炭治郎 カナヲ 恋。 【鬼滅の刃】炭カナを考察【最新情報】

【鬼滅の刃 18巻 ネタバレ注意】猗窩座戦決着!そして伊之助がカナヲのもとに駆け付ける

炭治郎 カナヲ 恋

栗花落カナヲの過去は? 鬼滅の刃にメインキャラクターとして登場している炭治郎との同期組や柱達、また上弦の鬼達は、そのキャラクター達の個性がどのように出来上がったのか?を際立たせるために各々の過去の生い立ちが細かく描かれています。 その中では一際心が痛み、そして心が惹かれるのはカナヲの生い立ち。 虐待を受けた過去 カナヲは生まれてから常に両親から虐待を受けており痛々しい過去を経験している。 両親の虐待が酷すぎて、カナヲの兄弟達も亡くなってしまうほどの酷い虐待を受けていた。 泣くと蹴飛ばされたり、引き摺り回されることが日常茶飯事でした。 虐待を受ける中でカナヲは人間らしさである心 感情 を失ってしまいました。 奴隷として両親に売り飛ばされる そして奴隷として両親に売り飛ばされてしまいます。 親に売られた時でさえも、悲しいう心 感情 を失ってしまいました。 胡蝶姉妹との出会い 奴隷として売り飛ばされるらめに連れられているところを、 たまたま通りかかり運命の出会いとなるのが胡蝶カナエと胡蝶しのぶ姉妹。 胡蝶姉妹はカナヲの姿を見てカナヲを救うために奴隷の運び人に達に激怒し、運び人にお金を投げつけてカナヲを助けるために無理やり解放しました。 胡蝶姉妹との生活の始まり そこから胡蝶姉妹達とカナヲのストーリーが展開していきます。 胡蝶姉妹達の無償の愛に包まれてカナヲは生活していきます。 虐待の影響で心 感情 をカナヲは失っていまっており、カナヲは自分の意思というものを失っていました。 胡蝶姉妹の話や指示には快く応じるが、 それ以外のことは自分では決めらない状態であったため、 カナエがカナヲに 「何かに迷った時はコインが表か裏でどちらになったかで進む道を決める」という提案をしました。 カナヲはそれを受け入れ、何か決める時はコイントスにより行く道を決めることになりました。 胡蝶姉妹達の無償の愛を受け、そして姉妹が鬼狩りをする姿を見て、カナヲは鬼狩りになることを決意します。 この頃には少しずつ心 感情 というものが芽生えてきてコイントスではなく自分の意思で物事を少しだけ決められるようになってきたようです。 そして時が経ち、カナヲは炭治朗と同じ時期の最終選抜へという過去からの流れになります。 カナヲは凄まじい虐待を受けて心を閉ざしてしまっていましたが、胡蝶姉妹の無償の愛により徐々に心が溶けて自我というものが芽生えて成長していく姿が生い立ちのシーンでは見て取れます。 スポンサードリンク 栗花落カナヲの性格・魅力は? カナヲの魅力は、何と言っても壮絶な過去を体験して心を閉ざしてしまったところから胡蝶姉妹の無償の愛により心が溶けていき自分の意思を徐々に持ち始いく姿、そしてカナヲの感情が溢れ出るシーンが魅力的です。 炭治郎との稽古から恋の初体験 極めたつけは炭治郎との稽古を通して、そして別れ際を通してさらに心が溶けて、自由意思というものが芽生えました。 炭治郎の温かい心がカナヲの心に染み渡りカナヲを感化させたのでしょう。 カナヲは初めて男の人に「キュン」となるような恋を経験。 カナヲ自身は胸の辺りで「キュン」とするが自分ではそれを感じていない、 というように自分の本当の心の声を認めたくない様子。 年頃の少女として自分の心の変化を素直に感じています。 胡蝶姉妹の仇・上弦の弐 童魔との戦い カナヲの感情が溢れ出る魅力的なシーンは、メインの戦闘シーンである胡蝶姉妹の仇である上弦の弐 童魔との戦いで見せるカナヲが怒りをぶつけるシーン。 因縁の仇の童魔との出会いはまさに胡蝶しのぶが吸収されているところからスタートします。 吸収されていくところを見てカナヲは助けようとします。 間に合わず、童魔にしのぶを吸収される。 そして、カナエとしのぶの仇を討つために童魔に必死に挑んでいくカナヲ。 自分よりも強い相手に必死にくらいつき、仇を討つことにコミットしている。 可愛い顔をしながらとてつもない言葉を童魔に放つカナヲ。 どんな状況になってもカナヲは諦めずに伊之助と協力して捨て身で童魔の首をカナヲ自身が切ることができました。 無償の愛をくれた胡蝶姉妹達の仇を討つために感情を丸出しにして、 挑むカナヲの姿がとても魅力的に映ります。 初めの頃のカナヲの性格は、いつも冷静で穏やかでありながら、任務に対しても堅実に忠実に任務をこなしていく性格です。 ですが、徐々に人間の温かい心に触れることで内に抑圧していた感情が外に溢れ出てきて、前半の理性的な行動ではなく、後半は自らの意思に従い感情的な行動に成長していきます。 とても感情が豊かになり、喜怒哀楽が湧き出てきています。 スポンサードリンク 結論・まとめ 壮絶な虐待を両親から受けたことにより心を失うカナヲ。 胡蝶カナエとしのぶとの出会いから姉妹の無償の愛を授かることにより、 人間らしさ「心」を徐々に取り戻していきます。 何よりも、カナヲ自身が胡蝶姉妹が奴隷から自分を解放して、自分を育ててくれたことに感謝しており、強い恩を感じています。 そして、炭治郎との出会いによりさらに心が溶けて心を取り戻し成長していく姿。 童魔戦では、感情を露わにして捨て身で戦い自分より遥かに強い相手に挑み撃破します。 鬼滅の刃で登場するカナヲの魅力はなんといってもカナヲ自身の心の変化の成長が時を経つことに描かれていくところ。 改めて、マンガでカナヲの成長を見返したくなりますね。 鬼滅の刃のメインキャラクターの栗花落カナヲについて記事をお読みいただきましてありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

炭治郎 カナヲ 恋

【鬼滅の刃】炭治郎と栗花落カナヲがなんだかいい感じ!恋かしら? 『鬼滅の刃』の主人公、 竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と栗花落カナヲ(つゆり・かなを)がなんだかいい感じなのです。 炭治郎にその自覚があるかどうかは別として。 栗花落カナヲの閉ざされた心を素直でやさしい炭治郎が開けていくのです。 陽だまりです。 日向です。 雪解けです。 冷たい大地に柔らかい日の陽が差し込んでいくのです。 栗花落カナヲは感情を感じないタイプなのです。 昔はそんなことなかったんですよ。 ただ自ら何も感じない様になったのです。 生きていくために感情を遮断したのです。 栗花落カナヲはなかなかの、しんどい生い立ちなのです。 栗花落カナヲの過去 幼少時代のカナヲは思う。 というその時の彼女にまだ名前はない。 親が名前をつけてくれなかったのだ。 彼女は思う。 お腹がすいた 悲しい虚しい 苦しい寂しい そんな日々だった だけど ある日ぷつんと音がして 何もつらくなくなった そんな彼女は貧しい生活の中、 親に売られてしまいます。 そんな時も、彼女はなにも感じませんでした。 おいおいおいおい、 栗花落カナヲどうなっちゃうんだい・・・。 縛られて歩く彼女。 そんな彼女を胡蝶カナエと胡蝶しのぶが、 連れ帰ります。 胡蝶しのぶは言います。 姉さん この子全然だめだわ 言われないと何もできないの 食事もそうよ 食べなさいって 言わなきゃずっと食べない ずっとお腹鳴らして 胡蝶カナエはカナヲについて言います。 きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫 いつか 好きな男の子でも できたらカナヲだって変わるわよ カナヲは胡蝶姉妹に蝶屋敷に連れられて、本当によかったのです。 栗花落カナヲは蝶屋敷で育っていくのです。 栗花落カナヲってどんな人なの? 栗花落カナヲは蟲柱・胡蝶しのぶの継子(つぐこ)です。 継子というのは柱の育てる隊士です。 相当才能があって優秀じゃないと選ばれません。 栗花落カナヲはすごいのです。 誕生日は5月19日 これは出生が不明だったため胡蝶姉妹に出会った日を誕生日としているのです。 趣味は朝から晩までシャボン玉。 生い立ちもあり、 自分の感情が自分でもあまりよくわかりません。 そのため 指示がないことは銅貨を投げて物事を判断します。 栗花落カナヲは言います。 ですが栗花落カナヲ、炭治郎との出会いで変っていくのです。 炭治郎とカナヲの関係 二人は鬼殺隊の同期です。 『藤襲山』(ふじかさねやま)での最終選別にて 同じ試験日に合格しました。 ちなみに同期には 我妻善逸(あがつま・ぜんいつ) 嘴平伊之助(はしびら・いのすけ) 不死川玄弥(しなずがわ・げんや) がいます。 この時、 炭治郎とカナヲに接点はありませんでした。 会話も交わしていません。 二人に接点が生まれたのは、 下弦の伍・累の討伐に蟲柱・胡蝶しのぶがやって来たためです。 胡蝶しのぶの付き添い(継子だし)で、カナヲもやって来ました。 カナヲ、最初は鬼である禰豆子を切ろうとしていた次第であります。 炭治郎が胡蝶しのぶの蝶屋敷にて、 傷の回復と修行を行ったさい、カナヲと炭治郎の距離は縮まるのです。 カナヲは自分の感情に希薄です。 指示された以外のことは銅貨を投げて物事を判断します。 それを踏まえつつ、炭治郎とカナヲの会話です。 炭治郎は言います。 俺たち 出発するよ 色々ありがとう カナヲはニコニコしているだけで、 とくに何も答えません。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 炭治郎は言います。 そんな時間がしばらく過ぎていきます。 ・・・・・・。 カナヲは銅貨を投げます。 カナヲは言います。 師範の指示に従っただけなので お礼を言われる 筋合いは無いから さようなら 炭治郎は喋ってくれたことに喜びます。 炭治郎から始まる炭治郎とカナヲ、二人の会話です。 カナヲがこれから 自分の心の声をよく聞くこと 表!!表にしよう 表が出たら カナヲは心のままに生きる で、表が出ます。 頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! じゃ またいつか! 表が出たことがを不思議がるカナヲに炭治郎は言います。 偶然だよ それに裏が出ても 表が出るまで 何度でも 投げ続けようと思ったから 元気で~ そうなのです。 炭治郎はいい子なのです。 こりゃあみんな、すきになっちゃうよ。 なのです。 カナヲの冷たく閉ざされを心に炭治郎が温かいのです。 いや~いい子に育ったもんだなと・・・。 炭治郎、ご両親の愛情をしっかり自覚して受け止めて育った感じなのです。 キュンキュンですね。 炭治郎、上弦の陸・妓夫太郎 ぎゅうたろう ・堕姫 だき との戦いのあと、 二か月間意識が戻りませんでした。 栗花落カナヲ、看病をしてくれていたようなのです。 目が覚めて 良かった・・・ その後、 みんなが集まってきてワチャワチャ賑わしくなります。 そんな中、栗花落カナヲは意思表示をします。 そうなのです。 栗花落カナヲは炭治郎が心配なのです。 あの指示された以外のことは、銅貨を投げて決めたいたカナヲが・・・。 栗花落カナヲが自分の意志を持って、 動いていくようになるのです。 二人の関係は今後どうなっていくのでしょう? 楽しみです。 カナヲが自らの意志で銅貨を捨てる日が来るんでしょうね。 楽しみです。 最後までお読みいただき ありがとうございました。 kotobatoasobi.

次の

【鬼滅の刃】ファンは炭カナ希望!?栗花落カナヲと竈門炭治郎の恋愛はありえる?2人が絡むエピソードをご紹介!

炭治郎 カナヲ 恋

概要 『』に登場する、とのカップリング。 の同期隊士という間柄。 鬼に家族を殺されながらも、親や兄弟姉妹との温かな記憶を持つ長男坊の炭治郎と、 実の親に虐げられそれにより兄弟姉妹を亡くし、心も思考も閉ざしてしまったカナヲという、ある意味で対照的な境遇をそれぞれに抱えている。 身長差は9cmで、カナヲの方がひとつ年上。 最終選別編 鬼殺隊へ入隊するための命懸けの 「最終選別」を終え、は、を除く同期隊士三名(、、栗花落カナヲ)とともに、説明会に集められる。 その際、炭治郎は案内役の童子に対して手を上げた玄弥と揉め事を起こしてしまうが、同じ場にいたカナヲは全く興味を示す様子がなく、蝶と戯れているだけであった。 なお、死に物狂いで選別を潜り抜けて土埃に塗れていた男子三名に対して、カナヲは選別前と変わりなく身綺麗なままだったが、これは選別当時の彼女の力量が頭一つ抜きん出ていたため。 那田蜘蛛山編 に数えられるの一党が巣食う那田蜘蛛山にて、累との激闘を経て満身創痍の炭治郎は、鬼である妹・が、筋金入りの鬼殺隊士たちに容赦なく狙われるという状況にはじめて直面する。 竈門兄妹の事情を知る隊士・の助けを受けて、実力者であるの手を逃れた炭治郎と禰豆子だったが、今度は増援の一人として駆けつけていたカナヲに捕捉されてしまう。 炭治郎は禰豆子に斬りかかるカナヲを引き止めようとするものの、脳天に踵落としを一撃を食らって気絶。 禰豆子が逃げ回っている間に「竈門兄妹を確保、移送せよ」との伝令が到着したことで、カナヲは刀を納め、「隠」の収容作業の補佐へと向かう。 明確な敵意を持って禰豆子を狙ったしのぶに対して、カナヲの殺意は鬼殺の使命感と見るにしても機械的なものであり、「鬼を殺さず連れ帰れ」という伝令を受けた際には特に訝る様子もなく従っている。 そんな彼女の異質さの背景が明かされるのは、もう少し先のこと。 蝶屋敷(機能回復訓練)編 怪我人としてしのぶの蝶屋敷に担ぎ込まれた炭治郎は、改めて相対したカナヲを最終選別時に見かけていたことを思い出す。 傷の癒えた炭治郎は、同じく療養していた・と共に、蝶屋敷の面々を相手に機能回復訓練(リハビリ)に臨む。 剣士としての圧倒的な差をカナヲとの間に感じる炭治郎は、見かねた屋敷の娘たち(きよ・すみ・なほ)の助言を受けてを始めとした身体強化に取り組み、やがて訓練の結果もカナヲと拮抗するようになる。 第53話。 療養を終え、新しい刀も届いた炭治郎たちに、「無限列車」への増援として出陣の指示が下る。 蝶屋敷を離れる前に挨拶して回っていた炭治郎に声をかけられ、カナヲは初めて彼と言葉を交わすことになる。 ようやく返事をしてくれたことに感激する炭治郎は、お別れを言って会話を切り上げようとするカナヲに構わず隣に腰を下ろす。 何もかもがどうでもいいから自分一人では何も決められないこと、指示されていない事柄に関しては銅貨を投げて決めていること、いま話をしているのもそうして決めたことだと話すカナヲ。 炭治郎は 「どうでもいいことなんてない」「カナヲの心の声が小さいのでは」と暫し逡巡し、彼女から銅貨を借りると、表側に 「カナヲは心の声をよく聞くこと」と賭けて天高く放る。 受け止めた銅貨の面は表。 飛び上がって喜んだ炭治郎は、銅貨を返す形でカナヲに近づき激励する。 「頑張れ!! 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!! 」 どうして表を出せたのかと不思議がるカナヲに、「表が出たのは偶然」「裏が出ても表が出るまで何度でも投げ続けようと思っていた」と答え、炭治郎は笑って立ち去る(アニメでは、ネット上で「人が恋に落ちる瞬間を見た」等とコメントされた)。 彼を見送った後、カナヲは銅貨を胸元に当てて握りしめ、直後に自らの行いに動揺。 すみに背後から声を掛けられた際には驚いて縁側から転げ落ちている。 この一連のやり取りが、カナヲの何かを変えていくのだった。 遊郭編 上弦の陸である・との戦いを終え、仲間達と共に蝶屋敷に戻った炭治郎は二ヶ月間の昏睡状態を経た後に意識を取り戻す。 病室に花を活けた花瓶を持ってきていたカナヲは驚きのあまり花瓶を落とし割り、炭治郎に話しかけ自発的に彼の安否を気遣う。 そして安堵の言葉を漏らすカナヲの目には涙が浮かんでいた。 カナヲは他の相手には殆ど無言のままであったが、炭治郎が眠りについたときは大声を挙げて周囲を静かにさせている。 番外編 上述した銅貨の一件が収録された単行本第7巻には番外編も収録されており、そこにてカナヲの過去が明らかになっている。 人買いに連れられていたところを・姉妹に引き取られたカナヲは、育った環境の過酷さゆえ自分で考えて行動することができなくなっていた。 カナヲの行く末を危惧するしのぶに対して、カナエは銅貨を投げて決めればよいと暫定的な対処法を提案。 「根本的な解決にならない」としのぶに怒られるも、鷹揚なカナエは「切っ掛けがあれば大丈夫」と返す。 番外編は「 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」とのカナエの言葉で締め括られるが、その台詞が書かれたコマには 炭治郎の姿が描かれている。 これが何を意味するかはもう言うまでもないだろう。 (2020年5月13日時点での最新刊は20巻) 無限城決戦編 が各々のやり方で自分のを赫刀にしてに挑むも、無惨の一撃により柱や善逸、伊之助は吹き飛ばされ負傷する。 かろうじて吹き飛ばされなかったカナヲだが、腹部を負傷し足がすくみ動けない。 無惨がカナヲに攻撃を繰り出した瞬間、炭治郎が間一髪で助けに入る(離れたところにいた(恐らく)のところまでカナヲを運ぶ)。 以下、さらにネタバレ(201話以降、特に注意) 無惨を討伐するも、を経て鬼となった炭治郎の攻撃を止めるため、カナヲはしのぶから預かった藤の花から作られた薬(禰豆子用に作られたが、人間化薬は珠世が3つも作っていたために使用されなかったもの)を打ち込もうとする。 結果、カナヲは薬を打ち込むことには成功したが、攻撃を受けてしまい「 炭治郎だめだよ 早く戻ってきて 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ…」と言い残し炭治郎の側で倒れてしまう。 なおこの時、戦にてカナヲの右目は既にほぼ見えない状態になっていた。 鬼になったばかりなら片目でも炭治郎の攻撃を掻い潜ることができると見込み、残された左目で「花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼」を使用した。 なお、炭治郎はカナヲが倒れるときに発した言葉に反応を見せた。 実は、カナヲに打ち込まれた薬の効果が現れ人間の意識が覚醒し始めていたからである。 関連イラスト.

次の