ちくび の 周り の ぶつぶつ。 20代女性です。乳首の周りにブツブツがあります。知恵袋で...

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?(マイナビウーマン子育て)

ちくび の 周り の ぶつぶつ

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。 中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。 いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。 このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。 順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。 東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。 医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー ちくびの周りのぶつぶつは何? ちくびの周りの乳輪のところに小さな突起がいくつかあるかと思います。 このぶつぶつは、「モントゴメリー腺」(または乳輪腺)と呼ばれるものです。 モントゴメリー腺の役割は? モントゴメリー腺には皮脂を分泌する働きがあり、その皮脂が乳首や乳輪を乾燥から守ります。 また、皮脂によって肌が弱酸性に保たれ、細菌の繁殖を抑えます。 特に授乳は乳首が切れるほど過酷な環境です。 そこから乳首を守るために、皮脂は欠かせないのです。 このモントゴメリー腺の「ぼこ」っとした出っ張りには、皮脂だけでなく母乳の出口(乳管開口部)もふくまれているので、ママ独特のにおいを発します。 このにおいが赤ちゃんの哺乳意欲(ほにゅういよく)を刺激し、授乳をする際に赤ちゃんが目印になっているのではないかともいわれています。 授乳の時は清拭した方がいい? 赤ちゃんは抵抗力が弱いため、授乳前に手を洗う人も多いはずです。 それなら、乳首を清浄綿でぬぐったほうがよいのではないかと思うかもしれません。 以前は、授乳前に拭くように指導されていた時代もありましたが、現在は違います。 乳首や乳輪をふいてしまうと、モントゴメリー腺からの分泌物もふき取られてしまい、乳首が乾燥して、ひび割れや痛みの原因となります。 ですから、授乳前に乳首を清浄綿でふくことはおすすめしません。 同様に、入浴時もゴシゴシ洗わず、ソープなどの泡やお湯のみでさっと流すくらいにとどめておいたほうがよいのです。 ぶつぶつが気になるときはどうすればいい? モントゴメリー腺は誰にでもあります。 ただ、その数や大きさには個人差があります。 ですから、どうしてもぶつぶつが気になって仕方がない人もいることでしょう。 しかし、先ほども述べた通り、授乳中はモントゴメリー腺が大切な役割を果たすため、授乳中は乳首を守るためと割り切ってむやみになんとかしないことが大切です。 妊娠中は特に目立ちやすい 妊娠すると、ホルモンの影響で乳頭や乳輪が大きくなりますが、モントゴメリー腺の突起部分も大きくなり、目立つようになります。 このぶつぶつは、通常は妊娠・授乳期が終わると自然と目立たなくなります。 美容外科での治療 どうしてもモントゴメリー腺が気になるのであれば、授乳の期間を終えたあとに手術で取るという選択肢もあります。 その場合、美容形成外科などで切開し、モントゴメリー腺を除去します。 手術は日帰りも可能で術後1週間後に抜糸をします。 乳がんの症状とはどう違う? モントゴメリー腺はどんなものか分かったとしても、「私の乳輪にあるぶつぶつは、本当にモントゴメリー腺? 病気ではない?」と不安に思う人もいるかもしれません。 確かに、乳がんの症状が乳首周辺に現れることもあります。 たとえば、乳首や乳輪に湿疹やただれができた場合に、乳がんが疑われることがあります。 とはいえ、乳首の湿疹やただれの多くは、がんとは関係がないので、気になる症状があればまずは皮膚科を受診してください。 こんな乳首も乳がんの可能性が 乳首のただれや湿疹があった場合、ほかにも乳首の異常がないかどうかを、ぜひ確認してみてください。 たとえば、乳首をつまんで血液などが混じった分泌物が出る場合、乳首が引きつれたり極端にへこんだりする場合、左右の乳首の高さが違ったりする場合は、乳がんの可能性があります。 乳がんは乳首だけではなく、乳房にも症状が現れます。 たとえば乳房の硬いしこりや痛み、えくぼのようなへこみ、皮膚の赤い腫れやオレンジの皮のような毛穴の凹凸なども乳がんの症状です。 いずれにせよ、気になる場合は乳腺外科などを受診してみましょう。 まとめ 乳首のまわりのぶつぶつは「モントゴメリー腺」と呼ばれるものです。 妊娠すると目立つようになる人が多いと思いますが、そこからの分泌物は乳首や乳輪が乾燥して切れたり痛んだりするのを防ぐ役割があります。 また、赤ちゃんにとっての「ママのおっぱい」の目印にもなっているとされ、授乳のためになくてはならない役割を果たしています。 もし、乳首周辺がただれたり、湿疹ができるなどのトラブルが見られたら、念のため早めに受診しておくと安心ですね。 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます• 関連記事.

次の

20代女性です。乳首の周りにブツブツがあります。知恵袋で...

ちくび の 周り の ぶつぶつ

乳輪にできるぶつぶつ・モントゴメリー腺とは、皮脂腺が発達したもので、男性、女性の誰にでもあります。 モントゴメリー腺の数や大きさは人によって変わってきますが、平均的に約15個~20個くらいはあります。 ぶつぶつが気になって悩んでいる方もいると思いますが、これは誰にでもあるもので、悪いものではありません。 モントゴメリー腺は皮脂腺が発達したものなので、ギュッと押すと中から皮脂がでてくることもありますが、乳輪や乳首周りの皮膚は薄く、ばい菌が入ったり傷をつけることもあるので、絶対にモントゴメリー腺を潰したりはしないで下さい。 炎症を起こすと余計に大きくなることもあります。 乳輪にできるぶつぶつ・モントゴメリー腺とは乳首や乳輪が乾燥するのを防ぐ モントゴメリー腺や乳首周りをケアする方法1つ目は、保湿することです。 ニキビのようなものならクリームなどで保湿すると逆効果になると思われるかもしれませんが、乾燥すると肌を保護しようとする動きをして皮脂腺がより活発になり、その結果モントゴメリー腺が大きくなったりします。 顔や手、足などと同じように、乳首周りや乳輪を乾燥しないように保湿ケアしましょう。 また気になるからと。 必要以上にぶつぶつに触ると皮脂腺が詰まったり、ばい菌が入って炎症を起こすこともあります。 触れたり摩擦を起こすと大きくなることもあるので、出来るだけ触らないように気を付けましょう。 保湿するクリームは、ビタミンCやビタミンEが含まれているクリームが効果的です。 保湿ケアする際は、肌の乾燥しやすいお風呂上りに行うといいでしょう。 保湿することで乳首周りのぶつぶつのかゆみも抑えられます。 下記に、おすすめのボディクリームの関連記事があるのでぜひ参考にして下さい。 モントゴメリー腺や乳首周りをケアする方法5つ目は、下着に気を付けることです。 モントゴメリー腺は摩擦などにより皮脂腺が活発に動き大きくなったり、また摩擦されることでかゆみが出ることもあります。 まずは、下着が自分に合っているか確認しましょう。 ブラジャーが小さ過ぎたり、大きすぎると摩擦が起こります。 フィットしたものだと摩擦は起こりにくいので、もし目立って悩んでいる方は、自分の下着が合っているか確認しましょう。 また男性の方も肌着で摩擦が起こるとモントゴメリー腺が目立ったりかゆみが起こったりもします。 ぴったりとした肌着や、保湿をすることで乳首周りを保護してあげましょう。 乳輪のぶつぶつ モンゴメリー線 は誰にでもある! いかがでしたでしょうか。 場所が場所なだけに、誰にも言えなかったり聞けなくて悩んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 乳輪周りのぶつぶつは数や大きさは人それぞれですが、誰にでもあるものです。 特に女性の方は毎月生理があったり、女性ホルモンが崩れることも多いのでそれによって目立つことが多々あります。 しかし、モンゴメリー線は悪いものではありません。 赤ちゃんにおっぱいの場所を教えたり、乳輪や乳首周りの乾燥を防いでくれたりもする大切なものです。 ただ、大きくなったり目立ったりすると、他の人にどう思われているか気になったりしますよね。 モントゴメリー腺は乾燥すると大きくなるので、出来るだけケアして下さい。 また、保湿だけではなく普段の生活を整えることも大切です。 食事のバランスや、良い睡眠、適度な運動によりキレイな肌は作られます。 どうしても気になる場合は手術して除去することも出来ますが、まずは自分に出来ることから始めてみましょう。

次の

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?(マイナビウーマン子育て)乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ちくび の 周り の ぶつぶつ

どんな意味があるの?あの乳首のぶつぶつの正体とは!? 見た目的にはあまり美しくない、できればなくなってほしい乳首のぶつぶつですが、あれって一体なんなのでしょう?何か意味があるのでしょうか?まずは、そこからお話していきます。 ブツブツの正体は「モントゴメリー腺」という皮脂腺 いったん気づいてしまうと、わずらわしくて仕方のないあの乳首のぶつぶつには、ちゃんとした名前があります。 「モントゴメリー腺」と言って、実は誰にでもあるものなのです。 誰にでもあるとは言え、「自分は他の人よりも大きい気がする」「数が多く目立っている」など、悩んでしまう人も多いものです。 そんなモントゴメリー腺は、なぜできるのでしょうか。 それは、皮脂を出して大切な乳首や乳輪を保護するためなんです。 モントゴメリー腺は、皮脂腺なのです。 乳首周辺を保護するものなので、当然、女性だけでなく男性にもあります。 モンゴメリー腺のぶつぶつではなく、乳首や乳輪の黒ずみが気になるという方はこちらの記事を読んでみてくださいね。 そして、さらに女性の場合は、出産して授乳する際、赤ちゃんに「ここがおっぱいだよ~。 乳首だよ~」とニオイを出して知らせるのも、モントゴメリー腺の重要な役割です。 妊娠や授乳によって変化する 赤ちゃんにおっぱいの位置を教えてくれるモントゴメリー腺ですから、妊娠期や授乳中はいつもより余計にぶつぶつが目立つようになりがちです。 個人差もありますが、特に妊娠初期~妊娠中期は、女性ホルモンの影響でバストが急激に大きくなりやすいものです。 それに伴い、モントゴメリー腺も大きくなります。 気になるかもしれませんが、ママになった証でもありますから、赤ちゃんの為にも妊娠・授乳期は除去することを考えず、授乳が終わってからケアしましょう。 ホルモンバランスによってぶつぶつが目立っているわけですから、授乳期が終わると自然とぶつぶつが目立たなくなることもあります。 妊娠中や授乳中は神経質に考えず、むしろ母乳の分泌がよくなることを心掛けるようにしましょう。 分泌物が出たら病院へ! このように、モントゴメリー腺は本来必要なものなので、気にならなければ何もしなくて構いません。 しかし、モントゴメリー腺から分泌物が出ることがあり、そうなると状況によっては病院へ行くなどの対処が必要となります。 皮脂を出す腺ですので、モントゴメリー腺を絞ると、ニキビをつぶした時のように白い皮脂が出ることがあります。 排卵日や生理のとき、妊娠中など女性ホルモンのバランスによって、モントゴメリー腺は大きくなったり目立たなくなったりするわ。 ということは、分泌される皮脂も、ホルモンバランスで多くなることがあるの。 分泌物が多いと、それが皮膚刺激になってかゆみが生じることは、珍しいことではないわ。 ひどくなければ、清潔にして様子を見ていても大丈夫よ! ただし、化膿していたり痛みがあったりしたら、すぐ病院へ行ってね! ぶつぶつを少しでも目立たせないために!自分でできるケア方法とは 乳首のぶつぶつはモントゴメリー腺であり、妊娠中や授乳中など、女性ホルモンの働きがさかんな時期には特に目立ってしまうことをお伝えしました。 逆に言えば、女性ホルモンの分泌が減る閉経後の女性は、ぶつぶつが目立たなくなってきます。 でも、閉経後なんて待てないし、できることなら今すぐにでも除去したいのが本音ですよね。 あのぶつぶつを除去してキレイな乳首を作ることはできるのでしょうか。 食事対策で除去! すでにお伝えしたように、ぶつぶつの正体であるモントゴメリー腺は、赤ちゃんに乳首の場所を教えるニオイを出す皮脂腺、つまり毛穴のようなものです。 なので、同じく毛穴にできるにきびと似たところがあり、にきびケアと同じような方法で、モントゴメリー腺対策ができるのです。 そのために意識して摂りたい栄養素と代表的な食べ物は、以下の通りです。 栄養素 食材 効果 ビタミンA レバー・うなぎ・緑黄色野菜等 毛穴のつまりを解消する ビタミンC レモン、イチゴなどの果実やイモ類等 コラーゲンを作り美肌を形成する ビタミンE ニンジン・カボチャ・ホウレンソウ等 血液の循環を促し美肌を作る 食物繊維 ゴボウ・サツマイモ・豆類等 便秘を予防する 特にビタミンCは体内に貯蓄していくことができない成分ですので、適量を毎日摂取するよう心がけましょう。 油分の多いポテトチップスやジャンクフード、砂糖たっぷりのケーキなどはNGですが、「絶対に摂取しない」と決めてストレスになるのは更にNGです。 ストレスは美の大敵です。 神経質にならないようにしましょう。 保湿で除去! ぶつぶつの正体であるモントゴメリー腺は、ニキビのようなものだと言いました。 ニキビというのは油分と水分のバランスが崩れるとできてしまいますので、特に保湿は欠かせません。 ホルモン分泌が過剰になるとモントゴメリー腺の働きが促進され、かゆみがでることがあります。 顔にできるニキビもかゆみを伴うものがありますよね。 そうなることを避ける為にも乳首周辺は常にクリーンコットン等で清潔に保ちましょう。 さらに、ニキビに効果的な化粧水をつけて保湿もしましょう!保湿は、洗った後すぐにするのが重要ですので、お風呂から出た後はすぐケアしたいものですね。 どくだみ・ハトムギも効く! どくだみやハトムギがニキビに良いのは聞いたことがあると思います。 どくだみやハトムギは化粧水としても売られていて、効果の割には安価で手に入ります。 また両方共お茶として口から摂取することも可能です。 化粧水として外部から、また同時に、お茶として身体の中からのケアをしてみましょう! 植物 効能 どくだみ かゆみ改善、便秘改善、血流促進等 ハトムギ 血行促進、黒ずみ改善、肌の新陳代謝促進等 どくだみ茶もハトムギ茶もノンカフェインですし、妊娠中に飲むことも可能です。 便秘対策にも使えるので、味が嫌いでなければ是非試していただきたいものです! モントゴメリー腺対策は、ニキビ対策と同じと考えれば分かりやすいですね!油っこいものは避けて、ビタミンや食物繊維が含まれたものを積極的に食べると良いんですね。 それから、ハトムギ茶やドクダミ茶も効くんですね。 手軽に飲めるもので効果があるのは嬉しいです! どれも、普通に健康や美容に良いものばかりですから、モントゴメリー腺以外にもきっと効果が表れそうですね! 思い切って手術もアリ!?確実に除去したいなら美容外科へ! 栄養を摂って保湿などに励むセルフケアも大切ですが、効果が出るまでに少々時間がかかってしまいます。 モントゴメリー腺で悩んでいる方にとって即効性のある解決策は、やはり除去手術です。 モントゴメリー腺除去治療とは モントゴメリー腺を除去するための手術方法は、ぶつぶつを一つづつメスで切除して、糸を使って縫合するという方法です。 想像するだけで痛そうですが、麻酔を使うので痛くはありません。 1時間程度で終わる手術ですし、もちろん日帰り可能です。 意外と気軽に受けられそうですね。 女性医師が手術してくれるクリニックもありますから、抵抗なく相談できますね。 保険は適用外 気になる料金はどれくらいなのでしょうか。 クリニックによって差がありますが、モントゴメリー腺1つにつき3万円~5万円程度が相場のようです。 美容形成手術であり、病気の治療ではありませんので、保険は利きません。 豊胸手術に比べれば手軽な金額かもしれませんが、決してお安くはないお金を払うのですから、不安な点はしっかり確認して信頼できる医師にお願いしましょう。 術後の注意点 美容整形外科には、豊胸手術だけじゃなくて、モントゴメリー腺除去手術もやっているところがたくさんあるんだね! 意外と簡単に除去できるみたいだけど、手術には変わりないから、やる前にしっかりと医師に相談したほうがよさそうだね。 見えないところのぶつぶつまでキレイにして女子力アップ! 正直なところ、乳首のぶつぶつを気にするのは本人くらいかもしれません。 ですが、好きな人のため、自分自身のためにキレイな乳首にしたいと思うその気持ちは大事にしたいですよね。 恋をすることで女性ホルモンの分泌は促され、女性は更にキレイになります。 普段見せないところもキレイに保ちたいと思って努力するその姿勢は必ず報われます。 「なんとかしたい!」と思った今の気持ちを忘れずに、やれることから始めてみましょう。 自分の身体というのは自分の気持ちや努力に応えてくれるものです。 あなたが美への努力の1歩を踏み出すことは、乳首だけでなく全身をキレイにすることにも必ずつながっていきますよ!.

次の