あいらぶ歌詞。 piapro(ピアプロ)

[ あいらぶmusic ]

あいらぶ歌詞

楽曲の基本情報 今回紹介していく 「I LOVE…」は、人気沸騰中の国内バンド、Official髭男dismのシングル曲。 また同楽曲は上白石萌音と佐藤健が共演するTBSドラマ 「恋はつづくよどこまでも」主題歌の表題曲であり、そのために書き下ろされたナンバーになります。 つまり楽曲に込められたメッセージを真に読み取っていくためには、大まかな ドラマの理解が必須なのですが、、、これに関してはOfficial髭男dismさん本人がコメントを残しています。 それが以下。 今回、「I LOVE…」という曲を作りました。 リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです。 この前情報だけで、楽曲の雰囲気に共通する愛の深さが伝わってくる。 MVでも世界中に存在するたくさんの愛の形が描かれていましたね。 髭男が綴る 「広義的な愛 LOVE 」はどのように表現されているのでしょうか。 さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「I LOVE…」とは まずは楽曲タイトルについて 「I LOVE」とはシンプルに和訳すると 私は愛している。 という意味になります。 楽曲タイトルとしての「I LOVE」も間違いなく上記の意味であるのですが、語尾に敢えて付けられた 「…」が奥ゆかしさを感じさせますね。 愛ひいては感謝の歌。 藤原さんはそれをどのように言語化したのでしょうか。 スポンサーリンク 歌詞 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 見えない物を見て笑う君の事を 分かれない僕が居る 美しすぎて目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて生きている I Love I Love 不恰好な結び目 I Love I Love 手探りで見つけて I Love Your Love 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も レプリカばかりが飾られた銀河 カーテンで作られた暗闇 嘆く人も居ない 鼠色の街の中で I Love その証を抱き締めて 喜びも悲しみも句読点のない想いも 完全に分かち合うより 曖昧に悩みながらも 認め合えたなら 重なる愛の中 濁った感情の中 瞬きの僅かその合間に 君がくれたプレゼントはこの やけに優しい世界だ イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに大切な光に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 受け取り合う僕ら 名前もない夜が更けていく 作詞作曲:藤原聡 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も まず前提として、冒頭文でも述べたように 親から子供に向けての愛 という視点を軸にして歌詞の考察を進めていきます。 生きている景色に君が入ってきた瞬間、つまりは君がこの世に生まれてきてくれた瞬間、僕の世界は一変する。 1番では 僕から見た君の輝き が強く強調されて描かれており、自分を変えてしまうほどの影響力を持つ存在の大きさ、ひいては 出会えたことの喜びがこれでもかと言うくらい凝縮されています。 不思議な引力で君へ吸い込まれる僕は、いつも君のことばかり考えている。 それくらい君に対する愛は絶対的なもの。 これから展開されていく歌詞はさらに愛に溢れています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 藤原さんは楽曲について 「人生を彩る全ての大切な存在へ」とコメントを残していましたが、まさに 「彩る」という言葉通りに色彩的な表現で心情の表現がなされています。 特に秀逸的なのは 水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具 という歌詞表現であると個人的に思っており、本来「透明」であった水の中に「色鮮やかなインク」が混じった。 インクが滲んだようなジャケット写真の伏線回収ですね。 こんなにも燦然 キラキラした 存在がいるなんて、僕にとっては本当にイレギュラー。 予測の範疇を超えた愛おしさは、まさに人生の例外。 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて ここの歌詞に関しては• 子供に対する愛情• パートナーに対する感謝 のどちらに当てはめても筋が通る、とにかく感謝と愛情に溢れた内容だなと感じました。 君にとっては普通のことかも知れない。 だが僕にとっては君の存在が、ひいては当たり前に一緒にいてくれる家族の存在が心から嬉しいものなのだ。 なんせ家族は人生に色を与えてくれた特別な存在なのだから。 ここでふと感じたことが1つ。 それは藤原さんが綴る色彩的な愛情表現ってとても素敵だなと。 というのは別楽曲でも 素敵な解釈ですね! ただ2番は僕は違う解釈でした。 もっと切なさを感じてるのかなと。 自分が見えなくなってしまった世界を感じれられる子供に対し、眩しいくらいの純粋さを感じ、それが分からない自分自身に劣等感を感じている。 なんとか君の世界観に近づきたくて君との間にある結び目を見つけて解いては絡まる、そんな事を繰り返してる。 大人たちが作ったレプリカだらけの世界、人工的に作られた暗闇、まるで白黒みたいな無機質な世界かもしれないけど、自分があなたを愛してることが生の証なのだとかんじて、あなたを抱きしめる。 という理解でした、その方がラスサビにつながるかなと。 とにもかくにも想像力かきたてるいい歌詞ですよね! 素敵な解釈ですね! いろんな解釈ができそうです。 僕は大前提としてなぜI LOVE YOUとはっきり言えないのか、と言う疑問が残ります。 子が親に対してI LOVE YOUとはっきり言えないなんてことはないと思います。 僕はプリテンダーで言われるのと同じく不倫の歌だと思ってます。 もしくは教師や生徒など世間的に歓迎されないような関係。 はっきりI LOVE YOUと言ってしまえない苦悩があると感じます。 どう言う関係なのか、不格好な結び目を解いて、絡まって、、、 逆に名前のある夜は誰と過ごしているのだろうとか考えます。 このI LOVE…とプリテンダー、イエスタデイも不倫の歌だと思ってます。 藤原さんは法の前に人として愛してしまうことと現実の世界での狭間の心情を歌っているからヒットするのだと思います。 今世間からめちゃくちゃ叩かれる不倫ですが、それを含めながら楽曲に乗せてヒットさせ、国民的歌番組である紅白で歌ってしまう藤原さんはさながらバンクシー的な天才感を感じます。 雑誌などのパブリックコメントも仕掛けの様な気がしてなりません。 ちなみに不倫は当事者同士の問題で肯定も否定もしませんが、反倫理的行為であって、反社会的行為とは言わないかと。

次の

あい・らぶ・ゆうを聞かせて(天童よしみ)歌詞

あいらぶ歌詞

ええ自分で(泣笑) 今回は私の中では、横アリほどの嫌な気持ちにはなりませんでした。 好きになったきっかけは、「 伝説男」を聞いて面白くて、色々聞き始めた。 の順かな Q:ケツメイシはあなたにとってどんな存在? A:楽しい時、寂しい時、どんな時も必要な存在かな Q:バトンを廻す3人は? A:まだ探してないです~これから探します! Q:最後にあなたがどれだけ好きかアピールしてください A:ん~なかなか文章にするのは難しいですが、ケツメイシの印象は頭がいい歌詞だなって感じます。 そしてやさしい歌詞だなとも思います。 いやいやまいりました。 友達が旭川から来てからの会場乗り込みだったので、どうあがいても12時過ぎ。 本当は朝から何も食べてなくて食べたかったけど前の埼玉スーパーアリーナの様に完売しても嫌だったから、とりあえず様子見。 「・・・・!!!!」 と、無言で並び始めました。 終わりの見えないグッズ販売最後尾。 ようやく最後尾を見つけ気さくな気持ちで並び始める 一時間経過・・・・ 進みはするがいまだグッズ販売場所がどこなのか??? 二時間経過・・・・ 進みはするがいったいどこへ連れて行かれるのか??? 三時間経過・・・・ 進みはするが「ん?」販売場所発見! 三時間半経過・・・ようやくグッズを沢山持って金額分の袋も持って袋の上でケツTが滑りまくり、落ちまくり。 グッズ販売場所が見える位置まで移動した時、後ろの倉庫(?)から在庫出して来たんだけど・・そのダンボールには「二日目」の文字が太いペンにて記入あり。 そ、それを出すということはぁ・・明日はぁぁ・・この時点で3時くらいでした。 なんでも構わない。 腹に入れなければ参戦は出来ない!! 何もついてないトーストをパクつきコーヒーを飲み、いよいよ参戦! おっと着替えてなかった。 腰は重く腹は痛く、そしてペコペコ。 はたして最後まで戦えるのか・・・ でも私は以前、ブロック席で死ぬ思いをしたので今回は指定にしてみましたので上から見ていましたが、ブロックの柵を乗り越えたりブロックを移動したり、かなり自由に行動しているように見えました。 気のせいかな!? つーか、いいのかな!? ----ケツメライブ(幕降りてスタート)----- 「キャーっっ!!!!」 一切の心配は無用でした(笑) 腹減りも何のその。 つーかいちいち話いらないよねー。 曲を連続でいいって感じぃ。 ま、三十路ボンバイエな私にとって内容はぴったりなもんですのでね。。。 と、言うのはさておき、主に「ケツノポリス4」の曲でした。 明日のライブ目指して 「 ケツノポリス4」を聴きまくってきたのですごく楽しみ。 私のアルバムの曲でオススメは・・・ 1位「上がる」 2位「ケツメンサンバ」 3位「三十路ボンバイエ」 4位「東京」 ・・・とりあえずこれですかね~ 今回のアルバムはなんか少しロックが入っていたように感じました。 ケツメイシのライブグッズのTシャツはここQUENCHとのコラボで作られていてとってもオシャレ~.

次の

あい・らぶ・ゆうを聞かせて(天童よしみ)歌詞

あいらぶ歌詞

楽曲の基本情報 今回紹介していく 「I LOVE…」は、人気沸騰中の国内バンド、Official髭男dismのシングル曲。 また同楽曲は上白石萌音と佐藤健が共演するTBSドラマ 「恋はつづくよどこまでも」主題歌の表題曲であり、そのために書き下ろされたナンバーになります。 つまり楽曲に込められたメッセージを真に読み取っていくためには、大まかな ドラマの理解が必須なのですが、、、これに関してはOfficial髭男dismさん本人がコメントを残しています。 それが以下。 今回、「I LOVE…」という曲を作りました。 リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです。 この前情報だけで、楽曲の雰囲気に共通する愛の深さが伝わってくる。 MVでも世界中に存在するたくさんの愛の形が描かれていましたね。 髭男が綴る 「広義的な愛 LOVE 」はどのように表現されているのでしょうか。 さっそく楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「I LOVE…」とは まずは楽曲タイトルについて 「I LOVE」とはシンプルに和訳すると 私は愛している。 という意味になります。 楽曲タイトルとしての「I LOVE」も間違いなく上記の意味であるのですが、語尾に敢えて付けられた 「…」が奥ゆかしさを感じさせますね。 愛ひいては感謝の歌。 藤原さんはそれをどのように言語化したのでしょうか。 スポンサーリンク 歌詞 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 見えない物を見て笑う君の事を 分かれない僕が居る 美しすぎて目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて生きている I Love I Love 不恰好な結び目 I Love I Love 手探りで見つけて I Love Your Love 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も レプリカばかりが飾られた銀河 カーテンで作られた暗闇 嘆く人も居ない 鼠色の街の中で I Love その証を抱き締めて 喜びも悲しみも句読点のない想いも 完全に分かち合うより 曖昧に悩みながらも 認め合えたなら 重なる愛の中 濁った感情の中 瞬きの僅かその合間に 君がくれたプレゼントはこの やけに優しい世界だ イレギュラー 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに大切な光に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて 受け取り合う僕ら 名前もない夜が更けていく 作詞作曲:藤原聡 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 僕が見つめる景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつも卒なくこなした日々の真ん中 不思議な引力に逆らえず崩れてく I Love なんて 言いかけてはやめて I Love I Love 何度も まず前提として、冒頭文でも述べたように 親から子供に向けての愛 という視点を軸にして歌詞の考察を進めていきます。 生きている景色に君が入ってきた瞬間、つまりは君がこの世に生まれてきてくれた瞬間、僕の世界は一変する。 1番では 僕から見た君の輝き が強く強調されて描かれており、自分を変えてしまうほどの影響力を持つ存在の大きさ、ひいては 出会えたことの喜びがこれでもかと言うくらい凝縮されています。 不思議な引力で君へ吸い込まれる僕は、いつも君のことばかり考えている。 それくらい君に対する愛は絶対的なもの。 これから展開されていく歌詞はさらに愛に溢れています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな イレギュラー 藤原さんは楽曲について 「人生を彩る全ての大切な存在へ」とコメントを残していましたが、まさに 「彩る」という言葉通りに色彩的な表現で心情の表現がなされています。 特に秀逸的なのは 水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具 という歌詞表現であると個人的に思っており、本来「透明」であった水の中に「色鮮やかなインク」が混じった。 インクが滲んだようなジャケット写真の伏線回収ですね。 こんなにも燦然 キラキラした 存在がいるなんて、僕にとっては本当にイレギュラー。 予測の範疇を超えた愛おしさは、まさに人生の例外。 独りじゃ何ひとつ気付けなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I Love その続きを贈らせて ここの歌詞に関しては• 子供に対する愛情• パートナーに対する感謝 のどちらに当てはめても筋が通る、とにかく感謝と愛情に溢れた内容だなと感じました。 君にとっては普通のことかも知れない。 だが僕にとっては君の存在が、ひいては当たり前に一緒にいてくれる家族の存在が心から嬉しいものなのだ。 なんせ家族は人生に色を与えてくれた特別な存在なのだから。 ここでふと感じたことが1つ。 それは藤原さんが綴る色彩的な愛情表現ってとても素敵だなと。 というのは別楽曲でも 素敵な解釈ですね! ただ2番は僕は違う解釈でした。 もっと切なさを感じてるのかなと。 自分が見えなくなってしまった世界を感じれられる子供に対し、眩しいくらいの純粋さを感じ、それが分からない自分自身に劣等感を感じている。 なんとか君の世界観に近づきたくて君との間にある結び目を見つけて解いては絡まる、そんな事を繰り返してる。 大人たちが作ったレプリカだらけの世界、人工的に作られた暗闇、まるで白黒みたいな無機質な世界かもしれないけど、自分があなたを愛してることが生の証なのだとかんじて、あなたを抱きしめる。 という理解でした、その方がラスサビにつながるかなと。 とにもかくにも想像力かきたてるいい歌詞ですよね! 素敵な解釈ですね! いろんな解釈ができそうです。 僕は大前提としてなぜI LOVE YOUとはっきり言えないのか、と言う疑問が残ります。 子が親に対してI LOVE YOUとはっきり言えないなんてことはないと思います。 僕はプリテンダーで言われるのと同じく不倫の歌だと思ってます。 もしくは教師や生徒など世間的に歓迎されないような関係。 はっきりI LOVE YOUと言ってしまえない苦悩があると感じます。 どう言う関係なのか、不格好な結び目を解いて、絡まって、、、 逆に名前のある夜は誰と過ごしているのだろうとか考えます。 このI LOVE…とプリテンダー、イエスタデイも不倫の歌だと思ってます。 藤原さんは法の前に人として愛してしまうことと現実の世界での狭間の心情を歌っているからヒットするのだと思います。 今世間からめちゃくちゃ叩かれる不倫ですが、それを含めながら楽曲に乗せてヒットさせ、国民的歌番組である紅白で歌ってしまう藤原さんはさながらバンクシー的な天才感を感じます。 雑誌などのパブリックコメントも仕掛けの様な気がしてなりません。 ちなみに不倫は当事者同士の問題で肯定も否定もしませんが、反倫理的行為であって、反社会的行為とは言わないかと。

次の