。 御茶ノ水駅すぐの大学病院。 地下鉄の丸の内線では駅直結で便利です。 かかりつけの先生から紹介を受けて小児科を受診しました。 大学病院だけあってとても混んでいます。 かかりつけのクリニックでは設備がなく精密... 御茶ノ水駅すぐの大学病院。 地下鉄の丸の内線では駅直結で便利です。 かかりつけの先生から紹介を受けて小児科を受診しました。 大学病院だけあってとても混んでいます。 かかりつけのクリニックでは設備がなく精密検査を受けに行きました。 幸いなことに異常が見つからず、またかかりつけの病院に戻ることになりました。 基本的には医科歯科でずっと診てもらうことは出来なくて、医科歯科でしかできない検査や治療が終わったらまたかかりつけに戻ると説明されました。 1時間以上は毎回待つことを覚悟していく感じではありましたが、先生やスタッフの方の対応はとても丁寧でした。 横柄な感じがなく、親切に対応してくださいます。 五年ほど前に顎関節症でお世話になったのですが、先日再発したため再度通院。 専門の科があり、あまり待たされることなく診察を受けられました。 さすがに当時の担当医はいませんでしたが。 今回、担当して下さ... 五年ほど前に顎関節症でお世話になったのですが、先日再発したため再度通院。 専門の科があり、あまり待たされることなく診察を受けられました。 さすがに当時の担当医はいませんでしたが。 今回、担当して下さった先生は若い男性医師で、資料を見せながら症状やリハビリの仕方を丁寧に説明して下さいました。 私の場合、歯の食いしばりが強いようで「顎リラックス」や「両親指を口の中に入れ、開口する」リハビリ ? を教わり、家でおこなうようにと指導を受け、毎日お風呂の中 一番リラックスできる などでおこない、二か月でだいぶ口が開くようになりました。 マウスピースを使って治療するところもあるようですが、自分のペースで無理なくできるため、私にはこちらの治療が合っていたように思います。 食事をするのも辛かった顎関節症がだいぶ改善したため、通院して良かったです。 地元の歯医者さんより紹介状を頂いたため、親知らずの抜歯をするために訪問。 親知らずの生え方などは事前に情報共有されていた様子で、初めて訪問した日に抜歯することになりました。 抜歯というよりはもはや... 地元の歯医者さんより紹介状を頂いたため、親知らずの抜歯をするために訪問。 親知らずの生え方などは事前に情報共有されていた様子で、初めて訪問した日に抜歯することになりました。 抜歯というよりはもはや口腔外科の領域で、手術レベルの施術内容だったかと思います。 30分程度で4分割にされ抜歯された親知らずを見せてもらい、手術完了。 麻酔が抜け始めたら痛くなると思いますので、と痛み止めを2週間分いただきました。 予定通り抜歯の痛みが襲ってきましたが、出血自体は早い段階で止まり、後日抜糸の際はそこまで痛みを感じずにスムーズに抜いてもらうことができました。 今回は右下の親知らずを抜きましたが、まだ左下、両上部の親知らずがあります。 抜歯の際は再度こちらにお世話になりたいと思います。 専門医• 専門外来• 治療法•

次の

ごあいさつ

東京 医科 歯科 大学 歯学部 付属 病院

歯学部附属病院は、4つの診療科、27部門の診療外来を備えた、わが国で最も大きな歯科病院です。 高度な医療を提供することはもとより、昨今の歯科医療に対する患者さんのニーズの多様化に対応すべく、専門外来を設け、どのような患者さんも受け入れることができるよう努力しています。 う蝕、歯周病、不正咬合などの歯科疾患の保存治療、口腔外科治療、補綴治療を行う外来だけでなく、ペインクリニック、歯科心身医療外来、顎関節治療部、顎義歯外来、スポーツ歯科外来、言語治療外来、インプラント外来、快眠歯科(いびき無呼吸)外来、摂食嚥下リハビリテーション外来、息さわやか外来、口腔ケア外来、歯科アレルギー外来などがあり、あらゆる口腔・顎顔面領域の疾患に対応できる設備・人材を有しています。 歯学部附属病院内には口腔外科を中心とした手術室と60床の入院設備が整っています。 一方では歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の養成機関としての役割もあり、学部学生の臨床実習や卒業後の臨床研修なども活発に行われ、我が国の歯学部卒業生に最も人気の高い研修施設としての評価を得ています。 外来患者数は約1800人/日、入院患者数は延べ1万8000人/年と多く、この数は年々増加傾向にあります。 2005年7月には歯科病院として初めて日本医療機能評価機構による認定を受け、質の高い医療サービスを提供できていると評価されました。 平成27年に「先端歯科診療センター」を新設しました。 「先端歯科診療センター」とは高度で専門的な歯科治療を効率的に提供することを目的として、各専門診療科で行っている治療を、複数科の歯科医師がチームで包括的に行うセンターです。 専門診療科で行っている歯科治療を先端的な方法を用いてより計画的に効率良く行うことができます。

次の