テセウス 原作。 テセウスの船

テセウスの船の原作とあらすじ!妻子がいる竹内涼真が過去へ

テセウス 原作

スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」のあらすじ 2020年 1月期 TBS日曜劇場 『テセウスの船』主演を務めさせていただきます。 田村は母親(榮倉奈々)の旧姓で、心は事件に触れないようにしながら、身を隠すように生きてきました。 父親が逮捕された事件は、小学校のお泊り会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲んで、21人が死亡しました。 31年経った今でもたまに週刊誌の話題になる事件で、誰もが知っている 史上最悪の殺人事件です。 父親が冤罪の可能性 心には、 身の上を知りながら、結婚してくれた最愛の妻・由紀(上野樹里)がいて、妊娠中で臨月を迎えて、幸せをかみしめていました。 由紀は、心に事件と向き合って欲しくて、事件のことを調べていて、義父は冤罪の可能性があること心に話します。 父親の事件の前にも不可解な事件が重なっていたことがわかりました。 しかし、事件の時に心は母親のおなかの中にいたので、父親に会ったこともなく、母親を苦しめてきた父親をただ恨んでいました。 最愛の妻・由紀が悲劇に そんな中、由紀は、女の子を出産した直後に亡くなってしまいます。 由紀の両親は、犯罪者の息子として結婚を反対していたので、娘を渡すように言いますが、 未来と名付けて、自分が育てていくことを決心します。 そして、最愛の由紀が言っていた 「お父さんを信じてみて」の言葉を胸に事件と向き合うことを決心します。 31年前にタイムスリップ とりあえず、31年前の事件現場の小学校に行ってみましたが、更地になっていました。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年にタイムスリップしていました。 霧の中、たどり着いた家は 佐野さんの家で、 心が生まれる前の実家でした。 そこで心が目にしたのは、今とは全く違う明るく笑う母親(榮倉奈々)と、12歳年上の姉の鈴(白鳥玉季)、6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、そして、優しい父親(鈴木亮平)でした。 そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 しかし、事件を阻止するごとに事件の内容は変わるけれど、人は死んでいきます。 心が未来から来たと知った父親は、心と協力して事件の真相を追究します。 母親(榮倉奈々)が一家心中して亡くなっていたり、 由紀(上野樹里)が週刊誌の記者として生きていました。 混乱して戸惑いながら、心は事件の真相を追っていきます。 31年前の事件の犯人は誰? 父親の冤罪は証明されるのか。 平成から、令和の時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語に感動します。 には、完全なネタバレあります! 2020年4月からの日曜劇場は、いよいよ半沢直樹の続編です! ドラマには、詳しい内容あります。 スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」キャスト 下手でごめんなさい。 似てなくてごめんなさい。 撮影が無事にクランクアップされる事を願っています。 寒い時期ですのでお体など壊さぬように。 心の家族には、父親の佐野文吾(鈴木亮平)、母親の佐野(榮倉奈々)、12歳年上の姉・鈴(白鳥玉季)、6歳年上の兄・慎吾(番家天嵩)がいます。 心の最愛の妻の由紀(上野樹里)と娘の未来。 事件の前に不可解な事件に遭遇する、三島医院の長女の明音と千夏。 鈴を助けた新聞配達の長谷川翼(竜星涼)と一緒に住んでいる佐々木紀子(芦名星)。 事件に遭う小学生や先生たち、まだまだキャストがいます。

次の

【テセウスの船】原作のあらすじネタバレ!犯人が音臼小を狙った理由とは?

テセウス 原作

2020年1月に放送スタートする日曜劇場が、はやくも情報解禁しましたね! その名も、ドラマ「 テセウスの船」。 原作は、講談社の青年漫画誌「モーニング」で連載されていた同名漫画です。 大量殺人犯の父親を持つ主人公が、過去にタイムスリップをして父親の事件に関わっていく本格クライムサスペンス。 ドラマの犯人は誰になるのか、漫画原作との違いはあるのか…予想するのが楽しいですよね! すでに漫画原作は最終回(最終話)を迎えているので、いったいどんな結末になったのか、ネタバレが気になります。 そこで今回は、ドラマ「 テセウスの船」最終回(最終話)の犯人は誰なのか、漫画原作との違いがあるのかについて、ネタバレ結末から予想を立てていきたいと思います! キャスト&相関図はでチェックして下さいね! ドラマ「テセウスの船」漫画原作最終回(最終話)ネタバレ結末を紹介! 全巻重版だそうです。 お泊り会で提供されたジュースに青酸カリが混入され、生徒児童合わせて21人が死亡。 当時、村の警察官だった 佐野文吾(主人公の父親)が犯行に使用された青酸カリを所持していたため、事件の犯人として逮捕され、死刑判決が下ります。 それから28年が経過しますが、文吾は一貫して 無罪を主張。 主人公の 心(しん)は、加害者家族として苦しい生活を強いられていました。 教師である夢を諦め必死に職へしがみつくなか、幸いにも妻( 由紀)と子( 未来)に恵まれます。 由紀は文吾が冤罪である可能性を考え、独自に事件を調査し、ノートに詳細を記していました。 「お父さんを信じてみて」 しかし心は生まれて一度も父親に会ったことはなく、苦しい現実から目を背けます。 そんな中、由紀が出産で命を落とし、由紀の親族から未来を奪われそうになった心は、悲しみに暮れながらも、未来との将来のために父親の事件に向き合うと決意。 心は由紀が書き残したノートを持って、事件の起きた北海道の音臼村を訪ねます。 しかし突然深い霧に包まれ、気が付くと不思議なことに事件が起こる前の1989年にタイムスリップしてしまいました。 タイムスリップで殺人犯の父と対面!不可解な事件の裏に潜む影 今一番続きが気になる漫画。 テセウスの船。 主人公が生まれる前、家族が住んでいた村で児童21人毒殺事件が起きた。 当時警察官だった父が犯人として捕まり、現在は死刑囚に。 主人公がその真相を探ろうとした時、事件が起きた1989年にタイムスリップ!過去現在を行き来し真相を辿っていくんだが面白すぎる — 湯め乃 sayonarakanako 2017年から過去にタイムスリップをした心は、初めて父親である文吾と対面。 母( 和子)、兄( 慎吾)、姉( 鈴)とも出会い、生まれる前の自分が和子のお腹の中にいることを知ります。 現代ではバラバラになってしまった家族が、過去では笑顔絶えず幸せに暮らしており、文吾は正義感にあふれる警察官で、とても罪を犯すような人物には見えませんでした。 そして音臼小無差別殺人事件が起きる前の村では、不可解な事件が相次いでいることが分かります。 三島医院の次女である 三島千夏が、パラコートを誤飲して死亡。 新聞配達員の 長谷川翼が三島医院の長女である 三島明美を誘拐し、一緒に死体で発見される(死因は2人とも青酸カリ)。 動物の変死。 過去を変えようと奮闘する心ですが、原因を回避しても、残念ながら不幸な結果は変わりません。 事件を未然に防ごうとする行動は、周囲からしてみると怪しいもので、警察から疑いの目を向けられていく心。 しかし平成27年に交付された心の免許証を見つけた文吾は、心がこの先に起きること知っていて村人を救おうとしているのだと気付きます。 2017年から来たことを告白した心は、文吾の協力のもと被害者を救おうと試みますが、やはり結果は変わらず、過去を変えようとしたことで事態はどんどん悪化。 心は容疑者として逮捕されるところまで追い詰められ、とっさに由紀の残したノートと免許証を湖に投げ捨てます。 釈放された心は、文吾へ音臼小無差別殺人事件を打ち明け、家族を連れて村を出るよう促しますが、とても信じてもえません。 説得も空しいまま、心は再び謎の霧に包まれ、現代へと帰還してしまいました。 そのころ過去の音臼村では、真犯人が心の捨てたノートと免許証を拾います。 変わりゆく未来!ついに真犯人が明らかに! 2017年に戻ってみると、世界が少し変わっていることに気が付きます。 心は拘置所にいる文吾へ会いに行き、自分が知らない過去について教えてもらうことに。 母が無理心中をして慎吾と共に亡くなり、鈴と心は養護施設育ちになっている。 由紀は新聞記者として活動し、心と初対面(結婚していないので未来は存在しない)。 音臼小無差別殺人事件の日付や青酸カリの混入物、犠牲者が変わっている。 鈴は三島明音の殺害容疑をかけられ、名前を変えて別人に整形し、妊婦になって内縁の夫( 加藤みきお)と生活していた。 加藤みきおは音臼小無差別殺人事件の被害者で、青酸カリの後遺症により車椅子生活を送っている。 最初の世界では音臼小無差別殺人事件に巻き込まれて亡くなった教師の 木村サツキが、生存して加藤みきおを養子にし、鈴の義母になっている。 そんな中、文吾の冤罪を証明する人物( 佐々木紀子)が現れ、事件は解決に向けて進展したかと思いきや、 佐々木紀子が木村サツキに殺害されてしまいました。 サツキは、音臼小無差別殺人事件の真犯人を知っていました。 犯人の名は… 加藤みきおでした。 鈴が幼い頃、「お父さんみたいに正義感の強い人と結婚したい」と語ったことがきっかけで、文吾を無差別殺人事件の犯人にしたて上げる計画を思いつく。 三島姉妹を殺害したのは、鈴をいじめていたから。 本当は歩けるが、鈴に近づくために車椅子生活を演じていた。 しかし事件を起こしたことがきっかけで、愛していた鈴は別人のように変貌してしまい、 計画は失敗だったと悟ります。 2017年の世界でもまた無差別殺人事件を起こし、自殺を考えていた加藤みきおの元に心が現れます。 加藤みきおは、過去に拾った心の免許証を差し出し、過去へ戻る方法を教えて欲しいと問い詰めますが、ひと悶着している間に深い霧に包まれ、心と共に1989年の過去へタイムスリップするのでした。 加藤みきおは子供の頃の自分に会いに行き、計画が失敗することを告げ、今度は鈴の正義の味方になれるように策を改めます。 大人の加藤みきおが、和子と鈴を拉致・事情を知っている心と文吾を殺害してすべての罪を被る一方、子供の加藤みきおが、和子と鈴を助け出す算段です。 しかし大人の加藤みきおが文吾を殺害しようと刃物を突き付けたところを心が身を挺して守り、 加藤みきおは文吾に射殺されます。 心が息を引き取る間際、文吾は心に語りかけます。 「お前は俺の子だ!俺の…俺の息子だ!!」 「死ぬな!親より先に死ぬ奴があるか!」 このシーンは、とても涙なしで見れません。 心は穏やかな表情で、息を引き取りました。 同一性の矛盾に迫る最終回(最終話)!この結末はハッピーエンド? 漫画を読んだことがない方に。 こんな感じです。 音臼村が閉鎖されることになり、佐野家は昔家族で埋めたタイムカプセルを掘り起こしにやってきます。 実は過去の世界で、心は佐野家のタイムカプセルに2017年の家系図を入れていました。 文吾は心がタイムカプセル入れた家系図に書いてあった由紀の名前を見てはっとした表情を浮かべます。 そして当時、写真を撮ってそのまま埋めておいたカメラを取り出し、現像してみると「 タイムスリップした心」の姿があり、「 佐野家の末っ子である心」と瓜二つの姿に驚く一同。 末っ子の名前は「正義」にするはずだったのですが、文吾は命の恩人から「心」という名前を付けていました。 その後、婚約者を連れた心が帰省し、由紀を家族に紹介します。 きっと、未来が生まれる流れに繋がりますね! 「その昔、英雄 テセウスの船を後世に残すため修復作業をする中で、当初の部品はすべてなくなり新しい部品に交換されてしまった」 ここで、矛盾が生じる…。 「 この船は最初の船と同じだと言えるのか?」 週刊誌には、少年Aとして加藤みきおが起こした音臼村殺人事件が特集されていました。 加藤みきおは自身の犯行をカセットテープに録音して、楽しんでいたのです。 その証拠品が押収されて少年院に送られましたが、すでに出所しています。 加藤みきおは、東京の片隅をフードを深くかぶって人目を忍ぶように歩いていました。 原作は、見事にタイトルにつなげる結末を描き、同一性の矛盾を解く終わり方をしています! この物語はハッピーエンドといえるのか、人によって答えが変わりそうなラストですね! ドラマ「テセウスの船」の制作陣は、この最終回をどう捉えたのでしょうか。 原作との違いはあるのかについて、次で紹介していきたいと思います。 加藤みきおの犯行動機はでより詳しく紹介しています。 ドラマ「テセウスの船」最終回(最終話)の犯人を予想!漫画原作との違いはある? ドラマ「テセウスの船」は、 原作と多少違った見せ方をすることが分かっています。 原作者から、このようなコメントが発表されているからです。 このドラマ化の企画をいただいて一番驚いたのは、キャストの皆さんの豪華さです。 田村心役の竹内涼真さんをはじめ、どの配役もぴったりで、続報にご期待いただければと思います。 脚本も素晴らしくて、 原作にはない設定やシーンが多くあります。 僕としてはこれがとてもうれしくて、毎回脚本を読ませていただく度に感動してます。 また、この作品はサスペンスの部分も魅力の一つですが、その一方で世間から突き放された加害者家族の愛の物語でもあります。 原作ファンの方々や、より多くの視聴者の方々に、このドラマが届いてほしいです。 引用元: 家族愛に重点を置いて制作され、感動シーンが多いと捉えることができますね! とはいえ 話の大筋は、原作に沿った展開をするのではないでしょうか。 犯人が父親のままでは家族愛の感動も何もないので、 ドラマの最終回も犯人は、加藤みきおではないかと予想します! タイトルで定義しているように、テセウスの船で説かれている同一性の矛盾について、ドラマでも考えさせられるようなラストになると、味わい深いですよね! ドラマ「テセウスの船」が放送決定!みんなの反応は? ここからは、「テセウスの船」がドラマ化することに世間はどのような反応をしているのか、紹介していきたいと思います。 答えは、それぞれの人の胸に…。 そんな面持ちで、ドラマ「テセウスの船」の放送に期待したいと思います!.

次の

テセウスの船最終回ネタバレ結末!漫画原作との違いや犯人予想は誰?

テセウス 原作

ドラマ【テセウスの船】の原作は? ドラマ【テセウスの船】の原作は、東元俊哉氏による同名のコミックです。 原作のあらすじ 1989年6月24日、北海道・音臼村の小学校で、児童含む21人が毒殺された。 逮捕されたのは、村の警察官だった佐野文吾。 28年後、佐野の息子・田村心(しん)は、死刑判決を受けてなお一貫して無罪を主張する父親に冤罪の可能性を感じ、独自に調査を始める。 事件現場を訪れた心は、突如発生した濃霧に包まれ、気付くと1989年にタイムスリップしていた。 出典Amazon 田村心(竹内涼真)が父の事件の謎を追うタイムスリップ・サスペンスです。 *ドラマでは宮城県音臼村に変更。 現在の時代設定も1989年の31年後、2020年になっている。 ドラマ【テセウスの船】犯人ネタバレ:音臼小を狙った理由とは? ネタバレ注意 「テセウスの船」原作漫画の真犯人とその動機についてネタバレします。 犯人は、加藤みきお(安藤政信)! 出典 放送前の登場人物紹介では「車いすの男」という役名です。 犯行動機は、「鈴が欲しかったから」 「純粋な 最初の鈴」が欲しかった、というのが犯行理由です。 犯人・加藤みきおの夢 加藤みきお(安藤政信)は、鈴(貫地谷しほり)の小学校のときの同級生。 2017年現在(ドラマでは2020年)、毒の後遺症(=メンタルが原因と判明)で車いす生活の加藤は、鈴と暮らしています。 しかし、鈴は「 村田藍」と名前を変え、整形もしていました。 加藤は鈴を気づかないふり、育ての母・さつき(麻生祐未)は藍の正体を知らずに過ごしています。 小学生時代。 両親が亡くなって、祖母に引き取られ、音臼村に転校してきた加藤。 隣の席の鈴(白鳥玉季)も転校してきたばかりで優しく声をかけてくれました。 しかし知らんぷりの加藤。 雨が降ってきて、ノートに「雨」と文字を書きなぐった後、「涙」と書いた加藤。 そこに、鈴が絵を書き足してきます。 「雨」の文字の下に傘を広げる二匹のカエルのイラスト。 吹き出しには「 いっしょにカエル?」 鈴を気に入った加藤は、「 世界が鈴と僕だけになる夢」を抱きました。 音臼小を狙った理由とは? 鈴の同級生・三島千夏ちゃんをパラコートという農薬を飲ませて殺害したのは、単純な興味による殺人。 しかし鈴の同級生・三島明音ちゃん殺害(同時に長谷川翼:竜星涼も死亡)の件は、明音が鈴をいじめたから。 鈴のための殺人。 そしてある日、鈴から「将来、結婚するなら、お父さんみたいな人がいいかな。 正義感のある人ってやっぱりいい」という言葉を聞いた加藤。 鈴の父=佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯になる夢を抱きました。 つまり、 音臼小無差別殺人の目的は、鈴の父の排除だったと言えるでしょう。 こうして音臼小のお泊り会で劇薬入りの ジュース(心の2回目のタイムスリップで現代に戻ったときは、木村さつきが飲めない 牛乳に変化。 ドラマでは、 はっと汁に変化。 )が配られ、事件が起きる。 自宅に証拠品があった鈴の父は死刑となりました。 加藤は、鈴のその後を追って一緒(=同棲)になったものの、以前の明るい鈴ではなくなってしまって、加藤は不満です。 (ここは「テセウスの船」のパラドックスがかかっています。 ある物体の全ての構成要素が置き換えられたとき、同じであるといえるのかという問題です。 父が殺人犯になる前と後の鈴は同じといえるのか、整形前と後の鈴ははたして…。 ) ドラマ【テセウスの船】結末ネタバレ 【テセウスの船】結末をネタバレします。 田村心・28才(竹内涼真)は死亡! 平成元年6月24日に、加藤信也=加藤みきお(安藤政信)にナイフで刺されたのが死因。 オトナの加藤みきお=加藤信也(偽名)も平成元年にタイムスリップしてきました。 (心が2回目のタイムスリップのときです。 ) 加藤信也(オトナ:加藤みきお)は、加藤みきお(小学生)が起こす無差別殺人で文吾(鈴木亮平)が死刑になっても、 鈴が別人になってしまうことを明かします。 そこで2人は新たな計画を立てました。 お泊り会の日に車で逃走中、拉致されました。 ・加藤みきお(小学生)が鈴をおぶってお泊り会の場所に登場。 「鈴ちゃんを助けた、お母さんは旧体育館の方にいる」と、まるで 正義のヒーローのように…。 ・山小屋にはさつき先生と田村心を監禁、加藤信也(オトナ:加藤みきお)が火をつける…。 ・全ての罪を加藤信也が自供して死刑になる。 これで鈴が別人になる未来はない、はずでした…。 さらに仕上げとして、文吾(鈴木亮平)に襲い掛かる加藤信也。 しかし火の中を逃げてきた田村心が盾になり刺された。 殺人の証拠となる録音テープも持って来ていた。 文吾は、なお襲い掛かってくる加藤信也に発砲。 (正当防衛?) 倒れこむ心に文吾は、「 お前は俺の息子だ」と叫んだあと、田村心に「起きろ」と呼び続けた…。 エピローグ 原作最終話(89話)は、田村心が亡くなった平成元年、音臼小無差別殺人事件が起きなかった年(のパターン)から、月日が経っての2017年6月10日。 (ドラマでは2020年になるでしょう) 佐野文吾は殺人犯でありません。 和子・鈴・慎吾とともに、閉村した音臼村の佐野家へ戻ってきました。 そこで庭に埋めたタイムカプセルを開けると、田村心が入れていた封筒には指輪と家系図が書かれていました。 文吾と和子の息子である心が岸田由紀と結婚して、未来という娘がいる図。 少年A(加藤みきお)は少年院を退院して社会に出ている、と週刊誌は報じている。 三島千夏・三島明音・金丸忍が連続殺人の被害者だった。 「子供がひとりいなくなっただけなのにそんなに悲しいのだろうか」 という少年Aの録音テープも記事になっていた…。 自宅に戻った文吾は、もう少年Aを捜していないと鈴にいう。 その代わり、岸田由紀を捜していた。 そんな中、父がタイムカプセルに入れていた文書を、長男の慎吾が次男の心にスマホで撮って送ってやるか、という。 父が書いた内容。 それは・・・ 「どんな過去があろうとも過去に逃げず 今を生きろ by父」 翌日。 実家に戻ってきた佐野心(竹内涼真)。 (田村心にそっくり。 ) 心はなりたかった教師になっていた。 職場の同僚の岸田由紀も父・文吾たちに紹介。 (結婚の報告?) ラストカットは、街中で、フードをかぶる加藤みきおが歩く姿でした・・・。 まとめ 『テセウスの船』原作は、最後に主人公の田村心(竹内涼真)が死んでしまいました。 父が死刑囚のため、佐野心から改名したわけですが、となると、原作最終話の佐野心と田村心は同じ人物なのか。 それとも別人? 「テセウスの船」というタイトルも、この矛盾をついています。 クレタ島から帰還した英雄・テセウスの船を後世に残そうとしたが、部品を交換していくうちに当初の部品は全て無くなった。 最初の船と同じといえるのか…。 個人的には、田村心のときのターンの記憶はない別人というのが自然でしょう。 それでも、岸田由紀と再会するなんてロマンティックすぎます 笑 もしかしてカタチだけでなく魂もどこかで繋がっているのかも、なんて考えたいところです。 一方、少年A=加藤みきおの方は、大人の自分=偽名・加藤信也(田村心ターン=無差別殺人事件が起きたターン)と会った記憶があります。 最初の船の状態を知っている人物。 原作の終わりも良いのですが、加藤みきおが心の写真を見ている(復讐を予感させる)ラストも良いかもしれません。 あるいは、もうひとり最初のテセウスの船=音臼小事件を知っている文吾が、加藤を未遂に終わらせる…なんてオリジナルなラストもあり? 原作とドラマで、どう違うのかも注目していきたいです。 〈考察・関連記事〉.

次の