抗生物質 個人輸入。 【医師監修】梅毒の薬の服用期間は? 個人輸入の薬でも効果があるの?

抗生物質の通販・購入・ネット販売

抗生物質 個人輸入

抗生物質(性病の薬) クラビットのジェネリックやジスロマックなど、海外で注目されていて個人輸入で購入できる抗生物質の種類と価格をリサーチしました。 性病で困った時のために!通販で買える抗生物質とは 性病というのは、一度かかってしまうと非常にやっかいなもの。 病状によっては日常生活に支障が出ますし、パートナーに感染してしまう可能性があります。 何より、パートナーに 隠し通すのは至難の業です。 早く治療をしたくても、 性病の薬は普通の薬局では買えません。 そんな時に便利なのが、 通販で買える性病の薬。 海外で効果が認められている抗生物質は、個人輸入代行なら通販感覚で買うことができるのです。 ここでは、通販で買えて性病治療に使われる薬を紹介していきます。 クラビット 淋菌性尿道炎やクラミジアに効く抗生物質です。 クラビットに含まれるレボフロキサシンが、感染症の原因となる菌の増殖を抑え、殺菌します。 副作用が少なく、即効性があり、難治性の感染症にも効果があるため、定番となっています。 参考価格:5錠入り¥3,000~ フレキシレボ こちらはクラビットのジェネリック薬品。 日本の第一三共製薬から発売されています。 参考価格:21錠入り¥3,800~ ジスロマック クラミジアやトラコマティスによる、尿道炎や子宮頸管炎の治療に使われます。 インフルエンザや黄色ブドウ球菌による感染症にも使われます。 安全性が高く、抗菌作用が長く続くという特徴があります。 参考価格:6カプセル¥3,400~ アジー こちらはジスロマックのジェネリック薬品。 より安価で購入できます。 参考価格:60錠入り¥7,500~ イビアモックス 性感染症をはじめ、幅広い感染症の治療に使われる抗生物質。 ペニシリン系に分類されます。 梅毒、淋病、子宮内感染症、前立腺炎などに利用されます。 参考価格:20カプセル¥2,600~ ビブラマイシン テトラサイクリン系の構成物質。 クラミジアなどに効果があります。 耐性菌が少なく、効果が出やすいのが特徴です。 参考価格:20錠入り¥3,500~ カーネステン カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎に効果のある、膣挿入型の抗生物質。 1日1回、寝る前に挿入するだけの簡単なものです。 参考価格:6錠入り¥3,800~ アルダラ 尖圭コンジローマの治療薬として、世界75か国で利用されている薬です。 参考価格:12パック¥15,000~.

次の

抗生物質の通販・購入・ネット販売

抗生物質 個人輸入

厚生労働省医薬食品局 監視指導・麻薬対策課 Q 医薬品などの輸入は、薬事法でどのように規制されていますか。 A 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、科学的なデータ等に基づいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。 一般の個人が輸入(いわゆる個人輸入)することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。 Q 医薬品を個人輸入することは可能なのですか。 どのような注意が必要ですか。 A 一般の個人が医薬品の輸入が可能となっているのは、外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるものです。 個人輸入には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)で必要書類を提出し、薬事法に違反する輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、一定の範囲内であれば、特例的に「税関限りの確認」で通関することができます。 なお、自己判断で使用すると重大な健康被害を生じるおそれがある医薬品は、数量にかかわらず、医師による処方が確認できない限り、一般の個人による輸入は認められません。 <参考> Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。 A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。 しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。 また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。 こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

次の

抗生物質の通販・購入・ネット販売

抗生物質 個人輸入

梅毒の薬にはどんな種類があるの? 梅毒の原因となる病原体「梅毒トレポネーマ」は、細菌とも呼ばれる微生物のため、 抗生物質による治療が有効です。 具体的には、以下の種類の抗生物質が処方されるのが一般的です。 ペニシリン 梅毒治療で最もよく用いられる抗生物質です。 梅毒トレポネーマには細胞壁と呼ばれる防御壁があるのですが、ペニシリン系抗生物質にはこの細胞壁の生成を阻害する効果があるとされます。 抗生物質は使用すると、薬剤に耐性を持つ「耐性菌」が出現することがありますが、 ペニシリン耐性を持つ梅毒の病原体の存在は報告されていないことから、服用によって100%に近い治療効果が期待できます。 塩酸ミノサイクリン テトラサイクリン系と呼ばれる抗生物質で、細菌の増殖や生命維持に必要なタンパク質の合成を阻害する効果があるとされます。 ペニシリンアレルギーを持つ梅毒患者に処方されます。 梅毒の薬の服用期間は? 梅毒の薬の服用期間は、梅毒の進行段階によって以下のように異なります(あくまで目安です)。 第1期梅毒(感染から約3週間) 感染箇所のしこり(初期硬結)や、太ももの付け根のリンパ節の腫れが現れる時期。 第2期梅毒(感染から約3ヶ月) 全身のバラ疹や丘疹、性器・肛門周辺の多数のコブ(扁平コンジローマ)などが現れる時期。 第3期梅毒以降(感染から約3年以降) ゴム腫(皮下組織に発生する大きめのしこり)や神経障害などの重篤症状が現れる時期。 梅毒の薬は飲み忘れに要注意 服用期間の項でお伝えした通り、梅毒の薬は進行度に応じてその分長期的な服薬が必要です。 しかし、 薬を決められた期間しっかり服用しなかったり、途中で中断したり減薬したりすると、梅毒が完治せず症状が進行する恐れがあります。 梅毒は治療しなくても症状が自然に消失するのが特徴のため、「症状が消えたから治った」と判断するのは非常に危険です。 決められた期間は服薬を必ず続けてください(アレルギー反応などの異変があれば、すぐに医師に相談してください)。 もし飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点で1回分服用する処置をとることが多いですが、次の服用時間が迫っている場合は服用しないほうがいい場合もあります。 事前に医師や薬剤師に確認をとるようにしましょう。 梅毒の薬は個人輸入品でも買えるが・・・ 梅毒の症状が現れたとき、「病院に行くのが恥ずかしい」「時間がない」といった理由で、 個人輸入の治療薬を通販で購入される方もいますが、基本的にはこれはおすすめできません。 品質や安全性の保証がなく、正規のメーカー品を装った偽物の可能性もある上に、もし服用して体に異変が出た場合も全て自己責任となってしまいます。 出ている症状が本当に梅毒のものなのか、きちんと専門の医療機関で検査を受けた上で、進行度に合わせた適切な治療を受けるようにしましょう。 【 の情報をもとに編集して作成 】 おわりに:梅毒の薬の服用期間や、適した薬の種類は人によって異なる。 専門医の指示を仰ごう 個人輸入による梅毒の薬は通販でも購入可能ですが、ご紹介した通り、適した梅毒の薬の種類は人によって異なり、また服用期間も段階に応じて変わっていきます。 専門医の診断のもと、処方された薬を適切な期間服用することが重要なので、自己判断せず必ず病院を受診してください。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

次の