はやぶさ こまち。 東京駅で『はやぶさ・こまち』見学!おすすめ時間帯・見学場所・入場方法をまとめました。

「はやぶさ」「こまち」に自由席なし。指定券なしで乗る方法は?

はやぶさ こまち

東北新幹線で、東京駅などで時刻の表示板などをみると 「はやて・はやぶさ・こまち・やまびこ・なすの」 といった列車の名前を見ます。 まずは基本的な部分として 東北新幹線の基礎知識 「東北新幹線」は、その名の通り、東京駅から東北地方を結ぶ新幹線です。 下の画像は、東北新幹線の路線図で「主要駅」が出ています。 途中で秋田方面・山形方面に枝分かれしながら、東北の最北の県、青森県の新青森駅を結んでいます。 東北地方は「福島県・宮城県・山形県・岩手県・秋田県・青森県」の6県があります。 1番南の県が福島県、1番北の県が青森県です。 大まかにいえば、「はやぶさ・はやて」は東北の最北の県の青森県まで行きます。 一方で、後で解説しますが、「やまびこ」は岩手県の盛岡駅までです。 上の特徴で説明した通り、大きい違いは、列車によって、どこの駅まで行くか、さらに途中で駅を飛ばすか飛ばさないかで違いがあります。 例えば福島県の「福島駅」に旅行で行きたいと思えば 到着時間の違い 料金の違い 列車の最高スピード 全席指定席か、自由席もあるか 車両の種類による違い などもあります。 次に大きな違いになる停車駅についてくわしく解説します。 所要時間や料金、その他の特徴で比較 東京駅~盛岡駅までの所要時間で比較 列車の最高速度や、停まる駅数が違うので、同じ東北新幹線でも大きめな駅に到着する所要時間に差が出ます。 新幹線以外の普通の電車でも、各駅停車と急行があって、大きい駅に着く時に時間が差がでますが、それと一緒です。 はやぶさ・やまびこの違い 「はやぶさ」と「やまびこ」の違いは、おおざっぱに言うと速度も速く、途中駅を飛ばして主要駅に早く着く「はやぶさ」が急行だとすれば 1ずつの駅を停まる各駅停車のような役割を「やまびこ」が担っています。 必ず他の列車とくっついて運転されます。 他の路線との違いは、盛岡駅までは、はやぶさと、連結されて一緒に同じ駅を進み、そこから切り離されて 単独で秋田新幹線として終着の秋田駅まで、秋田方面に向かう列車です。 もしくは上りだと、秋田駅よりスタートして、盛岡でくっつけられて東京方面に向かいます。 電車の先端と先端がくっつけられて運転してますね 停車駅の違い こまちは、東京駅から盛岡までは、はやぶさと連結されます。 はやぶさと連結されていれば、盛岡までは、はやぶさと同じ停車駅をたどります。 と停まります。 ということは 各駅停車である「やまびこ」の停まる駅には、一部は停まらずに行くようになります。 下は盛岡駅までの、「はやぶさ・やまびこ・こまち」の停車駅の比較です。 やまびことこまちの違いは、大宮から仙台の間(はやぶさ・こまちはノンストップ) 仙台から盛岡の間の停車駅(はやぶさ・こまちは一部列車が停車)に違いがあるのが分かります。 一方で、はやぶさは主に やまびこで使用される車両の1つの と車両の種類が違うので、デザインや色や席の形にも違いが出ます こまちは全席指定席 こまちは、全席指定席となります。 自由席はありません。 ですので、「やまびこ」のように自由席もあるタイプの新幹線とは違いがあります。 こまち 料金の違い はやぶさと連結されている場合 「はやぶさ」の追加料金が「こまち」にもかかります。 ですから、前述の、「はやぶさとやまびこ」の料金を比較したように、「こまちとやまびこ」でその分で料金が違ってきます。 逆に「はやぶさ」と連結された「こまち」なら途中までの駅は料金は同じになります。 はやて と はやぶさの違い 「はやて」と「はやぶさ」の違いは大きく 最高速度の違い はやぶさは320km、はやては275km(宇都宮~盛岡間) のスピードになります。 はやぶさの方が早いです。 速度や停車駅の兼ね合いもあり所要時間も「はやぶさ」の方が、早く着きます。 あくまで個人的な感想ですが、このスピードの差は、はやぶさは、実際に両車乗ってみると、 席に座っている分には、座りやすい席なのもあり、あまり揺れや音を感じにくい気がしますが、 トイレなどで席を移動して立っているときは、おお高速だな、と早く動いている感じがします。 加速感が違うといいましょうか。 車両の違い こまちの違いのところで見ましたが、「はやぶさ」は「E5系(H5系)」 という車両を使用しています。 「はやて」は「E5系」さらに「E2系」が使用されています。 例えば、東京駅から盛岡駅まで行ったとすると、新幹線代の違いは 停車駅の違い はやぶさの方が追加料金の分、高くなります。 東京から盛岡間を見ると はやぶさ … 14740円 はやて … 14230円 (2018 4月調査時点) となります。 停車駅の違い 停車駅は、仙台から盛岡間を各駅で停まる「はやて」があり、「はやぶさ」は仙台と盛岡の間の駅を 停まらずに行くタイプが多い、という違いです。 大宮から仙台間はどちらもノンストップです。 なすのを漢字にしてみると「那須野(なすの)」ですから。 何となく、栃木県 の那須方面をイメージできます。 他の路線が福島県の郡山駅より北の、福島・仙台・秋田・盛岡などを 通るのに対して、「なすの」は福島県の郡山駅が終着です。 そして「なすの」の席の種類は、自由席が多めの路線です。 なすのは東京駅から郡山駅まで、各駅停車 他の違いとしては、停車駅を見ると、「なすの」は東京駅から、福島県の郡山駅の間は 各駅停車となっております。 「はやぶさ」や「はやて」が大宮から仙台の駅を途中に停まらずに行くのと違い、その間を各駅停車するのが「なすの」です。 「やまびこ」との違いは、郡山駅まではどちらも各駅停車(一部で例外あり)ですが、 郡山が「なすの」の終着であるのに対し、「やまびこ」はそれより北の岩手県の盛岡まで行きます。 他 車両の種類が違うと、座席の幅やデザインが違う 車両の種類が違うと、E5系とE2系とE6系で席の色やデザインが違います。 席の幅も違ってきます。 自分がどの車両の種類に乗ったかで、席の乗り心地やデザインが違ってきます。 「やまびこ」は他の列車に抜かれることがある 上記のように、やまびこは、停まる駅数がはやぶさなどより多いため 他の列車より、出発時刻が早い「やまびこ」であっても、状況によって、後から出発する、停まる駅数が少ない「はやぶさ・こまち」などに途中で抜かされることがあります。 例えば下は「はやぶさがやまびこを追い抜いた」動画です。 やまびこに乗っていると、ときどきアナウンスされるのが.

次の

はやぶさとはやて、こまちとスーパーこまちの違いってなんでしょ...

はやぶさ こまち

E6系「 こまち」 概要 () 現況 運行中 地域 、、 、、、、、 前身 特急「たざわ」「秋田リレー」 運行開始 (JR東日本) 路線 起点 ・ 終点 営業距離 623. 本稿では、2013年3月16日から2014年3月15日にかけ運転された「 スーパーこまち」についても記述する。 概要 [ ] 「こまち」は、「」に次ぐ2番目の方式の列車として、1997年3月に秋田新幹線の開業より運転を開始した。 とを結ぶ役割を担っている。 なお、営業上はである盛岡駅 - 秋田駅間は在来線特急の扱いを受ける。 列車名の由来 [ ] 列車名は、小野出身とされるが由来とされている。 運転開始までは「こまち」の名称は秋田支社のが使用していたが、こちらは「」に改名した。 運行概況 [ ] 2016年4月現在、定期列車は東京駅 - 秋田駅間に15往復、 - 秋田駅間に1往復の計16往復が運転されている。 東京駅 - 秋田駅間の所要時間は最短で3時間37分。 定期列車は東京駅・仙台駅 - 間は「」と併結し、盛岡駅でを実施する。 一部の臨時列車には仙台で増解結を実施するものがある。 これは併結車両の「はやぶさ」が仙台以北各駅停車となる便であるため、「こまち」を仙台から先行させ速達性を確保する措置である。 号数は東京駅 - 秋田駅間の列車が1-38号(併結する「はやぶさ」と同じ号数)、仙台駅発着の1往復が95・96号である。 停車駅 [ ]• 仙台駅発着の1往復は仙台駅 - 盛岡駅間の各駅(、、、、、)にも停車する。 (平成14年)のまでは、、の各駅にもそれぞれ1往復ずつ停車していた。 (平成21年)のダイヤ改正までは大宮駅を通過する列車も存在した。 全車禁煙• 在来線区間も走行することから車体は通常の新幹線より幅が小さい。 秋田新幹線開業から2014年3月まではE3系(0番台)も使用されていた。 座席は、(平成14年)以降は設定されておらず、全列車全席で運行されている。 なお、盛岡駅 - 秋田駅間の相互間ではで普通車の空いている席を利用できる。 ただし、を持っている乗客が来た場合は席を譲る必要があり、当然満席の場合には立席となる。 は1両のみで、(東京駅 - 大曲駅間で)東京駅側の先頭車両となる11号車に連結されている。 フル規格の新幹線のグリーン席と違い横幅が狭いため、簡易がウェルカムドリンクとともにサービスされている。 「こまち」は大曲駅の構造上、東京駅 - 大曲駅間と大曲駅 - 秋田駅間とでため、秋田駅発の「こまち」の座席は予め進行方向逆向きにセットされている。 E6系普通車 臨時列車 [ ] 毎年8月最終土曜日にで行われるでは多数のが運転されている。 このとき、定期列車では運転されていない大曲駅始発・終着の列車も運転されることがある。 全国花火競技大会の際には、以下のように大曲駅を発着する運転が行われる。 秋田駅 - 大曲駅間• 停車駅は設定せず、通常の「こまち」と同様無停車となる。 列車号数は2007年までは850 - 860番台が、2008年は350 - 360番台がつけられる(列車番号とは別につけられている)。 仙台駅・盛岡駅 - 大曲駅間• 列車号数は、2007年まで主に270番台が、2008年は盛岡止が360 - 370(下りの一部が310)番台、仙台行きが220番台をつけられることが多い。 上りは、田沢湖駅・角館駅を通過する列車が多い。 盛岡駅始発・終着列車については、新幹線ホームではなく地上の田沢湖線ホームを使用する。 また、大曲駅を深夜に発車する列車は、角館駅・田沢湖駅を通過する。 にによる『秋田新幹線開業20周年記念号』が1往復運転され、R21編成が充当された。 特急料金 [ ] 在来線区間を走行するE3系こまち 盛岡 - 秋田間• (平成9年):田沢湖線・奥羽本線盛岡駅 - 大曲駅 - 秋田駅間の改軌が完成し、秋田新幹線開業。 「 こまち」運転開始。 当初の運行形態は、従来の特急「」のダイヤを踏襲した形で設定され、東京駅 - 秋田駅間13往復、仙台駅 - 秋田駅間に1往復とされた。 また、東京駅・仙台駅 - 盛岡駅間で「」と併結していた。 また、これらの列車は郡山駅・福島駅に停車し、その一部は宇都宮駅にも停車していた。 (平成10年)• - :1両(14号車)増結し、順次6両編成化。 この間、増結車両は自由席であった。 :6両編成化が完了し、増結車両を指定席に変更。 東京駅 - 秋田駅間に1往復増発。 仙台駅での分割併合を廃止し、全列車東京駅 - 盛岡駅間「やまびこ」併結となる。 (平成12年):秋田駅 - 東京駅間の最終列車「こまち28号」は列車名を「ミレナリオこまち28号」に変更して運転。 (平成13年):それまで半室禁煙としていたグリーン車を全面禁煙化。 E2系「はやて」と連結するE3系「こまち」• (平成14年)12月1日:東北新幹線盛岡駅 - 八戸駅間開業に伴い、以下のように変更。 定期列車の東京駅 - 盛岡駅間の併結車両を新設の「」に変更。 ただし、の場合には「やまびこ」との併結もあった。 自由席が設定されなかった「はやて」に合わせ、2両あった自由席を廃止し全車座席指定席に変更。 宇都宮駅・郡山駅・福島駅の各駅にそれぞれ1往復ずつ停車していたが、併結列車を「はやて」に変更したことにより、定期列車はすべて通過。 (平成17年):臨時「やまびこ」併結列車を「はやて」との併結に変更し、1往復を定期列車に変更して増発。 (平成18年)• :の影響で、終日運休する(秋田新幹線としては開業以来初めての終日運休)。 : - 田沢湖駅間の第四生保内川橋梁で、、以降の列車が運休し、翌日も除雪と安全確認のため、終日運休した。 (平成19年)• :全車両禁煙化。 (平成20年):13号車に設置されていた列車内飲料自動販売機の営業を終了(撤去)。 (平成21年):「(はやて)・こまち」2号が大宮駅停車開始。 これにより「こまち」は全列車が大宮駅停車になる。 (平成22年):ダイヤ改正により、定期列車の仙台駅における「はやて」との分割併合が廃止される。 「スーパーこまち」の列車表示。 3月2日: - 間で、。 乗客130名には負傷なし。 この事故の影響で盛岡駅 - 秋田駅間で3日まで区間運休。 3月16日:ダイヤ改正によりE6系が営業運転を開始。 「こまち」は以下のように変更。 E6系を使用する4往復の愛称を「 スーパーこまち」に変更。 ・15日:「こまち」2往復をE6系に置き換え。 運行ダイヤ・愛称はそのまま。 :「こまち」1往復をE6系に置き換え。 この日をもってE3系量産先行車(R1編成)の定期運用を終了。 秋田駅にてのセレモニーが実施された。 他にも、6月から8月にかけてE6系で運転する「こまち」を複数設定。 :「こまち」3往復にE6系を投入し、「スーパーこまち」に変更。 同時に東北新幹線内の併結車両をE5系に統一。 ・16日:「こまち」の一部をE6系に置き換え。 以後も、2014年(平成26年)2月にかけて、順次E3系の運用をE6系に置き換え。 (平成26年):ダイヤ改正により、次の通りに変更。 秋田新幹線全列車をE6系に置き換え、E3系の定期運用終了。 列車名を「こまち」に統一。 東北新幹線区間の併結列車を「はやぶさ」に統一。 (平成27年):・サービスを廃止。 (平成31年) : 盛岡駅 - 秋田駅間で車内販売を廃止。 東京駅 - 盛岡駅間は飲料・菓子類・つまみ類のみの販売に縮小する。 (令和2年)• :JR東日本が、の感染拡大防止のため、同年4月9日 - 5月31日まで、車内販売を中止することを発表。 :JR東日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、同年5月28日以降の全列車の指定席発売を見合わせることを発表。 :JR東日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により、同年5月28日以降に運転本数を削減することを発表。 :JR東日本が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響により以下の運転計画および措置の実施を発表。 同年5月21日以降、同年5月28日以降の列車の指定席発売を再開。 車内販売は同年6月1日以降、当面の間中止継続すると発表。 利用客の減少に伴い、同年5月28日以降の定期列車の一部を運休し、臨時ダイヤによる運行を実施すると発表。 :JR東日本が、同年5月21日以降の指定席発売を延期することを発表。 :JR東日本が、国の緊急事態宣言が解除されたことを理由に、同年5月28日以降に計画していた臨時ダイヤによる運行の実施を取りやめ、定期列車の運行を継続することを発表。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 設置駅なし• 東京 - 盛岡間を実キロとした場合。 東京 - 秋田間をすべて営業キロにすると662. 6 である。 宇都宮駅、郡山駅、福島駅のいずれかに停車する列車は上野駅を通過していた。 区間列車や全国花火競技大会時に秋田駅 - 大曲駅間のみを運転する臨時列車のような場合でも例外はない。 ただし、後に在来線区間でのみ運行再開した際にはグリーン車は締め切り扱いとし、その他の車両を全車自由席で運行した例もある。 大曲までの運転となる全国花火競技大会臨時運転時は除く。 全車指定席に変更した際に元自由席であった15・16号車の座席の交換を行わなかったため、シートピッチが異なる現象が発生した(12 - 14号車 : 980mm、15・16号車 : 910mm)。 2002年以降に落成した編成(R18 - R26編成)も同様の現象が見られたが、従来編成との定員や設備の共通化のため同じ仕様で落成された。 東北新幹線内の定期運用は2014年3月15日以降も継続され、「やまびこ」・「なすの」の増結用として使用される。 また、2編成が「つばさ」用に改造された 出典 [ ]• PDF プレスリリース , , 2017年1月20日 , 2017年5月20日閲覧。 プレスリリース , , 1998年9月25日 , 2014年12月9日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 1998年1月8日 , 2014年12月9日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 1999年9月24日 , 2014年12月9日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2001年9月21日 , 2014年12月9日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2001年9月21日 , 2014年12月9日閲覧。 プレスリリース , , 2002年9月20日 , 2014年11月2日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2005年9月30日 , 2014年11月2日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2011年4月29日 , 2011年5月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2011年9月12日 , 2014年11月2日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道秋田支社, 2013年3月18日 , 2013年7月6日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道秋田支社, 2013年5月16日 , 2013年8月9日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2013年7月5日 , 2013年8月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道秋田支社, 2013年11月13日 , 2013年11月16日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2015年1月16日 , 2015年1月16日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2019年2月18日 , 2019年2月18日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年4月8日 , 2020年4月8日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年4月27日 , の2020年4月27日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月27日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月8日 , の2020年5月14日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月14日閲覧。 プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月13日 , 2020年5月13日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月13日 , の2020年5月14日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月13日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月19日 , の2020年5月22日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月22日閲覧。 PDF プレスリリース , 東日本旅客鉄道, 2020年5月22日 , の2020年5月22日時点におけるアーカイブ。 , 2020年5月22日閲覧。 新聞記事 [ ].

次の

【神報】JR東日本「新幹線半額キャンペーン」開始へ! はやぶさ・こまち・かがやきも事前受付で半額に!!

はやぶさ こまち

前回の記事では新幹線の「こだま」について書きましたが、今回は日本の新幹線の中でも最速のコンビについて紹介しようと思います。 所要時間という観点でいけば、上野駅を通過し盛岡駅でE5系とE6系の切り離しを行わないE5系単独運行の「はやぶさ(はやぶさ5号・11号・34号)」と、盛岡まで行かないため切り離し作業のない東京~仙台間のみ運行の「はやぶさ(はやぶさ2号・37号)」です(E5系・E6系の切り離しを行う列車は盛岡駅で2~5分程度停車します)。 両列車とも子どもにも非常に人気の高い列車です。 ちなみにはやぶさとこまちについて、東北新幹線の沿線に住んでいる方はご存知かと思いますが、それ以外の地域にお住いの方のためにそれぞれの列車について簡単に紹介しようと思います。 運行区間・・・東京~仙台・盛岡・新青森・新函館北斗、仙台~新函館北斗 最速列車の所要時間・・・東京~仙台・1時間31分、東京~盛岡・2時間11分、東京~新青森・2時間59分、東京~新函館北斗・4時間2分 こまち ・E6系車両を使用し、秋田新幹線の区間(盛岡~秋田)の運転を行う列車 運行区間・・・東京・仙台~秋田(臨時列車は盛岡~秋田、大曲の花火大会時は大曲~秋田間のみ運行の列車もあり) 最速列車の所要時間・・・東京~秋田・3時間37分、仙台~秋田2時間5分 こまち・はやぶさの連結 列車の概要は前のところで説明しましたが、今度はこの2つの車両の連結について書こうと思います。 現在日本国内で非常時以外に新幹線同士の連結を行っているのは、今回は紹介しませんが山形新幹線(東京~山形~新庄)のやまびこ・つばさと、今回紹介している東北・秋田新幹線のこまち・はやぶさの2種類のみとなります。 前者のやまびこ・つばさは途中の福島駅で、こまち・はやぶさは途中の盛岡駅で増結・解結を行います。 東京駅では基本的に増解結は行いません。 山形新幹線にしても秋田新幹線にしても、それぞれの列車の単独走行にすれば良いとも思うかもしれませんが、このように併結させて走行させるのには以下の理由があると考えられます。 その車内清掃にも7分しか時間を確保できないのが現状です。 山形新幹線開業前も在来線特急「つばさ」が上野~山形を結んでいました。 東北地方の方にとっては、首都圏といかに早く結ばれるかが、長年の願いでもありました。 ちなみに「こまち」「つばさ」と各併結列車との連結のされ方は以下のようになっています。 このため、増解結は以下の手順となります。 「こまち」「つばさ」とも手順は同じなので、「こまち」の例で説明します。 乗客の乗り降りの扱いをする。 連結器カバーを開け「こまち」到着を待つ 2・「こまち」が連結器カバーを開けながら到着。 手前で停止。 3・ゆっくりと「こまち」「はやぶさ」連結を行い。 「こまち」が乗客の取り扱いをする。 4・両列車の乗客の扱いが終了、発車する。 概ねこのような順番での増解結となります。 この順番を見て気付かれた方もいるかもしれませんが、 上り・下りとも「こまち」のドアが開く前に増解結が終了しているため、「こまち」に乗車の方はこの増解結の作業を見ることが出来ません。 このため、増解結の作業を直接見たい方は盛岡駅で両列車の到着を前もって待つか、「はやぶさ」に乗車ください。 YOUTUBE等調べれば色々出てくるかとは思いますが、このメカニカルな増解結の作業は一見の価値があります。 全車指定席の背景 現在、併結して走行する新幹線は「こまち」「はやぶさ」の組み合わせと、「つばさ」「やまびこ」の組み合わせであることはこれまでにも説明しましたが、このうち 「こまち」「はやぶさ」の組み合わせでは全車指定席で自由席はありません。 「つばさ」「やまびこ」においては自由席があります。 得に初めての方が「こまち」もしくは「はやぶさ」で旅行をされる際に見落としやすいので注意して下さい。 かつて、「こまち」がデビューした時はE6系の前のE3系車両による運行で「やまびこ」との併結であり、自由席も連結されていました。 現在、「こまち」は「はやぶさ」と併結している関係上、東京から「はやぶさ」との増解結を行う盛岡までの途中の停車駅は上野(一部通過)・大宮・仙台のみに統一されています(ただし仙台始発・終着の「はやぶさ」は仙台~盛岡各駅停車です。 なお、大宮~仙台まではすべての駅を通過します。 かつて「やまびこ」と連結していた頃は、宇都宮・郡山・福島駅にも停車していました。 この頃東北新幹線は盛岡までの開業でした。 まだこの頃は東北新幹線初代車両200系との併結であり、「こまち」のE3系が新車であることから、自由席は郡山・福島・仙台までの乗客が「こまち」に集中し、本来の乗客である秋田までの乗客が座れない事態に発展していました。 このような事態となったため、東北新幹線内で盛岡・秋田等遠距離の乗客と、宇都宮・郡山等近距離の乗客を分離する必要性が出てきました。 遠距離の乗客が確実に座れる必要性が生じてきました。 2002(平成14)年東北新幹線が八戸まで開業し、最速達列車のE2系「はやて」が誕生すると秋田までの所要時間短縮のため、「こまち」の併結相手は「やまびこ」から最速列車の「はやて」となりました。 そして、「はやて」が遠距離の乗客の座席確保の観点から全車指定席での運行となったため、「こまち」も全車指定席での運行となりました。 2011(平成23)年、東北新幹線が新青森まで開業しE5系が登場し、「はやて」よりも上位種別の「はやぶさ」が運行を開始すると、「こまち」の併結相手は徐々に「はやて」から「はやぶさ」に変更されました。 「はやて」の例に倣い、「はやぶさ」も全車指定席での運行です。 なお、「はやて」「はやぶさ」「こまち」とも盛岡から終点(秋田・新函館北斗等)は自由席特急料金と同額の「特定特急券」があり、普通車の空席に座ることができます(仙台~盛岡間に停車駅があるものは仙台以北でも特定特急券でも乗車できます)。 なお、 東北新幹線は昔も今も東京~仙台間の乗車が多く、「やまびこ」よりも速達列車となる「はやぶさ」「こまち」は下りは仙台まで(上りは仙台から)の指定席が満席になりやすいため、早めの購入をお勧めします(繁忙期等は東京~仙台の指定席の発売枚数制限がかかる場合があります)。 さいごに 今回は簡単に、線路の上を走行する列車としては国内・世界最速の「こまち」「はやぶさ」について紹介しました。 全車指定席で、きっぷの購入に手間はかかりますが、一度乗車してみるとその速さ・快適さを感じることが出来ると思います。 次回は「秋田新幹線で行く秋田」について書こうと思います。

次の