平成31年コイン発行枚数。 【記念硬貨】天皇陛下即位記念コインの買取相場・価値

平成31年の硬貨にプレミアは付く?発行枚数は?昭和64年と比較して…

平成31年コイン発行枚数

流通硬貨 [ ] 現在、でされるは、通常発行される1、5円、10円、50円、100円、500円の各1種類ずつ6種類のと、に分けられる。 これらはにより「貨幣」と規定されるが、ではなく的な性質を持つものである。 また同法律が施行されるまで、すなわち(63年)3月末以前発行のものはに基いて発行されたであったが、同4月以降は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律の附則第8条により「貨幣とみなす臨時補助貨幣」として位置付けられ、引き続き通用力を有している。 とは違い、としてのは同一額面20枚までと限られているため、一度の決済に同一額面の硬貨を21枚以上提示した場合、相手は受け取りを拒否できる。 貨幣の製造及び発行の権能は、に属する。 は、貨幣の製造に関する事務を、に行わせている。 また、貨幣の発行は、財務大臣の定めるところにより、に製造済の貨幣を交付することにより行う。 日本銀行は貨幣を日銀券に交換し、内に設置されたに納入、年度末には税外収入として政府の一般会計に繰り入れられる。 ここで貨幣の額面と硬貨製造費用との差額は政府のとなる。 貨幣ごとの発行益 貨幣種類 発行益 1円 -13円 5円 1円 10円 -32円 50円 30円 100円 27円 500円 457円 なお、硬貨の裏表を定める法的根拠はない。 (明治30年)までは新貨幣が発行される度に表・裏を明示のうえ一般に公示しており、それ以降は菊紋があるほうを表として扱っていた。 ところが、戦後により菊紋の使用が禁じられると表裏の判別基準が失われた。 そこで表裏の判別を大蔵省内で協議した際、それまでの硬貨は年号がすべて裏側(菊紋の反対側)に表示されていたことから、年号が表示されている方が「裏」、その逆側が「表」という扱いをすることになった。 このような経緯により、造幣局では、植物などの表示がある面を「表」、製造年表示のある面を「裏」と呼んでおり、この用法は一般にも浸透している。 この通説によれば「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令」の別表に硬貨の形式が図案入りで表示されているが、その記載の順序に従って最初に示されるのが表、次に示されるのが裏としている。 例:10円玉、500円玉)」と呼ばれる。 現在発行中の硬貨 [ ] 名称 規格 図柄・形式 素材・品位 最初発行の年 外径:20mm 量目:1g 厚さ:約1. 5mm(実測) 表:若木、「日本国」、「一円」。 デザインは公募により決まった。 裏:「1」と年号。 (純アルミニウムで、1枚製造するのにかかるコストは1円以上) 1955年(昭和30年) 外径:22mm 孔径:5mm 量目:3. 75g 厚さ:約1. 5mm(実測) 表:稲穂、穴周辺に歯車、横線は海(川、湖沼)と「五円」。 表のデザインは、農産・水産・工業を表している。 裏:木の芽が林業を表している。 その他に「日本国」、年号。 穴空き。 表裏の文字はゴシック体。 (真鍮。 との合金) が1000分中600以上700以下、が1000分中300以上400以下。 1959年(昭和34年) 外径:23. 5mm 量目:4. 5g 厚さ:約1. 5mm(実測) 表:、「日本国」、「十円」。 裏:常磐木(ときわぎ)にリボンと「10」、年号。 (銅と(スズ)の合金。 但し亜鉛を含む) 銅が1000分中950、亜鉛が40以下30以上、スズが10以上20以下。 1959年(昭和34年) 外径:21mm 孔径:4mm 量目:4g 厚さ:約1. 7mm(実測) 表:一重菊、「日本国」、「五十円」。 裏:「50」と年号。 穴空き、周囲は溝付き。 (銅との合金) 銅が1000分中750、ニッケルが250。 1967年(昭和42年) 外径:22. 6mm 量目:4. 8g 厚さ:約1. 7mm(実測) 表:八重桜、「日本国」、「百円」。 裏:「100」と年号。 周囲は溝付き。 (銅との合金) 銅が1000分中750、ニッケルが250。 1967年(昭和42年) 外径:26. 5mm 量目:7g 厚さ:約1. 8mm(実測) 表:桐花葉、「日本国」、「五百円」。 裏:笹葉、橘の小枝、「500」と年号。 周囲に斜めの溝が刻まれている。 表面には微細線及び微細点、裏面には傾けると「500円」の文字が見える「潜像模様」、また両面に極めて小さな「N」「I」「P」「P」「O」「N」の6文字が不規則に配置される「マイクロ文字」あり。 (銅、亜鉛及びニッケルの合金) 銅が1000分中720、亜鉛が200、ニッケルが80。 2000年(平成12年) 現在発行中の日本の硬貨6種類を手触りだけで判別する方法は次の通り。 ギザあり・穴なし:500円(重い)・100円(軽い)• ギザあり・穴空き:50円• ギザなし・穴なし:10円(重い)・1円(軽い)• ギザなし・穴空き:5円 現在発行されていないが有効な硬貨 [ ]• 五百円硬貨(26. 5mm、7. 表:桐花葉、「日本国」、「五百円」。 裏:笹葉、橘の小枝、「500」と年号。 白銅(銅750、ニッケル250)。 現行のニッケル黄銅貨と異なり、潜像模様・微細線・微細点・マイクロ文字等はなし。 最初発行の年:1982年(昭和57年))• 百円硬貨(22. 6mm、4. 表:稲穂、「日本国」、「百円」。 裏:分銅、「100」と年号。 周囲は溝付き。 銀合金(銀600、銅300、亜鉛100)。 最初発行の年:1959年(昭和34年))• 五十円硬貨(25mm、孔径6mm、5g。 表:菊、「日本国」、「五十円」。 裏:「50」と年号。 穴空き。 純ニッケル。 最初発行の年:1959年(昭和34年))• 百円硬貨(22. 6mm、4. 表:鳳凰、「日本国」、「百円」。 裏:旭日、桜花、「100YEN」と年号。 周囲は溝付き。 銀合金(銀600、銅300、亜鉛100)。 最初発行の年:1957年(昭和32年))• 五十円硬貨(25mm、5. 表:菊、「日本国」、「五十円」。 裏:分銅、「50」と年号。 周囲は溝付き。 純ニッケル。 最初発行の年:1955年(昭和30年))• 十円硬貨(23. 5mm、4. 表裏の図柄は現行の十円硬貨と同じだが、周囲が溝付きであることが現行の十円硬貨と異なる点であり、「ギザ十」の愛称で呼ばれる。 青銅(銅950、亜鉛40~30、錫10~20)。 最初発行の年:1953年(昭和28年)、製造開始は1951年(昭和26年))• 五円硬貨(22mm、孔径5mm、3. 75g。 表裏の図柄は現行の五円硬貨とほぼ同じだが、表裏の文字が楷書体で、裏面が「日本國」と旧字体であることが現行の五円硬貨と異なる点であり、「フデ五」の愛称で呼ばれる。 穴空き。 黄銅(銅600~700、亜鉛400~300)。 最初発行の年:1949年(昭和24年))• 五円硬貨(22mm、4g。 表:国会議事堂、「五円」。 裏:鳩、梅花、「日本國」、年号。 周囲は溝付き。 黄銅(銅600~700、亜鉛400~300)。 最初発行の年:1948年(昭和23)年。 日本の有効な硬貨の中で最古) 偽造防止技術・偽造変造事件について [ ] 500円硬貨 [ ] 詳細は「」を参照 日本の一般流通用の硬貨で最高額である500円硬貨については、1999年まで発行されていた500円白銅貨の大量変造事件を受け、現在発行中の500円硬貨は材質をとし、潜像・斜めギザ・微細線・微細点などの偽造防止技術を施している。 更に、2021年発行予定の500円硬貨には、バイカラー・クラッド、異形斜めギザ、表面の縁の内側の微細文字加工といったものが採用される予定である。 その他の硬貨 [ ] その他の硬貨は、小額ということもあり、偽造防止として目立った技術は施されていない。 100円硬貨・50円硬貨のギザや50円硬貨・5円硬貨の穴は偽造防止と言えなくもないが、ギザや穴の主な目的は目の不自由な人が手触りで判別できるようにすることにある。 ちなみに10円硬貨の平等院鳳凰堂の細かなデザインは、当初高額硬貨であったため偽造防止の意味も含めて決められたものである。 500円硬貨以外の小額硬貨が偽造されることは500円硬貨と比較しても非常に稀であるが、100円硬貨が偽造された事件が報道された例は存在する。 硬貨の年銘について [ ] 日本の硬貨には、製造年が刻印されているが、全て(西暦ではなく)元号表記となっており、現行のデザインのものでは、100円・50円の2種はアラビア数字、他の4種は漢数字表記となっている。 製造の硬貨については、「昭和六十四年」表記のものと「平成元年」表記のものが存在する。 昭和64年は7日間しかなかったが、昭和64年銘の硬貨(100円・50円以外の4種、「昭和六十四年」表記)は「平成元年」表記の金型が完成する同年3月頃まで製造されたため、発行枚数は他の年号に比べて比較的少ない程度である。 なお昭和64年中には100円及び50円硬貨の製造が行われないまま平成元年となったので、「昭和64年」表記のこの2種の硬貨は存在せず、1989年製造のこの2種の硬貨は全て「平成元年」表記として製造されている。 製造の硬貨については、「元年」表記の硬貨の金型が完成するまでは「平成三十一年」「平成31年」表記として製造されたが、500円と100円の「令和元年」表記の硬貨は7月11日から製造が開始された。 残りの4種類も10月頃から製造が開始された。 発行枚数の少ない硬貨 [ ] 「」も参照 硬貨の発行枚数は、年によってばらつきがある。 現行の硬貨のうち、比較的発行枚数の少ないものは、以下の通り。 ここでは現在発行中の6種に、昭和24年 - 昭和33年に発行された5円硬貨(通称 )、昭和26年 - 昭和33年に発行された10円硬貨(通称 )及び500円白銅貨を加えた9種を対象とする。 カッコ内は、概略発行枚数。 なお、このほか、「」と呼ばれる硬貨のセットが昭和44年から、仕上げという特殊加工が施された硬貨も昭和62年から造幣局から販売されている 昭和48年・49年・64年は除く。 平成以降では、 一般流通用として製造されなかった例として、平成22年銘の5円・50円硬貨、平成23年銘の1円・5円・50円硬貨、平成24年銘の1円・5円・50円硬貨、平成25年銘の1円・5円・50円硬貨、平成28年銘の1円硬貨、平成29年銘の1円硬貨、平成30年銘の1円硬貨、平成31年銘の1円硬貨、令和元年銘の1円硬貨の合計16例があるが、前述のようにいずれの場合もミントセット用の硬貨が製造されたため、厳密な意味で製造枚数が0枚となった例は平成以降では現時点で皆無である(昭和64年の50円・100円が最後)。 変遷 [ ] この年表は、記念硬貨を除く現在有効な硬貨のみを対象とする。 (昭和23年):5円硬貨発行、流通開始。 素材は黄銅。 図柄は。 穴は空いていない。 (昭和24年): 5円硬貨のデザインが、穴の空いた形状へ変更される。 図柄もと水と歯車に変更。 ただし、このとき発行されたのは、いわゆる「筆五」であり、現行のものとは形状が異なる。 (昭和28年): 10円硬貨流通開始。 素材は青銅。 ただし、このとき発行されたのは、いわゆる「ギザ十」であり、現行のものとは形状が異なる。 (昭和30年):現行 1円硬貨流通開始。 素材はアルミニウム。 1955年(昭和30年)9月:50円硬貨流通開始。 素材はニッケル。 図柄は菊の花一輪。 (昭和32年):100円硬貨流通開始。 素材は銀。 図柄は。 (昭和34年):10円硬貨が、側面の溝の無い新しいデザインに変更される。 1959年(昭和34年)2月16日:100円硬貨の図柄が鳳凰から稲穂へと変更される。 1959年(昭和34年)2月16日:50円硬貨のデザインを穴の空いた形状へ変更する。 1959年(昭和34年)2月16日:5円硬貨の字体をから、からへ変更する。 1967年(昭和42年):現行 50円硬貨流通開始。 (昭和57年): 500円硬貨流通開始。 (平成12年):偽造防止を図るため、500円硬貨の素材およびデザインを変更し、潜像を施した。 (令和3年)予定:偽造防止を図るため、500円硬貨の素材およびデザインを変更し、3層構造のバイカラー・クラッド硬貨となる予定。 沿革 [ ] 旧二円金貨((3年)製造 が施行された明治以降の近代社会において、それまでのや、などといった手工芸的な硬貨に代えて、本格的な洋式硬貨を明治4年(硬貨上の年号は3年銘もある)から発行した。 として、1円、2円、5円、10円、20円• として、1円、貿易銀• として、5銭、10銭、20銭、50銭• として、1厘、半銭(5厘)、1銭、2銭 が発行され、流通した。 以降、度々法改正があり、その度に様々な材質(金貨・銀貨・(狭義の)銅貨以外に、貨・貨・貨・貨などが製造された)・規格でこれらの額面の多様な硬貨が製造されたが(詳細は・・・を参照)、一円銀貨はにより(明治31年)4月1日限り、1円以下の補助貨幣(含む)は戦後により(昭和28年)末に廃止となった。 また戦後はは有名無実化していたが、本位金貨も(昭和63年)3月31日限りで名実ともに廃止となり、現在は名実ともにに移行した。 記念貨幣 [ ] 詳細は「」を参照 日本では(昭和39年)に発行された、記念のを初めとして、現在に至るまで、50種類以上ものが発行されている。 損傷時の交換 [ ] の本支店において、破損(曲がり、変形等の損傷や汚染など)や磨損(すり減りなど)により通用や使用に支障が出た日本の硬貨(以下単に硬貨)について交換業務(引換え)を行っている。 損傷していなくても、現在発行されていない旧硬貨は同様にこの交換業務(引換え)の対象となる [ ] [ — ]。 なお、その時点で日本国内での通用力が停止されていない全ての硬貨、 や貨幣(通用や使用に支障が出ていないもの)は、通常の銀行 の窓口で、一般的な硬貨と同様に預金などが可能である。 破損等の事由には過失など理由を問わないが、故意の硬貨の損傷はにより処罰される。 なお、有害物質(、毒劇物、やその他)により汚染された硬貨については、日本銀行への届け出前に、当該有害物質の所管官庁等に相談する必要がある。 窓口に出向き届け出る事が必要であり、郵送などの対応は行わない。 また、日本銀行本支店では、引き換えに要する時間その他の事務上の理由から 、来店前に事前に電話等をする事を推奨している。 また、これらの損傷時交換対応などは、少量・損傷判定が明確であれば、銀行法上の 窓口においても対応する場合がある。 ただし銀行法上の における交換業務は 義務対応ではないので、銀行によって対応が異なる(大量であったり損傷判定が明確でない場合に、銀行が日銀鑑定に回付までしてもらえる場合がある。 ただしこれも義務対応ではない)。 窓口においては両替業務を行っていない関係上、損傷硬貨の交換も行っていない。 損傷硬貨の引換え基準 [ ] 硬貨の刻印(模様)が確認できることが条件となる。 また、欠損のある場合は以下の基準により交換を行う。 金貨である場合• 全額失効• 金貨以外の場合• 脚注 [ ] []• (、2003年、)• 70 1998年• 貨幣の量目は、通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令(昭和63年政令第50号)に定められる。 なお、厚さは法令では定められていない。 でいう1• 朝日新聞デジタル 2019年7月11日 20時39分• 5円硬貨や50円硬貨などで、希に穴がズレたまま発行されることもある。 確かに希少ではあるものの、ここでは扱わない。 www. boj. 2019年1月12日閲覧。 ただし偽造が問題になった一部のについては真贋鑑定に回され、入金等が遅れる場合もあるが、それは合法的対応である。 ゆうちょ銀行を含む• なおこの場合、法的にはとしての(同一額面20枚まで)が問題になるとも考えられるが、一般的な対応としては、通常の銀行(ゆうちょ銀行含む)であれば全て20枚制限とは関係なく、常識的な範疇であれば大量の硬貨でも受け入れている。 ただし銀行によって対応が異なり、非常識な量であれば強制通用力を盾にとって両替業務として対応(手数料徴収)する可能性もある(ゆうちょ銀行は両替業務を行わない建前上、受入れを拒否もできる)。 なお、これらの「受入れ」にはATMによる受入れは含まない(ATMへの硬貨大量入金は多くの場合制限されているし、対応義務もない)。 なお20枚以下の、日本国内での通用力が停止されていない全ての硬貨、記念硬貨または貨幣については強制通用力を持つため、通常の銀行(ゆうちょ銀行を含む)は原則として受け入れを拒否できない(対応義務)。 なお、昭和28年により、円未満の銭貨、厘貨は通用停止となっており円未満の問題は生じない。 届け出当日中に全部を交換できない場合もある• ゆうちょ銀行を除く)• 本支店窓口では、なるべく届出者により汚損硬貨の洗浄、乾燥などを求めている。 金地金として自ら処分等• 自ら処分等 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

【楽天市場】政府公式発行 平成31年ミントセット:スターアイ

平成31年コイン発行枚数

特別記念貨幣セット コンプリートセット [ ] 過去に発行された分も新たに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次分~第四次分)全37種類を発行し、これら37種類の貨幣を組み込んだ記念貨幣セット。 全てで且つ2年銘になる予定で、実現すれば3次のパラリンピック千円銀貨と4次発行分以外は、元々発行された年のと令和2年銘の硬貨が存在することになり「」となり、令和2年銘の希少性が増す。 概要 [ ] リオ2016-東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催引継記念1000円銀貨幣 [ ] リオ2016-東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催引継記念1000円は2016年8月24日に報道発表され 、打ち初め式が 平成28年 に行われた後 、オリンピック・パラリンピックそれぞれ5万枚が生産された。 2016年 平成28年 9月21日から同年10月11日まで申し込みの受付を行っており、販売価格はそれぞれ9500円。 1次発行分 [ ] 2018年2月23日に報道発表された第一次発行分の打初め式はに開催された。 なお、第一次発行分は、オリンピックが1万円、1000円銀貨幣、100円の3種類、パラリンピックが1000円銀貨幣、100円クラッド貨幣の2種類が発行される。 1万円金貨幣及び1000円銀貨幣の受付はオリンピック・パラリンピックどちらも 平成30年 7月10日から同年8月1日まで受付しており、販売価格は1万円金貨幣が120000円、1000円銀貨幣が9500円である。 10000円金貨幣はオリンピックのみ発行で4万枚、1000円銀貨幣はオリンピック・パラリンピックそれぞれ10万枚生産された。 100円クラッド貨幣は金融機関による引き換えをされた。 製造枚数はオリンピック・パラリンピックそれぞれ394万8000枚。 図柄・デザイン [ ] リオ2016-東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催引継記念1000円銀貨幣 [ ] オリンピック記念貨幣の図柄は、表面に「オリンピック旗と桜と」、裏面に「」を 、パラリンピック記念貨幣の図柄は、表面に「パラリンピック旗と桜とイペー・アマレーロ」、裏面に「東京2020パラリンピック競技大会エンブレム」をデザインしている。 なお、オリンピック・パラリンピックどちらも直径40ミリ、量目31. 1グラムである。 第一次発行分 [ ] 1万円貨幣は、東京五輪の記念硬貨のみ発行。 表面に(やぶさめ)の絵柄と「心技体」の文字、裏面に東京五輪のエンブレムをあしらった。 直径は26ミリ、重さは15. 6グラム。 1000円貨幣は、オリンピックとパラリンピック両方のデザインを用意する。 表面にはそれぞれ、の絵柄をデザインした。 直径は40ミリ、重さは31. 1グラム。 100円クラッド貨幣のオリンピックのデザインは側面のギザの間隔が狭く、パラリンピックのデザインは広くし、手で触れて識別できるようにした。 表面の絵柄はそれぞれ、。 直径は22. 6ミリ、重さは4. 8グラム。 第二次発行分 [ ] 1000円貨幣はオリンピックが、、・の3種、パラリンピックは水泳を表面にデザインした。 100円貨幣はオリンピックが、、、そしての5種、パラリンピックがを表面にデザインした。 第三次発行分 [ ] オリンピックの10000円貨幣は表面にの壁画として描かれた像「勝利」との女神像「栄光」と間に「心技体」をデザインした。 1000円貨幣はオリンピックが、柔道、の3種、パラリンピックがを表面にデザインした。 100円貨幣はオリンピックが、、の3種、パラリンピックがアーチェリーと陸上競技を表面にデザインした。 第四次発行分 [ ] パラリンピック10000円貨幣の表面は国立競技場を背景に聖火ランナーと「心技体」をデザインした。 五輪1000円貨幣は五輪がボクシングとレスリングの2種を表面にデザインした。 500円貨幣表面は2019年6月18日から24日にかけて財務省公式Twitterアカウントにて3案から一般投票を行いA案の「屏風」が選ばれ五輪が雷神・パラリンピックは風神、裏面は内側に大会エンブレムと外側に競技ピクトグラムをデザインした。 100円貨幣はオリンピックがサッカー、テニス、バレーボール、マスコット「」の4種、パラリンピックが自転車、車いすラグビー、マスコット「ソメイティ」の3種を表面にデザインした。 競技大会 額面 年銘 素材・品位 デザイン(表) 量目 直径 発行枚数 大会開催引継記念 オリンピック 千円 純銀 オリンピック旗と桜とイペー・アマレーロ 31. 1g 40mm 各5万枚 パラリンピック オリンピック旗と桜とイペー・アマレーロ 第一次発行分 オリンピック 一万円 純金 流鏑馬と心技体 15. 6g 26mm 4万枚 千円 純銀 水泳 31. 1g 40mm 10万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 394. 8万枚 パラリンピック 千円 純銀 柔道 31. 1g 40mm 10万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 394. 8万枚 第二次発行分 オリンピック 千円 純銀 陸上競技 31. 1g 40mm 各10万枚 バドミントン 野球・ソフトボール 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 各394. 8万枚 スケートボード スポーツクライミング サーフィン ウエイトリフティング パラリンピック 千円 純銀 水泳 31. 1g 40mm 10万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 394. 8万枚 第三次発行分 オリンピック 一万円 純金 「勝利」(野見宿禰像)と 「栄光」(ギリシャの女神像)と「心技体」 15. 6g 26mm 4万枚 千円 純銀 体操 31. 1g 40mm 各10万枚 柔道 卓球 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 各394. 8万枚 カヌー 自転車競技 パラリンピック 千円 純銀 車いすテニス 31. 1g 40mm 10万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 1g 26. 5mm 400万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 394. 8万枚 テニス バレーボール ミライトワ パラリンピック 一万円 純金 「聖火ランナー」と 「国立競技場」と「心技体」 15. 1g 26. 5mm 400万枚 百円 白銅及び銅(銅87. 8g 22. 6mm 394. 8万枚 車いすラグビー ソメイティ 裏面の図柄については、一万円金貨と千円銀貨、100円クラッド貨はそれぞれの競技大会エンブレムが共通デザインとなっている。 五百円バイカラークラッド貨はそれぞれの競技大会エンブレムとスポーツピクトグラムがデザインされている。 脚注 [ ].

次の

造幣局 : 令和2年以降発行予定記念貨幣一覧

平成31年コイン発行枚数

おお~、平成31年の硬貨なんてめずらしいね~ ご存知の通り平成31年は、 1月1日から4月30日までの4ヶ月しかありませんでした。 この短い間に作られた硬貨はさぞ貴重なんだろうな~と思いながら、 この平成31年の100円硬貨っていったい何枚ぐらい作られたんだろう?という疑問が湧いてきました。 それと同時に、過去に 発行されなかった「 幻の硬貨」はあるんだろうか?という疑問も。 そこで、平成31年の硬貨の製造枚数や、過去に発行されなかった硬貨について調べてみたことをまとめました。 さらに、調べる中で、 普段お店などで使える小銭の枚数についての法律があることを知ったので、そんなおまけ情報も含めて書いてみました。 約3億枚。。。 う~ん、これは多いのかな?少ないのかな? 3億という数字をみるとあまり貴重な感じがしませんが、貨幣の製造計画は 年度単位で立てられるので、 平成31年の3月までは平成30年度です。 ということは、 平成31年度の製造は、4月の1カ月だけということになります。 この1カ月間という 短い期間に作られたという意味では、やはり貴重だといえるのではないでしょうか。 単位は1000枚。 1000枚以下四捨五入、記念硬貨は除きます。 過去に製造されなかった幻の硬貨 硬貨 製造していない年度 100円 昭和64年 50円 昭和64年 10円 昭和31年 5円 昭和29年、昭和30年、昭和31年 1円 昭和43年 これらの硬貨は製造されていないので、当然、流通することはありません。 もし、見つけたとしたら ニセモノです。 一般に流通していない硬貨ってどういうこと? これが一般に流通していない硬貨です。 これらは市場には出回らないので、通常目にすることはありません。 年度 一般流通していない硬貨 平成22年 5円・50円硬貨 平成23年 1円・5円・50円硬貨 平成24年 1円・5円・50円硬貨 平成25年 1円・5円・50円硬貨 平成28年 1円硬貨 平成29年 1円硬貨 平成30年 1円硬貨 平成31年 1円硬貨 令和元年 1円硬貨 一般流通してない硬貨って、 いったい何のために作られるの?と思うかもしれませんが、これは造幣局が毎年度、 全種類の硬貨セットとして販売するために製造されます。 これを ミントセットといいます。 ミント Mint とは英語で造幣局のことです。 ミントセット ミントセットの硬貨も本物の硬貨なので使うことができます。 もし仮に、一般流通していない年の硬貨を見つけたら、それはミントセットからバラして使われたものか、ニセモノのどちらかです。 硬貨の製造量は誰がどうやって決めているの? 例えば、100円玉の製造枚数をみると多い年には6億8000万枚(昭和44年)も作っているのに、少ない年には5800万枚(令和元年)しか製造していません。 質問: 貨幣の製造枚数(発行枚数)はどうやって決めているのですか? 答え: 財務省において、必要とされる貨幣の円滑な供給を図る観点から、 市中の流通状況等を勘案の上、年度ごとに貨幣の製造枚数が決められます。 経済状況を見ながら製造数を調整しますので、市中における貨幣の流通状況等によっては、年度の途中で製造枚数の改定が行われます。

次の