パソコン リカバリー 方法。 パソコンをリカバリー(初期化)したい

HP PC

パソコン リカバリー 方法

この FAQ では、Windows 7 をリカバリー 初期化 する手順を説明します。 リカバリーとは、リカバリー用データ領域に出荷時の OS データなどを保存し、必要な際にハードディスクの OS データ領域をフォーマット 初期化 し、保存されたリカバリー用データから Windows を出荷時の状態へ 戻すことをいいます。 リカバリーはコンピュータ ウイルス感染やファイルの誤削除ソフトウェアのインストール・アンインストールを 繰り返すなど、何らかの原因でパソコンが起動できなくなってしまった、または動作が不安定になってしまった 場合に有効な作業です。 Diginnos・Prime パソコンをご購入いただきました時期や、パソコンの構成内容などにより、 リカバリー搭載モデルの対応は変わります。 詳しい確認方法は下記の FAQ をご確認ください。 事前確認• リカバリーを行うと、全てのデータが初期化されます。 インストールしたアプリケーションソフトやメールの履歴などお客様が作成したデータは、 他のメディアや外付けのハードディスクへ必ずバッ クアップを取っておいてください。 リカバリーを実行すると、ハードディスクの内容は消去され、工場出荷時の状態 に戻ります。 データ用のパーティションを作成していた場合でも、予期しない誤動作・誤操作により データが消去される恐れがあります。 途中で電源を切るなどして、リカバリーを中止しないでください。 Windows が起動しなくなったり、データが消失してリカバリーを実行できな くなる恐れがあります。 ハードディスク内のリカバリー用データは絶対に削除しないでください。 リカバリーのためのデータをハードディスク内に格納しています。 このリカバリー用データ領域は約 11GB あります。 市販のディスクユーティリティをお客様ご自身でインストールした場合や、 Windows のディスク管理を使用するなど特別な手段で、この領域を削除、変更またはデータの追加 などを行うとリカバリーができなくなりますので、これらの操作を行わないでください。 操作手順 Windows 7 をリカバリー 初期化 する手順.

次の

パソコン初期化・リカバリーの方法 パソコン初心者講座

パソコン リカバリー 方法

Windows10にはパソコンの不具合を回復する機能や、バックアップの機能が複数あります。 そのため「どんな機能なのか?」「使い所は?」など利用者が混乱しています。 実はとても簡単で、パソコンを保守してくれる強力な機能であることが分かります。 復元ポイント、システム修復、回復ドライブ、リカバリー、バックアップの違い 復元ポイントと システム修復ディスクは、Windowsを修復する機能です。 しかも システム修復ディスクは特に必要ありません。 回復ドライブとは リカバリーディスクのことです。 Windows7まで「リカバリーディスク」と呼ばれていました。 回復ドライブがあれば「システム修復ディスク」は不要です。 システム修復ディスクをより高機能にしたのが回復ドライブだからです。 バックアップには システムバックアップと、 ファイルバックアップの 2種類のバックアップ機能が用意されています。 これら3つのバックアップ機能が下の図になります。 名称 特徴 バックアップ先 タイミング 復元ポイント システムのバックアップ Cドライブ Windowsが定期的にバックアップする。 任意でもバックアップ可能 回復ドライブ OSの再インストールや、起動しなくなった時のシステムの回復 32GBのUSBメモリー PC購入時に1度だけ作成 バックアップ ドライブをまるごとバックアップ 外付けHDD CD・DVDメディア 半年や1年に一度。 バックアップは上書きされる。 フォルダ、ファイルをバックアップ 1時間ごとなど任意で可能。 10世代まで残すなどバックアップの世代管理も可能。 呼び名は多いのですが「復元ポイント」「回復ドライブ」「バックアップが2種類」の3つだけを覚えておきましょう。 復元ポイントとは 不具合前のWindowsに戻すことができる機能です。 Windowsは定期的に復元ポインを自動で作成します。 アップデート前には必ず復元ポイントが作成されます。 もしWindowsに不具合が発生したら、復元ポイント機能を使って、不具合が発生する前のWindowsに戻すことができるのです。 例えば復元ポイントに1月1日や3月1日があれば、1月1日や3月1日の状態に戻すことができます。 復元ポイントは、Windowsアップデート前後やアプリケーションをインストールした時などに 自動で作成されますが、 手動で作成することもできます。 ソフトやドライバーのインストールやアンインストール前に復元ポイントを作成しておくと、作業を失敗しても復元ポイントを利用してやり直すことができます。 システム修復ディスクとは Windowsが起動できなくなると、復元ポイントやバックアップイメージを使って復旧することができません。 しかし、 システム修復ディスクを使うと修復メニューを起動することができ、復元ポイントやバックアップイメージから修復することができます。 システム修復ディスクの作成にはCD-R、DVD-Rが必要となりますが、回復ドライブ(リカバリーディスク)にも同様の機能が備わっています。 つまり、 回復ドライブを作成すれば、わざわざシステム修復ディスクを作成する必要はありません。 回復ドライブ(リカバリーディスク)とは Windows7では「 リカバリーディスク」と呼ばれていた機能です。 回復ドライブには2つの機能が備わっています。 Windowsを初期化(工場出荷時)することができます。 つまりWindowsが再インストールされます。 回復ドライブでWindowsを再インストールした場合、回復する時に一部のソフトやドライバーの削除、レジストリの初期化などが行われます。 もうひとつは、システム修復ディスクと同じように、起動しなくなったWindowsでも修復メニューを表示させ、復元ポイントやバックアップイメージから修復させることができる機能です。 【回復ドライブを作成するタイミング】 回復ドライブを作成するのは1度だけです。 PCを使い始めた時に回復ドライブを作成すると良いでしょう。 ノートパソコンやメーカーのパソコンにはリカバリーディスクが付属していたり、またはハードディスク内にリカバリー領域が用意されています。 また、簡単にリカバリーすることができるソフト(機能)が用意されていることもあります。 回復ドライブやリカバリー領域が無い場合は、 回復ドライブを作成します。 【回復ドライブで必要なもの】 回復ドライブの作成には 32GBのUSBメモリーが必要となります。 【回復ドライブ作成の時間】 パソコンやUSBメモリーの性能によりますが、30分~3時間ほどかかります。 Windows10のバックアップ機能 Windwos10のバックアップには 2つのバックアップ機能があります。 1.システムのバックアップ Windowsやソフトがインストールされているシステム、ドライブをまるごとをイメージファイルとしてバックアップします。 今までは復元ドライブでWindowsを回復しても、ソフトやドライバーなどが削除されるため、再びソフトやドライバーをインストールする手間がかかりました。 システムをバックアップしていれば、その手間はなくなります。 必要なソフトのインストールや設定が完了した 最高の状態のWindowsをバックアップしていれば、いつでも最高のWindowsに戻すことができます。 また、バックアップはCドライブ以外のDドライブやEドライブなども含めることができます。 CドライブにWindows、Dドライブにソフトをインストールされている場合でもバックアップすることができます。 【バックアップできる保存先】 外付けHDD、DVD-R、パソコン内の違うHDD(または違うパーティション領域)に保存することができます。 USBメモリーにはシステムイメージを作成することはできません。 【バックアップファイルの特徴】 バックアップ先のドライブに「WindowsImageBackup」フォルダーが作成され、ファイルがバックアップされます。 システムの バックアップは上書きされるため、バックアップの世代を保存する場合は、フォルダー名を「WindowsImageBackup」から「WindowsImageBackup-01」などに変更する必要があります。 ファイルのバックアップ 指定したフォルダーを定期的に保存することができます。 業務用のファイルが入っているフォルダーを10分毎や2時間毎にバックアップすることができます。 バックアップするフォルダーは複数設定することができ、除外するフォルダーも設定することができます。 バックアップは上書きされないため、3世代前のバックアップファイルを復元するといったことも可能です。 もちろん バックアップの保持期間を設定することも可能です。 Windows10の最適な保守方法 まず「 回復ドライブ」は必ず作成しておきましょう。 次にソフトのインストールや設定などが完了してから「 システムのバックアップ」をおこないます。 システムのバックアップは半年に一度を目安にバックアップするとより安全です。 ファイルのバックアップは、自分の好みに合わせて行うと良いでしょう。 当社は違うソフトを使ってファイルをバックアップしています。 復元ポイントは自動で作成されるので、頻繁にソフトやドライバーのインストール・アンインストールを行わなければ、手動で復元ポイントを作成する必要もないでしょう。 必要最小限の保守は下記になります• 回復ドライブ:1度だけ作成• システムバックアップ:半年に1度程度おこなう。 ファイルバックアップ:任意• 復元ポイント:Windowsが定期的に作成するので不要 作業は比較的簡単です。 不測の事態に備えて上記のバックアップを取っておくことをお薦めします。 トラブルケーススタディ 実際にどういった時に復元ポイントを使ったり、バックアップを使うかを紹介します。 パソコンの動作がおかしくなった 昨日からパソコンの動作がおかしくなったんですよ それなら復元ポイントで修復できるよ。 1週間前に復元ポイントがあるので、システムを1週間前の状態に戻してみよう マイドキュメントのファイルやメールはどうなりますか? それは大丈夫だよ。 ただし、3日前に設定した内容や、データの一部が一週間前の状態になるから、その点は別途バックアップしておこう。 PCが起動しなくなった場合 PCが起動しなくなりました。 Windowsから復元ポイントの機能が操作できません。 回復ドライブを使うと大丈夫だよ。 PCに回復ドライブを差し込んで起動すると、回復メニューが表示されるよ。 回復メニューでまずは復元ポイントを使って回復するか試してみよう。 いくつかの復元ポイントを選んで回復を試しましたがダメでした そうなると回復ドライブを使ってWindowsの再インストールになるね えー、またOfficeやAdobeなどのインストールや設定をするんですか? そうなるけど、Cドライブのシステムバックアップはあるかな? はい。 OfficeやAdobeなど全てをインストールした後にバックアップしています それなら回復ドライブのメニューから、そのシステムバックアップを選べばOfficeやAdobeなどがインストールした状態で回復できるよ。 PCが起動しました。 OfficeやAdobeもインストールされています。 だけど設定などはバックアップした当時のままです。 システムのバックアップは定期的に保存した方がいいね。 システムのバックアップは上書き保存されるので、保存されたフォルダ名を変えることで、複数のシステムバックアップを保管できるよ。 なるほど。 半年に一度や、大きなソフトをインストールした時にシステムのバックアップをおこないます。 ソフトのインストールや、ファイルの保存は、できるだけCドライブ以外を利用しよう。

次の

東芝 ノートパソコン dynabook Satellite の初期化方法/リカバリー

パソコン リカバリー 方法

この FAQ でご案内している操作は、管理者権限ユーザーの Microsoft アカウントで行う必要があります。 Microsoft アカウントを使用していない場合は、下記の FAQ にアクセスし、設定を行います。 選択するオプションによって、リカバリー後に残るデータが変わります。 下記を参考の上、作業を行ってください。 「 個人ファイルを保持する 」 を選択した場合 個人用ファイル ドキュメントやピクチャなどの個人データやユーザーアカウントなど を残した状態 でパソコンの設定を初期状態に戻します。 この場合、追加でインストールしたアプリやドライバー、関連する設定情報などは消去されます。 アップグレード機種では、一部のプリインストールアプリやドライバーも削除される場合があります。 「 すべて削除する 」 を選択した場合 ドライブが複数ある場合はドライブのクリーニングの前に対象のドライブを選択する画面が出てきます。 Windows がインストールされているドライブのみ削除する。 Windows がインストールされているドライブに追加でインストールしたアプリや、作成したファイル、 画像や録画データなど、すべて消去されます。 ただし、その他のドライブ 例:Dドライブ に保存されているデータは消えません。 すべてのドライブを削除する。 その他のドライブ 例: D ドライブ を含めた、パソコン内のすべてのデータが消去されます。 「 ドライブのクリーニング 」 の選択 ファイルの削除のみを行う場合 再セットアップ後もパソコンを使用する場合はこちらを選択してください。 短時間で終わりますが、安全性は低くなります。 ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行する場合 パソコンを廃棄したり譲渡したりする場合にはこちらを選択してください。 削除したデータをデータ復旧ソフトウェアなどによって復元が出来ないようにデータの 完全削除をします。 処理が多いため、時間がかかります。 注意事項 デバイスの暗号化をオンのままローカルアカウントで初期化する際、この選択肢を選ぶと、再起動後に 「 使用できる状態に戻すには回復キーを入力してください 」 画面が表示されます。 回復キーのバックアップファイル、またはハードコピーを参照し、回復キーを入力し、 [ 続行 ] をクリックします。 バックアップファイルまたはハードコピーを紛失された場合は、Microsoft 社の「 BitLocker 回復キー 」 ページを参照、確認することができます。 「 しばらくお待ちください 」 の表示の後、削除対象となるアプリケーションのリストが表示されます。 確認後 [ 次へ ] をクリックします。

次の