胃痛 食べ物 おすすめ。 胃が痛い時の食事について!良い食べ物や飲み物まとめ!

胃痛を治す食べ物でおすすめは?効く理由やお手軽レシピも紹介

胃痛 食べ物 おすすめ

Sponsored Link 胃に負担をかけない食事のポイント 胃の痛みが出る理由には様々なものが考えられますが、多くは食生活の乱れや胃に負担のかかる食事の摂りすぎ、ストレスなどによって起こる胃の荒れが原因です。 食事で言えば、 アルコールやカフェイン、脂っこいもの、甘いもの、辛いもの、冷たすぎるものや熱すぎるものの摂りすぎは、胃が荒れる原因になると考えておきましょう。 つまり、 胃の荒れによる胃痛を早く治すためには、こういった胃に負担のかかる食べ物や飲み物を避けて食事をする必要があるというわけですね。 では、どんな食事が胃に負担をかけないのかというと、簡単に言ってしまえば以下のような特徴を持つ食べ物や飲み物ですね。 消化の良いもの• 刺激の少ないもの• 胃の粘膜を保護してくれるもの 消化の良いもの、刺激の少ないものを摂ることで、胃の仕事量を最小限に抑えることが出来ます。 また、自分の胃酸で胃が荒れないように、胃の粘膜を保護してくれるものも効果的と言えますね。 胃の荒れは、胃に負担さえかけなければ数日で良くなる症状です。 つまり、 胃に余計な負担をかけず、胃を出来るだけ休めることの出来る食事こそ、胃の痛みを早く治す食事というわけですね。 Sponsored Link 胃が痛い時に良い食べ物や飲み物 食べ物を食べると胃が痛い場合、「食事をしない方が良いのかも…?」と考えてしまいがちですが、実は少し違います。 確かに、胃を休めるのに最も効率の良い方法は食事を食べないことなのですが、 荒れた胃を治すためには、エネルギーも必要です。 食事を摂らないとエネルギーが十分に補給出来ませんから、 胃の痛みを自宅で治療するには、しっかりと食事を摂ることが必要になるというわけですね。 また、 栄養もバランス良く摂るのがベストです。 特にたんぱく質は、荒れた胃の粘膜を治すために必要な栄養素なので、しっかりと食べるようにしましょう。 以下では、胃が痛い時におすすめの食べ物や飲み物をまとめておきます。 この中から、好きなものをバランスよく摂るようにしてください。 炭水化物• おかゆ• 煮込みうどん• にゅうめん• 食パン 炭水化物の中でも柔らかいもの、刺激物などが含まれていないものが消化に良いのでおすすめです。 ただ、同じ炭水化物でも玄米やそば、コーンフレーク、ラーメンなどは消化によくありませんので、注意をしておきましょう。 たんぱく質• 豆腐、高野豆腐• たまご豆腐• きな粉• 半熟たまご• 鶏ささみ、鶏ひき肉• 白身魚• はんぺん• 茶碗蒸し たんぱく質についても、柔らかいものや刺激物が含まれていないものが胃に優しい食べ物になりますね。 ただ、肉や魚については、脂が少ないものを選ぶようにしましょう。 脂の多いベーコンやソーセージ、脂身などはNGです。 キャベツ• ほうれん草• じゃがいも 野菜については、消化の良いものと悪いものが存在します。 食物繊維の多い野菜は胃に負担がかかると考えておきましょう。 例えば、ごぼうやれんこん、たけのこ、こんにゃく、キノコ類などは食物繊維が多く、胃に負担がかかってしまいます。 上に箇条書きしているような消化の良い野菜を使うようにしましょう。 りんご• バナナ• 白桃(もも) 風邪の時にもよく出てくるりんご、バナナ、白桃の3つが胃に優しい果物ですね。 すりおろしたりジュースにすると、より胃腸に負担がかかりにくくなりますよ。 一方、その他の果物は食物繊維が豊富で胃に負担がかかりやすく、あまりおすすめ出来ません。 特にレモンやキウイ、ブルーベリー、梨などは避けておいた方が良いでしょう。 飲み物• ココア• ホットミルク 胃に痛みがある時は、温かい、刺激が少ない、胃の粘膜を守ってくれるといった特徴のある飲み物を選ぶと良いでしょう。 中でもホットミルクや牛乳を使ったココアは、胃の粘膜を保護する働きがあるのでおすすめです。 ただ、牛乳を大量に飲むと下痢をすることがありますので、普段は白湯、食事後や朝晩にホットミルクやココアといった風に使い分けるようにしましょう。 乳酸菌を含むもの• ヨーグルト• 乳酸菌飲料 ヨーグルトや乳酸菌飲料には、牛乳と同じで胃の粘膜を保護する働きがあります。 胃痛や胃もたれが起こりがちな人は、普段から摂っておくと良いでしょう。 中でも 「LG21」という乳酸菌は、様々な胃痛の原因となるピロリ菌の繁殖を抑えるのでおすすめですよ。 胃が痛い時の調理や食べ方のポイント 胃が痛い時の食事では、調理や食べ方にも注意しておきたいポイントがあります。 具体的には、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。 食べ物は出来るだけ柔らかくする• 煮る、蒸すなど油を使わないように料理する• 熱すぎない程度に温めた状態で食べる• ゆっくりとよく噛んで食べる 食べ物は出来るだけ柔らかくする 硬い食べ物は消化に時間がかかるため、胃の負担になってしまいがちです。 出来るだけ消化を良くするためにも、食べ物は出来るだけ柔らかく調理するようにしましょう。 元々柔らかい食材を使う、野菜などは細かく切る、しっかりと火を通すなど、出来るだけ柔らかくするための工夫をしてみてくださいね。 煮る、蒸すなどの油を使わない料理にする 油を使ってしまうと消化が悪くなり、胃に負担がかかってしまいます。 焼いたり揚げたりすると油を使ってしまいますので、出来るだけ 煮る・蒸すなどの調理法で食事を作るようにしましょう。 これは料理する際に限らず、コンビニなどで買ったものを食べる時も同じですね。 特にジャンクフードや揚げパンなどはうっかり買ってしまいがちなので、注意しておきましょう。 熱すぎない程度に温めた状態で食べる 熱すぎるものや冷たすぎるものは、辛いものなどと同じで胃に刺激を与えてしまい、胃に余計な負担をかけてしまいます。 ただ、適度に温かいものは胃の痛みを緩和してくれますので、 食べ物は舌に乗せても熱くない程度まで冷まして食べる、飲み物は人肌くらいの温度にして飲むなど、うまく調整しながら食事を摂るようにしましょう。 ゆっくりとよく噛んで食べる 上でもお話した通り、 食べ物は細かく柔らかいほど消化が良くなります。 つまり、よく噛んで食べることも、食べ物の消化を助けることに繋がるわけですね。 特に、硬いものや形のはっきりと残っているものについては、 30秒くらいよく噛んでから食べ物を飲み込むと、胃の痛みを悪化させずに済むでしょう。 Sponsored Link 胃に良くない食べ物や飲み物を避ける 胃の痛みがあるにも関わらず胃に良くない食べ物や飲み物を摂ることは、治りにくくなるだけでなく胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの原因になる可能性があります。 症状を悪化させないためにも、基本的には上で説明したような胃に優しい食べ物を食べることを心掛けましょう。 胃に負担のかかる食べ物や飲み物としては、例えば以下のようなものが挙げられます。 脂っこいもの(揚げ物全般、脂身の多い肉など)• 辛いもの(香辛料、とうがらしなど)• 甘いもの(ケーキ、ドーナツなど)• 冷たすぎるもの(かき氷、アイス、冷たい飲み物など)• 熱すぎるもの(アツアツの鍋やスープ、熱い飲み物など)• 食物繊維が多いもの(ごぼう、れんこん、キノコ類など)• 胃に負担のかかる果物(柑橘類、キウイ、梨など)• カフェインを含む飲み物(コーヒーや緑茶など)• アルコールを含む飲み物全般 胃の調子が悪い間は、このような食べ物や飲み物を摂らないように注意しましょう。 まとめ 以上が、胃が痛い時の食事の全てですね。 何を食べれば良いのか、どんな風に食べれば良いのかがご理解頂けたのではないかと思います。 簡単にまとめておくと、胃が痛い時に気を付けておきたい食事のポイントは、以下の通りです。 消化が良く、胃の負担にならない食べ物や飲み物を摂る• 食材は細かく切り、出来るだけ柔らかく調理する• 油を使わない(煮る、蒸すなど)• 適度に冷まして食べる• よく噛んで食べる• 胃に良くない食べ物や飲み物は避ける 胃が痛い時には、このようなポイントをしっかりと押さえて食事を摂るようにしていきましょう。 軽い胃痛であれば、食事を意識するだけでも数日で治まりますよ。 なお、胃の痛みだけでなく下痢や吐き気まである場合には、『胃が痛い時の下痢や吐き気の対処法は?すぐ出来る対策まとめ』も合わせてチェックしておきましょう。 胃痛がひどい時には、を参考にしてください。 Sponsored Link•

次の

胃腸炎に効く市販薬おすすめ15選!辛い痛みを解消する薬はコレ!

胃痛 食べ物 おすすめ

【何を食べたらいい?】胃にやさしい食べ物を選ぶときの3つのポイント• 消化が早い• タンパク質やビタミンなどの栄養素を含む• 食物繊維や脂肪が少ない 弱った胃には、栄養があり消化の早い食材がおすすめです。 油っぽいもの、生クリームやバターなどの乳脂肪分が多いもの、ごぼうやれんこんなどのかたく筋のあるもの、極端に甘いものなどは、胃に負担をかけがちなので控えましょう。 さらに、調理の際は、以下4つの注意点にも気をつけることが大切です。 具材はできるだけ細かく刻む• 味付けは薄めにして香辛料などは控える• 油はできるだけ使わない• 生のままよりも煮る・蒸す・ゆでるなどの加熱調理をする これらに気をつけることも大切です。 【食材例】胃にやさしい食べ物、控えた方がいいもの 胃の調子が悪いときにおすすめの食べ物 キャベツ、大根、白菜、ほうれん草、にんじん、小松菜、カブ、豆腐、鶏むね肉、ささみ、白身魚、鮭、うどんなど 胃の調子が悪いときに控えた方がよい食べ物 ごぼう、れんこん、オクラ、さつまいも、きのこ類、ハム、ソーセージ、赤身魚、海藻類、大豆など 消化によく体も温まる「生姜と野菜のコンソメスープ」のレシピ キャベツ、にんじん、カブなどの消化によい野菜に、体が温まる生姜もプラスした栄養満点のスープ。 すべての材料を保存容器に入れて冷凍しておけば、食べるときは容器ごと電子レンジ加熱するだけでOK。 材料(2人分)• 生姜すりおろし…1片分(小さじ1弱)• 顆粒コンソメ…小さじ2弱• 水…300〜400ml 作り方• キャベツ、にんじん、カブをそれぞれ細切りにし、生姜はすりおろす。 鍋に分量の水を沸かして顆粒コンソメを溶かし、残り全ての材料を入れて中火で材料に火が通るまで加熱する。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Mサイズの冷凍用保存容器2つ分)• キャベツ、にんじん、カブをそれぞれ細切りに。 生姜はすりおろす。 Mサイズの冷凍用保存容器2つにそれぞれ、野菜と生姜、分量の水と顆粒コンソメを入れたら軽く混ぜ、ふたをして冷凍する。 冷凍庫で2〜3週間程度保存可能。 【解凍方法】 保存容器のふたをずらして600Wの電子レンジで4〜5分加熱。 中身の様子を見ながら野菜がしんなりするまで温める。 鍋で調理する場合は凍ったまま鍋に入れ、弱火で6〜7分加熱する。 ビタミンやたんぱく質も補える「鮭の照り焼き・ほうれん草添え」 たんぱく質やビタミンがバランスよく含まれ、胃にやさしい食べ物でもある鮭。 おかゆやうどんではなく、おかずも食べたいというときに便利なレシピです。 脂が多いサーモンではなく、鮭を選びましょう。 鮭を選ぶ際も、脂身の少ないものを選びましょう。 材料(2人分)• 鮭の切り身…2切れ• 醤油…大さじ1• 砂糖…大さじ1• みりん…大さじ2 作り方• ほうれん草は食べやすい大きさに切る。 ポリ袋などにすべての材料を入れて手で揉んでなじませる。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Mサイズの冷凍用密閉保存袋1袋分)• ほうれん草を食べやすい大きさに切る。 Mサイズの冷凍用保存袋にすべての材料を入れ、手で軽く揉んでなじませる。 空気を抜きながら閉じ、冷凍する。 冷凍庫で2〜3週間。 【解凍方法】(調理) 解凍するときは、凍ったままフライパンで加熱調理(弱火)。 消化によくツルっと食べやすい「野菜とサラダチキンのあっさりうどん」 消化がよく胃にやさしい食べ物の定番、うどん。 白菜や大根、鶏肉を合わせて栄養を補います。 市販のゆでうどんを冷凍ストックする場合は、下ゆでせずにそのまま冷凍してOKです。 材料(2人分)• うどん(市販のゆでうどん)…2玉• 白菜…約2枚• 大根…約80g• …お好みの量• めんつゆ…約100ml• 水…300〜350ml(めんつゆ3倍濃縮の場合) 作り方• 白菜と大根、ほうれん草を食べやすい大きさに切る。 鍋に分量の水とめんつゆを入れて煮立たせ、大根と白菜を入れて中火でしんなりするまで加熱する。 うどんとほうれん草を入れて弱火〜中火で3分ほど、野菜に火が通るまで加熱する。 最後に、切れてる! サラダチキンも加えてひと煮立ちさせ、チキンが温まったら完成。 *材料を冷凍ストックしたい場合は 【冷凍方法】(Lサイズの冷凍用密封保存袋1袋分)• 白菜と大根、ほうれん草を食べやすい大きさに切り、水気をしっかりと切る。 残りも同様に包み、Lサイズの冷凍用密封保存袋に入れ、密封して冷凍。 保存期間は、冷凍で約2〜3週間。 【解凍方法】(調理) めんつゆと水を入れて煮立たせた鍋に、凍ったままのうどんと野菜を入れて弱火で3〜4分加熱調理。 最後に、切れてる! サラダチキンも加えてひと煮立ちさせ、チキンが温まったら完成。

次の

胃痛の時の食べ物は?コンビニでは豆腐やうどんを!おにぎりの具にも注意

胃痛 食べ物 おすすめ

胃痛を和らげる飲み物の選び方の目安は? 胃酸過多、胃痛のときは刺激の少ない飲み物を選び、痛みを和らげましょう。 胃痛を和らげる飲み物の目安は以下のとおりです。 冷たいものを避け、常温、または温かい飲み物を選ぶ• 冷たすぎない炭酸水は胃酸を中和しますが、痛みが増す場合は避ける• カフェインを多く含むものを避ける 胃痛を和らげる飲み物は? 胃痛のときにも水分補給は大切ですが、胃に優しい飲み物を選ぶ必要があります。 以下に、胃痛を和らげる飲み物をご紹介します。 白湯 白湯はデトックス効果を活発にし、新陳代謝機能向上にも効果があります。 ホットミルク・豆乳 ホットミルクを飲むと、胃の粘膜を守り、胃が消化液から受けるダメージを和らげることができます。 また、豆乳は、食べ過ぎや消化不良などの胃もたれに効果を発揮します。 豆乳は消化も良く、たんぱく質やビタミン群、イソフラボン、鉄分などを含んでいるので、栄養価が高くおすすめです。 ハーブティー ハーブティーは胃腸の働きを整え、体を温めて、胃痛、生理痛をやわらげてくれます。 けいれんや炎症を鎮める働きがあるため、胃の調子の悪いときにおすすめです。 しょうがくず湯 しょうがを煮出すと、痛み、めまい、吐き気があるときに効果的です。 鍋で片栗粉と一緒に煮てとろみをつければ栄養補給もできます。 ホットヨーグルトドリンク ヨーグルトは、胃酸の分泌を調節する働きがあり、胃酸過多の不快感を和らげてくれます。 ヨーグルトをお湯で溶いて、あたたかくして飲みみましょう。 冷たいものより胃にやさしいのでおすすめです。 グリーンスムージー キャベツ、ほうれん草と水、はちみつをミキサーにかけ、グリーンスムージーを作りましょう。 グリーンスムージーを飲むこと、荒れた胃を回復させます。 ただし、冷しすぎないようにしましょう。 甘酒 甘酒の甘みの正体はブドウ糖です。 アミノ酸、ビタミンB群、オリゴ糖などの栄養素も豊富であるため「飲む点滴」とも言われます。 胃痛で弱った体を回復する効果が期待できます。 アルカリイオン水 アルカリイオン水は体になじみやすいので、胃酸が濃くなって痛みがあるときにおすすめです。 常温か、少しあたためて飲むとよいでしょう。 ただし、胃酸が少ない場合には胃酸が刺激されて多く出過ぎてしまう事があるので注意が必要です。 ココア ココアは胃潰瘍や胃癌と関連性が高いといわれるピロリ菌を抑える効果があると言われています。 またココアを牛乳や豆乳などの乳製品で溶いて飲めば、胃の粘膜が保護されて胃痛が緩和する効果も期待できます。 ただし、ココアは胃痛の原因になることもあります。 これは、カカオに含まれるアレルギー反応が原因と考えられています。 胃痛があるときに、コーヒーを飲んでも大丈夫? 胃が健康な状態であれば、食後に飲むコーヒーは、胃液の分泌を促進して消化を助ける働きがあるので、飲んでも大丈夫です。 しかし、コーヒーに含まれるカフェインは胃の刺激となるため、胃が痛い場合にコーヒーを飲むことは避けましょう。 胃痛のとき、飲んではいけない飲み物は? 胃痛がするときは、胃の粘膜に炎症が生じている可能性がありますので、粘膜に刺激になるような飲み物は避けるようにしましょう。 具体的には、上で挙げたコーヒーの他にも カフェインが含まれる緑茶や紅茶、アルコールなどが挙げられます。 また、よく冷えた飲み物は胃の粘膜に刺激を与えるだけでなく、血管を収縮させて血行を悪くし、粘膜の炎症の回復を遅らせる危険がありますので、常温またはややぬるめの飲み物を摂ることが大切です。 胃が痛いときの、おすすめの食べ物はある? 胃が痛いときは以下のような刺激が少なく、胃にやさしい食べ物がおすすめです。 はちみつ はちみつは殺菌効果や消化を助ける働きがあります。 ただし純度の低いものは避けましょう。 また、赤ちゃんに与えると、ボツリヌス菌に感染するため、絶対に与えないでください。 シナモン シナモンは、消化促進、食欲増進、抗炎症、などに効果があります。 昔から漢方薬としても使われています。 りんご りんごは、消化酵素を補う効果があります。 生姜 生姜は、食欲増進、血行促進、体を温める効果があります。 生姜も漢方薬のひとつです。 大根おろし 大根おろしは、消化酵素が豊富に含まれているため、焼肉などの油っぽい物と一緒に食べると胃もたれしにくいのでおすすめです。 おわりに:胃が痛いときは、刺激の少ないものを選ぼう 胃が痛いときは、刺激の少ない飲み物を選びましょう。 温かい飲み物で体を温めて、水分補給をし、ゆっくりと胃を休めることが大切です。

次の