松屋 オリジナルカレー。 松屋、「オリジナルカレー」終了に「実質値上げ」「プレミアム牛めしと同じ手口」と非難殺到

松屋オリジナルカレー終売の理由は?創業ビーフカレー定番化!炎上商法?

松屋 オリジナルカレー

松屋のカレー、本当に凄いんです! 今まで様々なカレー専門店や、専門店ではないのに専門店に負けないカレーを出すお店をご紹介してきましたが、わざわざ遠くまで食べに行くタイプではない方や、地方在住の方に聞かれることが多いのが、「チェーン店のカレーだとどこがおすすめですか?」という質問です。 そんな時、僕はいつもこう答えます。 「松屋です!」と。 すると皆さん「え? 松屋って、あの、牛丼の松屋ですか?」と混乱したようなお顔をされます。 一般的には牛丼の松屋であるかもしれませんが、僕にとってはそうじゃないんです。 そして前々からこう言っています。 「松屋はカレー屋」だと! 松屋のカレー、凄いんです。 普通チェーン店となると万人受けする味を作るように心がけるので、尖ったメニューはなかなか出さないものなんです。 美味しさにも色々とありますが、クセのある美味しさというのはマニアには好かれても一般層には好かれないというか、家族連れで行くようなお店だと、お父さんは好きでも子供には好きじゃなければ行かなくなってしまいます。 間を取るとどうしてもクセのない、普通に美味しいものになってしまいがち。 それが松屋は違うんですよ。 クセ、あります。 尖りまくってます。 まず辛い。 カレーマニアからしたらそれほど辛いと感じる辛さではありませんが、一般的には辛口だと思われます。 甘口なんて甘っちょろいメニューは出さない所がカッコイイ! そして辛いだけではなく、バランスの良い辛さであり、玉ねぎの旨味をしっかりと感じる手の込んだカレーであり、結果個性ある美味しさで、他のカレーチェーンと比べても負けないどころか価格を考えれば独り勝ちしているようなクオリティなんです。 そんなわけで今回は松屋のカレーを色々とご紹介。 まずは定番のカレギュウ。 そしてハンバーグカレー。 牛丼のアタマやハンバーグがつかないカレーライスもありますが、せっかくですからここはどちらかつけましょう。 これがつくことによって美味しさが増しますから。 味噌汁もついてくるのですが、カレーに味噌汁という組み合わせは違和感覚える方もいらっしゃるでしょう。 しかし、こう考えれば良いんです。 「味噌汁ではなく、ダルスープだ!」と。 ネパール料理の定番メニューであるダルバートは、ダル(豆のスープ)とカレー味のおかずとご飯という組み合わせの定食。 つまりそういうことです。 松屋のカレーにはジャパニーズダルスープがつくんです! ただ、ネパールの場合は混ぜて食べますが、松屋では混ぜない方が良いでしょう。 カレーを食べ、味噌汁を飲んでまたカレーに戻ると不思議と スパイス感が増すんです。 そのように使うのがおすすめ。 それでもスパイス感が足りない方は、卓上にあるジャパニーズガラムマサラ(七味唐辛子)やジャパニーズレッドジンジャーアチャール(紅生姜)を加えれば良いでしょう。 自分好みのスタイルに変えることができるのも松屋の楽しさです。 そして松屋、レギュラーのカレー以外にもめちゃめちゃ攻めたカレーを期間限定で出しているんです。 過去に出していた限定カレーの一部をご紹介しましょう。 名前のとおりゴロゴロっと沢山入った存在感のあるチキンが具になったカレーです。 カレー食べた! 肉食べた! という満足度が廉価で得られるのですから最高です。 これがまた美味しかった! 街の中華屋にこれがあったら人気看板メニューになりますよ。 欧風カレーに少し近くなるのですが、根本は松屋のカレーです。 松屋のカレーは何にでも合うんですね。 グリーンカレーです。 しかもそんじょそこらのタイ料理店のグリーンカレーより美味しいと思えるクオリティのものが安かったんですから。 材料から仕込みから全然違うものをこうやって攻めてくるあたり、松屋のカレーに対する本気度がうかがえます。 このセンスと先見の明、素晴らしいです。 しかも松屋は一般的な麻婆豆腐のマーボーカレーだけではなく、ありそうでなかなか無いタイプの麻婆茄子の麻婆カレーも出していたんです。 その中で試験的に出ていた新しいカレーソースを使ったものがこちら。 これも悪くなかったんですが、やっぱりレギュラーのカレーが強いというか、完成度高いんですよね。 生野菜セットという手もありますが、生野菜が苦手な方のために、野菜たっぷりカレーというメニューが出ていたことも。 一日分の野菜の半量が取れるというのが売りでした。 写真のハンバーグは個人的にトッピングしたものです。 トマトがメインでニンニクがきいていて突出した個性。 カレーマニアの間でも「はたしてこれはカレーなのか!? 」と議論になったくらい。 個人的にはこういうカレーがあっても良いじゃないかと思っていましたし、また、こういうカレーを作ってくれてありがとう! と感謝したんです。 しかもとんでもなく安かった。 2010年の時点で、単品290円でしたから。 2018年7月現在、店舗限定、期間限定で試験的に提供されているメニューです。 現在は試験的に提供していて、なくなり次第終了。 好評であれば全国展開していこうと考えているそうです。 これは是非全国のカレーファンに食べてもらいたい逸品です。 新メニュー試食会の時に、作っている段階から会長が「もっとこのスパイス入れよう」と、攻めたカレーにしてしまうんだとか。 なんと素晴らしい会長でしょうか! チェーン店だからといって一般受けを狙う所ばかりではつまらないです。 松屋のように、一般受けを狙わない攻めたメニューを出すチェーンがあるのは非常に嬉しいこと。 カレー以外のメニューも実は攻めまくったメニューですからね。 そんなわけで僕は松屋のカレーが大好きです。 個性的で、美味しくて、安くて、24時間営業なのでいつでも食べられる安心感があって。 行こうと思っていたカレー屋が臨時休業だったり早じまいだったりでカレー難民になった時、最後の砦として松屋が存在してくれています。 これからも攻めたカレーを作り続けて欲しいと思います。 ちなみに松屋を運営する松屋フーズでは、 「マイカリー食堂」というカレーの専門店も展開中。 こちらも美味しいのですが、個人的には松屋のカレーの方が好きなんです。 カレー屋以上にカレー屋。 最後にもう一度言いましょう。

次の

松屋のオリジナルカレーがテイクアウトで復活! 今しか食べられないよ〜。

松屋 オリジナルカレー

「」より 牛丼チェーン大手の 松屋が11月27日に「オリジナル カレー」の販売終了を発表した。 また、28日には「創業ビーフカレー」の定番化を発表したが、ネット上では「実質値上げ」との指摘が相次いでいる。 その後のツイートでも「松屋の定番。 オリジナルカレー。 まもなく本当に無くなります」「オリジナルカレーをご愛顧いただいていた皆様には大変心苦しいのですが松屋オリジナルカレー。 本当に終売です。 食べおさめは今のうち」と告知していた。 ツイート翌日の28日に公式サイトで解禁された情報によると、オリジナルカレー関連メニューの終売に伴い、期間限定メニューだった創業ビーフカレーが定番メニューになることが明らかになった。 価格は並盛490円(税込み/以下同)、大盛590円。 発売日は12月3日午前10時となっている。 今年6月に限定メニューとして登場した創業ビーフカレーは消費者の間で好評を得ていただけに、今回の発表を受けて「定番化はうれしい」「また食べたかったからありがたい」と喜ぶ声は多い。 一方、前日のツイートでは創業ビーフカレーの発売について触れていなかったため、「松屋からカレーがなくなる」と受け止めた人たちからは「松屋ファンを騙すようなプロモーションはやめて」「創業ビーフカレーに切り替えるだけでしょう? 煽りすぎ」「炎上商法じゃん」といったクレームも相次いでいる。 また、オリジナルカレーは並盛390円、大盛490円という価格設定だったため、創業ビーフカレーになると100円高くなる。 そのため、「これって実質値上げですよね」「ただの値上げを『おいしくなって新登場』みたいに煽るのはズルいやり方だと思う」「値上げするための商品リニューアルだな」「松屋のカレーはコスパの良さが魅力だったのに、コスパ悪くなった。 もう食べない」などと厳しい意見も寄せられている。 関東圏で牛めしに代わって販売中のプレミアム牛めしは、2014年7月から順次投入されたメニューだ。 公式サイトでは牛肉・品質管理・タレへのこだわりが強調されているが、グレードアップにともなって価格もアップ。 そのため、松屋ファンからは「プレミアム牛めしの悪夢を思い出す。 同じ手口だよね」「結果的に牛めしもカレーも高くなったね」との指摘も噴出している。 前回、消費税率が5%から8%へ引き上げられたのは14年4月1日で、今回は10月1日に8%から10%へ引き上げられたばかり。 そのため、「わざわざプレミアム感を出さなくても、素直に値上げしますと言えばいいのに」「問題になった消費増税便乗値上げと何が違うの?」という声も上がっている。 波紋を呼ぶ松屋の商品展開。 オリジナルカレーの販売終了は、何を意味するのだろうか。 (文=編集部).

次の

松屋のオリジナルカレーがテイクアウトで復活! 今しか食べられないよ〜。

松屋 オリジナルカレー

松屋の「オリジナルカレー」と言えば、2019年に販売が終了し、新メニュー「創業ビーフカレー」へと移行した後も復活を待ち望む声が多く上がっていた人気商品です。 「辛くて美味かったんだけどな〜」 「松屋のカレー大好きなのよ... この味がもう食べられないなんて辛い... 」 「やっぱスパイス効いてて辛口で本格的で美味しい!なくなっちゃうの残念だ」 SNSでは、終売直前に慌てて食べに行く人も多かったですが...... あの懐かしい味が、期間限定で帰ってきます! 「オリジナルカレー大復活」キャンペーンとして、並盛りは390円、大盛りは490円で販売されます。 さらに「牛めし(並)300円」キャンペーンも同じく4月28日15時からスタート。 通常380円の「プレミアム牛めし(並)」が、テイクアウト限定で300円に値下げされます。 他のサイズの「プレミアム牛めし」も、それぞれ80円引きです。 「プレミアム牛めし」を販売していない店舗では、「牛めし(並)」が通常320円のところ300円で販売され、他のサイズも20円引きになります。 松屋のお弁当予約サイト「松弁ネット」から予約すると、店内の待ち時間なしで購入できるので安心です。 新規登録者への300ポイントプレゼントや、注文ごとに10%のポイント還元などお得なキャンペーン中なので、こちらも要チェックですよ。 同じくテイクアウト限定キャンペーンとして、「おかず単品15〜25%オフ」「定食ライス大盛無料」も開催継続中です。 外部サイト.

次の