トランプ 弾劾 裁判。 トランプ氏弾劾裁判、最大の焦点は ポイント解説:朝日新聞デジタル

トランプが弾劾裁判で「有罪」招きかねない要素

トランプ 弾劾 裁判

2019年の7月25日。 トランプ大統領は ゼレンスキー大統領と、 電話首脳会談をしていました。 この時に、 2020年の大統領選で戦うかも知れない 民主党のバイデン前副大統領と、 その息子であるハンター氏の 疑惑調査を依頼します。 その見返りとして、 ウクライナへの軍事支援の凍結解除と 首脳会談を実現する約束をしました。 これはバイデン前副大統領に、 政治的打撃を与えるのが目的だったのでは? この事が明るみに出ると、 トランプ大統領は 下院に断崖調査に協力しないよう、 命令を出します。 この捜査に圧力をかけたのが、 当時副大統領だったバイデン氏です。 副大統領だったバイデル氏は、 ウクライナの検事総長に 汚職捜査を続けると解任すると、 圧力をかけた疑惑が持たれています。 その調査をトランプ大統領は、 ゼレンスキー大統領に依頼したわけですね。 スポンサーリンク トランプ大統領が弾劾裁判で有罪になる確立は? トランプ大統領が、 弾劾裁判で有罪になる確立は、 かなり低いと言われています。 というのも、 トランプ大統領を有罪にするには 出席議員の3分の2以上の、 賛成が必要です。 ですが現在の議席は、 トランプ大統領の政党である共和党と 与党が過半数を占めているため、 3分の2以上の賛成は得られないでしょう。 政治的な交渉材料として、 民主党議員のバイデン前副大統領と その息子の調査を依頼して取引したこと、 そしてその調査に協力しないよう、 下院に命令したこと。 トランプ大統領が 弾劾裁判にかけられるのは、 史上3人目。 他の2人は、 1968年のアンドリュー・ジョンソン大統領と 1998年のビル・クリントン大統領。 いずれも弾劾裁判では、 無罪となっています。 トランプ大統領の弾劾裁判はなぜ?ウクライナ疑惑とは?理由を解説! トランプ大統領の弾劾裁判について、 その理由や原因となった ウクライナ疑惑について紹介しました。 大統領の弾劾裁判では、 史上3人目ですが これまでの前例通り、 無罪になる可能性が高いです。 大統領に就任していこう、 好き勝手しているように見える トランプ大統領。 今年は大統領選があるため、 早期決着を望んでいるでしょう。 トランプ大統領の 弾劾裁判の行く末を見届けましょう!.

次の

3人の専門家にアメリカの未来を聞いた

トランプ 弾劾 裁判

(英語版権エージェント) 「アメリカ本音通信」 【まとめ】 ・弾劾訴追された大統領はトランプ氏は歴代3人目。 ・トランプ氏の状況はニクソン大統領の辞任の状況に似ている。 ・弾劾裁判、トランプ氏罷免の可能性は薄いが、支持率に影響も。 ドナルド・トランプ大統領が18日、ウクライナの大統領に対する取引をめぐる権力の乱用と、米議会への 調査妨害で弾劾訴追された。 弾劾訴追された大統領は彼が3人目となる。 最初の17代目 アンドリュー・ジョンソン大統領の弾劾は1868年の話で、11件の訴状が提出された。 ジョンソンは、もともと奴隷解放を目指して南北戦争を戦った エイブラハム・リンカーン大統領の副大統領で、リンカーン暗殺後に大統領となった人物。 南北戦争後の和解を目指したリンカーンが、副大統領の自分とは立場や考え方が全く違う人材を求めたので彼を選んだのだが、実際に大統領になると元南部軍の奴隷制度支持者を優遇し、奴隷制度の廃止を邪魔した。 決定的だったのは、議員の反対を押し切って エドウィン・スタントン陸軍大臣を2度もクビにしたことだ。 現代の大統領府や米議会の状況とはかけ離れているので、これからトランプ大統領の弾劾裁判がどうなるかの参考にはならないだろう。 過去に起こったインターンとの性行為が表沙汰になり、それを隠蔽しようとしたことで(普通浮気がバレたら誰も最初は証拠をつきつけられるまで否定すると思うが)弾劾となった。 だが、クリントン大統領は既に2期目の満了を目前にしており、結局罷免とはならず、支持率にもあまり影響がなかった。 トランプ大統領の場合、訴追されているのは現在進行中の汚職の話であり、来年11月に迫った 大統領再選に向けて外国の選挙介入を促す行為であり、クリントン大統領の弾劾とは深刻さが違うといえるだろう。 そしてもう1件、弾劾には至らなかったがトランプ大統領の場合と似通っているのが、 ニクソン大統領の辞任だ。 その原因となったウォーターゲート事件とは、ニクソン大統領の指示で再選委員会がウォーターゲートという建物にあった野党民主党の本部に情報を盗みに入り、その犯人たちに再選委員会の選挙資金からカネが流れていたことが明るみにでて、米議会が弾劾へと動いたものだ。 ニクソン大統領の場合、まだ下院の司法委員会で、 弾劾に値する行為かどうかを審議している最中といタイミングで辞任が発表された。 ニクソン大統領自ら隠蔽という違法行為を命令する声が録音されたテープが公開され、弾劾裁判を行うはずだった上院の上層部からここまで明確な証拠があっては「かばいきれない」と三行半を突きつけられ、自ら辞任の道を選んだので、弾劾には至っていないが、 大統領再選を眼の前にした違法行為とその隠蔽という点で、トランプの弾劾訴追と似ている。 弾劾裁判に当たってはジョン・ロバーツ最高裁首席判事が立会い、上院議員は陪審員として「公平に全ての証拠を鑑み有罪か無罪を決める」と誓約しなければならないのだが、ミッチ・マコーネル上院議長は既に「ホワイトハウスと全面的に協力し、最短の審議で弾劾裁判を終わらせる」と公言しており、 公平な陪審員ではないことを認めてしまっている。 トランプは支持者(だけ)が集まる選挙運動集会やツイッターで相変わらず威勢のいい暴言を吐いているが、弾劾裁判にはハンター・バイデンや匿名の告発人など、 関係ない人物を召喚して吊るしあげたいようだ。 だが、証人を呼ぶとなれば、ウクライナ大統領との取引の場にいた前国家安全保障問題担当補佐官のジョン・ボルトンや、首席補佐官代理のミック・ムルヴェーニー、さらには今もウクライナを飛び回って、トランプのライバルについてのスキャンダルを嗅ぎ回っている ルドルフ・ジュリアーニ施設弁護士らを呼ばない理由はないだろう。 年明けには弾劾裁判をどう行うかですったもんだが始まり、どうなろうと弾劾裁判が実際に行われれば、 共和党が過半数を握る上院でトランプ大統領が罷免される可能性は薄い。 ただ、長引いた場合、支持率にどう影響が出るのかが注目される。 写真:トランプ大統領 出典:.

次の

pl.metrostav.cz : 米上院、トランプ大統領の弾劾裁判で無罪評決

トランプ 弾劾 裁判

米上院は5日、トランプ大統領の弾劾裁判で、2つの訴追条項のうち「権力乱用」について、52対48で無罪評決を出した。 共和党からは重鎮のロムニー議員が有罪に賛成票を投じたが、他に造反者は出なかった。 下院の弾劾調査に協力を拒否した「議会妨害」は有罪47票、無罪53票で、共和党と民主党(無所属含む)で票がはっきりと分かれた。 民主党が多数派を占める下院は12月18日にトランプ氏を弾劾訴追する決議案を可決。 弾劾訴追された史上3人目の米大統領となった。 無罪評決を受けてホワイトハウスは、「民主党がでっち上げた偽りの弾劾は、トランプ大統領の正しさが完全に証明され、疑いが晴れる形で終わった。 これまでわれわれが表明した通り、大統領は無罪だ」との声明を出した。 トランプ氏は、無罪評決後ツイッターに、2024年以降の大統領選のトランプ陣営の選挙ポスターが次々と表示され、最後は「Trump 4EVA(トランプ永遠に)」のポスターで終わる動画を掲載した。 米国の大統領は任期が4年で、憲法の規定により2期までとなっている。 トランプ氏はまた、6日正午(日本時間7日午前2時)に演説し、「でっち上げの弾劾におけるこの国の勝利」について語るつもりだと表明した。 <トランプ支持率は安定推移> トランプ氏の支持率は就任以降、大きく変動することなく推移しており、弾劾調査が始まってからもその傾向に変わりはなかった。 白人男性、農村部の住民、福音主義のキリスト教信者、保守的なカトリック信者など主な支持基盤の顔ぶれは変わっていない。 ロイター/イプソスの3日実施の世論調査では、トランプ大統領の職務遂行能力に関する支持率は42%で、不支持率も54%と高い。 9月に弾劾調査が始まった際の支持率は43%、不支持率は53%と、ほとんど変動していない。 再選を目指すトランプ大統領に共和党内で有力な対抗馬はおらず、8月の共和党全国大会で候補者指名を受けるとみられる。 共和党の上院トップ、マコネル院内総務は無罪評決後に記者団に、民主党は11月の議会選挙を有利に運ぶために弾劾裁判を利用したと批判し、これは「大きな間違い」だったと強調。 ロムニー氏の造反については「驚き、失望した」と述べた。 民主党の上院トップ、シューマー院内総務は、不公平な裁判での無罪評決には何の価値もないと一蹴。 「大統領はきっと、完全無実が証明されたと豪語するだろうが、われわれは真実を知っている。 拡大解釈しても、これは裁判とは言えなかった」と語った。 弾劾裁判は1月16日に開廷。 前週末に、民主党が求めるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らの証人招致に関する採決が行われ、否決されていた。 <造反のロムニー氏がトランプ氏批判> 2012年の大統領選で共和党の指名候補だったロムニー氏は、「権力乱用」に関する評決で有罪に賛成票を投じ、共和党で唯一の造反者となった。 ロムニー氏は、ウクライナにバイデン氏の調査を働きかけた大統領の行為は「重大な誤り」だとし、トランプ氏は「国民の信頼をひどく悪用するという罪を犯した」などと非難した。 ロムニー氏は弾劾裁判で「われわれの選挙権、国家安全保障、基本的価値観に対する言語道断の攻撃だ。 大統領の職を維持するために選挙を腐敗させるのは、就任宣誓への最悪の違反と言える」と主張した。 上院議員が弾劾裁判で、所属政党のメンバーの有罪に票を投じたのは、米史上初めて。 評決後、トランプ氏はロムニー氏を「民主党の秘密資産」と揶揄するビデオを投稿。 ロムニー氏が12年の大統領選で民主党のオバマ氏に敗れたことにも触れた。 共和党では、造反したロムニー氏を批判する声が上がったが、理解を示す向きもあるようだ。 ジョンソン上院議員は記者団に対し、ロムニー氏は「誠実な人だ。 良心に従って投票したのだろう」と擁護した。 *内容を追加しました。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の