いとこの子供同士 呼び名。 家系図・親等数

いとこ・はとこ・いとこのいとこ・またいとこの意味とは?はとこの次は?

いとこの子供同士 呼び名

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の

はとことは?いとこの子供って何て呼ぶの?はとこ同士は結婚できるの?

いとこの子供同士 呼び名

「いとこ」の様々な表記の仕方について いとこの配偶者の 続柄について知るためには、 まずそもそも「いとこ」の書き方について知る必要があります。 「いとこ」とはあまり漢字で書く機会もないかもしれませんが、実は漢字で書こうとすると様々な表記の仕方があるのです。 例えば、それぞれの意味の違いによって以下のように11種の書き方が考えられます。 なお、この表中で登場する「私」の年齢は20歳とします。 漢字 意味 例 従兄 自分から見て年上の男性のいとこ Aさん(21)は私の従兄です。 従弟 自分から見て年下の男性のいとこ Aさん(19)は私の従弟です。 従兄弟 年上と年下の男性のいとこ同士 Aさんと私は従兄弟です。 従姉 自分から見て年上の女性のいとこ Aさん(21)は私の従姉です。 従妹 自分から見て年下の女性のいとこ Aさん(19)は私の従妹です。 従姉妹 年上と年下の女性のいとこ同士 Aさんと私は従姉妹です。 従兄姉 自分から見て年上の男性と女性のいとこ AさんとBさんは私の従兄姉です。 従弟妹 自分から見て年下の男性と女性のいとこ AさんとBさんは私の従弟妹です。 従兄妹 自分から見て年上の男性と年下の女性のいとこ AさんとBさんは私の従兄妹です。 従姉弟 自分から見て年上の女性と年下の女男性のいとこ AさんとBさんは私の従姉弟です。 従兄弟姉妹 いとこ全般を指して使う漢字 従兄弟姉妹とは親の兄弟姉妹の子供です。 普段あまり意識することもないと思いますが、実は自分と相手の年齢や関係によって様々な書き方があるのですね。 スポンサードリンク いとこの配偶者の呼び方、続柄について いとこの配偶者の呼び方や書き方が必要になるのは、特に結婚式などで席次表などを作成する際ではないかと思いますが、 例えば「従兄」の妻について記載される場合には、 義理の関係でも「従姉」と書くのが一般的なようです。 それと同じで「従弟」の妻は「従妹」と書いておけば問題ありません。 もしも式場の方にご相談されても、おそらくそう書かれるようアドバイスを受けると思います。 ただ、従兄とは自分から見て年上の男性のいとこのことを言うと説明しましたが、 例えその妻が自分より年下であっても従姉と書くようにしましょう。 例え姉の夫が自分より年下でも、義理の兄というのと同じです。 ただし、例えばいとこの配偶者について正式な資料などにその続柄を記載する際には(通常は無いと思いますが) 「従兄の妻」のように記載しておけば問題ないでしょう。 義理の関係の相手に関しては、例えば「夫の父」「妻の兄」のように具体的に書くのが一般的です。 最後に 今回の記事では、いとこの配偶者の呼び方、続柄についてまとめました。 「いとこの配偶者」について記入する機会などがあった場合には、 「そもそも相手がどんないとこの配偶者なのか」というところで表記の仕方が変わります。 「従兄」「従弟」「従姉」「従妹」はすべていとこと読むことが出来ますが、それぞれ意味が異なるということを是非覚えておいてください。 それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?

いとこの子供同士 呼び名

続柄とは? 読み方は 「つづきがら」です。 一般的に「ぞくがら」と読むことが多いですが、「ぞくがら」は俗称で、正しくは「つづきがら」です。 続柄は血縁関係や婚姻関係を示す言葉で、関係の度合いを 「親等(しんとう)」という言葉で表します。 「親等」は、自分をゼロとし、自分の親や自分の子など、最も近い人を「一親等」、自分の兄弟姉妹や孫などを「二親等」、自分の叔父や叔母などを「三親等」、その後離れて行くごとに数字も増えて行きます。 また、血縁関係や婚姻関係で繋がりのある人たちの総称を 「親族(しんぞく)」とも言い、 民法で親族は「六親等内の血族(血の繋がりのある人)、配偶者、三親等内の姻族(配偶者の血族や自分の血族の配偶者)」と定められています。 では「いとこ」と「はとこ」の意味を見ていきましょう!「いとこ」と「はとこ」は何親等にあたるのでしょうか? 「いとこ」の意味とは? 「いとこ」は、四親等の親族で、自分の両親の兄弟姉妹の子のことです。 父母の兄弟姉妹は自分からみると叔父叔母(三親等の親族)にあたり、叔父叔母の子どもが「いとこ」ということです。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、 いとこ、大叔父大叔母 「いとこ」は自分より年上か年下か、いとこ同士の性別などによって漢字表記がかわります。 いとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「いとこ」です。 自分より年上・・・従兄、従姉 自分より年下・・・従弟、従妹 いとこが複数人いる場合は以下のようになります。 この場合もすべて読み方は「いとこ」になります。 自分から見て男性同士のいとこ・・・従兄弟 自分から見て女性同士のいとこ・・・従姉妹 自分から見て男女のいとこで、男性が年長の場合・・・従兄妹 自分から見て男女のいとこで、女性が年長の場合・・・従姉弟 自分から見て男女のいとこで、どちらも年長の場合・・・従兄姉 自分から見て男女のいとこで、どちらも年少の場合・・・従姉弟 いとこを総称すると・・・従兄弟姉妹 「はとこ」の意味とは? 「 はとこ」は、六親等の親族で、自分の両親のいとこの子のことです。 自分の祖父母の兄弟姉妹が「大叔父大叔母」で、大叔父大叔母の子が「いとこちがい」、いとこちがいの子が「はとこ」になります。 自分から見ると、〇親等は以下のようになります。 一親等・・・父母、子 二親等・・・兄弟姉妹、孫、祖父母 三親等・・・ひ孫、曾祖父母、叔父叔母、甥姪 四親等・・・玄孫、高祖父母、いとこ、大叔父大叔母 五親等・・・来孫、五世の祖(高祖父母の両親)、いとこちがい 六親等・・・昆孫、六世の祖(五世の祖の両親)、 はとこ 両親のいとこは自分から見ると 「いとこちがい(五親等の親族)」といい、 「いとこちがい」の子が「はとこ」です。 「はとこ」は、 「またいとこ」や 「ふたいとこ」とも言い、意味は同じです。 「はとこ」もいとこと同じように自分より年上か年下か、はとこ同士の性別、父方か母方かなどによって漢字表記がかわります。 はとこが一人の場合は、漢字表記では以下のようになります。 読み方はいずれも「はとこ」です。 自分より年上・・・再従兄、再従姉 自分より年下・・・再従弟、再従妹 はとこが複数人いる場合は以下のようになります。 いずれも読み方は「はとこ」です。 自分から見て男性同士のはとこ・・・再従兄弟 自分から見て女性同士のはとこ・・・再従姉妹 父方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従堂兄 父方の、自分から見て年上の女性のはとこ・・・従堂姉 父方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従堂弟 父方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従堂妹 父方の、男性同士のはとこ・・・従堂兄弟 父方の、女性同士のはとこ・・・従堂姉妹 父方の、男女同士のはとこ・・・従堂兄妹 母方の、自分から見て年長の男性のはとこ・・・従表兄 母方の、自分から見て年長の女性のはとこ・・・従表姉 母方の、自分から見て年少の男性のはとこ・・・従表弟 母方の、自分から見て年少の女性のはとこ・・・従表妹 母方の、男性同士のはとこ・・・従表兄弟 母方の、女性同士のはとこ・・・従表姉妹 母方の、男女同士のはとこ・・・従表兄妹 はとこの次は? はとこの次は 「三従兄弟姉妹(みいとこ)」で、八親等の親族で、自分の両親のはとこの子、自分の高祖父母の玄孫にあたります。 更に 「よ(四)いとこ」「いつ(五)いとこ」「む(六)いとこ」と続くそうですが、民法で親族は「六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族」と定められていますので、六親等の「はとこ」までを親族として考えると良いようです。 いとこのいとことは? 「いとこのいとこ」は、自分とは血のつながりはなくなり、六親等を超えてしまうため親族とは考えず、特に呼び方もないようです。 叔父叔母の子は、自分とは「いとこ」になります。 その「いとこ」からみて「いとこ」ということは、自分の叔父叔母の兄弟姉妹の子・・・ということになるのですが、ここでは、自分の父親と叔父が兄弟として考えてみましょう。 叔父の配偶者である叔母は、自分とは血のつながりはなく、その叔母の兄弟姉妹の子が「いとこのいとこ」にあたります。 「いとこ」や「はとこ」は結婚できる? 民法では、「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」と、近親者の婚姻を禁止しています。 直系血族とは、両親、祖父母、子、孫など、自分から直線的なつながりがある人のことで、傍系血族とは、兄弟姉妹、いとこ、叔父叔母などの、自分から横につながりがある人のことです。 以上のことから、 いとこは四親等の傍系血族、はとこは六親等の傍系血族なので、結婚することが可能です。 いとこやはとこを漢字表記するとびっくりするくらい種類があるんですね。 昔は兄弟姉妹の数が多かったため、いとこやはとこの数も当然多く、自分との関係を表すために、読み方は同じでも漢字表記の数も多くなったそうですよ。 自分と親戚がどういう関係にあるのか、家系図を書きながら確認していくとわかりやすいかもしれませんね。 関連: 関連: -.

次の